ここから本文です
努ブログ
新規ブログをよろしくお願いします

書庫イベント

記事検索
検索

全24ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

6月最後に当たります先日の日曜日、東京は竹橋の科学技術館で行われておりました、玩具販売イベント スーパーフェスティバルに行って参りました。
今回で81回目だそうです。

僕が会場入りしましたのは閉館1時間半前でしたので、知人達との話が中心になりまして、買い物は何も出来ませんでした。(>_<)

それでも久々に会いました仲間同士で、楽しく歓談しました。
今回の画像撮影は、Oneup.さんブース中心の少数のみになってしまいましたが、ミニレポートと称しまして、ここに公開させていただきます。




イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

Oneup.さんの販売ブースより

オリジナルから版権物まで広く扱っております。
版権キャラもかなりのマニアックなのが揃っています。




イメージ 7

イメージ 8

ビリケン商会さんの会場限定品 蓄光版ツインテール

造形の見事さに加えまして、闇夜で光るという優れ物です。
ライトを当てると明るい場所でも光ります。

ピコピコさんが光らせて遊んでおりました^^。




イメージ 9

僕は会場を回りながら、手持ちの模型(話題作り様に持ち込みました物を数点)を見せては、出会った知人達と怪獣談義をやらかしておりました。
何故か最近の鬼太郎に関しまして、あれは面白い!と、熱く語ってしまいました。




滞在時間が短かく写真撮影も殆ど行いませんでしたので、レポートらしい紹介が出来なくなってしまいました事を、お詫びします。
次回のイベントでは、もっと時間の余裕を持って臨みたいと思います。

梅雨時ですけれども、皆様お大事にお過ごしください。





延々と続けて参りました第58回静岡ホビーショーのレポートですけれども、今回でようやくの完結となりました。
膨大な作品群に圧倒されながらの画像編集公開でした。
このブログを観覧してくださいます皆様が、当日の雰囲気を少しでも感じ取っていただけましたら、これ以上の幸いはございません。

それでは最後、ファイナルレポートを公開させていただきます。




イメージ 8

立体画家である芳賀一洋氏の門下生、山野順一朗氏製作の鉄道模型作品で、木曽森林鉄道です。
国有林の資材運行の様子を表した、精密なディオラマ作品です。
まるで実際の風景を見ている様です。

当初僕はこの作品を炭鉱路線と勘違いしておりました。
模型仲間の先輩であります、謎だ!OHaraさんのご指摘で教えていただきました。
どうも、失礼しました。
そして、誠に有り難うございました。



イメージ 9

こちらは動くディオラマ作品ですが、幾分ファンタジー要素を含んでおります。
汽車が走るという、楽しい動く仕掛け作品です。



イメージ 5

オーロラ社 ウルフマン(狼男)

1962年の古い模型を組み立てて、黒仕立てのリアルな彩色で完成させた作品です。
こういった古典モデルは僕が大好きなジャンルでして、オーロラモンスターの素晴らしさを楽しめる展示作品です。
新型モデルの作品展示の多い中、実に渋い選択だと思います。



イメージ 6

スターウォーズ関連モデル

AT−ATは怪獣みたいで、いつ見ましてもいいですね。
巨大な足での歩行性能兵器は、科学技術が発達した未来の世界ではやや古典的な印象ですけれども、そこが映画としてのビジュアル重視なのでしょう。



イメージ 7

ジャッキーとバート 愛犬ラドリー

ウクライナのモデルメーカー マスターボックス製の精密人物モデルです。
愛犬がどこそこで粗相をやらかした為か、気まずい驚きの様子のお二人さん。
かつて犬を飼っていた経験のあります自分には、大変楽しく感じさせてくれる作品です。





イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

ホビーショー初日が終わりまして、参加メンバーで近くの宿泊所で一泊しました。

宿場の大浴場で一風呂浴びた時は最高でした。
テルスター中尉さんは大浴槽にザブンと入って思わず声を上げました。
「最高だーっ!」

行き着けの小料理屋で飲みながら、模型に関する談義を語り合いました。
重大反省会と称しましての、楽しい飲み会です^^。
トーピドーモデルズさんが会場で入手しました、模型に関する貴重資料本を酒の肴に、実に美味しい時間を過ごしました。

僕もテルスターさんも共に徹夜明けでの参加でしたので、その晩はぐっすりと眠れました。


翌日早朝、付近にあります登呂遺跡に行きまして、記念撮影を行いました。
この再現されました雰囲気がいいですね。
登呂遺跡模型を作りたくなりました^^。




10回以上に渡りまして続けて参りました、2019年度静岡ホビーショーの紹介も、今回で最後です。
まだまだ紹介しきれなかった作品が沢山ございます。
写真撮影も自分が行いましたものは、会場全体のほんの一部に過ぎません。
次回も参加を予定しておりますので、その際には是非共素晴らしい展示の模様を、公開させていただきたく思っております。


繰り返しになりますけれども、このレポート内容から、皆様が当日の様子を感じ取っていただけましたら、これ以上の喜びはございません。
最後までお付き合いくださいました皆様、誠に有り難うございました。




終盤となりました、静岡ホビーショーレポートです。
前回に引き続いて、会場で目を惹きました独創的な模型を紹介していきます。
特にキャラクターモデルを集めてみました。




イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

ロボットモデル関連作品も沢山ありました。
巨大な宇宙空母や、直立式のディスプレィモデル、更にはディオラマ仕立ての展示等、実に様々でした。
光沢塗装が美しく、いろいろな表情を見せてくれていました。




イメージ 8

チコちゃん

原寸大?と思しきチコちゃんです。
今話題の彼女から、いつもその日暮らしの僕に対して、お怒りのお言葉が炸裂します。

「ボーッと生きてんじゃねーよ!」

ごもっともです(>_<)



イメージ 9

ゲーセンにて

今では珍しくなっている直接力技ゲーム機です。
酔っ払った状態のお方はやらないでください、という注意書きを見た事がありました。

さてどちらを選ぼうか・・・やはり、右側がいいなぁ〜。



イメージ 7

美味しいガンダム系の朝食パンです。
各モビルスーツをいただいてください^^。

そして何故か畳で寝転がるボケのメカの姿。
日本家屋でくつろぐ様子が平和的です。



次回はいよいよ最終回、ラストレポートとなります。
最後までお付き合いの程、よろしくお願いします。



いよいよ終盤に入りました静岡ホビーショーのレポートですけれども、会場に展示されておりました独創的な模型群を、ランダムに紹介していきます。




イメージ 1

大魔神 

秘密基地同様、楽しい動力模型を制作展示されているブースで見かけました。
マルサン電動模型複製版と、ファンの手によりますマスクです。

このマスクは、随分昔に雑誌宇宙船でも掲載されていた作品の様にも見えます。
大変丈夫でよく出来た作品です。
まるで特撮博物館の様な作品展示です。



イメージ 2

大魔神と同じブースに飾ってありました、今井科学の電動鉄人28号です。
こちらは正太郎君が付属されたバージョンです。
勇ましい印象ですね。



イメージ 3

ナマズロボット怪獣

僕の怪獣仲間であります、漫画家の逆柱いみりさんがデザインされたオリジナル怪獣です。
中華レンゲと模型パーツで作ってあります。
制作は造形作家のたなかよしみさんです。

模型イベントの会場で、まさかこの作品にお目にかかれるとは、驚きと感動でした。



イメージ 4

王蟲

名作アニメ映画「風の谷のナウシカ」に登場します巨大な昆虫怪獣です。
電動で多足を動かして作動します。
動く模型愛好会のメンバーであります、どてやすさんが作りました作品です。

このリアルな沢山の節足作動が堪りません。
確か、以前は身体の節々が動くバージョンもお見かけした記憶がございます。
また素晴らしいモデル制作をお見せください。



イメージ 5

ドクタースランプ アラレちゃん ファンタジードラゴン

バンダイのキットを組み立てて、リアルな彩色を施した作例です。
色塗りに伴う質感表現が抜群の出来です。
ほよよ〜と言いながらも、素敵なファンタジーアートとして完成しています。



イメージ 6

恐竜ブラキオサウルス

足下のドラえもんの影響からでしょうか、アニメ映画「のび太の恐竜」(1980 東宝)を連想してしまいます。
巨大恐竜の迫力ですが、何故か身体に線引きがされています。



イメージ 7

巨大クジラ戦艦

ザトウクジラでしょうか、大変リアルな造形と奇抜な発想のファンタジー世界です。
氷山の浮かぶ海上に出現する、驚異の巨大戦艦です。



イメージ 8

メカ少女

東部が割れて、内部のメカを搭乗員が操縦しています。
これは何と言おうか・・・想像を絶する発想です。
ビリケン商会の画廊に展示されている作品を彷彿させます。




イメージ 9

会場内のペットボトル回収箱付近

当日は熱かったので、飲み物の自動販売機周辺はご覧の通りの有様でした。
回収箱に入らないで置かれた空ボトルを、僕は並べて整頓してみました。

飲み物確保は大切ですけれども、もう少し後処理も各自が自覚して欲しいと思いました。




この後も、独創模型紹介は続きます。




長々と続いております第58回静岡ホビーショーのレポートですけれども、遂に僕に取りましてのお得意分野であります、怪獣関連を紹介します。
ゴジラを中心としました、映像怪獣部門です。





イメージ 1

イメージ 2

映画「モスラ対ゴジラ」(1964 東宝)より

昭和の特撮怪獣映画の名場面を、モデルで再現しました作品展示です。
ゴジラとモスラのリアルな造形に見事な質感、岩場や鉄塔等の凝ったディオラマ表現が素晴らしいです。
まさに怪獣王ここにありです。
迫力ある怪獣模型が、見る人の気持ちを熱くさせます。



イメージ 3

モスラ幼虫と戦車

自衛隊の戦車に囲まれましたモスラ幼虫です。
双子でのすの、これは「モスラ対ゴジラ」からのイメージでしょうか。
何気なく置かれた家のミニュチュアもいい味を出しています。
平和の使者でありますモスラが、戦車を前に困っている様です^^。



イメージ 4

シン・ゴジラ

こちらも話題になりました映画です。
ゴジラが世間で大賑わいとなり、社会現象と化しました。
パワー溢れる造形から叫び声が聞こえてきそうです。



イメージ 5

平成ガメラ

このガメラは「ガメラ3」(1999 大映)の頃のでしょうか。
精悍な顔付きと翼を思わせる大きな両手が印象的です。
ゴジラに負けじと構えている様です。

平成時代に復活したガメラ映画は、その高いクオリティで話題になりました。
僕も3部作全てを映画館で観ました。
また新たなガメラ映画に出会いたいですね。



イメージ 6

ゴジラ・アース

アニメ映画シリーズ「GODZILLA」シリーズに登場した、アニメ版のゴジラです。
植物進化のゴジラですけれども、どうにもこのキャラには思い入れが出来ませんので、どう評価していいのやら。

モデルの造形は精密で凄いです。
やはり形を変えてもゴジラという存在は実写キャラなのだと感じてしまいました。



イメージ 7

オリジナル版ゴジラ

フルスクラッチで、作者の方の感性によりますオリジナルのゴジラです。
こういった独創的な作品は好きです。
どことなく昭和のゴジラ像を思わせます。
茶褐色の色合いもいい感じです。



イメージ 8

ゴジラ 1995

作品タイトルがそう読めますので、これは「ゴジラVSデストロイヤ」(1995 東宝)のゴジラでしょうか。
あの映画でのゴジラは、体内メルトダウンで全身が赤く発光しておりますので、もしかしたらこれは物語最後に登場した若いゴジラなのかも知れません。

全体にスマートで格好いい感じです。
平成ゴジラシリーズも遠い思い出となりました。



イメージ 9

マジンガーZ対メカゴジラ

迫力のディオラマ作品です。
熱線光を吐くメカゴジラに対抗する満身創痍のマジンガーZ!
崩れる瓦礫と化したビル街に立ち上がる煙、炸裂するロケットパンチで反撃なるか。

凄まじい展開が予想される光景です。



怪獣造形は素晴らしいです。
見ているこちらまでも気持ちが熱くなり、感激します。
出店数は少なくなりましたが、これからも迫力ある怪獣作品は続いて欲しいです。

次回は怪獣作品の続きと、印象に残りました展示作品を紹介します。




全24ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事