ここから本文です
磯じいの天体写真ライフ
晴天と無風を追い求めて、走り回ってます。

書庫天体写真ライフ

すべて表示

2月の三連休最終日に久し振りに星野へ遠征してきました。
私の天体写真撮影地の選択肢の中で快晴の可能性が高く、風が弱い条件がそろう場所は星野ということで決定することになりました。
PM4時頃現地到着。日没後mdhn1999さん、薄明終了頃ひろたろうさんが到着されました。お二人はブログや天文誌等でHNやお名前は存じ上げておりましたが、お会いするのは初めてです。撮影が順調にスタートすると、3人で天文談義等に花が咲き、久し振りに楽しい遠征となりました。

さて、当日の撮影対象第一候補はやまねこ座の淡い惑星状星雲PK164+31.1を撮影開始しましたが、思ったより星野ではバックグランドが明るく、コントラストが低いので早々にここでの撮影を諦めて、より明るい第2候補のおおぐま座のM109に変更。

★M109 渦巻銀河 おおぐま座 
イメージ 1


鏡筒:VC200L D=20㎝ Fl=1800㎜ 直焦点
赤道儀:SX-P、カメラ:D810A 
ガイド鏡:D=6㎝ Fl=240㎜、ガイドカメラ:QHY5L-ⅡM、 ガイド:StellaShotでディザリング・オートガイド
撮影条件:ISO1600 ,600sec ,30コマ、総露出300分(5時間)
撮影日時:2/12 22:55〜2/13 4:45 撮影場所:栃木県栃木市星野河川公園
StellaImage8,Phtoshotccで画像処理、トリミング



20㎝、デジカメではこんなもんでしょうか。私としてはまずまずの出来ですね。

mdhn1999さん、ひろたろうさん色々ありがとうございました。

書庫その他の最新記事

すべて表示

    記事がありません。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事