ここから本文です
努ブログ
台湾に怪獣出現!

書庫全体表示

昨日一昨日と静岡で開催されました国内最大の模型イベント 静岡ホビーショーに、泊り掛けで両日参加して参りました。

僕が今回出展参加しましたのは、動く模型愛好会の仲間内で結成されました東京SFプラモビルダーズです。
高性能なギミック満載の巨大な格納庫である秘密基地内に、高度な動きを見せます巨大メカが配置されております、まさしく空想科学の夢空間です。

今回は秘密基地の隣に、多数の電動怪獣模型が集合しました。
いまや遠くなりました昭和のよき思い出が蘇ります。

静岡ホビーショーでの怪獣模型総進撃をご覧ください。
名付けまして 静岡怪獣大進撃! です。



イメージ 1

イメージ 2

ずらり揃いました電動怪獣模型の大集合。
その全てがリモコン操作で動くという、驚異の怪獣世界です。

今回の出展では、動く模型愛好会その他のメンバーの方々が、多くの怪獣モデルを借り出し協力に集結しました。
その濃い面々を紹介します。



イメージ 3

V3号(今井科学)とパゴス(マルサン商店)

巨大ロボットと地底怪獣の揃い踏みです。
手塚治虫先生の名作漫画「ビッグX」に登場しましたV3号、巨大感溢れる格好よさが光ります。

これらの画像ですけれども、メインの怪獣は元よりその周辺の怪獣達にもご注目ください。



イメージ 4

大巨獣ガッパ(有井製作所) ゴジラ(マルサン商店復刻版)

ゴジラとガッパ、メジャーとマイナーの両雄です。
ここでは怪獣達は皆仲良しです。
ガッパの前進後進自在なところが楽しいです。



イメージ 5

メフィラス星人(オリジナル作品)

バンダイから出ていたマルサン商店ソフビの復刻版に、動力を仕込んで歩行可能にした物です。
手回しスイッチで速度調性可能な高性能を見せます。

今年のろうがんず展でも大活躍しましたメフィラス星人が、静岡ホビーにも出現です。



イメージ 6

宇宙人繋がりで、アンドロ星人(三共ポリマー)

こちらは秘密基地内に頓挫しております、驚異の怪奇宇宙人です。
ゼンマイ作動で異様な動きを見せます。
タモリ倶楽部にも登場した由緒ある模型です。

今回、東京の江古田で開催中の絶版プラモ完成品展でも、こちらとは別個体のアンドロ星人が展示公開されております。

宇宙人の侵略が東京と静岡で始まっていたとは!
もしかしたら、今回の怪獣軍団はアンドロ星人が操っていたのかも?



イメージ 8

地底怪獣バラゴン(マルサン商店複製版)

今回も登場、よく歩きまして大活躍でした。
そしてその後ろにいるのが・・・!



イメージ 7

大ゴジラ(マルザン複製版)

今回の僕の新作がこの大ゴジラ複製版です。
これだけの大きさながらに作動は順調で、大いに場を賑わしました。

惜しかったのはライバル視しておりました別の巨大怪獣が、今回は参加を見送ったという事でした。
しかし、いずれは対戦実現させたいです。
そう、あのキングコング対ゴジラの模型版をです。



イメージ 9

イメージ 10

大魔神(マルサン商店復刻版)

大魔神出現!
お城のモデルと並んで、いい雰囲気です。
ソフビ製の外部に動力を仕込みました自作版で、これが動き出せば迫力満点です。
大魔神は神様ですので、大きさ設定はあってない様なものなのです。



イメージ 11

ガイガン(ブルマァク復刻版)

ゼンマイ作動に発電動力を仕込み自作の舌が動くという、驚きのギミックが内蔵されています。
背鰭がストッパーになっていて、ゼンマイを巻いた後で背鰭を上下に動かせば歩行を開始するという、オリジナルな仕組みになっています。

いかにも宇宙怪獣らしい、光沢が美しい塗装です。



イメージ 12

大巨獣ガッパ(日東科学) 冷凍怪獣バルゴン(有井製作所)

こちらのガッパは、翼が開封するという改造が施されております。
バルゴンは日東版ではゼンマイ歩行だった物を、リモコン式に改変した物です。

このガッパには角がありませんので、雌を意識した物でしょうか?



イメージ 13

ゾイドメカ

ロボットとメカドッグの2体です。
犬の方を有線のリモコン式に改造してあります。
巧みな動きで走り回ります。



イメージ 14

古代怪獣ゴメス 大猿ゴロー(ソフビ改造作品)

こちらも先のメフィラス星人同様、マルサン商店ソフビ復刻版を電動歩行ギミックを仕込んだ作品です。
大股歩行で大変元気のよい作動を見せます。
あまりに元気がよ過ぎて暴れるので、今回は歩行自制して貰いました。



イメージ 15

ガメラ(有井製作所)

大怪獣決戦 ガメラ対バラゴン ・・・ちょっと違いますか。
背中の甲羅の縁をパテ盛りして手足に鋭い爪を付けました改造作品です。
ゆったりとした動きは、まさに亀怪獣です。
これで大ゴジラとも戦わせまして、場を盛り上げました。
やはりガメラは格好いいです。



これら電動怪獣は、展示ブースに訪れました方々(ほぼ子供さん達)に自由に操作可能で遊んでいただきました。
皆、喜んで怪獣と遊んで楽しんでくださいました。
僕もその様子を見ていて嬉しい気持ちになりました。

怪獣は殆どが有線リモコン操作ですので、各配線の整理が大変でした。
怪獣操作には、子供さんは元より親御さん達にも喜ばれました。
子供さん達は、昔の怪獣模型を動かして遊んだこの日の事を忘れないでしょう。
幸せな気持ちになれた2日間でした。



静岡ホビーショーには初参加でしたけれども、大変多くの人達で賑わい思いがけない交流を得られた貴重な参加体験でした。
秘密基地の様子等はこの後のブログで紹介予定です。



この記事に

  • 顔アイコン

    マルサンソフビでメフィラス星人あったんですね。
    初めて見ましたが、結構クオリティ高いですね。

    [ 蝉太郎 ]

    2018/5/14(月) 午後 10:26

    返信する
  • 顔アイコン

    大ゴジラ凄いです。動いているのをみたいです。江古田展示会みたかったです。今ガイガン製作中です。牙可動ができたので、煙だしつくっています。

    [ hik*rit**ory300 ]

    2018/5/15(火) 午前 9:31

    返信する
  • 顔アイコン

    >蝉太郎さん

    コメント有り難うございました。

    電動模型の怪獣大進撃ですが、メフィラス星人は復刻ソフビに自家製ギミックを内蔵して速度調整歩行させたという、驚異の作品です。
    倒れないで安定を保ちながら自在な速度で歩くのですから、これは驚きです。

    メフィラス星人はマルサン商店のソフビ玩具でありました。
    ご覧の様に大変出来がよくって、ディフォルメを抑えたリアルな出来です。
    宇宙人紳士といった貫禄を感じさせます。

    [ ]

    2018/5/15(火) 午後 2:55

    返信する
  • 顔アイコン

    >hik*rit**ory300さん

    どうも有り難うございます。

    ガイガンの制作、完成させたら是非見せてください。
    この次のイベントでは、動く怪獣を拝見させてください。

    大ゴジラは完成させるのが大変でしたが、出来上がってみると実に味わい深いです。
    いずれオフ会でお見せします。
    動く怪獣模型の楽しさを満喫しております、今日この頃です^^。

    江古田のプラモ展示会ですが、火曜日は定休日ですけれども、あと2日間明後日まで開催中です。
    最終日に当たる木曜日もやっております。
    とりあえずのお知らせでした。

    [ ]

    2018/5/15(火) 午後 3:03

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事