道端の出会い ①

このブログ「道端の出会い」を立ち上げて、10年が経ちました。感謝。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

知恩院
除夜の鐘
京都 東山区 2008.12.
イメージ 1
大きな鐘(日本三大梵鐘の一つ)

いよいよ 子年  平成20(2008)年  は 

今日と 明日の  2日となりました

軒先裏の “ 忘れ傘 ”

御影堂(みえどう)の 廊下を  右すぐの

視線が高くなる  軒先裏に

左甚五郎が 魔除けに 置いたとも 伝わる 

“ 忘れ傘 ” で お馴染みの  知恩院

明日の夜には  ここ 知恩院の  鐘楼からも

除夜の鐘が 鳴り響きます
イメージ 2
この石段を上って 鐘楼へ
イメージ 3
鐘楼の柱 重量に耐えなければなりません 幾本あるでしょう?

鐘を 108回撞(つ)いて 音を 聴くことで

人間の煩悩 108つを 消し その梵鐘の音を 聴くことで 

この一年の 心の中の 罪を消し 清らかな心で 新年を迎えます

昼間の 一般拝観終了後 

午後8時  再度開門とあって
 
多くの人が 鐘楼を 取り囲んで 待ちます

鐘が つかれるのは 午後10時40分から

いよいよ 僧侶が鐘楼へと 上がってきました 

除夜の鐘の 始まりです 

大きな梵鐘を 囲むように僧侶が並び
 
「 南無阿弥陀仏 」 と  お経を唱え 

除夜の鐘の 儀式が始まります

心を清らかに 合掌をして 共に唱えます


厳しい 底冷えの寒さで 僧侶の吐く息が 

白い湯気となって 上がって 

阿弥陀仏の 誕生に 見えます・・・

圧巻です
イメージ 4
 
僧侶16人が 子綱を一斉に引き
 
親綱を持った 僧侶1人が

後向きに 飛んで鐘を つくのです 
イメージ 5

< ここまで お読みに なったら
  目をつむって 鐘の音を 描いて(イメージ) くださ〜い ね・・・>


親綱の僧侶は 1回毎に 交代されて 僧侶によって 鐘の音が  少しずつ

違って 聴こえきます・・・ ・・・ ・・・
 
見た人 聞いた人から  順に出口の 方へ 移動して

それ ぞれ  次のご予定へ  ご出発 ・・・ ・・・ です


  このブログに 沢山お立ち寄りいただき 有り難うございました。
  来年の丑年も 宜しく お願い致します。

過ぎゆく時を たいせつに・・・

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事