全体表示

[ リスト ]

今回は10月13日の話。

玉造稲荷神社で開かれた「伊勢味わい祭」の一環として行われた
落語会「落語でお伊勢参り」に行ってきた。

江戸時代に盛んだったお伊勢参りの出発地点が玉造だったことから企画されたとのこと。

落語の前に桂文我が当時のお伊勢参りの様子やコースなどを詳しく紹介。
落語のネタは、桂雀喜の「東の旅・発端〜煮売屋」、桂文我の「三人旅浮之尼買」、
中入りの後、桂米平の「宿屋町」、桂文我の「宿屋仇」という豪華版。

(「宿屋仇」は兵庫の三人連れという設定で、「東の旅」とは別の噺という説もあるとの解説もあったが)

境内では、腰のないあったかいうどんに生醤油をぶっかけた「伊勢うどん」の振る舞いもあり、
お伊勢参りの気分を盛り上げていた。
残念ながら大人の事情で「赤福」はなかったが…

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事