ここから本文です
横須賀から東京へ通勤を始めて20年 一日往復3時間の通勤の累計は約15000時間、600日ほど電車で過ごした計算になります(笑)

箱根大観山

イメージ 1
皆さま、
ご無沙汰しております。
ロードバイクで走る機会も距離もすっかり少なくなってしまったこともあり、
ブログの更新が完全に止まってしまいました。

再スタートの機会をうかがっておりましたが、お手軽なLINEやFacebookの短い文章やスタンプに慣れきってしまって、ブログとの向き合い方がわからなくなっていましたこと等も更新ストップの理由だと思います。
今回芦ノ湖でブログつながりの方と偶然お会いしたので久々に更新です(笑)



秋の風を感じる時期になり、そろそろロングライド&登坂も耐えうるかな?
と三連休二日を雨で失った自転車乗りは5時半出発で箱根に向かいます!!

箱根は旧道七曲りは過去の話w
久々の本格的サイクリングは湯河原経由で椿ラインを選択。
急こう配を上る筋力は無くなったが、緩い勾配であればゆるりと楽勝と考えました。

湯河原まで完全に脚を温存。
大観山まで19kmの標識からも温存w
というより脚が回りません。
湯河原までの70㎞の脚しかもっていなかったのかもしれません(>_<)

イメージ 2

路面には前日の雨が残り、蒸し暑さが更に体力を奪って何時心が折れても不思議でない状況。。。

唯一の救いは路面が濡れている為、バイクが少なく安全に走れたことかな。
後ろからのエンジン音はとてもプレッシャーですからね。


イメージ 3


しとどの巌でしばらく放心状態で休憩!
ここから下る選択もwww

しかしあと半分と体に鞭打ち漕ぎ出します。

イメージ 4

気温も下がったためか多少体力も回復して登頂成功!!

残念ながらご褒美の富士山絶景は拝めませんでしたが、満足感一杯。
もうやり残したことは無しwww

イメージ 5

芦ノ湖に挨拶を交わしてコンビニで買い物をしていると、
SSR仲間に何年か振りに遭遇。お互い最近はほとんど一人で走っているとのこと。
一人でのんびりマイペースも自転車の楽しみ方。
機会がありましたらまたご一緒にとLINEでお友達にw
一国を上がってきたという彼は大観山経由湯河原へ
私は旧道をガーって下って小田原からの帰路へ


イメージ 6

親木橋の交差点を過ぎたあたりでハムストリングの痙攣がw

国府津駅の標識が見えて即左折!!

パパッと梱包で車中のひとに・・・・・


イメージ 7









この記事に

開くトラックバック(0)

新年ハーフマラソン

明けましておめでとうございます

本年もよろしくお願いします!!

9月頃から足底筋膜炎らしき症状に悩まされておりましたが、トレイルをのんびり走るリハビリが効いたのか、若干改善されてきたようです。
年明け早々、三浦国際市民マラソン出場に向けてハーフマラソン距離を走ってみました。

イメージ 1

R134秋谷付近からは相模湾越しの富士山とスーパームーンの名残w
例年を比較して冠雪がさびしいような・・・・・・・

この辺りまでは快調に来たのですが、長者が崎を過ぎたころから足底に若干の違和感!!

残り5㎞位からはだましだまし走って完走!

イメージ 3

昨年の三浦マラソンのタイムより10分遅れ、
アップダウンのきつい三浦だったら2時間位はかかっていたでしょうね。


イメージ 2

無理せず頑張りたいと思います!!

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1

久里浜田浦線の一部が開通しました。
今回開通したのは三浦縦貫道入口(横々衣笠インター付近)から山中町(横須賀インター)までの区間ですが、山中町から田浦方面はまだハイキングコース状態なので、
ほぼ全線開通と言っても良いでしょう。

更に自然を壊してまで無理やり通す必要性は感じませんね!

さっそく開通区間を走ってきましたのでインプレを(笑)

片側2車線で歩道も車道並みの広さなので、自転車通行問題なし。
舗装は当たり前なのですが滑らかで心地よいロードノイズが!
レイアウトはダラダラと登ってスーと下ってと自転車冥利に尽きますw

※久里浜港方面からのアプローチについて

三崎街道交差点のパスは左側の車線から三崎街道へ上がって交差点を直進が正解でしょうが、
本線に戻るには右側からの衣笠インター流入車に気を付けて右側に車線変更する必要があります。これは結構怖い!
軽車両進入禁止の標識は無いのだが、道交法上問題がありそうな気がする。
左側車線をそのまま進むと衣笠インターに入ってしまうし・・・・
やはり右側車線に車線変更するしかないと思う。

右側車線から一気に突入もそれなりの覚悟がいることは知っていて欲しいと思います。

イメージ 2

三浦縦貫道入口から周辺に何もなく街灯も一つもありません。
夜間の自転車での走行は小動物との衝突の可能性がありますので気を付けてください。

そこそこ上ると気持ち良い下りが!!
車線並みの広さの歩道が贅沢です(-_-)/





この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事