全体表示

[ リスト ]

ロベルト ボラーニョ

イメージ 1
ロベルト ボラーニョの2666
という作品を読み終えた。
二段組みで800ページを超える大作で、未完なのかと思わせる終わり方だったが、彼の生涯最後の作品なので絶筆なのかも知れない。それでも読み応えのある小説で、以前読んだ「野生の探偵たち」もそうだったが、暗闇の中、手を引かれて連れ回されるような感覚で引きずり廻されたあげくフイと淡い光の中に放り出されるような不思議な読後感を味わった。興味がある方は一度アマゾンレビューを覗いて、読書好きの猛者さん達の解説を読んで頂きたい。
 とにかく分厚い本で、ベットの上で仰向けになって読んでいると30分ぐらいで手がしびれる。俯いたり仰向けになったり肉体的にも忙しい読書であった。それから値段も高い。
 小説も終盤になってきたので晩酌しながら読んでいると。嫁さんが背表紙をのぞき込んで顔をしかめた・・・・しまった・・・・と思った瞬間。

  なに、この値段・・・あんた、あたしが子供達の学費捻出するのにどれだけ苦労
    してるか知ってんの。

  なに云うてんねん、俺にとってこの本は10万円出しても欲しい本なんや。それ
    が7500円で買えるのだから超お得やないけい

  なにそれ意味わかんない・・・・バカ

       そーゆーわけで高い本は隠れて読むに限りますわな
 

閉じる コメント(2)

顔アイコン

すいすさん節が帰ってきて、うれしい限りです。

2018/10/20(土) 午前 6:18 [ saku ]

顔アイコン

> sakuさん
おおsakuさん、お久しぶりです。ぼちぼちやっていきますのでよろしくお願いします。

2018/10/20(土) 午前 8:02 [ すいす ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事