全体表示

[ リスト ]


日本百名山つれづれ紀行
43、浅間山(2568m)
 
 高度順応のための富士山登山を終えた後、大雨洪水警報により三日間の休養となった。
 浅間山は1973年2月の噴火以来、頻繁な火山活動が続き登山規制がしかれていたが、イメージ 1ちょうど一週間前の7月23日から28年ぶりに規制が緩和され、現火口から500mほど離れた前掛山まで登れるようになった。 
  8月29日、晴れ。車坂峠から表コースの登山道を登る。最初は火山岩の多い背丈の低い小さなカラマツ林の登路を緩やかに登って行くとすぐに林に囲まれた小さなピークの車坂山に着く。ピークから少し下りガレ場を登って行くと時折林間から視界が得られるようになる。
イメージ 2シラビソの林を登り、はっきりした尾根上を行くようになるとやがてドーム型の避難小屋に着く。宿泊は出来そうにない。ここから尾根上の潅木帯を登り、やがて視界が開けてくると赤ゾレの頭に出る。赤ゾレの頭から左手に樹林帯、右手には大きく切れ落ちている稜線上を下ると車坂峠への中コース分岐点に着く。さらに分岐から岩石のゴロゴロした登路を右手の断崖を注意しながら登るとトーミの頭に着く。ピークに立つと黒斑山からイメージ 3蛇骨岳、仙人岳へ延びる稜線が外輪山の姿を有しているのが見える。稜線の左は樹林帯が広がり、右側はすっぱときれ落ちた断崖となっている。
トーミの頭から草付きの登路を少し下って、草すべり分岐を過ぎ潅木の中を登り上がると、標高2404mの黒斑山の頂上に着く。



イメージ 4黒斑山の山頂には28年の長い間、規制が布かれていて「ここから先は入山禁止」の看板が立っていた。その規制が布かれていたコースを辿り、鬱蒼とした視界の聞かない樹林帯の中を、小さく上り下りを繰り返しながらしばらく歩いて行くと、ときどき樹間から右手に浅間山の雄姿が眺められる。幾度かアップダウンを繰り返しながら歩いて行くと突然視界が一面に広がり、大岩を積み重ねたような標高2366mの蛇骨岳に着く。右手イメージ 5前方に浅間山の雄姿を眺め、眼下には荒涼とした賽の河原を眺めながら展望のよい稜線を歩く。ごろごろした岩石の多い稜線を下り、ガラ場状の道を登り返すと標高2314mの仙人岳に着く。
仙人岳から噴煙を上げる浅間山を望みながら、さらに見晴らしのよい岩稜帯の稜線を少し下るとキレット状のJバンドと言う所に着く。ここから稜線上と分かれ、右方向に岩石混じりのガラ場をジグザグに一気に下り降りると賽の河原の端部にイメージ 6着く。荒涼とした火山石の多い賽の河原の中央部をしばらく歩いて行くと樹林帯の中へと入って行く。やがて分岐に出てしばらく行くと浅間山荘からの道に合流する。ここから右に分けて潅木帯の中を登って行くと、岩礫帯の登路に変わり、火口壁の長いトラバース道の登りが続く。足元がズルズルして登り難い。やっと登りきると浅間火口への分岐点に着く。ここから火口壁への道は入山禁止の標識が立っている。この辺りになると硫イメージ 7黄臭が強い。火口壁分岐から右に折れて、2棟のかまぼこ型の避難小屋を左手に眺めながら火山礫の尾根を前掛山に向かって緩やかに登る。一旦少し下って再び火山礫のザラザラした坂を登り上がると標高2493mの前掛山山頂に着く。前掛山の山頂は狭く、28年ぶりに登山規制が解除され、真新しく「浅間山」の標柱が立てられていた。まさしくこの地点が浅間山の山頂であることを思わせる。正面には勢いよく噴煙を上げている浅間山が望める。
イメージ 8帰路は往路の火口壁分岐を経て賽の河原への分岐点まで戻り、分岐から右に分けて浅間山荘に向かって樹林帯の中を緩やかに下る。湯ノ平口分岐に出て、ここから浅間山荘方面への道を左に分けて、草すべりコースに向かって潅木帯の中を登る。幾度か小さな沢を渡り返しながら登って行くと、ススキの生茂る草つきの登路に変わり急登が始まる。胸突き十丁ほどもあろうか、四支点を使う状態でジグザグに登る。最後の岩場の急登をジグザグに登り上がると稜線の分岐に出る。分岐から左に折れてひと登りするとトーミの頭に着く。イメージ 9
トーミの頭から往路と同じ中コース分岐まで下り、分岐から往路を左に分けて右方の樹林帯の中を下る。小さな沢を幾度か渡り返しながら下って行くと、緩やかな下りに変わり、樹林帯の中を抜け出るとやがて登山口の車坂峠に着く。
下山後、浅間山を後に湯ノ丸高峰林道を経て鹿沢温泉に移動する。
 
                                                                                                                                                                
                                                                                  四阿山山頂から望む浅間山と猪苗代湖

浅間山、コース&タイム:
車坂峠6:00→車坂山6:20→避難小屋7:18→赤ゾレノ頭7:25→中コース分岐7:30→
トーミの頭7:50→草すべり分岐7:55→黒斑山8:10→蛇骨岳8:45→仙人岳9:10→
Jバンド9:30→賽の河原分岐10:00→火口壁避難小屋11:00〜11:20浅間山(前掛山)
11:40→賽の河原分岐12:35→湯ノ平口分岐12:55→トーミの頭14:00→車坂峠15:00



閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事