ここから本文です
まさとの写真館
写真の公開時期が遅れてます。時間のずれはご容赦を!

京都奥嵯峨の紅葉

   鳥居本 平野屋さん
                          2017年11月12日撮影

イメージ 1




京都奥嵯峨の鳥居本にある鮎茶屋 平野屋さん。

嵯峨野訪問時には、定点観測的に訪れる場所です。

嵯峨・嵐山でも山手にあり、少し早めに色づきます。

訪問時は、ピーク直前で、とってもいい感じでした。





この記事に

京都の紅葉(11月11日)

11月11日、京都の紅葉を巡りました。


最初は、一乗寺の圓光寺。
紅葉シーズン真っ只中になると、定番の額縁が撮れなくなるので、
少し早い時期に訪問です。

イメージ 1




少し早めのおかげで、鮮やかな黄色を中心に、
赤・黄・緑のグラデーションも素敵です。





イメージ 2




イメージ 8




裏山に登ると、圓光寺の紅葉の森に、京都の町が一望に。


イメージ 3




次は、鷹峯の常照寺。
吉野門前の紅葉です。

イメージ 4



鷹峯に来た本当の目的は、光悦寺。
光悦垣と真っ赤な紅葉を撮りたかったのですが、
生憎、光悦寺は、お茶会のため参拝できずでした。


最後に、ずっと南に下がって、御寺泉涌寺。
こちらも、鮮やかな赤と黄色の紅葉。
見事な紅葉です。


イメージ 5





イメージ 6





イメージ 7

この記事に

京都 天授庵の紅葉

   京都 天授庵の紅葉
                         2017年11月10日撮影

イメージ 1




南禅寺塔頭 天授庵、毎年、少し早めに、見事な紅葉を見せてくれます。

イメージ 2




本堂前庭は、枯山水に、見事な赤や黄色の紅葉が並びます。


イメージ 3





イメージ 4





イメージ 5





イメージ 9




書院南庭は、池の周りに紅葉。
映り込みも楽しめます。

イメージ 6



イメージ 10




こちらは、南禅寺の紅葉。
まだ少し早目のグラデーションが綺麗です。


イメージ 7





イメージ 8

この記事に

京都 永観堂の紅葉

    永観堂の紅葉
                           2017年11月10日 撮影

イメージ 1




京都左京区の永観堂の紅葉です。
もみじの永観堂と呼ばれるくらい紅葉の名所です。
京都でも一足早く色づき、もう見頃です。


イメージ 2



庭の中央にある放生池。見事な写り込みです。

イメージ 3





イメージ 4





イメージ 5





イメージ 6

この記事に

護王神社 亥の子祭

  護王神社 亥の子祭
                         2017年11月01日撮影
イメージ 1




京都上京区の護王神社で、亥の子祭に行ってきました。


平安時代に宮中で亥の月亥の日亥の刻に、天皇が自ら餅をつき臣下とともに食べ、
無病息災を祈願する「御玄猪(おげんちょ)」が行われていました。 
亥の子祭は、この御玄猪を再現したもので、神社拝殿で、天皇に扮した宮司さん、
平安装束の殿上人役の神職さん、奉仕女房が優雅な餅つきを行います。
護王神社は京都御所の隣にあり、その後、提灯行列を仕立てて、
餅を実際に京都御所まで届けます。

神事の後、舞殿で、御舂ノ儀(おつきのぎ)と称する餅つきが行われます。
舞殿には、天皇役の宮司さん、右手に殿上人、左手に奉仕女房が並びます。

イメージ 2





      最初に、奉仕女房が、餅つきに用いる道具を運びます。


イメージ 3





イメージ 4





準備が整うと、宮司さんが小さな臼と杵で、餅をつきます。





イメージ 12



イメージ 5




つき終わると、殿上人は袖で口を隠し「いのちつくつかさ」と、
奉仕女房は「いのちつくさいわい」と唱えます。



イメージ 6









イメージ 7

  


餅つきが終わると、提灯行列を仕立て、実際に京都御所まで餅を届けます。
護王神社は、烏丸通りを挟み京都御所の隣にあります。
護王神社を出た行列は、蛤御門から京都御苑に入り、暗い御苑内を進み、
清所門から御所内に入ります。

 イメージ 8




    御所から戻ると、亥子囃を唄いながら、餅つきが行われます。


イメージ 9




ついた亥子餅は、参列者に振舞われます。

イメージ 10






イメージ 11




この記事に

京都 粟田祭神幸祭

           京都 粟田祭神幸祭
                         2017年10月 9日

イメージ 1



粟田祭は、京都東山の粟田神社の祭礼で、
長保3年(1001年)以来の一千年の歴史を有しています。
室町時代に祇園祭が斎行できなかった際に、
粟田祭がその代わりを務めたとされる由緒正しき祭です。
体育の日に行われる神幸祭には、神輿に加えて、剣鉾も巡行します。

巡行の先頭は剣鉾、境内で鉾差しを行って出発です。


子供神輿も本格的。

イメージ 2




神輿も、境内でひとかき、差し上げを行って、出発です。

イメージ 3



神社の境内は、急な坂道を登った所にあります。
神輿の出発の際には、神輿にロープをつなぎ、
みんなで上から引っ張りながら、神輿を下します。

イメージ 4




巡行の途中で、青蓮院の勅使門前の急な坂を上り、青蓮院境内に入ります。

イメージ 5





イメージ 6




白川沿いを、神輿が進みます。

イメージ 7




剣鉾の六基差しです。

イメージ 8




神宮道の交差点での剣鉾差し。

イメージ 9




巡行が終わり、神社に戻って、剣鉾の拝殿回りです。

イメージ 10




最後に、神輿の差し上げです。
夕陽に輝く神輿が印象的です。

イメージ 11



この記事に

   京都粟田神社 夜渡り神事
                          2017年10月 8日撮影

イメージ 1




京都東山の知恩院の門前の道路の真ん中に、石柵に囲まれた瓜生石があります。
かつて、この石の上に瓜がなり、そこに金色のお札が輝いていました。
そのお札には、粟田神社の名が書かれており、粟田神社に納められたとのことです。

粟田神社の例祭粟田祭の前日、この瓜生石に粟田の神様がご降臨されたとのことから、この瓜生石へ神迎えの行列をたて、祭事が行われます。


祭事には、知恩院の僧侶の方も参列されます。
知恩院の門が開き、僧侶の方が列を作って、厳かに来られます。


イメージ 2





祭事は、粟田神社の神職の方と、知恩院の僧侶の方の神仏習合で行われます。

イメージ 3





イメージ 4






祭事の最後に、祭事に出席された方が列をなし、瓜生石の周りを3回廻ります。

イメージ 5



行列には、粟田大燈呂と称する灯籠も参加します。
江戸時代まで、大きな灯籠がいくつも参加していたとの文書があり、
平成20年に、京都造形芸術大学の協力で復活し、毎年参加しています。

能の小鍛冶と稲荷
 
イメージ 6




海の三女神

イメージ 7




スサノオノミコトとクシナダヒメ

イメージ 8



愛染明王

イメージ 9




導引地蔵と天女

イメージ 10



この記事に

開くトラックバック(0)

奈良猿沢の池 采女祭

      奈良猿沢の池 采女祭
                                    2017年 10月 4日

イメージ 1




中秋の名月の日(今年は10月 4日)、奈良猿沢池で采女祭が行われます。
采女祭は、猿沢池のほとりに立つ采女神社の例祭です。

猿沢池には、采女伝説という話があります。
奈良時代、天皇に仕えていた采女が、天皇の寵愛が薄れたのを嘆き、
猿沢池に身を投げます。
采女の霊を慰めるために、池のほとりに社を建てました。
ところが、采女は我が身を投じた池を見るのは忍びないと、
一夜のうちに社を後ろ向きにしてしまいました。
そんなわけで、采女神社は、鳥居にも背を向けています。

采女祭は、この采女を偲ぶ祭りです。



猿沢の池、興福寺五重塔を望む風景は、奈良を代表する風景です。

イメージ 2




池には流し灯籠が浮かべられています。


イメージ 3




祭りは、JR奈良駅から采女神社まで、
花扇、花扇使いや天平衣装の女性の花扇奉納行列があります。

祭行列の船が出る前に、采女物語と称し、
管弦船を出し船上から采女伝説を朗読されます。

イメージ 4





イメージ 5




その後、2隻の管弦船が出ます。
1隻目の船には、大きな花扇が乗っています。


イメージ 7




2隻目には、白拍子姿の女性。
イメージ 6




管弦船が池を2周した後、花扇を乗せた船が池の中央に出て、
花扇を、池に投げ捨てます。

イメージ 8






この記事に

安井金毘羅宮 櫛祭り


  安井金毘羅宮 櫛祭り
                         2017年  9月25日

イメージ 1



京都東山の安井金毘羅宮、縁切りで有名な神社ですが、
境内に櫛塚があり、櫛に感謝する櫛祭りが行わます。
境内での神事・奉納行事の後、古代から現代までの髪型・衣装の女性が、
祇園の街を行列します。

 
神事の後、舞台で「黒髪の舞」が舞われます。

イメージ 2





イメージ 3




その後、古代から現代へ各時代の衣装・髪型が披露されます。
   
イメージ 4




イメージ 5




そして、祇園の街を行列します。

イメージ 6




イメージ 7





イメージ 8





イメージ 9




イメージ 10







イメージ 11



たくさんの綺麗な女性の着物姿、とっても華やかな行事です。

この記事に

       御香宮神社 花傘総参宮
                          2017年  9年30日 撮影

イメージ 1



京都伏見の御香宮神社の神幸祭、お迎え提灯として、氏子町から
たくさんの花傘や神輿が神社に参拝します。
花傘総参宮は2回行われ、2017年は9月30日と10月8日で、
9月30日に訪問です。

多くの花傘が、大手筋商店街のアーケードを通り、
アーケード内でも傘振りを披露します。



イメージ 2




子供達も元気です。

イメージ 3





イメージ 4




イメージ 5





イメージ 6




イメージ 7




イメージ 8





イメージ 9



華やかな花傘、見事な傘振り、見事なお祭りです。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事