ここから本文です
努ブログ
ゴジラ キング・オブ・モンスターズ!

書庫全体表示

記事検索
検索

全108ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

先日、話題の映画「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」を、嫁さんと一緒に観て参りました。

今現在の段階では、これから観に行かれる方々もいらっしゃるでしょうから、極力ネタばれなしで、自分の感想をランダムに述べさせていただきます。





イメージ 1

まず全体の印象からですが、大変面白く見応えのある映画でした。


怪獣同士の戦いと、怪獣と人類との攻防戦が、凄まじい迫力で描かれていました。
これは是非とも劇場の大スクリーンで観るべきです。
あの実体験は映画館でしか味わえません。
巨大な怪獣の破壊とバトルシーンは、大スクリーンで体感されてください。



イメージ 2

描かれた怪獣のイメージが見事です。


アメリカ風にアレンジされた姿には、当初不安も感じていたのですけれども、実際に動いている場面を観ると、そんな思い込みの心配は吹き飛びます。
本家ゴジラの着ぐるみに対するCG表現ですが、これは怪獣という題材を描く上での方法の違いに過ぎません。
迫力と存在感は同等です。
今回のゴジラ映画は、怪獣の持つ底力を存分に見せてくれています。



イメージ 3

人間ドラマのゴチャゴチャした関係は、あまり判らなくとも、それ程気にする必用はございません。


怪獣シーンが最高の面白さであり、ドラマ部分は多少判らなくとも問題ありません。
映画が気に入って再度観た時に、人物関係を追っていけばよいと思います。
何よりも、特撮を駆使して描かれました怪獣場面が最大の見せ場です。



イメージ 4

今迄の、昭和及び平成のゴジラ映画のエッセンスが、到る場面に見られます。


これは作り手側が、いかにゴジラ及び怪獣映画を愛しているかが判ります。
あの場面と設定は、あの映画からイメージされている!と感じさせる箇所がいくつも登場します。
そこを探し出すのも、この映画の楽しみ方のひとつでしょう。



イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

何よりも感動しましたのが、映画のラストのエンドロールです。


耳に馴染んだ伊福部昭氏の音楽が流れまして、スタッフ及びキャスト、制作協力の面々の名前が流れます。
そして最後に紹介されるのは・・・・・これは感涙ものです!
全ゴジラファンが感激して泣いてしまう事でしょう!
これ程ゴジラを理解しているとは、これは地球規模の怪獣愛です!



僕の嫁さんも初めはあんまり乗り気ではありませんでしたが、一緒に観ておりまして、大変面白かったと絶賛評価でした。
ネタばれなしの個人感想を長々と書きましたが、この迫力と感激を、是非とも映画館で楽しんでください。

ゴジラが皆さんを待っています!




開くトラックバック(0)

歯の治療のその後

抜歯の話から(歯無しではなく)既に1年以上が経ちました。
あれから、上の歯は部分入れ歯にしまして、治療は終了しました。
その後は定期的に歯石落としや点検の為に、指定時期に通院しております。

歯を失った理由は、根本からひびが入って、その歯が使用出来なくなった為です。
もう致し方ございません。

歯を抜かない、削らない、痛くない、というキャッチフレーズを掲げてはおりましても、やはり抜歯と削り、痛みは伴いますのが現実です。


問題なのインプラントを勧められたのですが、これは顎の骨に直接人工器具を埋め込む方法で、保険適応外で高い医療費が必要となり、高度な手術が伴います。
これが一般的な治療法なのかが不安でしたので、僕は行いませんでした。

身体に人工物を移植する方式は、自分としましては抵抗がありまして、出来れば避ける方向です。
何故か、ガイガンを連想させます。

そのお世話になった歯科医さんとも、僕自体の気持ちの乱れも伴いまして、最近は交流が離れてしまい、疎遠になっておりますのが悲しいところです。





開くトラックバック(0)

アメリカの模型メーカー リンドバーグ社から出ておりますディスプレィモデルで、ハクトウワシです。
この度完成しましたので、ここにお披露目します。




イメージ 1

ハクトウワシはアメリカ合衆国の国鳥として有名で、精悍で美しい外見と気品ある穏やかな性質を持っています。
主に魚類を食し、翼を広げると2メートルに達します。
その悠々とした姿は、まさにアメリカを代表する鳥に相応しい風格があります。

リンドバーグ社は1933年創業の歴史ある模型会社で、主に飛行機モデルで有名ですが、その他にも軍事車両や戦艦、帆船に自動車、人体モデルに恐竜と、幅広い題材を手掛けております。

このハクトウワシは同社の動物モデルで、現在も装いを変えまして販売されています。



イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

彩色は、実物のワシの画像を参考に忠実に行いましたが、翼の色合いの変化を持たせる様に工夫しました。
これが中々厄介でした。

台座は赤系統の色にしまして、付属しておりましたプレートを青で塗りまして、ワシの頭部の白も合わせまして、アメリカ国旗を意識しましたイメージで完成させました。



イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

この模型はかなり古いモデルらしく、翼や胴体等の各部品の合いがよくありません。
身体の各部分に、どうしても目立つ隙間が出てしまいますので、接着後にパテで埋め込んで、自然に見える様に均していきました。

両方の翼の部品はかなりの大きさですので、強度を考慮しまして、胴体に接着する際にピンバイスを通しまして、それからパテで内側を固定しました。

首の付け根部分が目立った段差表現でしたので、これもエポキシパテでなだらかに成形しました。
鼻の穴の形が実際と違っていましたので、これもパテを盛り込んで均した後に、彫刻刀で彫って修正しました。

あと、台座に乗った全体の重心バランスがイマイチ不安定で、どうも後ろに倒れそうな感じでしたので、適度に切った鉛を錘として貼り込んだプラ板を、台座の裏側に貼り込んでおきました。
これで少しは安定感が持てたと思います。




この模型には忘れられない想い出があります。

今から丁度10年前の、2009年7月末に、僕が所属しております動く模型愛好会(通称UMA)で、夏の恒例行事であります水ものオフ会が決行されました。
水もの模型を持ち寄りまして、公園の池で遊ぶというお遊びイベントでして、僕も水上走行の怪獣モデルを持参しまして参加しました。

池から集会場(設営本部)までの帰りの途中で、廃業の為在庫セールを行っております模型屋さんがありました。
倉庫から出して来たと思しき沢山の模型が、相当額の割引価格でお店の前に山となって積み重なり、並べられておりました。

こういった物には目のない、かつての模型少年であります僕等模型おっさん達は、この又とない機会を逃すまいと、こぞってその宝の山に入り込みました。
そして散々探りを入れましては、安売りしておりますお気に入りの模型を買って参りました。

その時に僕がみつけましたのが、このハクトウワシだったのです。
確か500円台で買いました。



イメージ 9

僕が入手しましたのは、現在発売されておりますバージョンとは異なり、パッケージデザインがやや古いタイプの物でした。
いずれも箱絵として掲載されていますのは、模型の完成見本写真です。



動く模型愛好会の会員であり、模型仲間の大先輩でもあります、十川俊一郎さんも同席していらっしゃいました。
十川さんは、戦車模型やディオラマ制作等で秀でた活躍をされております、ベテランプロモデラーです。
確かその時は、レベルのクロヒョウの模型をお買になられました。

ご自身がご所有なさっておられます、模型の数に関しましてのお言葉が、今でも印象に残っております。
「作るだけなら、自分の生涯3回分もの数はあるよ。」



イメージ 10

イメージ 11

この時のオフ会表彰式で、審査員でありました十川さんご自身から、十川賞を有り難くも僕はいただきました。
エアフイックスのブロントサウルスを水上走行させた物ですが、それが面白かったというご評価でした。

賞品は、十川さんがテクニカルアドバイザーとして参加されました漫画作品で、「3D甲子園 プラコン大作」全6巻でした。
この作品は、楽しく読ませていただきました。


十川さんは2017年1月に帰らぬ人となりました。
模型の世界の先人であり、模型愛好会の仲間であります十川さんへの感謝の気持ちと思いを込めまして、今回このハクトウワシの完成報告をさせていただきます。




自動車買い替え

ここでいきなりですけれども、僕自身の実生活のお話になります。

僕が50歳過ぎた年齢で運転免許を取りましてから、早や6年が経ちました。
この度、今迄乗っておりました自家用車を買い替えました。
軽自動車のミラジーノ(ダイハツ)から、普通乗用車のデミオ(マツダ)に変更です。

以下が画像ですが、これはこのブログによく乗っております模型の類ではございません。
あくまでも実際の自動車です。




イメージ 1

イメージ 8

イメージ 2

イメージ 3

これが今回購入しました、マツダのデミオです。
年式は平成26年3月 走行距離2・7万キロ 車検整備付き です。

僕が自動車整備や車検手続き等で、いつもお世話になっております、関東マツダで購入しました。
中古車ですけれども、大変綺麗な車で、安全性も乗り心地も抜群です。
コンパクトカーですので、今迄乗っておりました軽自動車よりはやや大き目位です。

嫁さんと二人で選んだのですけれども、年式や車種、走行量に車検整備状況、ボディカラー等の条件からいいまして、ちょっといい感じの車は大抵予約が入ってしまいまして、中古市場でなかなかこれはという物に出会えません。
小豆色のがあったのですが、それは先約されておりまして、このワインレッドカラーの落ち着いたイメージので決めました。
カーナビもETCもCD設備も、全て装備されております。

前の車は下取りに出しまして、先日納車しました。
少しばかり不慣れな感じでしたが、運転しながら無事に帰宅しました。
神社でのお祓いも済ませました。
これから、この乗用車でのカーライフが始まります。
綺麗な車体ですので、慎重に安全運転を心掛けまして、大切に乗っていきたいです。




イメージ 4

イメージ 7

イメージ 5

イメージ 6

今迄乗っておりました、ダイハツの軽自動車ミラジーノです。
こちらと入れ替わりに、先程紹介しましたマツダのデミオを納車いたしました。

僕が運転免許を取りましてから、ずっと乗っておりました車です。
車内ではほぼ嫁さんと一緒で、いろいろな場所に行きました。
僕の拙い運転で、あちこち傷だらけです。
この車へは、申し訳ない思いです。
思い出深い乗用車ですけれども、この度更なる生活進展を考えまして、買い替えに踏み切りました。

さらばミラジーノ、沢山の思い出を有り難う。
これまで僕等の命を守ってくれた事に、感謝します。
これからも安全運転を心掛けます。

ミラジーノの魂を引き継いで、これからはデミオを運転していきます。


これからの自動車生活への高まる期待と、それまでの車への淡い感傷を同時に感じました、今回の納車状況でした。



個人情報を考慮しまして、車のナンバープレートの番号等は修正させていただきました。





昨日は久方振りに、南青山のビリケン画廊さんへ、嫁さんと一緒に行って参りました。
縫い包みで動物を作り続けますテディベア作家 梅津恭子さんの作品展を見ました。
期日が昨日でお終いでしたので、最終日の訪問でした。


梅津恭子ぬいぐるみ展3

ビリケン画廊

2019年5月18日(土)〜6月2日(日)


梅津恭子さんは、独特の作風で可愛らしい動物達を作られる作家さんです。
ビリケン画廊さんでは、過去に何回か作品展が開かれまして、僕も嫁さん共々観覧させていただきました。

今回は絵本作家アヤ井アキコさんとのコラボ企画であり、楽しい展覧会でした。
梅津恭子さんの動物作品を、若干ではございますが紹介させていただきます。





イメージ 1

オオカワウソ



イメージ 5

セイウチ



イメージ 2

ドードー(愚鳩 絶滅鳥)



イメージ 3

キリン



イメージ 4

リス




この他にも、コアリクイやマレーグマ、レッサーパンダにホッキョクグマ等がございました。
また、シーラカンスやガラパゴスゾウガメがあったのには驚きました。

アヤ井アキコさんの動物の絵も展示されておりました。
こちらで紹介した画像のうち、オオカワウソとセイウチと一緒にありますのが、アヤ井さんの作品です。

素敵な芸術動物作品展でした。




開くトラックバック(0)

全108ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事