ぬれ落ち葉のひとり言

勝手なひとり言の連続ですが、よろしく!

無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全197ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

梅雨時余話

イメージ 1  梅雨前線が居座り、狂ったような天気、
     豪雨に悩まされたり、時折射す日差し、
           その蒸し暑さに悩まされたりです。

 先日の集中豪雨、我が市が全国放送で放映され、
 お見舞いのお言葉をいただき、ありがとうございました。

        おかげさまで、当方は無事でしたが、
               被災された地域の方々、お見舞い申し上げます。

         〜〜今回は最近の余話をまとめて見ました。〜〜

   7月23日(日)は「親子水辺の観察会」が予定されていましたが、
          川の増水予想で危険を予知、前日に中止を決定しておりました。

        市内中央を流れる一級河川「子吉川」、河川敷公園も水没 !!
イメージ 2

イメージ 3 豪雨の2日前、(7/21)
    良い天気だったので、中島台へ

    駐車場には大型バスが・・・

 イメージ 4

           森の入口へ続く管理棟付近です。
イメージ 5

イメージ 6   森の中で珍しい野草花を発見 

    クモキリソウ
   イメージ 7
       カキランも咲いていました。
イメージ 8

             最近の駅前朝市場での発見 

 スネークタイプのキューリです。
イメージ 9

                             アジサイにはカタツムリがよく似合う
                          イメージ 10

     梅雨と夏のせめぎあい?、
            まもなく梅雨明け宣言を期待しての余話でした。

                       へば、またなぁ〜〜 
                                      イメージ 11

この記事に

開く コメント(0)

珍しい花

      局地的集中豪雨、異常気象が日本列島を襲っています。
             被害に遭われた地域の方々、お見舞い申し上げます。

    エゾアジサイ
イメージ 9 7月も中旬、こちらは梅雨と真夏の
             凌ぎ合いが続いています。

 そんな中、友人からの情報で、
        珍しいお花に会いに行ってきました。


      中島台・獅子ヶ鼻湿原にある、
             水力発電用導水路の壁面に、したたかに生きる植物
                                 (周囲の湿地にはたくさんあるのですが・・・)

イメージ 1  食虫植物の
         「モーセンゴケ」の花
    白い花わかるかなぁ〜?  
   イメージ 2

           次は、鳥海山麓、とある某所へ

   一面にノハナショウブが咲いていました。
イメージ 3

イメージ 4   その中によーく見ると
         白く咲く植物がありました。

  近寄ってズームアップ     イメージ 5

        この花こそ幻の(少々大げさかな)
              「ミズチドリ」(別名、ジャコウチドリ)といいます。
       (県版レッドリストで「絶滅の恐れが高い」ⅠB 類に登録されているそうです。)
  
イメージ 6

イメージ 7

       炎天下の中で、懸命に咲いて、
               気品のある香りと、優雅な舞姿に感動でした。

        帰り道、夏の青空に向かって咲く「シシウドの花」です。
イメージ 8
       白い雲をのせて、美味しそうな わたあめ かき氷 を想像しました。
                                         なんとも発想が貧相です。

      それでは、変化の激しい天候に気をつけて頑張りましょう

                                  へば、またなぁ〜〜

この記事に

開く コメント(2)

      台風も過ぎ去った本日、被害に遭われた地域の方々、
           そして、今現在、豪雨に悩まされている地域の方々、
                 お見舞い申し上げます。十分お気をつけください。

      こちらは、今朝まで雨模様でしたが、
                  落ち着きを取り戻し、少し明るくなってきました。

      さてさて、前回の続き、
                 雪渓に取り付き、歩き出したその後の話です。
                          (拡大写真は右下の+ルーペマークをクリックしてね。)

      今年の残雪は、とても多いです。
              雪どけが、例年より2〜3週間以上遅れている感じでした。

   歩き出して30分、賽の河原右上です。クレパスが出現
         この雪庇の上を歩くため、左手に回り込み、キックステップでよじ登りました。
イメージ 1

     上部に登るとこの光景、なだらかな雪原が広がっていました。

イメージ 2
       日差しもあり、とても歩きやすいけど、
                  細い太ももや、ふくらはぎが泣き出しそうになってきました。

   それでも休み休み頑張り、吹浦口との合流地点を通過し、雪渓上部へ到着、

        歩いてきた跡を振り返ってみました。
                 日本海の青と空の青が重なり、区別がつきません。
イメージ 3

      心は急ぎますが、足が痙りそう、 歩みはトロトロです。

       上空を飛ぶ荷揚げ用ヘリの音が、耳障りになるぐらい辛いです。
イメージ 4

       やっと、前方に山頂の姿がチラ見え、目的地はすぐそこです。 

イメージ 5

        そして、ついについに到着、
                  「長坂の出合い」・・・ ジャァ〜〜ン

   時計を見ると、なんと、13:00 (アハハ・・・です)
イメージ 6

     重いリュックを下ろし、お花たちと一年ぶりの再会を楽しみました。

     「白い恋人」・・ハクサンイチゲと花文字雪渓
イメージ 7

       幸せ色のミヤマキンバイも咲き始めたばかり
イメージ 8

         ここは、天国の花園と思うほど、(天国の経験はありませんけど

          僕のこいび〜とは、白い花〜〜  
                                  (心の中で黒猫のタンゴを・・・

イメージ 9

                      イメージ 10

イメージ 11
 名残惜しかったのですが、
 帰路に着く時間となってきました。

 しっかりと心の目にも焼付け、
         あの雪渓を下ります。

 夏道に出ると、西に傾いた
      太陽が汗を誘います。


      16時、無事に五合目駐車場に到着、
              快よい疲労と言いたいのですが・・・

      筋肉痛が心配で、急いで  へと向かいましたのさ

                            お花見はこれにておしまい!!

                     へば、またなぁ〜〜 
 

この記事に

開く コメント(6)

鳥海山へお花見に

      梅雨の晴れ間、お花見に行ってきました。(6/29)
                   しかし、今日から雨模様に戻り、おまけに台風情報まで・・・

      今年も、鳥海山に咲く「白い恋人」に逢いたくて行ってきました。

      朝仕事を終わらせてからなので、
                  五合目登山口を10時出発となりました。

  目的地は「長坂の出会い or 鳥の海」と決め、歩き出しますが、
      登山道の可愛いお花たちが、大歓迎してくれるので、歩みがなかなか進みません。
                                  (実は、体力、脚力の衰えの言い訳です)

      可愛いお花たち、会った順に紹介します。
                        (写真の拡大は右下の+ルーペマークをクリックしてください)

    ナナカマド                          シラネアオイ
イメージ 1 イメージ 2

    オオバキスミレ                     マルバシモツケ
イメージ 3 イメージ 4

    ウラジロヨウラク                     鈴なりに咲く
イメージ 5 イメージ 6

イメージ 7   なんだ坂、こんな坂とぼやきながら   
           お花に励まされて歩きます。
                             
  登山道左手、タニウツギの奥に頂上が霞んでいます。
イメージ 8

     コイワカガミ
イメージ 9
       マイズルソウ
 イメージ 10
        ゴゼンタチバナ
 イメージ 11

      こんな笑顔で歓迎?され、なかなか県境まで着きません (笑)

  県境到着11:00、倍の時間が 
イメージ 12    ハクサンシャクナゲ (蜂サンが吸蜜中デス)
 イメージ 13

       ここで、一息入れてっと! 

     さて、気を取り直し、ふたたびスタート、雪渓へと向かいます。

     アカモノ                           コイワカガミの群生
イメージ 14 イメージ 15 

     ミツバオウレン         
イメージ 16    第一雪渓の取り付き近くに発見 ! 

             タケシマラン
 イメージ 17

イメージ 18
 こんな感じで歩いていますので、
    なかなか、「白い恋人」に会えないね・・・

  雪渓から先は、次回にします。
          乞うご期待を!!・・・ヽ(*´∀`)ノ


         へば、またなぁ〜〜 

  ちなみに、ここで 11:40  になっていました。


この記事に

開く コメント(4)

   6月も残り少なくなってきました。
           入梅とは言うものの、晴れの日が多いこの頃です。

      今月の最終土曜日(6/24)、ブナを植える会の定例作業
              苗圃、『草取りの日』 でした。

          今回、私は都合により、不参加 ゚(゚´Д`゚)゚
     ※ 作業の様子のパチリは、事務局の K.S さんが、送ってくれました。 感謝!

  いつものごとく、集合時間は、あって無きがごとし!
  30分以上前に到着したK..Sさんは、既に作業が始まっていたとのことでした。
  皆さんやる気まんまんです。雑草もタジタジ、ブナの子たちニコニコですね。

イメージ 1

イメージ 2

      暑くならぬうちに、早め早めの作業、休憩も早目に・・・
                 桜の木陰で、今回はテーブル登場のようですね。

      イメージ 3

      遠くは大仙市や、秋田市からも来て頂きありがとうございます。!!

      今回の参加者 17名 だったそうですが?
                 いくら数えても16人しか写っていない??
                         撮影後に駆けつけてくれたM.Sさん、ごめんなさい。
      イメージ 4

      いつもの時間より早く、こんなに綺麗になって、作業終了しました。

イメージ 5

         皆さん本当にご苦労さまでした。

                  草取り日の <晴れ神話> 今回も継続中です。

                           へば、またなぁ〜〜 

この記事に

開く コメント(4)

全197ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事