ここから本文です
横須賀から東京へ通勤を始めて20年 一日往復3時間の通勤の累計は約15000時間、600日ほど電車で過ごした計算になります(笑)

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

イメージ 1
皆が銚子大橋に移動する17時30分までに到着すればいいやという安心感から、
妙にマッタリとしてしまい完全に戦意喪失でございます。
 
トイレに入って、そしてめちゃくちゃ酸っぱいグミを口に放り込んで一昨年のことを思い出しました。
「もう絶対に走らない」(笑)
 
辛いんですよね、今年はそれ以上に辛かった。
向い風以上に一人きりで走ることのつまらなさ(自分で選んだ道なんですが・・・・)
 
九十九里ビーチラインのデジャブ感覚は前回以上に参ってしまった。
今回は二回目なので二乗になってる??
 
 
 
 
 
イメージ 2
銚子市にはいるといきなり坂道の洗礼を受けますが、ゆっくり走ればそれ程苦になりませんね。
急いでも、あと11kmです。どんなに早く走ってもゴールまで何分も違いません(^^♪
 
漕ぎ続ければ・・・・・・着きますから、
 
 
 
 
イメージ 3
ほらね、皆が銚子大橋に移動する制限時間の10分前(17時20分)に到着(^_^)v
しかし
 
誰もいない・・・・・・・・・・
 
SNSをみてみると、皆さん直接銚子大橋に向かう予定とのこと。
 
このあと三名の方が犬吠崎灯台までたどり着いたとの事でしたが、
最終目標の銚子大橋サンセットで閉める為に、最終目的地に急ぎます。
 
 
 
イメージ 4
残念ながら夕日は厚い雲の中でさよならでした^m^
 
240km近くを無心に漕いできてこの仕打ち(笑)
 
まあ、すべてが上手く回ってしまうほど詰らない人生はありませんから、
このくらいで萎えていてはいけません。
 
 
 
 
イメージ 5
途中のコンビニで仕入れたビールで一足先に乾杯\(^o^)/
まだ走っているかたごめんなさい(笑)
 
この後駅前の食堂でお疲れ様会が開催され、鈍行宴会列車で楽しく帰宅の人となりました。
 
もう来年は走らない、絶対に(ーー;)
 
嘘ですw
 
新幹事のもと来年も出走エントリーしたいと思います。
 
今回ご一緒していただいた皆様、ありがとうございました\(^o^)/
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
そして本日、アラームを6時にセットしてランニングの予定でしたが・・・・・・・・
完全にアラームは無視されておりました。
 
今日はゆっくりとブログをアップして・・・・などと二度寝を決め込みますが、
 
 
 
 
デジャブが残ってました。
 
 
あれ、この前もあったよね・・・・・・いや・・・・・・・
 
いやいやあれは現実ではないよ・・・・・
 
 
 
 
 
イメージ 7
最近腰を痛めて練習を控えていたサッカー馬鹿の息子が、
明日の県選抜試験のため軽く体を動かす程度に試合に出ると言って出かけた。
 
キックオフが昼前と聞いていたのだが、練習試合と言うこともあり、今回は応援には行きませんでしたが、
お昼前になぜか・・・・・
 
顧問の先生から電話が入ります(^_^;)
 

あれ、前にもおなじことが???????

始めてですよこんなこと、デジャブってやつですか??
 
 
電話の向こうでは「鎖骨が折れたようなので救急車で病院に向かいます(;・∀・)」って は・な・しw
 
 
 
 

 
あまりにも信じがたい光景がのどかな休日を襲います(笑)
 
 
 
その後救急搬送された病院がわかり、
 
休日の混雑した鎌倉を通って回収に向かいました^m^
 


9月に折ったところと同じところがポッキリと、
慣れたものでw
 
意外と冷静に痛みをこらえておりました。
 
 
皆様も鎖骨骨折にご注意下さいませ。
 
めちゃくちゃ痛いようですね。
 
 

開くトラックバック(0)

イメージ 1
 
昨年、津波の影響などを考慮して中止になってしまったサバンナの掟オフ!
直前まで参加表明が出来なかったのですが、前日にどうにか参加の権利を獲得(^_^)v
 
ただし約束されたのはこの片道切符を使って房総半島に上陸できることだけ!!
無事に夕日が沈む前に目的地に到着できるかどうかは自分の脚次第です(笑)
 
masa@あぁ湘南さん主催のサバンナオフ要綱は下記↓
 
【オフ会要綱】
7時30分に金谷港をスタートし、房総最西端の洲崎灯台、
最南端の野島崎灯台を治め、
17時30分、最東端の犬吠崎灯台で生き延びた者どうしが喜びをかみ締め、
17時54分、あの大河利根川に沈む夕日を銚子大橋で見る。
その後、銚子駅界隈でみんなで飯を食って、 
18時40分発、鈍行で帰ってくる。
千葉の海岸線を封鎖するためにひたすら漕ぎ続けて、走行距離220〜240km。
 
 
参加者の中で出発地点が一番近いので、朝はゆっくり、
6時20分の始発のフェリーなので、5時半に出れば余裕です。
他の方は3時とか4時起きとか言ってますので、それだけでも十分なアドバンテージですね(^_^)v
 
 
 
イメージ 2
久里浜港までは7kmほど、到着するとちょうど日の出のタイミング。
あの太陽が銚子の海に沈むまで、漕ぎ続けるのです。
 
 
 
イメージ 14
かなり早くから並んでいる車を横目に自転車は一番初めに乗船します(^^♪
ガラガラの船内に浸入していく瞬間がとてもすきなんですよ(笑)
 
 
 
イメージ 15
船内では一番乗りの特権を利用して一番広い特等席を確保して、朝食タイム(^_^)v
横須賀名物、海軍カレーパンを食します。
 
 
 
イメージ 16
以前はかなりしっかりと固定していたと思ったのですが、
最近はハンドルを手すりに引っ掛けるだけ(笑)
 
まあその程度で十分なのですがね、経費節減にもなるし、オッケーです。
 
 
イメージ 17
さあ、これから房総の地に10名のサイクリストが解き放たれます。
最後まで漕ぎきることができるのか!!
 
 
 
イメージ 18
と、その前に恵比寿から輪行でやってくるコミュさんの到着を待ってスタートです。
電車の中でほぼ組み立てて登場(笑)
時間は無慈悲に刻まれていきますから、コツコツと積み重ねることが大切ですね。
 
 
 
イメージ 19
先ずは最初のオプション太房岬
ここへのアプローチは14%の激坂をクリアしなければなりません。
本当に無駄なオプションなのですが、ここからの景色は外すことは出来ませんね。
 
 
 
 
 
イメージ 20
トイレを済ませているうちに集団は既に出発済み!
そうです、このオフ会に仲間を待っている優しさを持ち込んではいけないのですw
 
 
しかし、スタートから一人旅はあまりにきつすぎます!
どうにか追いついてしばらくは集団の末席で脚休め(笑)
 
 
 
 
イメージ 3
追い風のありがたみを感じながら最初のチェックポイントの洲崎灯台到着。
ここでは灯台までの階段を無意味に自転車を担ぎ上げるのが必須となっております。
ただしセルフタイマージャンプは特別OPなので、やりたい人だけ〜
 
 
 
 
イメージ 4
洲崎灯台からはほぼ一人旅(>_<)
房総フラワーラインを15km次のCPの野島崎灯台まで黙々と走ります。
 
 
 
 
イメージ 5
野島崎灯台の神社にはとあるご神体が鎮座しております。
 
 
 
 
 
イメージ 6
野島崎を過ぎてもまだまだフラワーラインは続きます。
ちょっと気になる看板を発見したので(あまりにも暇だったので)右折!!
貴重な時間を使ったのに・・・・・・・
 
 
 
 
イメージ 7
自転車道はどこへ・・・・・・・・
 
10分ほどロス(>_<)
 
 
 
 
イメージ 8
今回は極力一人で走る計画です。
野島崎からもほぼ一人で走り続け、最初の補給は100kmを越えた鴨川のすき屋。
並み盛と豚汁で塩分補給は十分、炭水化物もしっかり摂って元気が回復。
 
勝浦のアップダウンは結構脚に来ましたが、ペースを落として踏ん張ります。
一番時間をロスするのが休憩ですので、とにかく遅くとも漕ぎ続ける事が大事ですね。
 
写真ストップも極力少なめに・・・・・・
 
 
 
イメージ 9
ここからが辛かった(^_^;)
 
既に向い風に平均速度はガタ落ち(>_<)
腰の調子が悪く、下ハンドルが持てないので、相当な風の抵抗を受けます。
 
 
 
 
 
イメージ 10
萎えますよね(笑)
とっても気持良さそうに泳いでます、こんなに見事な泳ぎは初めて見たかも(^_^;)
 
 
 
 
 
イメージ 11
九十九里ビーチラインはこれまた同じ景色が永遠に・・・・・
どこまでもどこまでも終わりが無い旅をイメージさせますね(>_<)
 
 
 
ようやく銚子の文字が!!
 
でもこれは罠ですね。まだまだ漕ぎ続けなければなりません。
が、ここで二度目の休憩。
おにぎりとレッドブルを補給して強烈な向い風に切れかけた気持を修復します。
 
 
 
イメージ 12
16時30分に最後のOPの飯岡灯台下に到着。
銚子まで11km表示と制限時間の17時・・・・・
 
200kmを走って終了間近の脚と最後の強烈なアップダウンだらけの道を30分で11kmは無理!!
(実は制限時間は17時30分だったんですけどね)
と判断してOP選択(^_^)v
 
これまた強烈な坂を上がって
 
 
 
 
イメージ 13
走ってきた海岸線をみて感慨に更ける・・・・・・・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

開くトラックバック(0)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事