道端の出会い ①

このブログ「道端の出会い」を立ち上げて、10年が経ちました。感謝。

全体表示

[ リスト ]

第85代 仲恭天皇
九條陵
くじょうの みささぎ
京都市伏見区
イメージ 1
仲恭天皇陵北域原票 ↑
イメージ 2
イメージ 3

既更新の 第75代 崇徳天皇皇后聖子 月輪南陵 を 約 100m上って  

伏見稲荷大社の 南に続く 小高い丘のうえ  

京都タワーも見える中腹に  立派なお墓に眠られて
イメージ 4
仲恭天皇 九條陵
イメージ 5

17歳の崩御に  天皇を偲ぶ慈愛の気持ちが  こめられているのを感じます 
イメージ 6

第85代 :  仲恭天皇( ちゅうきょう てんのう )

■生没年 :  
建保6(1218)年 〜 天福2(1234)年 (17歳
■在位 :
承久3(1221)年4月20日 〜 承久3(1221)年7月9日
■別名 :
懐成 ( かねなり )
■皇妃 : 
◎妃 ・ 右京大夫局
‖莪豺捗・義子内親王〔和徳門院〕(1234〜1289)
■皇居 :
平安京( へいあんきょう・京都市 )
■御父 :
順徳天皇 第一皇子
■御母 :
九条立子 九條良経の娘、東一条院・藤原立子
■御陵名 :
九條陵 ( くじょうの みささぎ )
■陵形 :
円丘
■所在地 :
京都市伏見区深草本寺山町
イメージ 7

日本天皇史上、「廃帝」とか「半帝」とか呼ばれる天皇が3人いる。
淡海廃帝(39代 弘文天皇)、淡路廃帝(47代 淳仁天皇)、九条廃帝(85代 仲恭天皇)
である。

いずれも文献に即位の記事が見えなかったり、あまりにも短い 在位期間だったりする
ため、明治期までは 公式な天皇と見なされていなかった。

しかし幕末から明治に掛けての国学高揚の気を受けて、明治政府が明治3(1870)年に、
公式に歴代天皇として認められ、「 仲恭天皇・ちゅうきょう てんのう 」 と追号された。

仲恭天皇のほかに 弘文(第39代)天皇、淳仁(第47代)天皇追号され、歴代天皇に
加えられた。

承久の乱の後、わずか81日間で廃され、即位も認められていなかったため諡号・追号が
つけられず、九条廃帝( くじょうはいてい )、半帝、後廃帝と呼ばれていた。

ちなみに、歴代の天皇の中で、在位期間が最短な天皇である。

順徳天皇(84代)の承久の乱の準備に伴い、承久3年(1221年)に譲位され、わずか4歳で
せんそ(践祚)した帝は同年、祖父後鳥羽上皇(82代)が 承久の乱 ( じょうきゅうのらん )を
起こしたが 北条泰時 率いる幕府軍に敗北。

後鳥羽上皇(82代)、順徳上皇(84代)はそれぞれ、隠岐と佐渡に配流された。

土御門上皇(83代)は、何も関与していなかったので、処罰の対象にはならなかったが、父・後鳥羽上皇(82代)や、弟・順徳上皇(84代)が配流となるのに、自分だけ京に残ることを潔しとせず、自ら申し出て土佐、次いで阿波に流された。

ただ、これは望んでの配流であり、阿波では厚遇されている。

これによって帝も廃立され、のち高倉院(80代)の皇子、後堀河天皇(86代)に譲位した。

仲恭天皇(85代)は幼児で、 将軍九條頼経 ( 藤原頼経 ) の従兄弟であることから、その廃位は予想外であったらしく、後鳥羽上皇(82代)の挙兵を非難していた 慈円 でさえ、幕府を非難して仲恭(85代)復位を願う、願文を納めている。
(貞応3年正月慈円願文(『鎌倉遺文』3202号))。

まもなく母親の実家、摂政九條道家( 天皇の叔父、頼経の父 )の家に渡御、天福2年
(1234年)、後鳥羽上皇(82代)が鎌倉幕府に対して、討幕の兵を挙げて敗れた兵乱で、鎌倉幕府により強制的に退位させられた。 

1年に満たない在位期間である( 正確には在位81日。)

即位式も、大嘗祭も、行った記録がないことから 「 九条廃帝 」とか「 半帝 」とか称せられ、
長く天皇とは認められていなかった。

北畠親房(きたばたけちかふさ)も 「 神皇正統記・じんのうしょうとうき 」で 「 廃帝 」と断じているが、明治政府は、第85代天皇として歴代天皇に加えた。

  転載もと 仲恭天皇 − Wikipedia  
イメージ 8
京都タワーが見えました。
路傍人御陵巡礼索引は ここ
過ぎゆく時を たいせつに・・・

閉じる コメント(8)

顔アイコン

風流な日本庭園から近代的な建物が見えると興ざめすることあります
きょうもPCの前でゆっくり拝ませていただきました(−人−)

2010/8/24(火) 午後 6:11 根室大喜

顔アイコン

今晩は〜〜(*^^)?

恥ずかしながら、解らない事だらけです。。。
仲恭天皇は17歳で崩御とはなんとも〜〜〜哀しい事です。
九条廃帝から第85代天皇としてお認めになられたのですね。
今の短命な日本の親分も歴史は認めてますねぇ。。。
〜☆〜

2010/8/25(水) 午前 0:06 bunbun

いつも天皇の御陵を見て思うのですが、観光スポットではありませんから、静寂の中に存在しているようです。全体が静寂に包まれている感じで。

2010/8/25(水) 午前 0:17 [ 虎のしっぽ ]

顔アイコン

文献に即位の記事が・・・、短い 在位期間など・・・哀れな崩御。
でも明治期には公式に、安堵感が漂いました。♪☆♪

2010/8/25(水) 午前 11:04 umo*oi

顔アイコン

根室大喜サン >ようこそ。
陵をお造りの、明治の始めは見渡す限り、山野だったでしょ・・・
お詣り、有り難うございます。

2010/8/26(木) 午前 1:09 常夜灯

顔アイコン

フーミン♪>ようこそ。
明治天皇様の思いやりが、「廃帝」「半帝」とかを抹消なさたのですね・・・
短命を、気の毒に思います。
現在の政治も、短命で、後の人達は如何にとらえるでしょうかねぇ、嗚呼。

2010/8/26(木) 午前 1:14 常夜灯

顔アイコン

なりひらサン >ようこそ。
時代が変わりました、昭和20(1945)年までの教育でしたら、人波のない静寂はありません、でしたでしょ〜

2010/8/26(木) 午前 1:18 常夜灯

顔アイコン

ponsanサン >ようこそ。
天皇様の歴史が、京都の神社仏閣の歴史でしょうから、結構楽しんで学んでおりま〜す・・・(笑)
♪☆♪、有り難うございます。

2010/8/26(木) 午前 1:21 常夜灯


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事