ここから本文です
努ブログ
定番 ゴジラ模型

書庫全体表示

今回も勢揃いしました日本の伝統?怪獣模型ですけれども、会場狭しと並べられた面々を、ランダムに紹介していきます。



イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

日東のリモコン歩行式のギャオスとガッパです。
ガッパの方は、一方を雌に改造してあります。
向かって右側のがそうなのですが、お判りでしょうか?



イメージ 4

アオシマの巨竜怪獣ドラゴン

箱も一緒に展示されています。
梶田達二画伯の描く迫力の構図が素晴らしいです。

こちらは僕が組み立て彩色して完成させた物です。
中世ヨーロッパの王家の紋章のイメージもあります。
まさにドラゴンです。



イメージ 5

ポーララライツ(オーロラ)のラドン

あちらではロダンと呼ぶそうです。
多賀さん制作で、なんと元の部品にあった日本語看板「お買い物なら」に加えて、新たに「新天地」という追加文字を書き込んでおります。
これぞ怪獣模型の新世界表現です。



イメージ 6

マグマ大使と仲間たち

クラウンのマスコットマグマ大使に、同じくクラウンの怪獣ゴアゴンゴン、更にはその周囲に別怪獣模型やブルマァクソフビ人形もおります。
このカオスな雰囲気が、なんとも楽しいのです。



イメージ 7

いろいろ揃いました雑多な怪獣たちです。

中央に2体並んでいるのが、童友社の怪獣レーサー ペピラとナゴンです。
どちらも僕が彩色完成させましたが、怪獣以上に自動車部分の塗りに苦労しました。

その後ろがキングロボと自作怪獣サイゴラスです。
サイゴラスのチョコマカ走りが、皆さんの笑いを誘ったそうです^^。



イメージ 8

そして日本ホビーのキジラが、今回は箱付きで再登場です。

僕がこのキジラを散々苦労して彩色しましたのが、もはや10数年前。
早いものです・・・



イメージ 9

こちらも再登場のゴジラゴーカート(ポーラライツ)

爆走しますゴジラに、ファルシオンのエビラと、何故かアオシマの鬼太郎までもが挑んでいる様です。



イメージ 10

元はオーロラ社のポーラライツ版ユニバーサルモンスター
ハイド氏とウルフマン

西洋妖怪に挑むのは、我等がゲゲゲの鬼太郎と油すまし。
日東の頭を振る油すましは、楽しい動きを見せてくれます。

そう言えば、コスモナイトさんの店内では、「妖怪大戦争」のVTRが繰り返し流れておりました。



イメージ 11

イメージ 12

ポーラライツのオーロラ社ユニバーサルモンスターズ

同じ妖怪でも西洋のは怖いです。
ドラキュラにフランケンシュタイン、半漁人。
寝ているのは、フランケンシュタインの花嫁です。

大場さんの作品で、精密な色塗りが映えます。
モンスターの台座の小物にもご注目ください。



イメージ 13

イメージ 14

怪獣模型の定番といえば、日東のゼンマイ怪獣たちです。
今回も沢山揃っての登場です。

ガメラ、ギャオス、バルゴン等の有名どころから、ガマロン、ドラゴン、ティラノサウルス等の知る人ぞ知る存在までもが、出撃です。

スペクトルマン怪獣やウルトラコング、パチモン?スペクトルマンまでもが混ざっていますね。




続けての2度目の紹介です。
展示会は今日の夕方5時までですので、お近くの方は是非足を運ばれてください。
僕も搬出に来店します。



顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事