道端の出会い ①

このブログ「道端の出会い」を立ち上げて、10年が経ちました。感謝。

全体表示

[ リスト ]

第117代 後櫻町天皇 女帝誕生
月輪陵  
つきのわの みささぎ
京都 東山区 2010.8.
イメージ 1
楊貴妃

このページは 前のページからの 続きです
イメージ 2
泉涌寺・楊貴妃観音堂
イメージ 3

第117代 後桜町天皇( ごさくらまち てんのう ) 女帝誕生

■生没年:
元文5(1740)年 〜 文化10(1813)年 ( 74歳 ) 江戸時代の天皇
■在位:
宝暦13(1763)年 〜 明和7(1770)年
江戸時代〜現在まで最後の女性天皇。 
明正天皇(第09代)以来119年ぶりの女帝誕生
■別名異称:
幼名を以茶宮(いさのみや) ・ 緋宮(あけのみや)、 諱を智子(さとこ)
■皇后・皇妃 :
なし
■皇居:
平安京   ( へいあんきょう・京都市 )
■御父:
桜町天皇 の 第2皇女
■御母:
二条舎子 桜町天皇(115代)の女御で、後桜町天皇の生母。
後に皇太后。女院号は青綺門院( せいきもんいん ) 
■御陵:
月輪陵   ( つきのわの みささぎ )
■陵形:
石造り九重塔
■所在地 :
京都市東山区今熊野泉山町 泉涌寺

最後の女帝である後桜町天皇(117代)は、桜町帝(115代)の第二皇女で24才で即位、
8年間の在位だった。

先帝(115代)が崩じると、 桃園天皇(116代)の皇子皇太子の、 英仁( ひでひと・のちの後桃園天皇・118代 )親王が、帝位につくはずだったが、まだ5歳と幼かったため、親王が長じるまでの数年、という期日を区切った就任だった。 

皇位継承のような、重大事は事前に江戸幕府に諮るとした、禁中並公家諸法度の規定にも
拘らず、「 非常事態 」を理由に、幕府に対しても事後報告の形で進められた。
また、明正天皇(109代)以来119年ぶりの、女帝誕生となった

在位9年の後、明和7(1770)年、後桃園天皇(118代)に譲位。
しかし安永8(1779)年、皇子を残さぬまま後桃園天皇(118代)は崩御した。

後桜町上皇(118代)は、前関白の近衛内前と相談し、伏見宮より養子を迎えようとしたが、
結局現関白九条尚実の推す、9歳の師仁王(閑院宮典仁親王六男・のちの光格天皇・119代)
に決まった。

天明の京都大火( 天明8・1788年1月30日・3月7日)に際しては 青蓮院 に移り、ここを
粟田御所と号した。
生母青綺門院の仮御所となった 知恩院 との間に幕府が廊下を設けて、通行の便を図って
いる。

文化10年(1813年)、74歳で崩御。 後桜町院の追号が贈られた。

ちなみに、その後に崩御した、光格天皇以降は「院」でなく「天皇」の号を贈られたため、最後の女帝であるとともに死後に「 院 」と称された最後の天皇でもある
出典  後櫻町天皇 − Wikipedia| 
イメージ 4
路傍人御陵巡礼索引は ここ
過ぎゆく時を たいせつに・・・

閉じる コメント(6)

顔アイコン

今晩は〜〜(*^^)v

楊貴妃は慈愛に満ちた優しいお顔をしてらっしゃいますね〜★〜

女帝の時代もあったのですねぇ〜〜?

2010/8/28(土) 午後 9:48 bunbun

新日本憲法が制定前までは女性天皇が存在したのですね。新憲法が

発令されてからは、天皇の継承は男子に限るとなってるのでは?。

ないのどすか??。♡o。.(✿ฺ。 ✿ฺ) 。

2010/8/29(日) 午後 1:38 pasumeria1204

「巻頭画像」下膨れで昔風の美人画でしょうね。男に見えるようで

もないどす。ゆきえは首に1本のシワもありまへんが・・

装飾品には負けた〜。爆笑。♡o。.(✿ฺ。 ✿ฺ)

2010/8/29(日) 午後 1:45 pasumeria1204

顔アイコン

フーミン♪ >ようこそ。
そうですねぇ、穏やかなお顔でいらっしゃいますねぇ・・・
女帝さん、神武天皇いらい10方、在位です。

2010/9/4(土) 午前 1:25 常夜灯

顔アイコン

ゆきえサン >ようこそ。
↑ に書きましたが、女帝の在位は10方ですよ・・・
改訂が必要でしょうかねぇ・・・?

2010/9/4(土) 午前 1:27 常夜灯

顔アイコン

ゆきえサン >ようこそ。
あおうですかぁ、ありませんかぁ、結構なことですとも・・・

2010/9/4(土) 午前 1:29 常夜灯


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事