ここから本文です
努ブログ
新規ブログをよろしくお願いします

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

永らく放置状態で手付かずでした、エアフィックスの模型 ディメトロドンがこの度完成しました。

この模型はややマイナーな存在でしょうか。
エアフィックスの恐竜シリーズの中でも、日本では余り見かけない部類です。
恐竜モデル全8種中、ティラノサウルス、トリケラトプス、ステゴサウルス、アンキロサウルスの4種は、かなりの数が生産されて輸入販売されていました。
日本販売版や他社での再版版も存在していました。

しかし残り4種の、ディメトロドン、コリトサウルス、プテラノドン、ブロントサウルスは、それ程知られていません。
日本での輸入がかなり限られていた様な印象を受けます。

そのマイナーモデル(ディトロドンは正式には恐竜ではありませんが)の紹介です。




イメージ 1

イメージ 2

イメージ 7

イメージ 10

ディメトロドンは古生代ペルム紀前期(およそ2億9千万年前)に北米に棲息していた、古代生物です。
一見恐竜等に通じる爬虫類イメージの姿形をしておりますが、肉食性の単弓類です。

古代の両生類は、古生代石炭紀(ペルム紀以前の3億5千万年前前後)におきまして、恐竜と鳥類を含む爬虫類に繋がる竜弓類と、哺乳類に繋がる単弓類の2グループへと進化を遂げました。
以前は爬虫類から直接哺乳類が進化したと考えられていましたが、最新の学説では哺乳類と爬虫類は最初から別々の進化過程を遂げていたと考えられています。

これに関しましては、僕もよく把握しておりませんので、ざっと表向きの説明のみの掲載とさせていただきます。
もし説明が違っておりましたら、ご指摘歓迎します。

古生代に繁栄しました単弓類の仲間がディメトロドンです。
恐竜等は、最新学説の変化によって相当復元スタイルが変わっていますけれども、このディメトロドンは余り変化がありません。



イメージ 3

イメージ 4

イメージ 8

イメージ 9

全体にスマートで、生物感溢れる大変リアルな造形です。
プラモデルらしかぬ、うねりのある動きを感じさせます。
彩色も鱗の皮膚による光沢を表現してみました。

濃い緑色での単調な彩色ですけれども、塗装の濃淡を背中部分や横腹に施してあります。
太古の湿地帯に棲息する古代生物の再現です。

緑色と茶色の2種を彩色しましたが、これは偶然にも同じ模型が2つ入手出来たからです。
いつもお世話になっておりますビリケン商会さんから、この模型をいただきました。
僕は既にこのモデルは所有しておりましたが、色を変えて2パターン彩色してみました。
ほぼ同時進行で長い時間がかかりましたが、どちらもそれ相応に出来上がりました。



イメージ 5

箱絵ですが、1979年販売の新製品扱いです。
40年の時を越えての完成作披露です。

赤茶色の彩色が素晴らしいです。
その迫力は、恐竜にも通じる印象を持ちます。



イメージ 6

茶色と緑の2大ディメトロドンのツーショット撮影です。

今回は模型紹介の他にも、古代生物の進化に関しまして触れてみました。
僕自体、世の中にはいろいろと判らない事が多く、学説も時代と共に変わっていくものだと感じました。
日々勉強です。




全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事