ここから本文です
磯じいの天体写真ライフ
晴天と無風を追い求めて、走り回ってます。

書庫天体写真ライフ

すべて表示

10月7日体育の日3連休中日、白布峠へ初遠征してきました。

当初この日は星野村スターライトフェスティバルに参加し、天文台の裏の駐車場に空きがあればそこで、なければその上の仙台平で撮影するつもりでしたが、前日 小山市のYさんよりTELを頂き、スタフェスは台風の為、中止になったとのことです。

当日の星野村近辺は台風の影響で晴れるが風が強そうだったので、風が弱く雲が微妙な動きをしている白布峠をWindyで見ると、夕方までは3000m弱の高さの雲が21時頃には1000mちょいまで下がってくる予報でした。白布峠の標高は1400mで雲海の上に出る可能性がありますね。

Windy画面の一部
イメージ 1
色々迷いましたが、取り敢えず午前中に出発。無風、快晴の予報の矢の目ダムを安全牌に確保するため、白河で昼食を取りながら、最終判断。
Windy予報を微かな手掛かりに、雲海の上に出ることに期待して、結局 白布峠へとギャンブルに打って出ました。

15時半現地到着。峠付近は現在紅葉の真っ盛りです。
イメージ 3


日没前に機材設営を完了させ、スタンバイOKです。
期待に胸を膨らませながら、車の中でTVを見ながら雲海の上に出るのを待ちます。
SEGODONが終わると南の地平線付近から恒星が見え始め、30分もすると全天快晴の満天の星空となりました。ヤッター!ギャンブルに勝った‼

第一印象!天の川のカシオペア座とはくちょう座の間がこんなに濃かったのだ。かなり暗いですね。

最後に北極星がお出ましになったところで、極軸を設定し、諸々のルーティーンをこなして、21時半頃撮影開始。当日のターゲットは久々のうお座のM74です。

ところが!そうは甘くなかった。
22時過ぎ北から雲が流れて始め、瞬く間に全天ドン曇り。2コマ撮影出来ました。
また晴れてくることに期待して、再びスタンバイ。
結局、薄明開始直後になって、再び全天快晴。

地球の営みに人知が追いつくのはいつ頃になるだろうか。

機材撤収時に分かったのですが、撮影中にVisacの副鏡が少し結露していたようです。
取り敢えず、画像処理してみましたが、結露の影響もあり、解像度は甘く、2コマではディザリングの効果もなく、ノイズざらざらです。

見てみます? あまり見せたくないんですが、見たいですか?
イメージ 2


次回再チャレンジ!

書庫その他の最新記事

すべて表示

    記事がありません。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事