ここから本文です
努ブログ
新規ブログをよろしくお願いします

書庫全体表示

記事検索
検索

全110ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

今まで長い間ヤフーブログでお世話になりました。
先日お伝えしました通り、この度自分はライブドアブログに移る事となりました。
一部新規内容をあちらでの日記に書き込んでおります。
こちらでは、もう今月(2019年8月)一杯で書き込みが出来なくなります。
そこで改めまして、こちらでの最後のご挨拶です。

自分の移転先は以下の通りです。


新規ブログ名は 努blog です。

今までお世話になりました皆様、誠に有り難うございました。
全ての方々に連絡が充分行き渡ってないかも知れませんが、この最後書き込み情報をご覧いただければ幸いです。
近い内に偶然に検索ヒットするかも知れません。

今までこのブログに書き込みしてアップしました、沢山の怪獣模型や旅行や面白記事等は、近くデーター移動する予定です。
そうなると皆様のコメントは移動先では消えてしまいます。
僕に取りましても、大切なお付き合いの歴史であり、貴重な皆様のコメントです。
大変残念な事ですが、致し方ございません。
全てのデーターを移動した後は、ここでの僕の登場はなくなります。

皆様、有り難うございました。
そして、新しい場所でも機会がございましたらば、お付き合いをまたよろしくお願いします。

今までの歳月に係わり合いました全ての方々に、幸いあれと願います。





イメージ 1

茂原のお寺 大法山 圓頓寺 の亀さん達です。




長年使用して参りましたヤフーブログからの引越し先が決まりまして、先程登録を済ませて参りました。
僕はライブドアに決定しました。

今現在は登録しただけですので、ブログデザインと今迄の描き込み記事の移転はまだです。


タイトルは 努blog です。
引越し先は以下の通りです。

少しづつではありますが、デザイン追加しております。
日記等は、まだ何も行っておりません^^。




これからデザイン設定と、こちらでのブログ内容の移動を行おうと思います。
全てが決まりましたらば、こちらでの最後の挨拶と共に、新しく生まれ変わりました当ブログをよろしくお願いします。



イメージ 1

フジミ模型 鍾馗

先頃行われました、動く模型愛好会の水ものオフ会にて、会員の助手さんからいただきました、古い戦闘機モデルです。
迷彩模様に凝ってみました。
これも新規ブログ記事でアップ予定です。

皆様、よい夏休みをお過ごしください。




先日の金曜日から日曜日にかけまして、僕の住んでおります地元の中十条で、毎年恒例の王子神社祭礼が開かれました。
各町会で大人と子供のお神輿が町内を歩き、今年の場を盛り上げます。

僕は毎年お神輿担ぎに参加しております。
今年も土日に渡りまして、町内の皆さんと共にお神輿を担ぎまして、十条商店街の演芸場通りを往復しました。

重いお神輿に肩は痛くなるし、暑さで汗だく、それでも途中交代せずに最後まで頑張って担ぎました。
時折嫁さんも担ぎ手に入っておりました。

今年も無事に祭礼が終了しました。
町会の皆さんの団結姿勢に感謝します。
来年も楽しく行いたいです。



イメージ 1

中十条2丁目 大人神輿

昨年新しく作り変えまして、黒の漆塗りと金箔も豪勢になりました。
令和時代の到来を記念しまして、祝 天皇陛下ご即位 の幕がかかっております。



イメージ 2

中十条2丁目 子供神輿

こちらは可愛らしくも美しい作りです。
町会の子供さん達で担ぎます。



イメージ 3

大人神輿 鳳凰

まさに黄金の火の鳥です。



イメージ 4

子供神輿 鳳凰

こちらは火の鳥の子供です。




ここでお知らせです。
今まで長々と続けて参りました当ブログですけれども、ヤフーブログの年内閉鎖に伴い、移転を考えなければならなくなりました。
僕のブログ友の中にも、既に別の場所にブログを移されました方々もおられます。
ダラダラしております僕自身も、そろそろそれを実行しなければなりません。
来月9月からは、こちらのブログでの書き込み機能が一切停止いたします。
それまでに何とか他の場所に、こちらでの今迄の記録ごと移ろうと思っております。

動く模型愛好会の今年の水ものオフ会の様子や、新たに作っております模型の数々、その他旅行の記録等、それらは改めまして新規の場所での公開とさせていただきます。

移転まで暫く当ブログをお休みさせていただきますので、ご了承願います。
新しい場所が決まりましたら、ここでお伝えしますので、皆様これからもよろしくお願いします。

猛暑の夏、ご健康にお過ごしください。





東京秋葉原駅の構内で、突如出現しました巨大なゴジラ!

これはなんと、実際に映画に登場した平成版ゴジラ(1984〜1995年)の着ぐるみの型から複製されました、立像模型です。
手を触れる事は出来ませんので素材が何なのかは判りませんが、おそらくはFRPではないかと推測されます。

本日8月1日から駅構内にオープンしますゴジラショップの宣伝企画としまして、展示公開されております。




イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 13

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 8

イメージ 9


着ぐるみ実物大の凄まじい迫力に、圧倒されてしまいました。
写真撮影可能ですので、多方面から激写して参りました。

これはどうもビオゴジの様です。
実際の着ぐるみの状態とは異なり、やや変形して細身になっている様ですけれども、映像作品に登場した実物の迫力が伝わって参ります。
周りを行き来する人達の目を惹いて、皆驚き写真撮影に熱中しておりました。
ゴジラの魔力に惹き付けられてしまいました。




イメージ 10

イメージ 11

ゴジラショップでは、ゴジラ玩具やTシャツ等が多数販売されています。
今年の夏はゴジラで燃えます!




イメージ 12

僕にはこのゴジラがあります。
先日紹介しました、自作の水上走行怪獣王です。
秋葉原ゴジラに負けじと再登場です。
でも、やはりスケールの違いは歴然としておりますが^^。

今日8月1日は、僕の誕生日です。
遂に60歳、還暦を迎えました。

誕生記念日をゴジラでお祝い、怪獣好きは変わりません。
皆さん、これからもよろしくお願いします。




開くトラックバック(0)

先日、東京都内某所で行われました、動く模型愛好会(通称UMA)の水ものオフ会に参加して参りました。

当日は台風直撃が危ぶまれましたが、早朝の豪雨にもかかわらず、その日の午前中には晴天の真夏日が訪れまして、大盛況でオフ会が開催されまして、大変な賑わいの内に終了しました。
その様子は近くブログ公開する予定です。

今回僕が水オフ用に制作しましたのが、この水上走行怪獣王ゴジラです。
タミヤの水中モーターを用いました工作セットを使用しまして、怪獣部分はフルスクラッチで作りました。
水に浮かべる為の軽量化を狙いまして、ゴジラ本体はほぼ発泡スチロールを張り合わせまして制作しました。

昭和時代のゴジラを意識しました造形で、丁度ヘドラやガイガンと戦ったタイプを参考にしました。




イメージ 3

イメージ 1

イメージ 4

イメージ 7


大きさは約30センチ位で、発泡スチロール製です。

動力基本となる水中モーター工作部分に、プラ板で作りました手製の大きな車輪を取り付けまして、上手い具合にスチロール製ゴジラ基本本体に融合させました。
水陸両方の走行が可能です。

大方の製作日数は約1ヶ月でした。
基本構造と造形制作に2週間、外皮制作に10日間、彩色仕上げに5日程かかりました。





イメージ 2

イメージ 5

イメージ 6

発泡スチロール製のゴジラ基本造形
これに接着剤を用いた外皮を塗り込んでいきます。

外皮の制作ですが、目の粗いサンドペーパーで発泡スチロールを削って粉状にしまして、それをスチロール用の接着剤に混ぜて練り込みまして、パテ状にしました。
それを塗り込んで、ヘラ等で形を整えていきました。
発泡スチロール用の特別な接着剤が、100ml入りチューブで約2本半使いました。
これで耐水加工を兼ねました外装が出来ました。

細かい造形が必要となる頭部と両手部分は、軽量粘土でこしらえました。
そこの部分は水に入らないので、これは苦肉の策です。

牙と爪は鋭さを出す為に、エポキシパテで作りました。




イメージ 12

イメージ 13

表皮造形が完了した状態のゴジラ

ここから彩色に入りました。
アクリル製塗料のGCIクレオス ミスターカラーで彩色しました。
最初は全体をエアーで噴き付けしまして、その後から筆塗りで何度も塗料を濃い目に塗っていきました。
主に、ブラックとグリーンを使いました。

イメージ 8

イメージ 10

イメージ 9

オフ会当日 公園の池で泳ぐゴジラの雄姿

水上に浮かびまして、ゆっくりと左右に回りながら進んでいきます。
下半身を大きく作りましたので、その構造から立ちポーズでのバランス感覚が保たれまして、いい形で走行してくれました。
これは何度も風呂場でテストを繰り返しました結果です。

しかし広い公園の池での水面走行に、思わぬ動向が見られました。
何とゴジラが、右に回ったかと思うといきなり左に回って、角度を変えながらの水上走行をするのです。
この自分でも予期せぬ動きには驚きました。
長い尾に風があたった影響からだと思いますが、思いの他に効果的な動きが生じまして、嬉しかったです。




イメージ 11

公園の池に来ていた子供さん達は、ゴジラの出現に大喜びでした。
僕も子供さん達と一緒に、ゴジラとうんと遊びました。


令和時代の幕開けであります2019年水ものオフ会、そして僕に取りましては50代最後の怪獣模型制作となりました、水上走行ゴジラのお披露目となりました。

そのオフ会の模様は、近く公開させていただきます。





全110ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事