ここから本文です

書庫全体表示

竹淵直美 Takebuchi Naomi

今日も10月に行われる私プロデュースのグループ展
『女流作家四人展』の参加者を紹介します
年齢順で紹介しますね
竹淵直美 Takebuchi Naomi さん
イメージ 2

選出理由 
たった2年で二科展会友になるのは空前絶後
感銘を受けたのは特選をとった次の年ガラリと作風が変化したことです
普通 特選を取ればそのままのイメージで続けて行くところですが
変化させてきた度胸の良さは創作活動する上で重要
現代の芸術家としての才能を充分持っていると思いました
唯一足りないのが積極性
それを補う為にプロデュースしようと思いました
彼女は人間の裏と表や夢と現実 善と悪など2つから成るもの
相反するものを主なるテーマとしています
内面を描くことが多いのでモチーフのほとんどは彼女自身
「二元論」や「一元論」等の哲学的解釈が好きで
それを形にすることを念頭において制作しています
イメージ 3
『回心』油彩 カンバス

イメージ 4
『祈り』F50 油彩 カンバス

イメージ 5
『秘密』油彩 カンバス

イメージ 6
『ピエタ』F100 油彩 カンバス

イメージ 1
霧筆畏無プロデュース『女流作家四人展』
石渡美香 喜筆己仁 國府田姫菜 竹淵直美(五十音順)
10月18日(金)~30日(水) (24日(木)休廊) (作品の入れ替えあり)
ギャラリー ニイク 渋谷区神宮前4-2-19 03-3479-2775

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事