道端の出会い ①

このブログ「道端の出会い」を立ち上げて、10年が経ちました。感謝。

全体表示

[ リスト ]

仙洞御所を訪れて
京都 上京区 2007.12.
イメージ 1
                         大宮御所 築地塀
イメージ 2
                       安政2(1855)年 再建の表門
イメージ 3
                       大宮御所 常御殿 車寄

仙洞御所 ( せんとう ごしょ ) とは 

退位した天皇 ( 上皇・法皇 ) の御所です

大政奉還に伴って 明治5(1872)年

英照 ( えいしょう )皇太后 ( 孝明天皇皇后 ) が

東京に移られて 大宮御所は 女院御所の役割を 終えましたが

大正時代に 内部を 洋風に改装して 現在は 

行幸啓に ご利用されて いるそうです

京都御苑内の 京都御所の 南東に位置していて 

宮内庁が管理する  桂離宮  修学院離宮 と 

並ぶ 宮廷文化の 遺構です 


表門を入ると 玉砂利の敷き詰められた 広場が広がり
イメージ 4

三層の屋根の常御殿 御車寄せが見えます
イメージ 5

常御殿南庭の前  松竹梅の庭 と呼ばれ 

庭に降りる階の 左右に白梅 紅梅が植えられてある

内庭の東側から 南に向かって 築地塀が伸びて

そこに 簡素な潜り門が 設けられ  
イメージ 6

庭園苑路へ 通じています

潜り門をぬけ 築地塀沿いに進むと
イメージ 7

北池が 大きく広がり  苑路を時計回りに 進みます
     
水面近くに架けられた 石橋に至ります
イメージ 8

阿古瀬淵と 六枚橋せす
イメージ 9

落ち葉を装う 阿古瀬淵

六枚橋を渡り 池沿いにゆるやかな 曲線を描く

苑路をたどると 鎮守社の森が見えて来ます
イメージ 10

鎮守社の森には  伊勢神宮 下賀茂神社 石清水八幡宮や

春日神社の  神々が 祀られているとか

鎮守社の森から 中島に架かる土橋に さしかかる
イメージ 11

橋の中央で 一対の 橋杭で支えられ 

反りを もたせてあります
イメージ 12

土橋から 北池を見ます

時々 カラスの大騒ぎは 聞こえますが

京都都心部と 思えない 静寂さです



容量の関係で分割です 
続いて 仙洞御所 参観△鬚翰ください
過ぎゆく時を たいせつに・・・

閉じる コメント(8)

広いですね。
天皇さんは、どんな思いで過ごしてきたのでしょうか?

2007/12/24(月) 午前 8:59 [ ion**dssl ]

顔アイコン

仙洞御所ですか。宮廷文化財ですね。庭園もよく整備されていてとても美しい。

2007/12/24(月) 午前 9:35 [ むさし ]

顔アイコン

仙洞御所…天皇家の長い歴史の片鱗を感じさせる場所ですね。
京都には、そういう場所もあったんだなあ…と、改めて感心してしまいます。
路傍人さんに教えていただく事、全てが次の京都旅行に活かせたら、良い旅ができそうです。
暫く京都に行っていません…来年は、また行ってみようかしら?

2007/12/25(火) 午前 10:52 夏茉莉

顔アイコン

ionkbdsslサン> ようこそ。天皇陛下、神様の時代ですから、現在の天皇陛下環境も存じませんが、比較できない世界だったでしょうねぇ・・・

2007/12/26(水) 午前 5:50 常夜灯

顔アイコン

むさしサン> ようこそ。よくぞお造りになったと、ただただ感心する参観でした・・・

2007/12/26(水) 午前 5:53 常夜灯

顔アイコン

夏まりサン> ようこそ。神様天皇の環境を。多少なりと想像しました。
何れの機会に、京都へお出掛け下さいね・・・

2007/12/26(水) 午前 5:55 常夜灯

顔アイコン

こんなところがあるんですね!知らない素晴らしい場所をまた教えていただきました。
どっしりとしていますが簡素な作りで好感が持てますね!
傑作、ポチッ☆

2007/12/26(水) 午後 4:10 jin*y5*j*

顔アイコン

JINNYサン> ようこそ。京都に在って、宮内庁が管理する施設でこの仙洞御所は、焼失後の手当がなされていませんので、少々寂しく感じましたょ・・・

2007/12/30(日) 午後 3:54 常夜灯


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事