はむねまぼるのブログ

作詞作曲をしています。介護のことも書きます。強迫性障碍のことも。

思考技術療法

思考技術療法
<序章>
ぼくのオリジナルの強迫性障碍への理解と療法のまとめです。
とりあえずは、箇条書きでのまとめ。まだちゃんとした文章ではないね。ごめんなさい。
これらはおそらくすべて筆者のオリジナルの強迫性障碍への理解と療法です。
(一部認知行動療法とのかぶりがある)

一般的には、強迫観念や強迫行為に関しては「やりすごす」という方法が良いとされている現在。
ぼくのオリジナルの「思考技術療法」はその逆です。
考え抜いた末に辿り着いた療法です。
強迫性障碍者が持っている、几帳面さ、完全壁、操作性支配性、全能感、しつこい、くどい、こだわる
と言った要素を存分に活かしまくった末に辿り着いた療法です。
突き抜けの方法です。
病性をもってして病気を乗り越えるという感じです。
また、思考技術療法では、占いやスピリチュアルも、科学的事実と同等に扱い、(必要ならば)取り入れます。

ぼくが開発した以下の理解の仕方や対処法は網羅性汎用性が高いので寛解→回復したあとでも、継続して使用できる。強迫性障碍者です。
「自分がどのようにして行動を決定するのか」のひとつの網羅的な指針である。
強迫性障碍者でなくても、行動決定のためのひとつの方法として機能する。
強迫性障碍が回復したあとでも使えるものです。


<内容>

反応調査(相手と距離を置いて、感情的にならないようにして、相手や相手のものごとへの反応、自分の言動への反応を、距離を置いて単にデータ収集する姿勢でデータ収集し分析することで、その人への自分の行動の取り方を決定する方法。)
    (余裕があればそのときに、相手が精神障碍で言うとどの精神障碍よりなのかを自分なりに判断しておいて、相手をケアの対象と見做す)
    (なに障碍か…という分類以外にもその人が生きてきた時代背景からの影響を考えに入れる)
    (自分が異常なんだ、相手が異常なんだ…というのはあんまり意識しなくてよくて
     その人のその反応がどのような原因に対しての結果なのかの流れを見ることで対象ごとに自分が納得してゆく方法)
     (対象ごとに…というのは範囲指定でもある)
範囲指定(拡大と縮小)
    (一般化のし過ぎの場合は、範囲を指定して狭める。狭くなりすぎている場合は一般化することで、思考の結論が病的なものでないものになるように方向を操作する。)
    (強迫観念恐怖症は範囲指定が解除されてしまい始めている状態。ゲシュタルト崩壊が始めっている状態。やりすごす必要がある。
     もしくは明確にどれが病的なものでどれがそうでないかの範囲指定を改めて行う。)
カウント(誰のどの意見を自分に取り入れてそれを実行すればよいかをその意見が誰から発せられたのかや自分にとっての納得度合いなどからポイントを付ける
     やるべきという意見の方にプラスの絶対値を付けて、やらないべいという意見の方にマイナスの絶対値を付けてその和によって自分の行動を決定する方法
     グレーゾーンを取得する方法だが、グレーゾーンの中のどっちよりなのかをポイントを付けることでじぶんとして正確に認識できる。
     グレーゾーンという言葉の曖昧さやいい加減さを回避できる。)
     (ポイントの具体的な付け方に関しては…自分の歴史を知っている人のコメントには大きく大きくポイントを付ける。
      自分の歴史を知らずにコメントやアドバイスしてくる人のコメントにはかなり低くポイントを付ける。
      この障碍に関する知識を持っている人のコメントにはポイントは高く付ける。
      持っていない人には低く。
      身体の遺伝情報が近い人、つまり血縁者の言っている体に関するコメントにはポイントを高く付ける。
      占術において自分と同じ要素を多く持っている人には高めにつける。
      …たぶん六星占術で同じならばポイントは高めがいいと思う。
      五行や四柱推命や九星気学での要素が同じでもポイント高くつけない方がいいと思う。※個人的な経験への感覚による感想)

常識性障碍(社会性障碍)(世界性障碍)
    ・特定の世界観(世界像)の中に浸っていて、その自分が浸っている世界観における
     規則や決まり事を相手にも求める状態の人
     
    ・自分が知っている常識がその国のこの地球のすべてにおける常識だと思っている
     (実際にはそれぞれが信じている常識には個人や地域や国によって差異がある。また一般的とされている常識そのものが変化していく)
    ・年齢に応じて発達が起きるべきとかたく信じていてそれを相手に求めている
     (実際には、発達は条件が整ったときに次の発達段階へ進むもので、条件が整わないうちは永遠に次の段階に進まない。)
    ・各種の精神障碍に関する知識を持っていない
    ・社会性が一定以上の人としかうまくやっていけない
    ・社会性が
    ・オトナな存在がコドモな存在よりもレベルが高くて進んだ存在だという思想を持っている。かつそれを相手にも求める。
     この常識性障碍が強迫性障碍へ発展するというパターンがある。
     過剰に異常に社会性への遵守ルールへの遵守常識への遵守から、観念の強迫化へと。

ゲシュタルト崩壊(構造的原因のひとつ、物事の境界線、存在の認識、ひとつをひとつと数えるなどができなくなる。過度な集中やエネルギーの余剰や役不足やスピーディーさの少なさから来ていたりする。)
見当を付ける能力(構造的原因のひとつ、物事への境界線が感じにくくなっていてどれぐらいならばこれぐらいのことになるというどんぶり勘定ができなくなっている。判断基準を持ちすぎているか判断基準を持っていない。目星を付けられない。感覚でものごとを行えない。)
全体と細部(森と木)の判別区別見当認識の能力低下(構造的原因のひとつ、役不足などが理由で細部への過度な集中が起きていることが原因)
感覚記憶と短期記憶の低下(構造的原因のひとつ、頭の中で起きている思考の量が多すぎて、感覚記憶を瞬時に薄めてしまう。確認行為へ繋がる。)
考えが止まらない(構造的原因のひとつ、観念的、頭胸肚のうち、頭が先行している。能力やエネルギーに対しての役不足仕事量の不足によって、考えるという行為にエネルギーが行き過ぎている。
生まれつき遺伝的に考えることが得意。後天的に環境要因により考えることが得意になった。生まれつき占術的に考えることが止まらない。四柱推命での水の三合など。)
能力やエネルギーに対しての課されていることの役不足(責任不足)量不足 (構造的原因の原因の主たるもののひとつ)
(エネルギーが余り過ぎている結果考え過ぎている。エネルギーの有意義な発散先を求めているが与えてもらえないために意味のない行為にエネルギーを注ぐしかないという、閉じ込められた状態。)
    →スピーディーさが求められる仕事を与えるか
     有意義な仕事や役割を与えるか、
     もしくは、逆転のやり方で、無意義なことをやることへの罪悪感を軽減し無意義なことへの取り組みを与える求める
仕事量を増やす(縦)や仕事種を増やす(横)やスピーディーさや乱雑さや大雑把さが必要な種類の仕事を与える
という方法が有効なことがある。
本による行を読み飛ばす恐怖&とかDVDにおける聞き逃し恐怖&確認には、なんども繰り返し見ることを前提で
「スピーディーにみる」気になるならば、次回見たときに聞き逃さないようにするとするとかが有効な事もアリ。
無意義性が高くて仕事種を増やすと、強迫性障碍が反転して注意欠陥多動性障害の症状に行くことがある。

肉体療法(日焼け)(野性性の低下を補う)(女性のカラダを持っている人は女性性をプラスしてみる。男性のカラダを持っている人は男性性をプラスしてみる。)マッサージや鍼治療やら体の歪みを取ったり
占術療法(原因を占術の中にも探す方法、精神分析療法の、占術版)占術面から自分の特徴を理解してその上でやっていく
霊体療法(原因を霊に関することに探す方法、精神分析療法の、スピリット版)土地の霊、憑りついている霊、先祖の自殺霊、毒親の親の霊などをちゃんとした霊能力者(ダマされないように探すの難しい)除霊してもらうとか、鏡の法則のカルマを考えるとか

※危険な療法
範囲指定なしでの曝露法→「開かれた状態」が危険。他人への実質的加害の可能性有り。
考えることそのものを禁じる→「開かれた状態」を誘引するので危険。デメリットだけでなくメリットも削ぎ落してしまう、個性を無くすかなり危険でアクロバットな方法。本人の霊の命と肉体の命の危険もある。
健常者の真似をする→危ない。誰が健常者なのかの判別ができにくい場合、健常者でない人の真似をして、別のマイナスポイントを吸収することになる。
          自分は異常で周りが正解なんだと範囲指定せずに周囲の人を過信してしまう可能性有り。悪い行為も真似してしまう。
          相手も何かしらの障碍を抱えている可能性があるわけで…。
          でも自分自身の強迫観念や強迫行為への治療をしている人が、相手の精神障碍的要素を見抜くのは難しい(人によってはひどく冷静さを持つことができればできる場合が有るのでその場合はチャレンジすると良い。
           反応調査しながら誰がどの精神障碍の傾向があるのかを見抜いていき、より精神障碍を持っていない人の真似をする。)(本人は無自覚のこともあるので注意。指摘はせずに自分の中だけでそうだと判断しておく。)
※○○障碍という精神障碍に関して
指摘されるとはねつけたり怒ったり傷付いたりする人が居るので安易に指摘はしない。
また自分のその人への見立てが間違っていることはあるので、その意味でも指摘はしない。
自分がその人を理解する上で、また相手を寛容にゆるすために、ひとつの分類法、対応基準のひとつとして持っておく。
参考
・常識性障碍
・強迫性障碍
・不安性障碍
・依存性障碍
・妄想性障碍
・統合失調症
・演技性障碍
・境界性障碍
・自己愛性障碍
・発達障碍
・高次脳機能障碍
・アスペルガー症候群
・社会不安障碍
・パニック障碍
・注意欠陥多動性障碍
・うつ病
・躁鬱病
・チック障碍
・身体醜形性障碍
・心気症
・摂食障碍
・抜毛症
・広汎性発達障碍

※回復の程度に関する基準は「軽快→寛解→回復(薬ありorなし)」を採用しました。
「図解やさしくわかる強迫性障害上手に理解し治療する/原井宏明 岡嶋美代」の141ページを参照してください。
※強迫観念恐怖症に関しては
「図解やさしくわかる強迫性障害上手に理解し治療する/原井宏明 岡嶋美代」の145ページを参照してください。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事