ここから本文です
横須賀から東京へ通勤を始めて20年 一日往復3時間の通勤の累計は約15000時間、600日ほど電車で過ごした計算になります(笑)
イメージ 1

今年は始めて東京マラソンと開催日がかぶり、参加者数に影響が出るのかと心配されましたが、東京マラソンの当選確率は低く私も含めまったく影響はなかったようです。
ひとつ影響が出たのは、ゲストと招待ランナーですね。
何年か前には高橋尚子さんや山の神もゲストとして応援して登場したのですが、
今回はなんと柔道家 鈴木桂治さんw


イメージ 2

スタート集合方法が変わり、横入りできなくなったので早めに並びますが、
1時間30分から39分の先頭という微妙な位置取りをしてしまいました。
スタート地点までの距離が近い!!

イメージ 3

さすがにこの地点だと行く手を阻むランナーは無し!!
逆に自分が邪魔になっているのではと焦りますw
スタートから3km地点までの平地は4分/㎞半ば、霊園の坂道も5分/㎞で駆け上がり、折り返しまでほぼ4分/㎞半ばのハイペース。

イメージ 4

もしかしたら

今までの記録1時間37分を破れるかも・・・・・・

などと考えながら城ケ島の折り返しからののぼり返しを走っているとき、
脚に違和感・・・・・

宮川公園の下りあたりで左ふくらはぎの痙攣!

ついに15㎞地点で走れなくなりストレッチ休憩。

騙し騙し、3km以上スローペースで、途中ストレッチの為止まりながらも回復を待ちます。

残り2㎞になりようやく普通に走行できるまで回復してゴール!!!

イメージ 5

今回は始めて棄権を考えたほど辛いレースでしたが、
本当に完走できて良かったです!!

Yahooブログは12月で終了してしまうとのことで、三浦国際市民マラソンの参加レポートは今回が最後になりますが、他のところで更新するかもです。

来週からはロードバイク再開です!
ブログに上がるかはわかりませんがw

開くトラックバック(0)

道志みち

イメージ 1

二週連続の三連休も不安定な天気に自転車乗りはストレスが溜まり放題!

昨日秋分の日はスッキリとは行かないまでも、雨の心配はなさそうなので久々の山中湖にトライします。

なるべく平らなコースをと思い境川からR16を経由して津久井からのアプローチを選んでは見たものの、R412のアップダウンを忘れていたようです。距離も長かったwww


イメージ 2

気温はそれほど高くないのとスローペースなので水分消費も少なく、最初の補給まで約三時間ノンストップ!
このコース取りは正解??

コンビニでお茶を買って釜揚げうどんをいただく。

味は???でしたが本業はせき麺の製造販売とのことで、試食レベルと考えればそんなものか。

イメージ 3

この標識を見ると気が萎えるのですが、いまさら引き返すのも気分が悪いw
ダラダラ登りますよ!道志みち(^^♪


イメージ 4

基本は登り基調なのですが、道の駅どうしまではアップダウンが激しく意外と脚を休めながら走れます。
しかし最後の5㎞はコーナーの先がいつも登りという心が折れる修行の道(笑)

「この先凍結注意」の標識が見えたらそろそろ峠です!

あとは下るだけ(^^♪


イメージ 5

ハムとふくらはぎが悲鳴をあげていますw
シューズを脱いでストレッチ!!

富士山はほとんど見えず( 一一)

騙しだまし篭坂峠を登って一気に1000メートルを下り国府津まで・・・・・・

端折りすぎでが

イメージ 6

車窓の人となりました。

イメージ 7







開くトラックバック(0)

箱根大観山

イメージ 1
皆さま、
ご無沙汰しております。
ロードバイクで走る機会も距離もすっかり少なくなってしまったこともあり、
ブログの更新が完全に止まってしまいました。

再スタートの機会をうかがっておりましたが、お手軽なLINEやFacebookの短い文章やスタンプに慣れきってしまって、ブログとの向き合い方がわからなくなっていましたこと等も更新ストップの理由だと思います。
今回芦ノ湖でブログつながりの方と偶然お会いしたので久々に更新です(笑)



秋の風を感じる時期になり、そろそろロングライド&登坂も耐えうるかな?
と三連休二日を雨で失った自転車乗りは5時半出発で箱根に向かいます!!

箱根は旧道七曲りは過去の話w
久々の本格的サイクリングは湯河原経由で椿ラインを選択。
急こう配を上る筋力は無くなったが、緩い勾配であればゆるりと楽勝と考えました。

湯河原まで完全に脚を温存。
大観山まで19kmの標識からも温存w
というより脚が回りません。
湯河原までの70㎞の脚しかもっていなかったのかもしれません(>_<)

イメージ 2

路面には前日の雨が残り、蒸し暑さが更に体力を奪って何時心が折れても不思議でない状況。。。

唯一の救いは路面が濡れている為、バイクが少なく安全に走れたことかな。
後ろからのエンジン音はとてもプレッシャーですからね。


イメージ 3


しとどの巌でしばらく放心状態で休憩!
ここから下る選択もwww

しかしあと半分と体に鞭打ち漕ぎ出します。

イメージ 4

気温も下がったためか多少体力も回復して登頂成功!!

残念ながらご褒美の富士山絶景は拝めませんでしたが、満足感一杯。
もうやり残したことは無しwww

イメージ 5

芦ノ湖に挨拶を交わしてコンビニで買い物をしていると、
SSR仲間に何年か振りに遭遇。お互い最近はほとんど一人で走っているとのこと。
一人でのんびりマイペースも自転車の楽しみ方。
機会がありましたらまたご一緒にとLINEでお友達にw
一国を上がってきたという彼は大観山経由湯河原へ
私は旧道をガーって下って小田原からの帰路へ


イメージ 6

親木橋の交差点を過ぎたあたりでハムストリングの痙攣がw

国府津駅の標識が見えて即左折!!

パパッと梱包で車中のひとに・・・・・


イメージ 7









開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事