ここから本文です
努ブログ
合掌造りでの生活の知恵です

書庫全体表示

カウアイ島に関しまして、僕が直接見聞きし感じました事を、ホテル近くで撮影しました美しい南洋植物の画像を紹介しながら、文面紹介させていただきます。



イメージ 1

カウアイ島はハワイ諸島の最北端に位置する島で、気温は年間を通じまして暖かく、肌に優しい過ごしやすい陽気です。
日本の猛暑の様な汗ばむ暑さはなく、湿度が低く乾燥した感じです。
僕も殆ど汗はかきませんでした。

山と森の木々に囲まれて、街や道路があるといった感じの場所です。
最近は観光スポットとしても人気が出ている様で、日本でも観光ツアーが組まれております。



イメージ 2

それでもハワイ諸島の中では、オアフ島やハワイ島と比べますと、まだ日本人観光客はそれ程多く訪れておりません。

先に挙げました島々では観光客の多さの為か、日本人向けビジネスが出来上がっていて、ホテルや行楽地等でも日本語対応が成されているそうです。
しかし、カウアイ島ではアメリカ等の海外からの観光客が中心で、基本は英語対応です。
今回宿泊しましたホテルでも、日本人客は僕等家族以外では、ほんの数人いる程度でした。

海外の地ですからこれは当然でしょうけれども、観光客を含めまして、周囲は皆外国人ばかりでした。



イメージ 3

基本が英語での会話ですので、僕に取りましては何を語っているのかが全く解りませんでした。
嫁さんと義妹と大学生の甥っ子は、多少の語学知識がありますので、情けないのですが会話は任せっきりでした。
少なくとも、日常会話位の英語を覚えておくか、もしくは日本人観光ツアーを利用した方が安心ですね。

島で暮らす人達は、陽気で親切な方が多かったです。
それでも宿泊地等では、日本の様にこちらが黙っていても何でもサービスしてくれる訳ではありません。
積極的に、自分からアピールしていかなければいけないという印象を持ちました。



カウアイ島に来て3日目、ハワイ時間の8月13日(日本時間では14日)、カウアイヒンドゥー寺院へ行きました。
ここには世界でも有数のクリスタルが奉納されていて、これを拝むと幸せが訪れると言われています。



イメージ 4

まずは朝8時から、バイキング形式の朝食を食べました。
焼肉にベーコン、オムレツにマンゴージュース等が美味しい食事でした。


その後、ホテルから地元のタクシーを2台チャーターして、家族が分乗して出発しました。
昨日のツアー観光とは違った、自由行動の冒険旅行です。

車で昨日目にしました山間を通過しまして、緑の森に囲まれました道を行きます。
運転手の方は髭を蓄えたサングラス姿の中年男性で、気さくで明るい方でした。



イメージ 7

寺院入り口にあるガネーシャ像

象と人間を合わせた姿をした神様です。
お供え物は感謝の証、思わず拝んでしまいました。



イメージ 5

カウアイヒンドゥー寺院はワイルア(先日船で渡った川のある場所)に位置し、周辺を鬱蒼とした木々に覆われた、自然の中のあるお寺といった感じでした。

インドの神様と寺院をカウアイ島に設立したのは、ワイルアの川の流れが神聖な場所として、ヒンドゥー教に認知されたからだそうです。

石造りの門を通って寺院へ向かいます。
寺院の入り口付近には、澄んだブルーの大きなクリスタルが飾られており、更に寺院内には巨大なスーパークリスタルが奉納されています。
そこは写真撮影禁止となっておりました。



イメージ 9

イメージ 6

ガヤトリー女神像

5つの顔と10本の腕を持つ神様です。
優しいお顔で参拝者をお出迎えしてくださっている様です。



イメージ 8

女神像を囲む木々

バニアンツリーと呼ばれる菩提樹です。



マナーとしまして寺院内は靴履き厳禁です。
僕等は裸足で寺院の中に入り、朝のお祈りに参加しました。
既に20人以上の人達が訪れておりました。

設置されている紙に願い事を書いて奉納します。
そしてお寺の僧侶の方から差し出されました、香料の水等を顔に塗って、頭には花を飾って、額には赤い粉を印の様に付けました。

花に飾られました巨大クリスタルを前に洗礼が行われ、午前中のお祈りが終わりました。
荘厳な不思議体験でした。



イメージ 10

寺院からの帰り、再びタクシーに乗って、菩提樹の森に行きました。
幸せの青い実が生っている場所です。
地面には沢山の実が落ちていまして、それらが青い色彩を放っておりました。



イメージ 11

青い実は、神聖な幸せの証とされています。
ここでもガネーシャ像がありました。
森で拾いました実は。こうして納めます。



イメージ 12

これが青い実です。
ブルーナッツ、澄んだ美しい色です。



イメージ 13

帰りの道

時折雨が降りますが、すぐに止みます。
緑の山々を通ってホテルに戻ります。



イメージ 14

道路際で見かけました看板ですが、これは何でしょうか?
選挙ポスターみたいにも見えますね。

こういった光景も島の風情なのでしょう。



お昼過ぎにホテルに到着しまして、カウアイ島での宿泊最後の時間を楽しみました。
海とプールで遊んできました。



イメージ 15

ホテルの庭におりましたトカゲです。
小さくて素早く走るので、その姿が撮影し難かったです。
時々、赤い喉を前方に広げていました。

ホテルの庭には沢山の生き物がおりました。
その姿は、次回の紹介とさせていただきます。




この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事