全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

 イラク人質事件の被害者の一人、今井紀明氏による一冊。

 図書館にて借り受ける。余りに帯のデザインが秀逸なのでスキャンしてみた。Amazon等で紹介されてい
るのは帯が無い状態(題字と著者名だけ)のそっけない物なので、図書館の書士さんに拍手。イイ仕事
です。

 と、そもそも何故にこんな本を借りたかといえば、相手の言い分も聞いてみようと思ったからで、もし
かしたらワシの知らない事実、そして、思いもつかない高邁なる精神があっての事かも・・・と思ったの
だが・・・

 かいかぶりすぎた(爆)「自己責任」で貴重な時間という代償を支払った思いだ。

 イラクへ行った動機、そして拘束中の出来事、開放されてからマスコミに晒されて・・・ってな内容が精々
小学校高学年の文書上手い子程度の文体で書かれており、ある意味「読みやすい」一冊ではあるが、自前
で購入していたら間違いなく怒るだろうな〜仮にもジャーナリスト志望なんだから、もうちょっと何とか
したほうがいいと思うよ。

 唯一、珍しいレポートとして読めるのが終盤の「マスコミの晒し者となった時、人はどうなるのか?」
という一連の流れ(帰国〜記者会見)で、精神的、肉体的に追い詰められるさまは結構よく書けてます。

 そもそも「劣化ウラン弾被害」に関する絵本を作りの取材と称して氏はイラクに行ったわけだが、何故
に戦争状態が継続しているタイミングで行くのか?ハワイに行くでもあるまいに旅馴れた同行者がいるとはいえ、全く現地の言葉が判らず本人はもとより周囲の「大人」がよくぞ止めなかったと感心したり、
そんな疑問には少々消化不足です。

閉じる コメント(5)

このコメントだけで、この本読んだ気になれました。多分、実際に読んでも同じような気分になるだけだったと思うと感謝です。

2006/4/16(日) 午前 1:31 sam*r*i8*i 返信する

顔アイコン

軽く読み始めても1時間程度の暇つぶしにはなりますので、読んでみるのも一興かと・・・(と、一人だけ読んだのが悔しいから犠牲者を増やそうとしてみたり-笑)

2006/4/16(日) 午前 6:56 ま・しねら=がぢめ 返信する

顔アイコン

このコピーで消費者の購買欲を煽ろうというステキ商法、堅物な人だったらマジギレしちゃうのではないかとハラハラドキドキです。国家レベルで混乱を起こした彼の行動・・・犠牲者志願します(笑)

2006/4/21(金) 午前 0:48 [ - ] 返信する

顔アイコン

追記として、ド厚かましくなければこういう活動は出来んのだと痛感した。

2006/4/21(金) 午前 1:03 ま・しねら=がぢめ 返信する

顔アイコン

関連記事から来ました。

記念に足跡残していきます。
ペタリ。

2013/3/12(火) 午後 9:23 [ haruyama_arch ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事