橋本昌隆 株式会社フューチャーラボラトリ

新事業企画、産学連携、就職支援などを数多く手がける橋本昌隆によるブログです

全体表示

[ リスト ]

イノベーションの起こし方

株式会社フューチャーラボラトリ
橋本昌隆

【オープンイノベーションの本質】
 オープンイノベーションとは、ずばり「未来への投資」
 ただし、金銭よりも「ソフト」、「目に見えない物」、「わからない物」へのプロジェクト投資、掴みに行くこと、である。


【オープンイノベーションの最大のリスク】
 機会損失、実行しないこと、挑戦しないこと


【オープンイノベーションはスピード重視】
小さなアイデアをすぐに実行する
 フィードバックをかけて検証、PDCAサイクルを素早く回す


【オープンイノベーション 実行手順】
理念構築
 コンセプチュアル・フレームワーク、仮説構築
 プラットフォーム チームづくり
 コードネーム、コードナンバーをつけ、皆で共有する


【徹底的な議論】
コアコンピタンス(強み)の整理
 コンセプトの共有、インナーブランディング、バトルフィールドの定義
存在意義を問い続けること


【異質なものを呼び寄せる】
 オープン & クローズド 戦略
 必要に応じて、少人数の秘密結社体制でクローズドに進める


【素早い行動、アウェイで勝つ】
小さく始める、たくさん始める
 「そこから先はわからない」ことを許容する


【意思決定の方法論を学ぶ】
マインドを変えていく方法論を学ぶ
感覚をうつす事によって、各人の成長がある


【人の感情を知る】
満たされない物
過剰反応する人
肯定的な捉え方、前向き
新しいもの、社会貢献


【もうすこし具体的な方策】
場の設定
 フラット かつ ディープな議論ができる場を設定
 研究者のより深いアイデア、知見を引き出し、交換し、実行案を構築
 二週間〜三週間に一回程度開催


【メンバー選定】
 オープンイノベーション、事業に興味を持っている研究者を優先
 出来る限り幅広い分野の研究者を集める
 組織内部に横串を通し、研究者の交流の場としても活用

 
【外部有識者の選定】
 現場に強く、素早く動けること
 幅広いネットワークを保有
 ビジネスモデル企画、マーケッティング、技術探索など様々なスキルを持った専門家を招集
 全体で5名程度選定


【素早い活動】
 議論から出てきたアイデアを素早く実行する
 関連しそうな企業、大学、団体にヒアリングを、数多く重ねる
 大きなお金や、人員をかけなくとも、お試し的に実行する
 結果を会議にてフィードバック
 このループを素早く回していくことが重要


【出口として】
 研究成果の活用、より優れた研究への下地作り
 外部企業、外部の研究機関との共同研究
 国のプロジェクト獲得
 民間への技術移転、事業化
 ベンチャー起業
人の成長


【進め方において重要なこと】
 役員、理事、幹部クラスの理解と、以下のポイントの共有
 「やると決める」こと
 「何が出てくるかわからない」ことを尊重
 「派生するアイデア」「おまけのアイデア」を拾い上げる
  実行メンバーに権限を与える
   行動の自由、出張の自由、
   少額でいいので資金を手当する
    調査、試作、実験、講師招聘、会議運営費など


【ファシリテーターが極めて重要】
リーダーシップ、調整、コーチング
感覚をうつしていくこと


【オープンイノベーション 私の15年余りの知見による、その効果】
 オープンイノベーションは、「感覚的に悟っていく事」が重要で、一見、遠回りに見えるが、熟練者と一緒に二人三脚で、見えないものに向かって進めていくことが、結果的に早く進む
 活動を通じて、メンバーの知見、実行力、交渉力など、研究開発、ビジネススキルなど、大幅に向上する。
(顔つき、発言が明らかに変わる)
 役員、理事、幹部クラスがこの活動に理解を示し、最低一年、可能なら三年間のプロジェクトを立ち上げることで、組織内部の活性化、事業化に大きな助けとなる。

参考プロジェクト JAXA宇宙探査イノベーションハブ
http://www.ihub-tansa.jaxa.jp


【投資ファンドの考え方】
プライマリー 研究開発 リスク投資
セカンダリー 通常のベンチャー投資

【哲学】
使命感、人間性、徳

自然環境改善への貢献
人を正しく導くこと、人の魂を成長させること
感覚をうつす、エネルギーをうつす

穢れ、想念を払う、直感力
誰が担うか、誰が関わるか

人の幸せを作るお手伝い
魂を磨くお手伝い



橋本昌隆
株式会社フューチャーラボラトリ 代表取締役
一般社団法人イノベーション・デザイン・ラボ 代表理事

プロフィール
 関西学院大学 文学部 教育心理学科卒業
 研究者専門の人材派遣会社を経て、平成17年4月 創業

 先端的な知的領域のビジネス化を促進し、従来にないビジネスモデルを実証実験、社会に提示していくことで、民間ベースでの新たなビジネス支援サービス事業と、その活動によって次々とひきおこされるイノベーションをなりわいとしている。
 東京大学、理化学研究所、大手上場企業を始め、中小企業、ベンチャーまで、日本最高峰の研究機関と共にさまざまな産学連携プロジェクトを手掛ける。
 過去、人脈は3万人を超えており、そのほとんどの方と面談したうえで、特性を掴んだアナログ作業による高精度なビジネスマッチングには定評がある。
 また、関係したプロジェクトは、100社以上を巻き込んだ大規模なコンソーシアムから、軽く30分ほど、相談を受けて対応したものまで、1000件を超えており、そこから紡ぎだされたプロジェクト企画、ノウハウなどの、高いクオリティには定評がある。

対応可能業務
人脈ご紹介、ネットワーキング
新事業企画のプラットフォーム構築、コーディネート
プロジェクト、コンソーシアム、研究会などのバックオフィス
イノベーションを起こしていくための教育プログラム作成、講義
人材紹介、就職相談関連
上記に関わるゼネラルアドバイザー(二人三脚で運営)

以上

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事