ここから本文です
横須賀から東京へ通勤を始めて20年 一日往復3時間の通勤の累計は約15000時間、600日ほど電車で過ごした計算になります(笑)
イメージ 1

久里浜田浦線の一部が開通しました。
今回開通したのは三浦縦貫道入口(横々衣笠インター付近)から山中町(横須賀インター)までの区間ですが、山中町から田浦方面はまだハイキングコース状態なので、
ほぼ全線開通と言っても良いでしょう。

更に自然を壊してまで無理やり通す必要性は感じませんね!

さっそく開通区間を走ってきましたのでインプレを(笑)

片側2車線で歩道も車道並みの広さなので、自転車通行問題なし。
舗装は当たり前なのですが滑らかで心地よいロードノイズが!
レイアウトはダラダラと登ってスーと下ってと自転車冥利に尽きますw

※久里浜港方面からのアプローチについて

三崎街道交差点のパスは左側の車線から三崎街道へ上がって交差点を直進が正解でしょうが、
本線に戻るには右側からの衣笠インター流入車に気を付けて右側に車線変更する必要があります。これは結構怖い!
軽車両進入禁止の標識は無いのだが、道交法上問題がありそうな気がする。
左側車線をそのまま進むと衣笠インターに入ってしまうし・・・・
やはり右側車線に車線変更するしかないと思う。

右側車線から一気に突入もそれなりの覚悟がいることは知っていて欲しいと思います。

イメージ 2

三浦縦貫道入口から周辺に何もなく街灯も一つもありません。
夜間の自転車での走行は小動物との衝突の可能性がありますので気を付けてください。

そこそこ上ると気持ち良い下りが!!
車線並みの広さの歩道が贅沢です(-_-)/





この記事に

開くトラックバック(0)

宮ケ瀬湖の貯水量がかなり低下しているというニュースを聴きました。
心配になりましたので、確認に行ってまいりました。

神奈川の水がめを一日ですべてチェックする事は今の自分の体力ではかなり厳しいと思いますが、行けるところまで行ってみましょう。


イメージ 1
宮ケ瀬湖到着!!
確かに以前の風景とはだいぶ様変わりしております。
貯水率低下の確認がとれたのと同時に、
全てのダムの状況調査どころか次も厳しいということが確認できました。

イメージ 2

貯水率が低いと、迫力に欠けます、いや欠けるような気がしますw

そのまま引き返すのも寂しいので、先に進みますよ


下って下って、なんとなく行けそうな気分になってくると

上り返し

登り切って一息ついて神奈川県の山間部の険しさを噛み締めます。


イメージ 3

津久井湖はそれほど水位の低下は見られません。
一安心ということで今回はここで終了。

R16を経由して久々の境川サイクリングロードを使って帰路へ

涼しくなって150㎞オーバーもだいぶ楽になりました。



この記事に

赤レンガ倉庫

イメージ 1
今朝は少しだけ涼しい感じ^ ^
暑くなる前に帰りましょう!

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事