道端の出会い ①

このブログ「道端の出会い」を立ち上げて、10年が経ちました。感謝。

全体表示

[ リスト ]

第108代 後水尾天皇
月輪陵 
つきのわの みささぎ
京都 東山区 2010.8.
イメージ 1
月輪陵

このページは 前のページからの 続きです
イメージ 2
月輪陵
イメージ 3
月輪陵

第108代 後水尾天皇 ( ごみずのお てんのう )

■生没年:
文禄5(1596)年 〜 延宝8(1680)年  ( 89歳
■在位 : 
慶長16(1611)年〜 寛永6(1629)年
■別名 : 
政仁 ( ただひと )
■皇妃 皇子女:   
中宮・ 徳川和子( 1607〜1678 ) 徳川秀忠の娘(五女)で、徳川家康の内孫。
後水尾天皇の中宮。 明正天皇の生母。
また 女院として東福門院( とうふくもんいん )。
     ‖萋鷙捗・興子内親王(明正天皇・1623〜1696 )
    第三皇女・昭子内親王(1625〜1651)
     B萋鷙鳥辧高仁親王(1626〜1628)
     ぢ荵姐鳥辧若宮(1628)
     ヂ荵郵捗・顕子内親王(1629〜1675)  
     β莽珊捗・賀子内親王(1632〜1696)
     第七皇女:菊宮(1633〜1634)
典侍・ 園光子(壬生院・1602〜1656)  
     第四皇子・紹仁親王・後光明天皇・110代・1633〜1654)  
     第六皇子・守澄法親王(1634〜1680)  
     第十皇女・元昌女王(1637〜1662)
     第十一皇女・宗澄女王、幼称は谷宮(たにのみや)(1639〜1678)
        持明院基子に養育される。1654(承応4)年得度、1654( 承応3 )年
        霊鑑寺創建・開基。 法号・浄法身院宮月江宗澄尼大禅師。
    第十三皇女・桂宮(1641〜1644)
典侍・ 四辻与津子( およつ、明鏡院 ? 〜1638 )
    第一皇子・賀茂宮(1618〜1622)
     第一皇女・ 梅宮 ・ 沢宮。号は文智大通女王、( 円照寺尼門跡・1619〜1697 )
典侍・ 櫛笥隆子(逢春門院)(1604〜1685)  
     第五皇女・理昌女王(1631〜1656)
     安荼濤鳥辧某(1633〜 )  
     第八皇女・光子内親王(1634〜1727 ・ 元瑤尼 ・ げんように)  
     佳菷皇子・良仁親王(後西天皇)(1637〜1685)   
     蛎莇綛鳥辧性真法親王(1639〜1696)  
     澗莉銃鷙捗・摩佐宮(1640〜1641)
      (21)第十四皇女・理忠女王(1641〜1689) 
  (22)第十一皇子・穏仁親王(第三代八条宮・1643〜1665)
(23)第十三皇子:道寛法親王(1647〜1676)
典侍・ 園国子(新広義門院)(1624〜1677)   
  (24)第十皇子・尭恕法親王(1640〜1695)
     (25)第十五皇女・常子内親王(1642〜1702 徳川家宣正室近衛熙子の母・)
     (26)第十四皇子・眞敬法親王(1649〜1706)  
     (27)第十六皇子・尊證法親王(1651〜1694)  
     (28)第十九皇子・識仁親王・霊元天皇・112代・1654〜1732)
     (29)第十七皇女・永享女王(1657〜1686)
典侍・ 新広義門院 園国子   ? 四辻継子)
     (30)第十二皇子・尊光入道親王(1645〜1680) 
     (31)第十八皇子・盛胤法親王(1651〜1680)
    (32)第十六皇女・文察女王 (1654〜1683)
宮人・ 水無瀬氏子( ? )   
     (33)第九皇女・新宮(1635〜1637)
     (34)第七皇子・性承法親王(1637〜1678)
■皇居:
平安京 ( へいあんきょう・京都市 )
■御父: 
後陽成天皇 の第3皇子
■御母 :
近衛前子  後陽成天皇女御。後水尾天皇母。父は近衛前久、母は若狭武田氏か。
猶父は豊臣秀吉。
■御陵:
月輪陵 ( つきのわのみささぎ ) この天皇以降から土葬

この天皇と 徳川秀忠 の時期に、徳川幕府の朝廷支配が完成したというのが通説である。

徳川家康秀忠 は、形式上は朝廷を補佐する形 で、天下を支配した。

徳川幕府の支配体制は、家康、秀忠、家光の三代で完成を見るが、朝廷との関係はとくに、秀忠時代の後半に完成したと見られる。

徳川将軍秀忠は、娘「 和子 」を、この天皇( 後水尾天皇 )に嫁がせ幕府による皇室管理の強化を図った。

後陽成天皇(107代)の 第3子にあたる後水尾天皇(108代)は、生涯幕府に対する抵抗の
姿勢を崩さず、和子の産んだ興子内親王( おきこないしんのう・のちの明正天皇・109代・女帝  ) に独断で皇位をゆずり、自らは明正、後光明(109代)、後西(111代)、霊元(112代)と51年に渡る院政を引き、皇室に大きな影響力を及ぼした。

学問を好み、55才で出家して、のちも30年を生き天皇としては、異例の長寿を全うした。
画像 無断で借用しました  借用もとはここ

路傍人・御陵巡礼索引は ここをクリック
過ぎゆく時を たいせつに・・・

閉じる コメント(4)

顔アイコン

歴史の襞の中には、いろいろ物語りがあるんですね@@

2010/8/27(金) 午後 7:13 根室大喜

顔アイコン

第87代 四條天皇は、12歳、無邪気な遊びでなくなり、
第108代 後水尾天皇は、異例の長寿を全うして 89歳。
皇妃 皇子女 34名をはべらかし 学問を好み、55才で出家して、のちも30年を生き・・・、
過ぎゆく時は たいせつどすなあ・・・ 無常ポチ!。

2010/8/28(土) 午前 11:52 [ EGACITE ]

顔アイコン

根室大喜サン >ようこそ。
天皇様も、空から眺められたり(人工衛星)して、進化に驚きでしょうねぇ〜

2010/9/4(土) 午前 1:05 常夜灯

顔アイコン

EGACITEサン >ようこそ。
800年もの昔の子供が、可愛く遊んでいた失敗の巻ですね。現代子は、ゲーム機位で遊んで、陰湿で・・・嗚呼

2010/9/4(土) 午前 1:07 常夜灯


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事