ここから本文です
努ブログ
新規ブログをよろしくお願いします

書庫模型

記事検索
検索

全22ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

先日、東京都内某所で行われました、動く模型愛好会(通称UMA)の水ものオフ会に参加して参りました。

当日は台風直撃が危ぶまれましたが、早朝の豪雨にもかかわらず、その日の午前中には晴天の真夏日が訪れまして、大盛況でオフ会が開催されまして、大変な賑わいの内に終了しました。
その様子は近くブログ公開する予定です。

今回僕が水オフ用に制作しましたのが、この水上走行怪獣王ゴジラです。
タミヤの水中モーターを用いました工作セットを使用しまして、怪獣部分はフルスクラッチで作りました。
水に浮かべる為の軽量化を狙いまして、ゴジラ本体はほぼ発泡スチロールを張り合わせまして制作しました。

昭和時代のゴジラを意識しました造形で、丁度ヘドラやガイガンと戦ったタイプを参考にしました。




イメージ 3

イメージ 1

イメージ 4

イメージ 7


大きさは約30センチ位で、発泡スチロール製です。

動力基本となる水中モーター工作部分に、プラ板で作りました手製の大きな車輪を取り付けまして、上手い具合にスチロール製ゴジラ基本本体に融合させました。
水陸両方の走行が可能です。

大方の製作日数は約1ヶ月でした。
基本構造と造形制作に2週間、外皮制作に10日間、彩色仕上げに5日程かかりました。





イメージ 2

イメージ 5

イメージ 6

発泡スチロール製のゴジラ基本造形
これに接着剤を用いた外皮を塗り込んでいきます。

外皮の制作ですが、目の粗いサンドペーパーで発泡スチロールを削って粉状にしまして、それをスチロール用の接着剤に混ぜて練り込みまして、パテ状にしました。
それを塗り込んで、ヘラ等で形を整えていきました。
発泡スチロール用の特別な接着剤が、100ml入りチューブで約2本半使いました。
これで耐水加工を兼ねました外装が出来ました。

細かい造形が必要となる頭部と両手部分は、軽量粘土でこしらえました。
そこの部分は水に入らないので、これは苦肉の策です。

牙と爪は鋭さを出す為に、エポキシパテで作りました。




イメージ 12

イメージ 13

表皮造形が完了した状態のゴジラ

ここから彩色に入りました。
アクリル製塗料のGCIクレオス ミスターカラーで彩色しました。
最初は全体をエアーで噴き付けしまして、その後から筆塗りで何度も塗料を濃い目に塗っていきました。
主に、ブラックとグリーンを使いました。

イメージ 8

イメージ 10

イメージ 9

オフ会当日 公園の池で泳ぐゴジラの雄姿

水上に浮かびまして、ゆっくりと左右に回りながら進んでいきます。
下半身を大きく作りましたので、その構造から立ちポーズでのバランス感覚が保たれまして、いい形で走行してくれました。
これは何度も風呂場でテストを繰り返しました結果です。

しかし広い公園の池での水面走行に、思わぬ動向が見られました。
何とゴジラが、右に回ったかと思うといきなり左に回って、角度を変えながらの水上走行をするのです。
この自分でも予期せぬ動きには驚きました。
長い尾に風があたった影響からだと思いますが、思いの他に効果的な動きが生じまして、嬉しかったです。




イメージ 11

公園の池に来ていた子供さん達は、ゴジラの出現に大喜びでした。
僕も子供さん達と一緒に、ゴジラとうんと遊びました。


令和時代の幕開けであります2019年水ものオフ会、そして僕に取りましては50代最後の怪獣模型制作となりました、水上走行ゴジラのお披露目となりました。

そのオフ会の模様は、近く公開させていただきます。





永らく放置状態で手付かずでした、エアフィックスの模型 ディメトロドンがこの度完成しました。

この模型はややマイナーな存在でしょうか。
エアフィックスの恐竜シリーズの中でも、日本では余り見かけない部類です。
恐竜モデル全8種中、ティラノサウルス、トリケラトプス、ステゴサウルス、アンキロサウルスの4種は、かなりの数が生産されて輸入販売されていました。
日本販売版や他社での再版版も存在していました。

しかし残り4種の、ディメトロドン、コリトサウルス、プテラノドン、ブロントサウルスは、それ程知られていません。
日本での輸入がかなり限られていた様な印象を受けます。

そのマイナーモデル(ディトロドンは正式には恐竜ではありませんが)の紹介です。




イメージ 1

イメージ 2

イメージ 7

イメージ 10

ディメトロドンは古生代ペルム紀前期(およそ2億9千万年前)に北米に棲息していた、古代生物です。
一見恐竜等に通じる爬虫類イメージの姿形をしておりますが、肉食性の単弓類です。

古代の両生類は、古生代石炭紀(ペルム紀以前の3億5千万年前前後)におきまして、恐竜と鳥類を含む爬虫類に繋がる竜弓類と、哺乳類に繋がる単弓類の2グループへと進化を遂げました。
以前は爬虫類から直接哺乳類が進化したと考えられていましたが、最新の学説では哺乳類と爬虫類は最初から別々の進化過程を遂げていたと考えられています。

これに関しましては、僕もよく把握しておりませんので、ざっと表向きの説明のみの掲載とさせていただきます。
もし説明が違っておりましたら、ご指摘歓迎します。

古生代に繁栄しました単弓類の仲間がディメトロドンです。
恐竜等は、最新学説の変化によって相当復元スタイルが変わっていますけれども、このディメトロドンは余り変化がありません。



イメージ 3

イメージ 4

イメージ 8

イメージ 9

全体にスマートで、生物感溢れる大変リアルな造形です。
プラモデルらしかぬ、うねりのある動きを感じさせます。
彩色も鱗の皮膚による光沢を表現してみました。

濃い緑色での単調な彩色ですけれども、塗装の濃淡を背中部分や横腹に施してあります。
太古の湿地帯に棲息する古代生物の再現です。

緑色と茶色の2種を彩色しましたが、これは偶然にも同じ模型が2つ入手出来たからです。
いつもお世話になっておりますビリケン商会さんから、この模型をいただきました。
僕は既にこのモデルは所有しておりましたが、色を変えて2パターン彩色してみました。
ほぼ同時進行で長い時間がかかりましたが、どちらもそれ相応に出来上がりました。



イメージ 5

箱絵ですが、1979年販売の新製品扱いです。
40年の時を越えての完成作披露です。

赤茶色の彩色が素晴らしいです。
その迫力は、恐竜にも通じる印象を持ちます。



イメージ 6

茶色と緑の2大ディメトロドンのツーショット撮影です。

今回は模型紹介の他にも、古代生物の進化に関しまして触れてみました。
僕自体、世の中にはいろいろと判らない事が多く、学説も時代と共に変わっていくものだと感じました。
日々勉強です。




ねずみ男 今井科学

この楽しそうな模型は、皆様ご存知のねずみ男です。
水木しげる先生の妖怪漫画「ゲゲゲの鬼太郎」に登場します名脇役で、鬼太郎の親友?です。

90年代に復刻版として出ておりました、今井科学の模型を作りまして、彩色完成させました。




イメージ 1

イメージ 2

ねずみ男とおまけのフクロウ君です。
どちらも鉛版の入った台座に乗って、起き上がりこぼしの様にユラユラと揺れます。
ねずみ男は、左手が可動式です。



イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

基は60年代(昭和42年)に販売されておりましたマスコットキットでしたが、鬼太郎シリーズの人気に乗じて、90年代に復刻再版されました物です。
その今井科学も、現在では存在しておりません。

ねずみ男の髭は歯ブラシの毛を流用しまして、埋め込みました。
付け根部分がパテでやや荒れ気味になってしまいました。
彩色は黄色にしようかグレーでいこうか迷いましたが、箱絵のイメージでネズミらしい小汚いグレーに決めました。



イメージ 6

復刻版箱絵

この感じからすると、アニメ版第2期の頃でしょうか。
東映動画の版権シールが貼ってあります。

この他にも、鬼太郎と妖怪自動車がありました。



イメージ 7

ずらりと揃いました妖怪一座

向かって左側から 

油すまし(日東科学) フクロウとねずみ男(今井) 鬼太郎(アオシマ) です。

全員の大きさバランスが微妙に食い違っておりますけれども、面白い雰囲気は感じられます。


ちょっとした気休め気分での模型制作でした。
この一連の鬼太郎妖怪模型を用いまして、近々面白い模型企画をやってみようと思っております。
具体的に出来上がりましたらブログアップしますので、その時はどうぞ笑ってください^^。





ゴジラ模型の定番であります、バンダイの特撮コレクションシリーズのゴジラです。
映画「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」を観ました興奮が覚めやらず、映画を思い返しては感激しながら作りました。




イメージ 7

1983年に大手玩具会社バンダイが、新製品としましてソフビやプラモデル等で、怪獣を続々と商品化しました。
この特撮コレクションという名称の怪獣模型シリーズもその一環でして、ゴジラやウルトラ怪獣等が販売されていました。
ゴジラを始め怪獣が世間でも見直されて、新作ゴジラ映画(84年版)公開の情報も追い風となりまして、再び怪獣ブームの兆しが見えて来ました時期の製品です。

そのシリーズNO・3がゴジラで、映画「モスラ対ゴジラ」に登場します、通称モスゴジという人気の高い悪役ゴジラを再現しています。
モスラの幼虫が1体、おまけに付いています。



イメージ 1

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

今迄、この模型はその存在は判っておりましても、手を出しませんでした。
何故か造形ファンからはそれ程の評価は聞かれず、僕自体もリアリティーが中途半端な印象を感じておりまして、興味が湧きませんでした。

それでも何故か中古玩具イベントで、古いキットを入手しました。
今回のゴジラ熱の高まりで、長い間放置状態のままでした模型に手を付けました。
初めはモスラ幼虫から、そして次にゴジラ自体を作ってみました。



イメージ 2

イメージ 3

その結果ですけれども、これが意外とよく出来た模型で、程よいリアルさと昔ながらの模型感覚を備えており、ゴジラ模型の入門編と言ってもいい位の良質なモデルだと気付かされました。

全体のプロポーションがよく、ややポーズが硬い印象ながらもバランスが取れています。
糸みたいな皮膚感だとも言われておりますが、これはマルサンゴジラも同様で、それらの歴代ゴジラ模型を思わせる表現です。

部品も組み易く、彩色次第で相当の迫力が出せます。
付属しておりますモスラ幼虫も、大変よい出来です。
食わず嫌いだった自分を反省しました。

この模型を作ってから、他のモデルを手掛けられるのもよろしいかと思います。
しかし残念ながら、現在では絶版の様です。
ヤフオクでは時々見かけますので、数的には相当数が現存していると思われます。



イメージ 8

この作例は若干改造してあります。

まず上顎の口の前の部分を、若干削りまして窪ませています。
これでモスゴジの持っている、可愛らしくも凶暴そうな顔付きになります。
これだけでも印象がかなり変わりますので、これから作ろうとなさる方は、試してみるのもよろしいかと思います。

次に両腕ですが、鋭角になっている外側の肘部分を削りまして、なだらかにしました。
その分、肘の内側部分をパテで盛りまして、バランス調性しました。

その両腕ですけれども、若干外側に開いた角度で接着しまして、空いた隙間をエポキシパテを盛って修正しました。

これで多少のリアルさ追加で、格好よさが増したと思います。
彩色は全体に青黒い基本色を塗りまして、適度に青グレーと黒ブルーで明暗を入れました。
背鰭の白は、多少誇張気味に塗りました。



イメージ 9

最後に箱絵ですが、怪獣画家の開田裕冶氏の作画です。
全てが筆塗りの迫力で、決してCGでは出せない時代の勢いを感じさせます。
箱絵に比べますと中の模型は・・・愛嬌があっていいと思います^^。



80年代の国産モデルで、昭和時代の思い出模型の紹介でした。




アメリカの模型メーカー リンドバーグ社から出ておりますディスプレィモデルで、ハクトウワシです。
この度完成しましたので、ここにお披露目します。




イメージ 1

ハクトウワシはアメリカ合衆国の国鳥として有名で、精悍で美しい外見と気品ある穏やかな性質を持っています。
主に魚類を食し、翼を広げると2メートルに達します。
その悠々とした姿は、まさにアメリカを代表する鳥に相応しい風格があります。

リンドバーグ社は1933年創業の歴史ある模型会社で、主に飛行機モデルで有名ですが、その他にも軍事車両や戦艦、帆船に自動車、人体モデルに恐竜と、幅広い題材を手掛けております。

このハクトウワシは同社の動物モデルで、現在も装いを変えまして販売されています。



イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

彩色は、実物のワシの画像を参考に忠実に行いましたが、翼の色合いの変化を持たせる様に工夫しました。
これが中々厄介でした。

台座は赤系統の色にしまして、付属しておりましたプレートを青で塗りまして、ワシの頭部の白も合わせまして、アメリカ国旗を意識しましたイメージで完成させました。



イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

この模型はかなり古いモデルらしく、翼や胴体等の各部品の合いがよくありません。
身体の各部分に、どうしても目立つ隙間が出てしまいますので、接着後にパテで埋め込んで、自然に見える様に均していきました。

両方の翼の部品はかなりの大きさですので、強度を考慮しまして、胴体に接着する際にピンバイスを通しまして、それからパテで内側を固定しました。

首の付け根部分が目立った段差表現でしたので、これもエポキシパテでなだらかに成形しました。
鼻の穴の形が実際と違っていましたので、これもパテを盛り込んで均した後に、彫刻刀で彫って修正しました。

あと、台座に乗った全体の重心バランスがイマイチ不安定で、どうも後ろに倒れそうな感じでしたので、適度に切った鉛を錘として貼り込んだプラ板を、台座の裏側に貼り込んでおきました。
これで少しは安定感が持てたと思います。




この模型には忘れられない想い出があります。

今から丁度10年前の、2009年7月末に、僕が所属しております動く模型愛好会(通称UMA)で、夏の恒例行事であります水ものオフ会が決行されました。
水もの模型を持ち寄りまして、公園の池で遊ぶというお遊びイベントでして、僕も水上走行の怪獣モデルを持参しまして参加しました。

池から集会場(設営本部)までの帰りの途中で、廃業の為在庫セールを行っております模型屋さんがありました。
倉庫から出して来たと思しき沢山の模型が、相当額の割引価格でお店の前に山となって積み重なり、並べられておりました。

こういった物には目のない、かつての模型少年であります僕等模型おっさん達は、この又とない機会を逃すまいと、こぞってその宝の山に入り込みました。
そして散々探りを入れましては、安売りしておりますお気に入りの模型を買って参りました。

その時に僕がみつけましたのが、このハクトウワシだったのです。
確か500円台で買いました。



イメージ 9

僕が入手しましたのは、現在発売されておりますバージョンとは異なり、パッケージデザインがやや古いタイプの物でした。
いずれも箱絵として掲載されていますのは、模型の完成見本写真です。



動く模型愛好会の会員であり、模型仲間の大先輩でもあります、十川俊一郎さんも同席していらっしゃいました。
十川さんは、戦車模型やディオラマ制作等で秀でた活躍をされております、ベテランプロモデラーです。
確かその時は、レベルのクロヒョウの模型をお買になられました。

ご自身がご所有なさっておられます、模型の数に関しましてのお言葉が、今でも印象に残っております。
「作るだけなら、自分の生涯3回分もの数はあるよ。」



イメージ 10

イメージ 11

この時のオフ会表彰式で、審査員でありました十川さんご自身から、十川賞を有り難くも僕はいただきました。
エアフイックスのブロントサウルスを水上走行させた物ですが、それが面白かったというご評価でした。

賞品は、十川さんがテクニカルアドバイザーとして参加されました漫画作品で、「3D甲子園 プラコン大作」全6巻でした。
この作品は、楽しく読ませていただきました。


十川さんは2017年1月に帰らぬ人となりました。
模型の世界の先人であり、模型愛好会の仲間であります十川さんへの感謝の気持ちと思いを込めまして、今回このハクトウワシの完成報告をさせていただきます。




全22ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事