ここから本文です
雑音の中から拾う愛の音 紋章
宮崎番傘川柳7月句会

イメージ 1

会場は宮崎市西地区交流センター、小降りの雨の中、
本日の参加は21名、投句が10名、計31名の作品が集まった。

「保 存」 主税みずほ 選
ぬか床に江戸の秘伝が生きている  のりとし
ヒト科こそ問われるものは種の保存 ちかよし
保存期限気にせず食べている昭和  彦 猫
あの時の思いは褪せぬまま二人   紋 章
データーの保存に老いの四苦八苦  哲 朗
保存食食べてしまったキリギリス  彦 猫
畳紙(たとうし)に母の匂いも保存する 照代

「シニア」 七條 美千 選
終の章三原色に染める日々    のりとし
日本を動かしているシニア族    紋 章
見てごらん地球もシニアなんですよ 紅 雀
わがままな膝にシニアのスクワット 弐恵娘
免許証返納揺れているシニア    紋 章
有事にはきっとシニアの知恵がいる 紋 章
人間の匂いを消さぬシニアたち   九州男

「本物」  西岡 南風 選
本物の愛とわかった涙粒      紋 章
本物の器となった土性骨      美 千
本物だと騙し通してほしかった   桂 介
本物の平和を知らぬ挙手の礼    照 代
目が合って本物の愛発火する    桂 介
どん底で本物になる家族愛     まゆみ
実物を見ると噂も後ずさり     みずほ

自由吟   互選
一冊の本に少年殴られる      桂 介
一回忌笑顔のままで居る遺影    芳 柳
点滴のリズムを聴いている写経   まゆみ
うたかたの命に気づく遍路道   のりとし
薄墨のこころ模様に蝶が飛ぶ    南 風
思うほど守ってくれぬ傘をさす   さだお
性善説抱いて自爆のテロリスト  ちかよし
稲妻に打たれたままの片思い    美 千
認知症今日も紙面を徘徊す       博
賛成も反対もせぬ嗚呼余生     紋 章






本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事