羽旨マボルのブログ

強迫神経障碍者です。アマチュアのシンガーソングライターです。

泣いたときだけ赤ちゃんにミルクをあげること


[事件内容]
埼玉県で、1人の一歳の男の子が死にました。
20代の両親を逮捕されました。
その両親が衰弱死させた疑いが持たれた。
その両親は「子供が泣いていたらミルクをあげていた、泣かなかったら何も与えなかった」
などと供述しました。

参考リンク
・ニュース速報Japnan  →  https://breaking-news.jp/2018/05/16/040675


[本文]

「子どもが泣いていたらミルクをあげていた、泣かなかったら何も与えなかった」
って言葉を聞いて、僕も「あれ?赤ちゃんってどういう頻度でどういうタイミングで栄養を与えればいいんだろ?知らないや。」
と思った。

親としての責任がうんぬんの問題じゃなくて…
これは、知識の問題でしょ?と思った。
どんなに責任感を強く感じていても、どんなに愛が有っても知識がなければ死なせてしまう。

僕がバタフライ効果を期待して羽ばたいた
「本人のメッセージを信じて」という言葉が、良くない現象を引き起こしたのかもしれない。
赤ちゃんのメッセージを忠実に聞いていたら、赤ちゃんは死んでしまうことが
この事件を見てわかった。

自分の両親に、「泣いたときだけミルクをあげていたら赤ちゃんって死んじゃうの?」と訊いたら
「いっぱい泣く子だったら死なないけど、あんまり泣かなかったら死んじゃうね」とノーマルな感じで応えてくれた。
それを聞いて「そっか。なるほど。物体として見ればいいんだ。」とハッとした。
どんなに可愛くても、どんなに自分が責任を感じていても、どんなに愛情を感じても
やっぱり赤ちゃんも「物体」だ。
その体重分を…その臓器分を…その筋肉分を…その骨分を…その皮膚分を…保つために必要な分量の栄養が
体内へと入り込まなくては
その体(物)は、体を維持できなくなる(死亡する)。

なんでこんな簡単なことがわからなくなっていたんだろう僕は…と思った。
これは引っかけで…大切にし過ぎるから、人間として大切にし過ぎるから、愛情を持ちすぎるから、責任感に潰されてしまうほど
責任を感じてしまうから起きる「盲目」「とんちんかん」かなって思った。

この事件がどのような経緯で起きたかはわからない。
言えるのは少なくとも僕が何か月か前の時点で、一人ぼっちで知識を持たないままで親になっていたら
この事件と同じ現象の事件を起こしていたということ。

「メッセージ論」に「フィードバック説」に注意。
現象が起きてからの反応で、ほんとうにごめんなさい。
また、未来に起きる事件を予測できなかったです。
防げなかったです。
ほんとうに申し訳がありません。

僕の、「羽ばたき」(メッセージ論を広める活動)の良くない面について予防線を張れていなくて申し訳ありませんでした。
「メッセージ論」「フィードバック説」(あらゆることを、メッセージや啓示として受け取る考え方生き方)
は素晴らしい論であり説であるけれども、物事にはほとんど副作用があるわけで。
この事件での現象はもしかすると、その副作用の部分が起こしてしまった事件なのかもしれないと思いました。



 この埼玉県桶川市で起きた事件…どのタイミングでどの頻度で栄養を与えればいいのかがわからないからという理由のみで起きたとは思えない。
だけど、知識不足の側面がゼロだとも言えない。
僕が広めようとしてしてきた「メッセージ論」の影響がゼロだったとも言えない。
当事者たちには、なにかもっと他に経緯や気持ちがあったのだろうと思う。
僕が反省していることがらって、可能性としては薄いかもしれない。
以下の記事を読んでそう感じました。
http://www.jprime.jp/articles/print/12469

可能性だけを、外側から考えると色々と見えてくると思うのですが…。
その中のひとつの可能性でした。
僕の目には、この事件はこのように見えて、僕はこのような反省をして謝罪をしたという記事でした。
まったくもってハズレていたならば、両親や本人には申し訳ありません。
外側からありもしないことで、ゴチャゴチャと勝手に言ってしまってごめんなさい。


.


みんなの更新記事