ここから本文です
グランテック再生計画
MTB秦野林道に動画追加しました

書庫全体表示



しまなみ海道のサイクリングは思っていたよりずっと素晴らしく一生忘れないでしょう。

次はどの季節に誰と行こうか想像するとわくわくしてしまいます。
行った人は分かると思うが、動画で少しでも景観をお伝えしようと思います。

普通のコースと違うのは橋の存在。
世界一のナニナニとか、日本の技術の粋を集めた偉大な建造物。
車で通過してもわかりませんぜ。歩くか自転車じゃないと。

来島海峡橋なんか向こうへ渡るだけで徒歩一時間ですぜ旦那。

橋と道路は立派だが放棄された家や商店も多いです。
漁業が盛んであった昔、造船業が盛んだった戦後に比べたら人口が減っているのではないか?
売家の看板をよく見ました。
島の民宿に泊まり、島の食堂を利用することによって少しでもお金を落とすのが良いと思います。
そんな効果を期待して有料だった橋の通行料が無料になってるんですね。
サイクリストにはありがたい。

瀬戸田にはサイクリストさんへとのやさしいメッセージとともに甘いミカンが
待ってます 行きに2個、帰りにひとつ頂きました すごく甘い。
イメージ 1

これはレモンです
イメージ 2
イメージ 3

イメージ 4

多々良大橋を渡るとサイクリストの聖地という立寄りスポットがあります
サイクリング道へマーキングとはしゃれた演出です
イメージ 5
イメージ 6

ここは撮影ポイント 後ろに渡って来た多々良大橋が見える
イメージ 7
イメージ 8

四国へ渡ると今治の造船所群が見えてきます
今治と言えばタオル 糸島でタオルをお土産に買います
イメージ 9

今治から宿のある大島へ引き返すと光景は神が降りてくる雰囲気に
サイクリスト神の後輪 いや光臨なんちゃって
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12

今日お世話になる民宿「名駒」さんです
名駒地区へはひとつ峠を越えないといけません
宿に電話した時におかみさんから最後に坂がありますから
余力をもってきてくださいと言われました
イメージ 13

部屋から港が見えます 大きなお風呂に入って
地魚料理を食べてゆっくりしました
イメージ 14

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事