全体表示

[ リスト ]


 その白い部屋には
 縞模様の光と
 ラテン・アメリカの音楽が流れている
 大型の画報が何冊か置いてあって
 飛行機事故の散乱した死体
 ゲリラの処刑
 ホテルの大火災
 飢えと貧困と白骨化した家畜が
 象形文字そのままになって
 画面いっぱいにひろがっている
 ブロンド美人のヌードと
 射殺されたマフィアの死体とは
 どこか共通点がある
 その共通点を探しもとめているうちに
 ぼくは
 名前を呼ばれて
 治療室に入る
 純白のマスクをかけた女性の歯科医は
 黒目がちの美人だ
 きっと近眼でコンタクトレンズを入れているにちがいない
 マスクをとってみなければ
 ほんとうに美人かどうか分からないが
 いまの関心事は
 ぼくの苦痛の報酬だ
 画報の残死体もブロンド美人のヌードも
 視界から消えて
 歯を削る機械の音が脳髄までつらぬく
 それから
 まるで地下鉄工事のような音響が
 口腔いっぱいにひろがり

 「うがいをしてください」
 ぼくは治療用の寝椅子からとびおりると
 「時間」のなかに帰って行く
 「つぎの月曜日の午後三時においでください」
 美人の歯科医は
 マスクをかけたままぼくに告げる
 ぼくは
 待合室にもどりタバコに火をつける
 飛行機事故もホテルの大火災もテロも暴動も
 飢えも貧困も
 多色刷りの絵にすぎない
 ここには「時間」が欠けている
 「時間」が欠けているなら
 「時間」から脱出することも追跡されることもないわけだ
 白い空間と
 縞模様のラテン音楽

 ぼくは「時間」を所有するために
 あるいは「時間」に所有されるために
 ゆっくりとソファから立あがり
 何気なくふり返ると
 待合室の隅でうずくまっていた
 暗緑色の〈物〉が
 車輪のごとくはげしく回転しながら
 治療室のなかに飛び込んでいった

                  「待合室にて」    田村 隆一

 夜中に歯が痛み出して眠れなくなった。歯の痛みなど久しく経験していないので、ちょっとビックリしたのだが、昼間からなんとなく奥歯にムズムズした違和感があったので、痛みを受け入れた。
 ズキズキと痛む奥歯を舌の先で宥めながら何度か眠ろうとしたのだが、痛みが夜を拒んでいる。
 仕方なく小説を読んだりしていたのだが、これもまた痛みに拒まれた。
本棚から、田村隆一の詩集を持ち出して、ベットサイドの灯りで読み始めた。「待合室にて」を眺めているうちに様々な考え事が字面に重なり始め、歯の痛みもぼやけてきた。八時過ぎたら知り合いの歯医者に電話して治療の予約をするつもりである。
 なんらかの痛みで眠れない夜には、小説やエッセイよりも「詩」が即効薬になるのかなと思ったりした。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

詩で、歯の痛みを忘れるなんて、すごい…。
なにより、その詩集を思い出すこと、その詩集が手元にあること、もすごいなあ。

ふふ、すいすさんは、やっぱり、ただの酔っぱらいおじさんじゃないですねえ。

2018/11/8(木) 午前 1:00 [ saku ]

顔アイコン

> sakuさん
実は同業者連中と旅行へ行く前日だったので心配だったのだけど、痛み止め薬貰ったおかげか昨夜無事に戻って参りました。たっぷり呑んできましたよ・・・・香港の寿司屋で。

2018/11/11(日) 午前 8:33 [ すいす ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事