ここから本文です
努ブログ
初公開 驚愕ゴジラ漫画!
今迄にもゴジラの漫画版は数多く存在しました。

しかし、これは殆どの方々がご存知ないであろう驚異のゴジラ漫画で、ギャグ漫画界の巨匠 赤塚不二夫先生が描いた作品です。

題して、「週間スペシャル小僧 帰ってきたなつかしのヒーロー! トウホーさんちのゴジラくん!!」
(秋田書店刊 週刊少年チャンピオン 1984年 第32号掲載)



イメージ 1


「週間スペシャル小僧」は、1983〜1984に秋田書店の週間少年チャンピオンで連載された作品です。
今現在の時点で、単行本にはなっておりませんので、ご存じない方も多いと思われます。

芸能レポーターの少年ナシトモくん( 梨元勝 氏がモデルです)を狂言回しに、毎回時事ネタを題材とした巻末オール2色刷り読み切り漫画です。
扱う題材は、政治から芸能界、社会問題までと、実に幅広い範囲に及びました。
それもかなり過激な話が多く、よく少年雑誌に掲載されたと驚く物もありました。


その中で、当時復活が話題となっていたゴジラを題材としました回がこちらです。
丁度84年版ゴジラの時期です。
版権問題が気になるところですが、それを忘れさせる驚きの内容です。



イメージ 2

総合病院にて、保険証を渡す巨大な手!
国民健康保険 年齢 5万59歳 所属 東宝 氏名 ゴジラ



イメージ 3

イメージ 4

再び東宝の新作映画に出演する事となった我等がヒーロー ゴジラですが、寄る年波で身体全体にガタが来ていました。
ドッグに入ってオーバーホールしたいとの申し出です。



イメージ 5

内部検査をしたところ、身体中どこもかしこも病巣だらけ。
酷い胃潰瘍で、腹の中からとんでもない物が出てきました。

丁度、グリコ森永事件のあった頃です。



イメージ 6

東宝の大道具から、巨大な車椅子まで届きました。
主治医は円谷先生!



イメージ 7

今は亡き橋本幸治監督からの応援です。
「さよならジュピター」からの巻き返しを誓います。



イメージ 8

イメージ 9

そして、大映からは大魔神までもがお見舞いに訪れました。

この当時、大魔神も復活が噂されていましたが、結局新作映画は作られませんでした。



イメージ 10

高層ビルに挟まれるゴジラ。
全国のファンの為にも、頑張れゴジラ!


といったお話でした。



これはもう、言葉を失うといおうか、よくぞ掲載出来たと思える衝撃内容です。
大御所である赤塚先生だから許されたのでしょうか?

この漫画、どこかで復刻は・・・無理でしょうねぇ。



赤塚不二夫先生といえば、代表作の「おそ松くん」で、登場人物のイヤミが行った「シェー!」のポーズが大流行し、映画のゴジラもそれを行った事がありました。
「怪獣大戦争」(1965年)です。

その赤塚先生が、まさか80年代にゴジラを漫画で描いていた事は衝撃でした。
もうちょっと格好いい話を描いてくれればとも思いましたが、その当時の(もしかしたら今現在も)ゴジラの現状を、実によく物語っていると思いました。

過去の栄光から復帰して、老体に鞭を打ちながら頑張るゴジラの姿に思わず涙です。
その後シリーズ化を果たしたとは言いましても、果たして新たな時代に応えるだけの作品が生まれたのでしょうか?
今でも考えさせられる問題で、赤塚先生はそれらを既に見抜いていたのかも知れません。

最新作の「シン・ゴジラ」や、キングコングと連動した海外版映画に、期待が持てるところではありますけれども。



時代が変われど永遠の存在であります、怪獣王ゴジラ。
全国のファンからの熱い声援を受けて、今日も頑張るゴジラくんでした。

この記事に

開くトラックバック(0)

怪獣大集合

今日は、怪獣仲間である總藝舍の多賀もちゆきさんのご自宅で、総数4名によります会合が行われました。
そこで楽しく歓談し、各自の近況報告を行い、これからの創作活動に関して話し合いました。

近く何かを行いたいのですけれども、その内容は今の所内緒ですので、いずれ具体化した時の公開とさせていただきます。


怪獣好きが集まると、話は自然と怪獣談議になります。
最近観ましたキングコング映画とか、怪獣模型の話とか。

今回ここに紹介しますのは、多賀さんご自身が彩色されました怪獣ソフビ人形です。
復刻版を改造及び彩色された物で、実に見事に作品として完成されております。
怪獣芸術と言ってもいい程に昇格しました、その作品の数々をご覧ください。




イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

ウラン怪獣ガボラ ブルマァク復刻版の改造作品です。

復刻版の地底怪獣バラゴンの胴体に、ガボラの頭部と手足を移植した物です。
ボリューム感溢れる姿が、よりリアルさを増します。
背鰭の並びが、見事なイメージにマッチしています。




イメージ 10

イメージ 9

亡霊怪獣シーボーズ 復刻版を劇中イメージで包み塗装しています。

ブルマァクのソフビ人形版は、劇中の姿とは違うイメージがありますけれども、より本物っぽく彩色してみますと、実際はかなりリアルな出来だという事が再認識させられます。

怪獣墓場から地球に落下し、霞ヶ関ビルに登って、空に向かって悲しげに吼える、哀愁の怪獣です。




イメージ 5

イメージ 4

化石怪獣ステゴン こちらもブルマァク復刻版の再塗装です。

シーボーズにイメージが被る骨怪獣で、こちらは地底から出現しました。

ソフビの白成形を活かして、骨らしい色合いが施されています。




イメージ 6

イメージ 7

冷凍怪獣バルゴン 日東の復刻版の改造作です。

自作した長い舌を付属させて、身体の棘も作り足してあります。
本編の着ぐるみとは別の、冷凍光線を吐く上半身の作り物に合わせての改造です。
これが驚きのギミック付きで、舌の先からパウダーの粉を吹きます。
尾から伸びていますホースが、その仕組みだそうです。


一緒におりますのが僕の彩色品で、マウントゴリラのゴーロン星人イメージの彩色版です。
昨日のそごう千葉店での販売は、おかげさまで即完売となりました。
お買い上げくださいました皆様、どうも有り難うございました。




イメージ 8


これら改造怪獣ですけれども、多賀さんのアィデアと怪獣愛が生み出した作品です。
玩具を楽しむ気持ちが大切と、改めて感じさせられました。

個性豊かな怪獣世界の公開でした。


この記事に

開くトラックバック(1)

この度、ウルトラセブン生誕50周年企画の一環に参加協力する事になりまして、イベント記念品を手掛けました。

マウントゴリラのゴーロン星人版です。

Oneup.さんのブログ紹介






イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


空想特撮シリーズのテレビ番組「ウルトラセブン」の誕生50周年を記念しまして、そごう千葉店で特別イベントが開催されます。

そごう千葉店開店50周年&ウルトラセブン放送開始50周記念 です。



イベント会場では、関係グッズの販売や、ウルトラセブンとの記念撮影等も行われるそうです。
これは子供さんが大喜びで、大変盛り上がりそうです。


期間は6月6日(火)〜19日(月)で、関連グッズ販売は10日(土)から第二会場で販売が開始されます予定です。

グッズの販売は全て会場で行われますので、Oneup.さんでの取り扱い及び通販等はございません。




イメージ 10


ゴーロン星人はウルトラセブンの第44話「恐怖の超猿人」に登場した宇宙人で、全ての地球人を猿人化する為に侵略を開始して来ました。
モンキーランド(愛知県のモンキーセンターが撮影場所協力)に出現しますが、最後はセブンとの闘いに敗れます。

どことなく怪獣っぽい姿で、後の「ウルトラファイト」では、くたびれた着ぐるみ姿の怪獣として再登場します。



今回、Oneup.さんからのご依頼で、イベント用に何かセブン関連の品を準備出来ないものだろうかと、相談を受けました。

何にしようかと迷いました挙句に、矢張りこれしかないと、毎度お馴染みのマウントゴリラを、宇宙猿人ゴーロン星人のカラーで彩色して販売する運びとなりました。

他にもエレキングカラーやウィンダムカラー等も考えたのですけれども、やはり猿には猿だという事で、自然と決定しました。




イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

マウントゴリラ ゴーロン星人版の集団記念撮影です。
黄金色の背中が映えます。

彩色はいつも通りに行い、ゴールデンタマリンの様な、金色を強調しました包み塗装です。
眼の色は、実際のゴーロン星人の怖そうな目付きを参照しました。
頭部を、金色の髪の毛に見せる様に工夫して塗り分けしました。




イメージ 11

これがマウントゴリラ ゴーロン星人版のタグ用イラストです。
これに文字等が入ります。

今回の限定品用の為に、僕が特別に描きました。
ゴーロン星人だけの限定タグを用意するとは、これはもう前代未聞の出来事でしょう。




イメージ 9

Oneup.さんのブログから借用させていただきました画像です。
この様な感じで、タグ付き袋入りで販売されます。
タグには商品名等も入っております。

商品数はそこそこ用意しましたが、何分にも個人生産の限定品ですので、数に限りがございます。
ご興味を持たれましたお方は、販売日当日にそごう千葉店に直接起こし願います。

繰り返しになりますが、今回の商品は全て会場販売となりますので、Oneup.さんでの販売及び取り扱いはございませんので、ご注意願います。




イメージ 8


思えば、僕がウルトラセブンを初めて知りましたのが、まだ放送前の夏でした。

当時、小学校2年生だった僕は、夏休みに家族で親戚の家に行く途中の列車の中で、親が買ってくれた少年マガジンの表紙で、大写しになっているセブンの姿を見ました。
その雑誌に載っていた、巻頭特集の水木しげる氏の妖怪画報に恐怖を感じるのと同時に、未知の宇宙人への存在に興味を抱きました。

あれから50年、時の経過を感じさせます。
僕等のヒーロー ウルトラセブンよ永遠に。

この記事に

開くトラックバック(0)


昨日の日曜日、忙しいにも係わらず映画を観に行って参りました。
怪獣ファンなら誰もが必ずや観ているであろう?話題騒然の映画「キングコング 髑髏島の巨神」です。

この映画ですが、公開が始まった頃からすぐにでも観に行きたかったのですが、何分ソフビやフィギアの彩色作業等で追われておりましたので、中々都合が出来ませんでした。
ようやく作業も一段落付いた時には、もう最初の公開から随分月日が経ってしまっていました。


今現在上映している場所はまだあるのかと思っておりましたところ、目黒シネマという映画館で上映が行われておりました。
そこに行って来たのですけれども、なんと「シン・ゴジラ」との2本立てという、超豪華なプログラムでした。

小さな映画館でしたが場内は満席で、熱気に満ちていました。
そこで、キングコングとゴジラという2大名怪獣の映画決戦を満喫しました。

以下、僕個人の感想を交えての紹介レポートです。

(ややネタバレ気味ですけれども、公開から随分経っている映画ですので、そこはお許し願います。)



イメージ 1


「キングコング 髑髏島の巨神」

知られざる南の島の王者、キングコングが大暴れする映画です。
無敵の怪力を発揮して、凶暴で奇怪な怪獣達や、武器を持った文明人達と戦います。

コングは島の守り神で、基本的には平和主義です。
しかし、島の平和を脅かす者達との戦いで一度怒れば、恐るべきパワーで敵を粉砕します。

島に訪れた文明人達は多大な犠牲者を出しながらも、何とかコングとの同意で帰還に成功します。
しかし、その後更に驚くべき事態が・・・



キングコングの映画は、1933年のオリジナル版を発端としまして、今迄に何本も作られて来ました。
その中でも今回の映画は、美女と野獣という愛情表現は最小限に控え、コングの闘いを焦点として熱く描いていました。

髑髏島にやって来た人間達は、ベトナム戦争での軍備を備えた強力な軍隊です。
それまでのコング映画では、島への来訪者達は、映画の撮影隊だったり石油の発掘調査隊だったりと、戦闘に関しては全くの素人でした。
それが今回では、人間側でも戦う装備が備わっているというバトル参戦に、期待が燃えました。

そしてコングの恐るべきパワーには度肝を抜かれました。
人類の戦闘兵器も島に巣食う凶暴な怪獣達も、次から次へと強烈な腕力で一網打尽です。
畳み掛ける様な戦闘描写に大興奮でした。



僕個人の感想ですが、大変迫力のある面白い映画でした。

人間側にも立場や考えの違いから、コングに対して敵味方に分かれる描写もよかったです。
暴れるコングの姿を描く事に徹底した内容が、充分に楽しめました。
最後も悲劇的な終わりでなく、これからも物語が続く事を予測させるラストも余韻がありました。

物語の面白さを楽しむと同時に、これからの展開にも期待が持てる映画でした。



ただ、バトルに次ぐバトルという見せ場の連続で、ややもすると退屈を感じてしまった事も事実でした。

原住民が大人しいのも、未知の世界の恐怖感が乏しく感じました。
怪獣も独創性があるのはいいのですが、皆従来の生き物をアレンジした姿ですので、コングの対戦相手としてはやや華に欠けました。
それはこれからの映画の展開に係わる事情もあるでしょうから、致し方ございませんが。



イメージ 2


先程も明記しました通り、今回の上映では、昨年話題になった映画「シン・ゴジラ」との2本立てでした。

久々の「シン・ゴジラ」ですが、何度観ましても面白いです。
大都市破壊と群集描写が迫力を盛り上げる、凄まじい怪獣映画です。

新作キングコングと新作ゴジラの同時上映、これはファンが大喜びの大怪獣祭りです!
更に今度の日曜日である6月11日には、樋口真嗣さん、開田裕治さん、樋口尚文さん達の特別トークが行われる予定です。
怪獣ファンには堪らない上映イベントです。

詳しくは以下のHPをご覧ください。





イメージ 3

迫力の映画パンフレット
戦闘意識満々のコングのアップもよいのですけれども・・・



イメージ 4

上映用チラシ

開田裕治さん描く、怪獣映画感覚に満ちたイラストが素晴らしいです。
まさに怪獣魂の世界観です。



イメージ 5


髑髏島の巨神は、大迫力の怪獣映画でした。

キングコングはゴジラと共に、不滅の存在です。


この記事に

Oneup.さんの月例玩具イベント、Pandemonium(パンデモニウム)。
今回は秋葉原店で開催中で、テーマは「宇宙」です。

僕も行って参りまして、楽しい創作玩具の数々を拝見しました。
その一部ですけれども、画像レポートをアップします。




イメージ 1

塙 将良さん 一点物怪獣 ギャラン

毎回、物凄い作り込みの芸術怪獣を制作される塙さんですが、今回もやってくださいました。
これは南米の民族美術、あるいは日本古来の埴輪等にも通じる趣を感じさせます。
美術館の展示品を見る様です。



イメージ 2

サンガッツ本舗さん イチゴちゃん

可愛らしいイチゴの頭に緑色の身体、宇宙植物ですね。
腰掛具合から、棚に置いていくのもよろしいと思います。

向かって左側に後ろ姿はウルトラゴリラです。



イメージ 3

ガム太郎さん ギョグラ 惑星 キングゲビラ 惑星

宇宙怪獣的な雰囲気で塗装されました2大怪獣です。
ギョグラの丸い頭部が未知の惑星を彷彿させます。
キングゲビラは、凝った彩色と共に大きさも迫力があります。
自然色を用いた、彩色の工夫を感じさせます。



イメージ 4

ガム太郎さん 花怪獣ゲビラン

頭部が美しい、花をモチーフにした怪獣です。
真っ赤な薔薇の花弁を連想させる彩色は映えます。

その隣にあるのが、ピコピコさん制作彩色のメカウンコ。
下の方に僅かに見えている禿頭が、同じくピコピコさん制作彩色のオジタマ君です。



イメージ 5

ukyDaydreamer(ユーキ テ゛イト゛リーマー)さん 一点物ソフビ

ゴリラの側に立っておりますのが、ウルティオトル特別彩色版です。
この他にも全部で3点もの限定彩色版ソフビが展示されています。



最後になりますが、僕が今回彩色しました宇宙ウルトラゴリラです。
今回は用意した数が少なく、もう少し準備しておかねばと反省しました。
即日完売になりました。
どうも有り難うございます。



以上、画像レポートでした。
この他にもまだまだ素晴らしい作品がありますが、ほんのさわりといたしましての紹介です。

完売品もございますが、今週8日(木)まで開催されております。
個性豊かなオリジナルソフビの世界をお楽しみいただければ幸いです。


この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事