ここから本文です
努ブログ
怪獣ガマロンの舌

書庫全体表示

前回に引き続きまして、江古田のコスモナイトαさんで「第2回・懐かし・珍品・プラモ 完成品 展覧会」が開催されます。

今年の5月に行われまして、大好評の内に幕を閉じました絶版模型の完成品展示会が、お盆シーズンに再び行われる運びとなりました。
今回は更にパワーアップして、前回好評でした模型に引き続き、今まで見た事も無い様な脅威の珍モデルが多数お目見えします。


会場及び開催期間に関します情報は、以下の通りです。

主催・コスモナイトα
場所・練馬区栄町25-17  1F コスモナイトα 店内
   西武池袋線 江古田駅 または 西武有楽町線 新桜台駅 下車
期間・8月11日(土)〜19日(日) 9日間休まず営業中です 
時間・13時〜20時

コスモナイトαさんHPでの紹介



僕も今からワクワクしております。
そこで、今回の展示作品の一部を、ここに先行公開させていただきます。



イメージ 1

ズラリ並びました昭和の怪獣模型達

今回も渋い面々が出揃いました。
このブログでも過去にお馴染みの作例が、展示品としてあなたの目の前に出現します。
この衝撃に果たして耐えられますか、是非とも直接その目でご覧になってください^^。



イメージ 2

キジラにゴジラゴーカート

前回特に好評を得ました面々が、今回も再登場します。
日本ホビーのキジラと、ポーラライツのゴジラゴーカートです。

他にもワニゴン、ガマロン、ラドンガ等、お馴染みの怪獣達も出現しますが、それらはなんと別彩色モデルとしての登場です。
これは益々目が離せないラインアップです。



イメージ 3

日東の原子怪獣ドラゴン(左)とアオシマの巨竜怪獣ドラゴン(右)

二大ドラゴンの共演です。
こういうマニア好みの選択も、絶版模型展ならではでしょう。



イメージ 4

恐竜グワンジ!?

日東のティラノサウルスとブロントサウルスです。
特撮の神様レイ・ハリーハウゼン氏が手掛けました、ダイナメーションの恐竜映画を彷彿させます。

ティラノは今回初登場です。
ブロントは前回に引き続いての登場ですが、今回は僕の彩色作品が展示されます。



イメージ 6

イメージ 5

マグマ大使とスペクトルマン?そしてキングロボ

怪獣と戦うヒーローの登場です。
マグマ大使はクラウンのマスコットモデルですが、スペクトルマンは何なのか正式に解りません。
パチモデルの可能性もありますけれども、アオシマのゼンマイ版は今現在再版不可能らしいので、せめてこのマスコットモデルに登場してもらいました。

マグマ大使怪獣のゴアゴンゴンとアロンも登場します。
足を大きく振り上げて歩くアロンの動きが、豪快で面白いです。

そして、前回人気だったキングロボが再登場します。
マグマ大使同様、キングロボにも恐るべき対戦相手が出現します。
それは・・・



イメージ 13

キングロボと怪獣サイゴラス

これがキングロボと戦う、恐竜形怪獣サイゴラスです。
僕が今井科学のゼンマイ工作を用いて作りました、オリジナルモデルです。
名前も僕が適当に付けました。

東京マルイのキングロボは、ジャイアントロボのパクリとか言われながらも人気があったらしく、箱絵を変えて版を重ねて販売され続けておりました。
その第2期版の箱絵が挿絵画家の大家 小松崎茂画伯の筆によるもので、恐竜トリケラトプスを思わせる姿の怪獣と戦っている迫力の場面が描かれています。

怪獣にロケットパンチを食らわせるキングロボの雄姿が素晴らし過ぎます構図ですが、この絵を見て当時誰もが思ったに違いない事を僕は感じました。
それは、この怪獣の模型が欲しい!という事です。



イメージ 10

イメージ 14

トリケラトプスの大きめなゼンマイ模型ですけれども、70年代初頭の幻のバンダイ模型(恐竜シリーズでトリケラトプスとスティラコサウルス 日本では未発売の可能性が高いです)があった位なものです。
他にはトイタウンのリモコン玩具がありました。

僕は今回、今はなき今井科学の工作セットの四足歩行ゼンマイを用いまして、その怪獣モデルを作ってしまいました。
エポキシパテと軽量粘土を使いまして、それらしい姿をこしらえました。

その出来はというと・・・
う〜ん、やっぱり小松崎画伯の絵の迫力には敵いません。
まぁ、それなりの出来になったと思いますので、これはあくまでもお遊び模型という事で^^。
ゼンマイを巻くと、チョコチョコと小走りに走行します。

模型箱絵の参考画像は、ネット検索で見つけました物を、画像トリミング等を加えまして借用させていただきました。



イメージ 7

イメージ 11

イメージ 12

怪獣レーサー ペピラとナゴン

童友社が販売しておりました、怪獣レーサーのシリーズです。
60年代当時の子供達に人気のあった怪獣とレーシングカーを合体させてしまうという、驚きの企画模型です。

マジックモーターと呼ばれるフルバックゼンマイが内蔵されていて、後ろに引いて離すと自動走行する仕組みとなっています。
少し強めに床に押し当てて(多少加減しなければ壊れます)、ゼンマイを動かす様にしないと上手く走りませんけれども。
ですので、若干手押ししてあげれば走行は順調です。

先のUMAの水ものオフ会で怪獣ボートとして怪獣部分を流用しましたモデルですが、自動車部分を完成させまして本来の姿に戻しました。
デカールは工夫して貼ってみました。

これらの模型は、僕の模型仲間であります ほうとうひろしさんからいただきました。
ほうとうさん、貴重な品物を有り難うございました。
ここに無事完成させましたので、今回の展示会でご覧になってください。



イメージ 8

イメージ 9

伝説のマルサン電動怪獣

毎度お馴染み、マルサン商店の電動怪獣軍団です。
今年の5月に静岡ホビーショーでも活躍しました、ゴジラ、大ゴジラ、バラゴン、パゴスの面々です。

怪獣模型の伝説が今ここに集結!
とは言いましても、僕が所有しておりますのは殆どが複製モデルで、オリジナル品はパゴスのみです。
それでも、全てが彩色済み完成品で動力作動しますので、オリジナルに通じる雰囲気は感じられると思います。
大ゴジラは足裏に改造を施しまして、より前進出来る様にしてあります。




第2回絶版プラモ完成品展が、いよいよ明後日の開幕と迫りました。
多賀もちゆきさんと大場晴也さんと僕 増山努の3人に加えまして、他にも多くの方々が、ご自慢の模型コレクションを貸し出し展示してくださる予定です。
これは大変壮大な完成模型世界が展開させる事必至です。

11日(土)から開催されます驚異の模型世界を、是非お楽しみください。



この記事に

  • 顔アイコン

    おじゃまします。
    うはー、日東チラノにペピラ、ナゴン。サイゴラスも素晴らしく、またキングロボと寸法もぴったりです。もう今からよだれタラタラで早く実物を見たいです。搬入手伝えなくてすみません。来週のどこかで時間を都合して見に行きます。最終の19日は行けそうです。 削除

    [ 柊horii ]

    2018/8/9(木) 午後 6:10

    返信する
  • 顔アイコン

    >柊horiiさん

    どうもコメントを有り難うございます。

    いよいよ始まります第二弾の絶版模型完成品展です。
    柊horiiさんの作品も含めまして、前回に引き続いて素晴らしい展示会が期待出来そうですね。

    日東ティラノは久々に動かしてみましたが、ギリギリ倒れそうになりながらも歩行は健在でした。
    オリジナル怪獣サイゴラスは全体にどうもイマイチな出来になってしまいましたが、こうしてご評価いただけますと嬉しいです。

    今回は会期が長いので、僕も夏の休み後に伺おうと思っております。

    お元気で夏をお過ごしください。

    [ ]

    2018/8/10(金) 午前 10:55

    返信する
  • 顔アイコン

    3体搬入済みです。ギャンゴは歩行不可でした。他の2体は元気に歩行してます。マルサン電ビ動の取説kピーをファイルで預けているので、みてください。最終日は行けそうです

    [ hik*rit**ory300 ]

    2018/8/10(金) 午後 9:33

    返信する
  • 顔アイコン

    > hik*rit**ory300さん

    今回の展示会へのご協力を、有り難うございます。

    電動怪獣3体(フライデーはロボットですね)は、展示作品の搬入時に拝見しました。
    どれも素晴らしい出来で驚きました。
    特にフライデーの大きさには圧倒されてしまいました。

    僕も電動ゴジラやバラゴンを持ち込みしましたので、マルサン怪獣大会が楽しめますね。

    最終日は僕も行きますので、よろしくお願いします。

    [ ]

    2018/8/11(土) 午前 8:00

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事