ここから本文です
努ブログ
千葉県行楽旅行記のはじまりはじまり〜^^

書庫全体表示

中十条夏祭り お神輿

先日の5日(土)と6日(日曜)、二日間に渡って行われました地元の町内会祭りに、今年もお神輿の担ぎ手として参加して参りました。

王子神社例祭に伴って毎年行われます、町内行事です。
各町会で行われますが、子供神輿と大人神輿のふたつが街中を練り歩きます。
僕の住んでおります中十条2丁目では、古いけれども立派なお神輿と和太鼓が準備されました。



イメージ 1

中十条2丁目 本部集会所


初日の土曜日は夕方6時半からの出発で、途中休憩を挟みまして演芸場通り商店街を往復します。
捻り鉢巻に半纏姿の勇ましい担ぎ手達が集合して、いざ出陣です。
威勢のいい掛け声と共に、お神輿が担がれて通りを行く姿は、まさしく夏の風物詩です。

二日目は、お昼の一時から子供神輿を先陣に出陣です。
中十条の各町会のお神輿が集結して、町内会長の挨拶と和太鼓の演目で迎えられました。
ここでも神輿の担ぎ手達によります活気ある勢いに、集まった人達から声援が送られました。



イメージ 2

子供神輿


二日間の間、台風の接近等で天気が心配されていましたが、幸いにも天候に恵まれまして、大変よい雰囲気の中で開催出来ました事に感謝しました。
休憩場所では地元の飲食店さんからの振る舞いで、美味しい料理と冷たい飲み物をいただきました。
これも地域の皆様の、暖かなお気持ちと協力の姿勢を感じました。



イメージ 3

大人神輿


僕と嫁さんもこの二日間、お神輿の担ぎ手として参加して参りました。
担ぐのは僕でして、嫁さんは皆と同行しておりました。
毎回なのですけれども、たちまち汗だくだくで重い担ぎ棒が肩に当たって痛いのなんの。
これは自分が担ぐタイミングとコツを外しているからなのですけれども、もう少し上手くリズムとテンポを掴まなければならないと反省しました。

それでも皆と一丸となって中十条の街並みを、お神輿を担ぎまして行き来しました。
ご近所の皆さんの声援に、元気をいただきました。
休憩所ではもうクタクタ、冷えた麦茶に救われました。

二日目の町会集合では、臨時で隣の3・4丁目のお神輿も担ぎました。
何でも人員が少ないとかで、ピンチヒッター参加です。
これも地元の人付き合いだと勢い込んでの協力です。

お神輿の先頭には、誘導する太鼓と提灯が立っていました。
長い竿に吊り上げられた提灯ですが、3・4丁目では女の子二人が右へ左へとリズムを取って、まるでミュージカルの演舞の様に綺麗に歩いていたのが印象的でした。



イメージ 4

大人神輿 鳳凰


最後のフィナーレでは、お神輿の終着に中々OKが出ず、何度も戻ってはやり直しを繰り返しました。
そして、拍子木が打たれて終了しました時には、担ぎ手全員と周囲の人達から歓声が上がりました。
お神輿の周りに集まって全員で記念撮影して、今年の夏の祭りが終了しました。

人との繋がりと地域活性を感じました、夏の二日間でした。


この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事