アルファロメオ談義カルロチッチ(CarloCici)

2ndに移行しております! こちらでは基本的に更新しません。

Japanesque(日本的な)

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全13ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

古き良き日本は良いですね。
もしタイムマシーンがあるのなら戦国時代〜江戸時代に行き、馬車修理か板前の仕事をしながら(笑)、鎖国政策で諸外国の影響をまるで受けなかった純粋な日本文化を体験したいものだ。
刀を差したちょん髷侍、歌舞伎役者、吉原の花魁、行商の魚屋や物売り、歴史上の本物の人物達、戦に出て行く甲冑尽くめの武士達、お江戸から見えたらしい富士山、東海道五十三次に出てくる風光明美な名所...
デロリアンを手に入れて計画してみようかな(笑)
イメージ 1
イメージ 3 
イメージ 2
 
 
 大阪で、そんな古き良き日本の香りを感じ取れるのが東大阪の石切神社〜参道で、何年か前に初詣に行って大いに気に入った、小さくて古い商店街です。
 参道商店街は狭い坂道の両脇に小さな様々な商店が並んでいて、業種も多い上に日本特有の飲食や伝統的なものも多く、歴史好きでオヤジな私は何度行っても飽きないし、大阪で心安らぐ場所の1つだと思っています。
 元気な爺さん、お婆さんとちょっとした話をするのも楽しみの一つで、昔のホンマもんの大阪弁が聞けるのもここならでは。
イメージ 4
                                            乾物屋も多く、七味屋さんも何軒かあります。
イメージ 5
 イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
 
 
 
ほんでもってここ石切にも流行りのゆるキャラがいました(笑) 
“いしきりん”くん(さん?)です!
イメージ 12
東大阪観光協会の方に由来を聞くと...
1.ダイヤモンドを持っているのは石を切り出すのに使うからで、言いかえれば困難
  が立ちはだかった時も切り開くことができる。
2.キリンなのに首が短い(無い!)
  ハイ、そのまんまで、クビが(解雇)ない!...縁起がイイ!
                      だそうです(笑)
 
 
で、最後に、今年も皆様の願い事が叶いますように...                (因みにおみくじは 吉でした)
イメージ 13
 

開く コメント(0)

柿と人参!

イメージ 1
イメージ 2
農家を(も)されている、某アルフィスタさんのブログに面白い画像があったので紹介します。
そう、あの日本の種なし柿のルーツである、八珍柿を送っていただいた方の畑の様子です。
 
以下、ご本人の文です...
畑は、作る人がエッチだとエッチな作物が出来るというのが常識だけど(←ウソ)、
八珍柿にチ○チ○が生えて、八珍柿ならぬ珍珍柿になってしまったのと、人参にも
チ○チ○が生えてしもうた...(爆) 
 
...私が付け加えるなら、人参は人珍ですな
あ、共にOO茎!!!              ...失礼しました〜
 

開く コメント(5)

雪かけご飯 

 
こんな畑から...
イメージ 1
 
大根、カブ、人参を送っていただきました(感謝!)
 
黒い土がたっぷりと付着していますが...
この土は、400年の歴史がある農地の土で、通常の茶色い土じゃなく、真っ黒な土です。
400年間、腐葉土をメインにして作られた土です。
これらは400年つちかった畑の土で作られた、完全無農薬有機野菜で、農薬や化学肥料は一切使っておらず、除草剤すら無しです。
野菜としては究極の作り方だと思うし、これこそ贅沢という言葉がふさわしいじゃありませんか!
イメージ 2
 
400年土を洗い流すと...
イメージ 3
 
 
 
帰宅し早速教えて頂いた 「雪下大根」 の一番おいしい食べ方でいただきました。
真っ白なご飯の上に、真っ白な雪下大根おろし。
鰹節と薄口醤油で軽くアクセント。
イメージ 4
イメージ 5
飯に染みた大根の汁が何と甘いこと!
雪が降り、凍結を防ぐために野菜は糖分を蓄えるそうで、普段スーパーで買ってる
大根とはまるで別物の味の濃さ。
摩り下ろしたこの個体は辛み大根までは程遠いけど結構辛みがあり、ガツン!と
とした大根の主張と、これが有機野菜の甘みなんだと極自然に感じ取れた経験は
今までなかったね。
夢中でガサガサっと掻き込み、熱いお茶を飲みました。
日本人で良かったです...(勝手な時だけ日本人
 
カブは浅漬けにし、明日、人参さんはスティックにして人参クサイあの香りを楽しもう〜!

開く コメント(0)

秋の香り

今日遠く新潟の親戚からとても珍しい柿がたくさん届きました
ありがとうございます!!!
親戚なのですがそれも最近判明したことで、恐らく900年位前からの親戚と思われ、お互いにビックリ! こんなところで巡り合わせがあるとは!と、運命的なものを感じました。
 
柿なのですが、名前が面白く、八珍柿といいます。
食いしん坊の私なので直ぐに丸かじりしたいところなのですが...
(Wikipediaより)
八珍柿
八珍柿(はっちんがき)は渋柿の品種。正式名は平核無柿(ヒラタネナシガキ)。実の中に種のできないカキの変種。
越後七不思議の次に珍しい、の意から「八珍」と名づけられた。
原木は新潟市秋葉区古田にあり、樹齢約320年、高さ16m、幹周り203cmの巨木で県指定天然記念物明治初期、庄内藩家老職の酒井調良が苗木を山形県庄内地方に持ち帰り産地化したものが庄内柿であり、昭和初期になって佐渡郡羽茂村(のちの羽茂町、現在の佐渡市)の農会技術員が庄内柿の穂木を佐渡島に持ち帰り産地化したものがおけさ柿である。
 
...と、由緒正しき血統書付きの柿です
関西では全く知られていないと思います。
イメージ 1
見た目は富有柿の様なのですが、渋柿で、少々手をかける必要があります。
アルコールにヘタの部分を浸し、ビニールなどに包んで常温で5日位でトロ〜リ甘い
柿に変化するようです。
イメージ 2
 
来週の初めにはその柿の原種たる八珍柿を皆で経験させていただきます。
それまでガマン! 熟成が楽しみで〜す
イメージ 3
 
 
氏の畑にたわわに実る新潟の八珍柿!
イメージ 4
イメージ 5
 

開く コメント(6)

差し入れ〜!(嬉)

今日、このブログで良く登場する、Integrale Evo1 MARTINI 乗りの姐御!(失礼、とっても綺麗な女性です)さんがスイカを差し入れてくださいました。
今年の猛暑で、私達は汗が枯れるくらいの勢いなので、この差し入れは涙ものでした
早速、休憩時にザクザクとカットして皆で無言で(笑)食べました
汗もす〜っと引き、体には水分補給、何とも言えない満足感。
姐御〜ごちそう様でした〜! 
今度はいつ来られますか〜(爆)                映像は半分程既に食べた後
イメージ 1
 
 
 
 
 
頂き物と言えば〜!
今日は当たりの日でした
同世代のお隣のハリーさんから皆に高級和牛、岩手牛のステーキ肉を頂きました!
早速今夜頂きました。
いつものワンパターンですが、濃縮バルサミコとレモンでサッパリと。
この岩手牛、マイウ〜ですね。
今度はいつですか〜(爆×2)
イメージ 2
 
 
 
 
食べ物の話題ついでに
琵琶湖旅行のお土産に買った、しじみの佃煮でこの前お茶漬けをしました。
お茶をかけたらしじみのエキスが染み出して、まあおいしいこと!
小鮎の醤油煮にはあの三五郎さんの家の近くにある造り酒屋、川島酒造さんの純米酒を。
この地区の豊富に湧き出る質の良い地下水で仕込み、米は近江米。
その土地土地の味わいを堪能できるのは日本酒ならではでしょう。
わざわざ外国に行かずとも、しかも近場に旧き良き文化を育んだ、まだまだ見ぬ素晴らしい日本があります。
イメージ 3
イメージ 4

開く コメント(4)

全13ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事