オレンジ娘 りんば坊

劇団四季ファン11年目。ブログリンクから『オレンジ娘りんば坊・お気楽版』も。

全体表示

[ リスト ]

5/4松花江探訪

イメージ 1

参加してきました「『ミュージカル李香蘭』歌唱セミナー」!
いやあ、コレなかったら名古屋行ってなかったですよ。ありがたや。

受付は私がワガママ言って開場時にKさんと一緒にさせていただきました。
ここでワガママ言わなきゃよかったんですよ。あとでちょっと後悔することに…(凹)
参加証である返信ハガキと引き換えに、楽譜とアンケートが一緒になった紙を渡されました。

終演後、ロビーで受付時に伝えられたグループ(A〜E)ごとに整列。そのまま入場。
おお、名古屋のイベントは段取りいいですねえ。
私たちはCグループで前にAグループがいましたがセンターブロック。
順番に座っていったら、ちょうど上手通路側になりました。これはオイシイかも!

客席前のスペースには松花江上の歌詞がズラーッと書かれた模造紙がホワイトボードに貼ってありました。
あれ誰が書いたのかなあ。石さんかなあ。でも新人さんかも?
んー、ワンビンさん張沂さんは達筆なイメージだけど、
張野さんヤンハオさんは…こう…なんつーかダイナミックっていうか(笑)あくまで私のイメージですので。

全員が着席したところで男性スタッフさんが
「それでは俳優のスタンバイができたようなので、皆様盛大な拍手でお迎えください!」
なんか言い方が結婚式の司会みたい。
参加者が拍手をしているのに、なかなか俳優さんが現れません。
パチパチパチ…パチ…パチ……と次第に拍手も鳴り止んできたそのとき
「申し訳ありません、まだ俳優のスタンバイができていなかったようです…!」
これには参加者大爆笑。
そのスタッフさん、言い方と焦り方がまた面白いんですよー。 絶対やられキャラだと思う。
しばらくして
「お待たせしました。スタンバイできたみたいなのでもう一度拍手でお迎えください…」←ちょっと弱気。
俳優さんたちは下手扉から登場。
男性は石さん張沂さん ヤンハオさん ワンビンさん 張野さん 。(服の色に近い色を付けました)
女性は五東由衣さん佐和由梨さん佐藤夏木さん平田曜子さん岩本やよいさん

ボードを挟んで女性が下手側、男性が上手側に並んで自己紹介。
「ワタシ ハ 張沂 デス」
「ワタシ ハ 杜彦昊 デス」
「ワタシ ハ 王斌 デス」
「ワタシ ハ 張野 デス」
「えー私は石路です。」←流暢。
新人さん4人は名前言ってからお辞儀するスピードがものすごい早かった。(香蘭の)カテコみたいに。
五東さんが「彼らは 本物の 中国人ですから安心してください。」って言ったのが面白かった。

女性の自己紹介のあと五東さんから松花江上の歌が出来た歴史的背景などの説明がありました。
この歌は軍歌のようなものなんだそうです。

続いて佐藤夏木さんが、92年に北京で李香蘭を上演したときのエピソードお話ししてくださいました。
「開幕前はどうなるかと思って出演者全員すごく緊張しましたが、松花江上のシーンはワンフレーズごとに拍手が起こったり、お客さんも一緒に大合唱になるという日もありました。終演後に残留夫人の女性に
お話しを聞く機会があったんですが、2幕で愛蓮が香蘭に『日本に帰って』というシーンがとても印象的だったそうです。自分にはあんなふうに『逃げて』と言ってくれる人がいなかった、って。」
な、泣けるー!いや泣きましたけどちょっとです。ホントにちょっぴり。

ここでさっきの男性スタッフさんが何かを説明したんですが忘れました。
ただ、その説明のなかで石さんのことを
「…は ルーシー が…」
って言った。逆ですよ。女性みたいだし。やられキャラというか…天然?
またしても参加者大爆笑。石さんも笑ってました。

次は発声練習。4種類あったかな?
練習する前に五東さんが「皆さんのなかで歌うのが大好きな方は手を挙げてくださ〜い!」
か、かわいー!けっこうたくさん手ぇあがってました。
「じゃあ、中国語が喋れたり、習っている方!」
これもいっぱいいるだろ、と思って手を挙げたんですが…
「あ…それなりにいらっしゃるんですね(笑)」
私が見える範囲で4人ぐらいでした…。
「こちらも1人1人教えることは出来ないので近くの人は発音教えてもらってくださいね〜。」
ちょ…!五東さんなんてことを!目の前に新人さん4人がいてガン見されたよ!

しかしリラックスするように作られてる劇場の椅子に座ったまま発声練習はキツかったですー。
背筋伸ばすと不自然で(笑)

あれ?順番逆かもしれないですが石さんが歌詞を発音して、五東さんが意味を説明。
いやあ勉強になったー。

そして班ごとに練習。ここでやっと担当の俳優さんが発表されました。
Cグループは平田さんヤンハオさん
気になるAグループは五東さん石さん。KさんはもともとAグループの予定だったんです。
すみませんんんー!!
Dグループが佐和さんワンビンさんのカワイイペアで羨ましかった。

少し場所を移動して、さっき石さんがやったみたいにヤンハオさんが歌詞を発音。
ヤンハオさん、写真と違ってけっこうポンワリさんです。
平田さんに「(参加者の発音は)どお?」と聞かれて「…!…!…!」←ものすごい頷いてる。
そのあと「ジョウズ デス」(笑)
もうね、発音とか四声(中国語の4つの発音)とかすごい頑張ってアピールしました。
隣で練習してたEグループはすごくまとまってて声も出てました。張沂さんはしっかりしてるなあ。

最初に座った席に戻って全体で合わせます。
足元にカバンを置くためにかがんでいたら、私の横でピタッと止まった白スニーカーの足。
なんとヤンハオさんが至近距離で私をガン見してました。
ななな何!?中国語習ってる割には発音悪いですね、とか?
たぶん私、(゜■゜;)←こーいう顔してたと思います。
すると
「モンタイ アル?」
…!?
「モンタイ アル?」
おそらく「質問はあるか」と聞いてくれたんだと思います。ダ行は難しいらしいので。優しいー!!
とにかく何か言わなきゃと思って「はい!大丈夫です!」って言ったら
「タイジョウプ ジシン モッテ」
て言われましたーーーーー!!い、癒された…!
あーでも、もっと中国語で話したいこといろいろ考えてたのになー。やっぱいざとなるとダメですねえ。

最後、全体で歌うときも隣にヤンハオさんがいらしたんですが、立ちたくなかったよ!
リアルに身長差がね!(泣)
舞台には上げてもらえませんでしたが、客電が落ちて松花江上のシーンのセットが紗幕越しに見えました。

俳優さんたちが退場するのも下手側で、やっぱりAグループがオイシイなあと思ったり。
帰るとき楽譜は回収されちゃいましたが、楽しかったです!

この記事に

閉じる コメント(6)

アバター

あ〜、いいですね、歌唱セミナー。「松花江上」は、歌えたらいいな・・・と舞台を見ていて思う曲なので。五東さんファンなので、ちょっとうらやましいです。でも、マッシュさんのお目当ては中国の方ですね(苦笑)

2006/5/9(火) 午前 11:24 めむのん 返信する

顔アイコン

私も一度歌イベントに参加してみたいものです。 でも中国語はさすがになぁ…その昔イタリア語をとってたけど こっちも全然ダメです。 削除

2006/5/11(木) 午前 0:08 [ 静馬 ] 返信する

顔アイコン

レポ拝見しました。中国語ということでいつもとは違って本格的なセミナーのようですね。今回舞台には上がれなかったんですね。 削除

2006/5/11(木) 午後 11:56 [ fudoh ] 返信する

>めむのんさん 中国キャストさんというか、中国が好きなんです。ちゃんと五東さんも大好きですよ?(笑)普段の声がすごく可愛くて、東京公演のリハ見ではピンクのパーカーが似合いすぎてどうしようかと思いました(≧▽≦)

2006/5/15(月) 午後 1:58 マッシュ 返信する

>静馬さん リハ見はあってもセミナーはなかなか開催されないですよね。中国語でしたけどカタカナふってあったので大丈夫でしたよ。川島ヨシコちゃん風に言うとイタリーですね!んーフランス語だったら壁抜けなんですけどねえ(笑)

2006/5/15(月) 午後 2:16 マッシュ 返信する

>fudohさん ありがとうございます!発音から教えてもらえてラッキーでした。舞台には上がれませんでした(>_<)

2006/5/15(月) 午後 4:14 マッシュ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事