ここから本文です
努ブログ
合掌造りでの生活の知恵です

書庫全体表示

カウアイ島には、到る所に沢山の鳥たちがおります。
山から人の住む場所まで飛んで来るのでしょう。

カウアイ マリオット リゾートの庭園にも、いろいろな生き物を見る事が出来ました。
その一部を紹介します。



イメージ 10

ネネ

カウアイ島を代表する鳥で、ハワイの州鳥になっています。
ハワイガンとも呼ばれております。
ホテル庭園の池で他の鳥や魚たちと遊んでおりました。
黒褐色の模様が美しい水鳥です。



イメージ 9

チョウショウバト

小型のハトで、まるでスズメみたいな感じです。
島のあちこちに沢山おりまして、群がっておりました。
元は東南アジア産の鳥で、放鳥されて繁殖したそうです。



イメージ 11

コイ

僕等にはお馴染みの日本産の鯉が、沢山池で泳いでいました。
餌を撒くと水を切って大勢で寄って来ます。
その様子には、大勢の観光客の人達が喜んで見入っていました。

公園の解説ボードには、ちゃんとKoiと称されております。



イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

カウアイヒンドゥー寺院から戻って来まして、ホテルのプールと海で残る時間を楽しんでおりました。

ホテルのロビーの表にはプールが設けられていて、いつでも沢山の人達で賑わっています。
僕は泳げないのですが、プール内を気ままに散策しておりました。
甥っ子に平泳ぎを教わって、少しは水中を進める様になりました。

しかしここでハプニング、温水地のジャグジーからプールに移動する際に足を滑らせて、プール内の水が深い場所に落ちてしまいました。
いきなり1・5メートル程の水深の場所になっているのですから、溺れるかと思いました。

その時に、左膝を捻挫した様です。
最初は気付かずに平泳ぎしておりましたが、プールを出るときには足を引きずる程の痛さになってしまいました。
直ぐに湿布しましたが、未だに痛みを抱えております。

(後に医者で見てもらいましたら、骨には異常はなく、おそらくは靭帯か軟骨を痛めたのたのだろうと言われました。今でも湿布中です。)

表では転ぶわ、ホテル内ではコケるわ、一人で散々でしたが、これも皆への厄払いと勝手に解釈して、気持ちを落ち着かせております。
皆さん、くれぐれも安全には気を付けましょう。



イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

プールの先にはビーチがあり、海水浴場になっています。
そこでも泳げますので、海とプールを行き来しながら楽しみました。

太陽の日差しに照らされた、エメレルドの海が美しいです。
一番下の画像でピースしているのが、義妹です^^。



イメージ 7

イメージ 8

ホテルの通路に展示されていた民族芸術品


カウアイ島を代表する存在ですけれども


島の鳥はネネ

魚はフムフムヌクヌクアプアア(タスキモンガラ)

花はモキハナ

色はムラサキ


以上は、ツアーガイドさんからお聞きしました。


夕食はバイキング形式で好きな料理を各々が選んで食べました。
タロイモが甘くて美味しかったです。
僕は膝を痛めましたので、アルコールは止めてマンゴージュースを飲みました。

こうして島での最後の晩が過ぎて行きました。
いよいよ南の楽園ともお別れを迎えます。

続きます。




この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事