ここから本文です
努ブログ
ハナレイ・ベイ 独自の映画感想
先日の19日(金)に、嫁さんと一緒に新宿ピカデリーで、映画「ハナレイ・ベイ」を観に行きました。
嫁さんの誕生日記念として、映画を見てその後食事をしようという予定でした。

「ハナレイ・ベイ」は、村上春樹氏の同名の短編小説を映画化した作品で、その日から公開スタートでした。
映画を観るに当たりまして、先に原作本を嫁さんから借りて読みました。
内容は、一人息子を失った母親の苦悩と悲しみを通じて、自然と対峙する姿を描いた奥深い題材でした。

ネタバレになりますので詳しくは書きませんけれども、僕個人の感想をここに述べさせていただきます。
これは何度か観れば思いも変わってくる奥の深い映画だと思います。
僕の初回を観たのみの感想です。


主演の吉田羊さんの全身から湧き出る感情表現の演技が、凄まじい勢いで観る者に迫って来ました。
最初は原作本から来る自分の思い描いていたイメージとは違うと思いましたが、観て行くうちに段々と引き込まれていき、最後は完全に一体化しました。

息子を失った母親を取り巻くドラマの進行と同時に、決して幸せとはいえない彼女の半生が描かれて、観る者に重く圧し掛かります。
人間の交流で大切なものは何なのかを、考えさせられました。

母子家庭で自由奔放に育った一人息子とは、決して上手くいっていなかった親子関係でした。
失ってから気付いた大切なもの、サチの場合は息子との気持ちの交流だったのではなかったのでしょうか。

息子の面影を捜し求めてハナレイ・ベイをさ迷い、自然と対峙しようと苦悩するサチの姿が、この映画の最大の焦点だと感じました。
息子の死から長い年月が経っても尚、それに充分に受け入れ切れない苦しみが表現されていました。

息子に遭いたい気持ちから涙を流して狂乱する自身の姿に、本当に息子を愛していたのだとサチ自身が知ったのでした。
それは人間が誰でも持っている気持ちの弱さ、それが故に人間そのものだという表れなのでしょう。

息子を還元していった自然を受け入れる事で、物語は収束したのだと感じました。
サチのこれからの幸せを願わずにはいられませんでした。




カウアイ島は今年の夏に行きましたので、自分にとりましては大変興味深い舞台でした。
しかし北部はフェリーに乗らなければならないので、行きませんでした。
ハナレイ・ベイはそこにあるそうです。

ハワイでの生活や軽い気持ちで訪れた若い旅行者の様子等がリアルに描かれていて、面白かったです。
ハワイはどこでも日本語が通用すると思っていたとか、一年中常夏の島だと思っていたとか、僕も誤解していた印象でした。


これは個人的な感想ですけれども、息子の足を食い千切ったサメの姿が描かれていなかった事は、若干物足りませんでした。
確かに人間ドラマですので、作り物やCGの表現は不要でしょうけれども、せめて吊り上げられた巨大なサメを見せるとかいう演出はして欲しかったです。
そこで物語に余裕が生まれると思うのですが。

僕もカウアイ島では浜辺で釣られたシュモクザメを見ましたが、物語で息子を襲ったのは、より巨大なタイガーシャーク(日本ではイタチザメと呼ばれています)ではないかと思います。
サーフィンボードが大きく食い千切られた場面は映画でもありましたが、そこが唯一のサメ表現でした。
実際、サメに襲われて噛み砕かれたボードの破損具合は物凄いそうです。


最後に映画を観る前に描いた僕のイメージ絵です。
日記の端に描きました、原作本からの印象です。


イメージ 1





この記事に

開くトラックバック(0)

アッゴリラ 試作品

皆さんは覚えていらっしゃるでしょうか、アッゴリラを。

歌手でタレントの和田アキ子さんの芸能活動50周年を記念しまして、今年の4月に西武渋谷店で「デビュー50周年記念『和田アキ子ART HOBBY EXPO』in SEIBU SHIBUYA」なるイベントが開催されました。
その会場で、Oneup.さんから販売されておりましたソフビ人形が、アッゴリラでした。

僕は試作品のソフビ彩色を行いました。
製品化されたバージョンとは多少彩色表現が違いますが、ほぼこの感じで色変えで量産塗装されました。

イベント及び商品の様子




先日、Oneup.さんを訪れました時に、店長さんから渡されましたのが、ここに紹介しますアッゴリラ試作塗装品です。
今から丁度半年前に手掛けました彩色品を前に、懐かしい想いが込み上げて参りました。

今ここに、そのアッゴリラ マウント工房塗装版(とでも言うのか?)を公開します。


アッゴリラ ©HORIPRO




イメージ 1

イメージ 2

イメージ 4

イメージ 3


彩色は派手な赤色で、マイクは神々しい金色で、夫々彩色しました。
顔は筆を用いた手塗りで描きました。

製品版は本体の色が4種類(レッド、ゴールド、ブラック、ブラウン)があり、顔はマスク塗装でした。

今現在、アッゴリラは生産販売されておりません。
期間限定のイベント企画製品である事をお断りさせいていただきます。




イメージ 5

頭部にはダイヤ形の光沢結晶球(ラドンガの目玉みたいな物)が張り込まれていて、お洒落になっております。

今にも力強い歌声が聞こえてきそうですね。
あの頃はぁ〜っ ハアッ!









イメージ 6

久々のアッゴリラ拝見、マウントゴリラ達とも記念撮影です。
この場面は、和田アキ子さんのヒット曲「卒業させてよ」からイメージしました。







丁度僕が小学校6年生の頃、子供の日を記念しましてNHKで、子供達と親達がいろいろな意見交換をして交流を計るという、スタジオ中継の特集番組を放送していました。
そこでその当時の子供達に人気のあるタレントの集計として、和田アキ子さんが上位に選ばれまして、スタジオで大勢の子供達に囲まれて歌いましたのがこの歌でした。

あの時の子供達は僕とほぼ同世代、今ではもういい歳の大人になっています。
懐かしい想い出の歌です。



アッゴリラの存在は、元の造形とOneup.さんの企画の良さ、そして何よりも和田アキ子さんの素晴らしさから成り立っていると思います。

この企画に参加出来ましてよかったと思います。
アッコさんから元気をいただき、今日も頑張ります!





この記事に

開くトラックバック(0)

誕生祝い

今日10月17日は、嫁さんの誕生日です。
こじんまりではありますが、家で誕生祝いを行いました。




イメージ 1

イメージ 2

嫁さんが選んで買ってきましたケーキです。
ディズニーキャラをあしらったハロゥインケーキの様です。
どれも可愛らしいです。



イメージ 3

ケーキと珈琲でお祝いです。
地味な誕生会ですけれども、気持ちが安らぐ時間を共に楽しみました。



イメージ 4

僕からの誕生プレゼントです。
竹内まりやさんの音楽CD「小さな願い/今日を生きよう」です。
本日発売の新譜です。



後程、日を改めましてお祝いをする予定です。
嫁さんへ お誕生日おめでとうございます。
日頃苦労かけておりますが、これからもよろしくお願いします。
元気でいてください。



この記事に

久々に怪獣玩具の話題です。

来る10月18日(木)〜21日(日)の間、台湾で開催されます玩具販売イベント「TAIPEI TOY FESTIVAL」に、Oneup.さんから販売されますソフビ紹介です。


Oneup.さんのブログ紹介 マウントゴリラも販売されます





台湾で行われます国際ソフビイベントに、日本からも沢山のディーラーが参加します。
Oneup.さんも多くの品物を持って参加予定でして、その内のいくつかを僕が塗装させていただきました。

その中でも最も手間のかかった物が、この一品物です。
壱角蟲皇帝 台湾版です。





イメージ 1

イメージ 2

イメージ 4

イメージ 3



壱角蟲皇帝は、ピコピコさんデザイン造形の巨大ソフビで、古代中国の文様を思わせる甲虫怪獣です。
手には蛹棍棒なる武器を持っております。

今までにもいくつかの彩色版を僕が手掛けさせていただきましたけれども、今回は全身の溝に筋入れ彩色を施して、より凝った彩色表現を試みました。
これは大変手間が掛かりまして、ようやくギリギリ間際に完成といった感じでした。

台湾イベントで、多くの方々に見ていただければ嬉しいです。





イメージ 5

後頭部の人顔にも赤筋が入っています。
ヤモマークの土岐さんに似た表情です。



イメージ 6



日本を離れた場所での催しですので、僕は見守るのみです。
また、いろいろと違った塗装をやってみたいので、その時には国内版も登場するかも知れません。




この記事に

開くトラックバック(0)

もふもふの鳥

先週、よく晴れた東京都内での出来事です。

日本橋の人形町の道路沿いで、少し前まで瀬戸物市を開催しておりました場所で、何か別の催しと思しき準備中個所で、大きなフクロウを見ました。
動物を使った何かの出し用らしく、大きさ30センチはありそうなフクロウが2羽、人の頭に乗っかった小さなフクロウが1羽おりました。

可愛らしくも猛禽類の迫力ある威圧感で、僕自体は鋭い眼光に萎縮してしまいました。
近くに居ても平然とする様が貫禄を感じさせます。

大きな2羽はシベリアワシミミズクとメンフクロウでした。
小さい1羽は不明です。



イメージ 1

シベリアワシミミズク



イメージ 2

メンフクロウ



後で調べてみましたらば、都内にフクロウカフェという動物を扱った喫茶店があるそうです。
フクロウを店内で飼育しており、普段は滅多に見る事の出来ないそれらの鳥を、お茶を飲みながら眺めて楽しむという飲食店だそうです。
もしかしたら、このフクロウ達もそういったお店のPRに参加していのかも知れません。

実際にフクロウをこんなに間近に見て、直接触れたのは初めてでした。
全体にもふもふしていて、可愛らしさと鋭さが混じった感覚でした。

野鳥の素晴らしさを感じた体験でした。





この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事