道端の出会い ①

このブログ「道端の出会い」を立ち上げて、10年が経ちました。感謝。

全体表示

[ リスト ]

第15代 應神天皇
皇后 中津姫
なかつひめの みこと
仲津山陵
藤井寺市 2010.12.
イメージ 1
中津姫 仲津山陵
イメージ 2

近鉄電車・南大阪線の 「 土師ノ里 」( はじのさと ) 駅の南東に 

第15代・ 應神天皇 の皇后で  仁徳天皇(16代)の母  仲姫命( なかつひめのみこと ) を  

埋葬した 御陵があります

御陵 ( 仲津山古墳 ) は  藤井寺市沢田の 静かな住宅街の 中にあって 

国道170号交差点からも  仲津山古墳の木立が 見えます
 
「 土師ノ里 」 駅の そばに  国の史跡に 指定されている  小さな古墳 
イメージ 3 イメージ 4
鍋塚古墳

鍋塚( なべつか )古墳が あります

案内板によれば  一辺の長さ45m  高さ7mの方墳で 「 古市古墳群 」 の中でも 

初期に 築かれた古墳と 推定されている そうで  西にある 巨大な前方後円墳の  

「 仲津山古墳 」( 仲姫命御陵 ) の 「 陪塚 」  の 可能性も あるそうです

この周辺には 七つ塚と呼ばれた 小規模な古墳が  存在したそうですが 

戦後 次々と破壊され  今日原形をとどめているのは  この 鍋塚古墳だけだとか
 
大きな古墳では  400mの至近に 既更新の允恭天皇陵( 古市野山古墳 ) があります 

仲津姫皇后陵( 仲ツ山古墳 )の 近くに 古室八幡神社 があります 

拝殿はありますが  本殿がありません  
イメージ 5 イメージ 6
古室八幡神社

仲津姫皇后陵( 仲ツ山古墳 )を 御神体としている と 言われている 神社です

このあたりは 「 應神天皇天皇陵 」 が 近くにあるからか 八幡さんが多く鎮座されています

仲津姫皇后陵( 仲津山古墳 ) は  住宅に囲まれて  国府(こう)台地の  最も高い位置に

前方部を  南西に向けて  築かれています 

拝所は  民家と民家の間 の 狭い場所にあり  気づかずに 通り過ぎてしまいそうです

拝所前の 狭い通りを挟んで  小高い山 「 古室山古墳 」 が あります

他の古墳とは異なって  墳丘の表面には  樹木が あまり生えていません
イメージ 7
古室山古墳
イメージ 8

宮内庁の  陵墓に治定されていないので  墳丘に登ることができます

現在 「 埋蔵文化財発掘調査 」 が 行われて いるようでした


仲津姫皇后陵 ・ 仲ツ山古墳 は 墳丘を巡る 周濠は狭く深く  

その周りの 外堤は幅が広く  外堤の上にも 住宅が密集し  

周濠の周りは フェンスが巡らされて  ご近所の皆さん   
イメージ 9 イメージ 10

周濠を見ながらの ウオーキングのようでした

フェンス越に 濠をのぞき込むと 深い濠に水はなく 

枯れた葦がきれいに 刈り取られていて
イメージ 11

允恭天皇陵 ( 古市野山古墳 )の 空堀が思い浮かびましたが  ここも空堀です
イメージ 12
イメージ 13
イメージ 18

第15代・応神天皇の皇后 仲姫命( なかつひめのみこと )

■生没年 :  
生没年不詳 ( ?歳
■在位 :
應神天皇2(271)年2月3日(3月1日)  応神天皇の皇后に立后され
仁徳天皇元(313)年1月3日(2月14日) 仁徳天皇(16代)の 即位と同日に皇太后となった。 
古墳時代
■別名 :
仲姫命  ( なかつひめのみこと) 
中日売命 『 古事記 』  − 品陀真若王女
■皇子女 :
應神天皇皇后に立てられ 三人の子供をもうけた 
  荒田皇女 ( あらたのひめみこ・木之荒田郎女 )
  大鷦鷯尊 ( おおさざきのみこと・大雀命・仁徳天皇・第16代
  根鳥皇子 ( ねとりのみこ ) − 大田君祖
 因みに同母姉の 高城入姫命や 同母妹の弟姫命も 応神天皇の妃となっている 
■皇居 :
軽島豊明宮( かるしまのとよあきらのみや ・ 現在の奈良県橿原市大軽町か ) 
■御父 :
『 古事記 』 景行天皇の孫  五百木之入日子命 ( いおきいりひこのみこと ) の子 
 3人の娘は應神天皇の妃です
■御母 :
金田屋野姫命( 建稲種命の娘 ) 
■御陵名 :
イメージ 14
應神天皇天皇 皇后中津姫 仲津山陵 ( 宮内庁治定 )
仲ツ山古墳  に葬られた とされる
應神天皇が  八幡神として観想されると その皇后である事から
八幡三神中の比売神に充てられ  その神霊を祀る 八幡宮も各地に鎮座する
■陵形 :
仲ツ山古墳 
出土した埴輪の特徴から 5世紀前半の築造と推定されている 
三段づくりの前方後円墳 
墳丘の長さ  286m  後円径   168m   後円部高   26m
くびれ部高  18m  くびれ幅  113m   前方幅   188m  前方部高 23m
イメージ 15

皇后の権威 あるいは権力が強かった 時代なのだろうか 
古墳の規模は  古市古墳群の中で 誉田山古墳 ( 應神天皇の陵墓 ) に 次いで大きく
全国でも 9番目にランクされている
■所在地 :
大阪府藤井寺市道明寺1丁目 
   近鉄南大阪線 「 土師の里 ・ はじのさと 」駅下車 南西へ0.8辧     
イメージ 16

 拝所でこの巨大古墳を眺めていると  一つの疑問が湧いてくる 
この古墳は 国府(こう)台地の  最も高い場所に 位置していて
 應神天皇の陵墓より 風光明媚な場所に 造られていることになる。
 應神天皇の没は 41(310)年2月15日  中津姫皇后は生没年不詳
 二つの陵墓が 同時期に造営された のであれば この治定はおかしい
 やはり天皇の 陵を最優先に 配置が 検討されたのでは ないだろうか。
 考古学的知見では、 仲津山古墳( 中津姫皇后陵 ) は 誉田古墳( 應神天皇陵 )より築造時期が 古いことが判明している。
 ということは、この墓に葬られた人物は 「 仲津姫 」 ではない ことになるが・・・
 転載もとは ここです 
イメージ 17
杜の中 ひときわ目立って

路傍人の 御陵巡礼索引は ここです
過ぎゆく時を たいせつに・・・

この記事に

閉じる コメント(9)

顔アイコン

古墳の前を通りかかった事があります。 削除

2010/12/14(火) 午後 0:08 [ ティーカッププードル ] 返信する

顔アイコン

長閑ですね・・・

ポチ

2010/12/14(火) 午後 5:32 釜坂信幸 返信する

顔アイコン

ネット散策に^^bポチ

2010/12/14(火) 午後 6:05 根室大喜 返信する

皇后の御陵としては確かに規模が大きいですね。当時の天皇の権力を象徴している感じですね。

2010/12/15(水) 午前 0:18 [ 虎のしっぽ ] 返信する

アバター

大きな御陵で皇后のものとは思えませんね。
ゆっくり周辺を散歩できそうな雰囲気があります。ポチ。

2010/12/15(水) 午後 2:08 蘭のさんぺい 返信する

顔アイコン

ティーカッププードルさん>ようこそ。
新築住宅の攻撃で、間口の狭い「拝所」を通過なさいましたかぁ・・・?

2010/12/16(木) 午前 2:34 常夜灯 返信する

顔アイコン

カマちゃんサン >ようこそ。
お隣の国の近辺が、物騒です。
平和、良いことで〜す・・・

2010/12/16(木) 午前 2:38 常夜灯 返信する

顔アイコン

なりひらサン >ようこそ。
治定、おかしいとお思いに、なりますでしょう〜

2010/12/16(木) 午前 2:40 常夜灯 返信する

顔アイコン

蘭のさんぺいサン >ようこそ。
ご主人の天皇陵を、見下ろす高所の皇后様の御陵。
これだけでも、おかしい、ですね・・・
ポチ、有り難うございます。

2010/12/16(木) 午前 2:42 常夜灯 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事