全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

岩組み

さて、年末、年始休みを利用して開始したZeovitですが
 
今日で18日目です。
 
記事にしてないのでもうそんなになるの?って感じでしょうかね
 
 
ま、マニュアル通りしっかり忠実に実施してきたので
 
他の方々が書かれているような内容になります。
 
10日目でコケが爆発したくらいです
 
 
 
 
では年末に水槽を空にし、クエン酸を使い2日まわし、そのあと真水でさらに2日まわしました。
 
これにより汚れもピッカピカになり、変な菌まで除菌できたかなと
 
 
 
 
その間、アクアではすることが無かったので、いろんなことを調べまくったり
 
こんなことをしていました。
 
 
イメージ 1
 
 
庭でデスロックを使っての岩組練習(爆)
 
 
 
過去岩組には一切、ボンドや結束バンド等使ったことが無かったのですが、
 
今回初めて土台などに結束バンドを使用しました。
 
いつも微妙な難しい組み方をするんでこれは良いかもって思えました。
 
 
 
ちなみに今回もこの中からいくらかのデスロックを土台などに使用しています
 
だって、LRって高いし・・・・
 
もちろんかなりこすり洗い、天日干し2週間くらい(放置してただけ)など、注意しています。
(本当は酢に付けたり、沸騰させたりする方が良いとも言われているようです)
 
 
 
そしてそんな感じでいよいよ水槽にセット
 
 
イメージ 2
 
 
砂の厚さが1cm〜2cmにくらいになったのでかなり低くなったように思えます。
 
LRの量はZeovit規定の水量の10%以下どこかもっと少ないです
 
 
 
もちろん砂地のある水景は私の絶対的なこだわりなので今回もあります。
 
 
 
奥が高い岩組で手前に降りてくる感じです。
 
先日のKR93XP(仮称)の記事でもありましたが、
 
水槽奥側の浅場置場にKR93XP(仮称)を配置、手前側にはKR93SPを配置しています。
 
 
 
この水槽サイズってW:900xD:600xH:633 なのですが
 
このサイズって中途半端なんです・・・
 
 
 
奥行きと高さがあるんで生かさなければって思い過ぎると
 
かえって窮屈になります・・・
 
 
幅が1200とか1500とかあるとかなりいい感じになると思いますが・・・
 
 
 
なのでこれくらいの幅、間隔、高さ、ガラス面からの空きくらいが一番良いかなと。。。
 
 
 
 
もちろん大事なことは水流、光の位置、サンゴの配置イメージです
 
 
 
できる限りあとあと弄り過ぎないように妄想しながら組みます
 
 
ZEOだけに弄り過ぎて手の色が抜けていっては悲しいですから(んなわけない)
 
 
いろんなことを考えながら限られた空間を最大限生かす・・・
 
本当に難しいことですが、これがうまく行き、サンゴ、水槽状態も良い時が来ると良いもんです。
 
 
 
 

開く コメント(17)

KR93XP(仮称)その2

先日うちに「KR93XP(仮称)」が追加されましたとお伝えしましたが、
 
私以外のモニターさんもブログアップされていますのでご紹介です。
 
 
どにゃさんのブログ
 
 すごくKR93SPに対し、また照明の波長のことなどに対し、好奇心旺盛でいらっしゃいます。
 いろんな面で私と同じような環境?の方です♪
 
 
 
ヨッシーさんのブログ
 
 もうご存じでしょう、日本を代表するZEOVIT水槽を維持されている方です。
 私も普段からいろいろと教えて頂いています♪
 
 
 
是非、今後もお二人のブログは見逃さないようにしてくださいね。
 
 
 
 
そしてフルスペの生みの親ことエイジさんのブログ
 
 T5にUVを盛るなどいろんな試みを検証されていますよ。
 
 
 
ちなみにうちの水槽ですが、昨日でZeovit開始14日間が経過しました。
 
水質はいい感じで、まずはホッとしているところです。
 
 
 
LRについたコケがものすごいままなんですが・・・・
 
ま、週末にキイロハギを追加したので様子見です。
 
 
また次回UPしますが、サンゴも少量入れましたよ
 
 
 
 
 
 
 
 

開く コメント(9)

KR93XP(仮称)その1

さて、前の記事にて太陽が増えたとお伝えしましたが、
 
そのもう一台増えたフルスペですが
KR93SPではありません。
 
 
 
KR93XP(仮称)です。
 
 
 
一言で言うと「SP」の弱点とも言える中域の波長を強化されたものです。
 
 
 
「SP」の弱点ですが、私の過去の記事を見てもらったらわかりますように
KR93SPを設置後、ハナヤサイ、ショウガ、トゲのピンク系の色揚げにかなり苦戦したことでわかると思います。
 
これらは中域の波長が要求されますが、SPの設定を変更したり、サンゴの配置をかなり上部にするなり
工夫を繰り返してきました。
 
SPの設定を変更すると他のサンゴが要求する波長がなかなか合わないなどあり
結局は「デコライト」をスポットに追加し、これら浅場のピンク系の色揚げを行っていたんです。。。。
(設定を微妙に使いこなすと色揚げなどできて居たかも知れませんが)
 
 

まさに今回の試作モデルは私が本当に望んでいたモデルと思います。
 
 

この「XP」ですが、まだ試作段階でありまだ正式販売は未定な状態です。
 
 
ブルーハーバーの和田さんのブログにありますように、
私を含め数名の方がモニターになっています。
 

モニターと言ってもタダでもらったなんてことはありませんよ!!

私の場合、今後一年間の小遣い削ってまで嫁さんの了解を得て購入です(T_T)
なのでサンゴがなかなか買えなくなります・・・なのでサンゴください。。。
 
 
 
ということで今後、この「KR93XP(仮称)」のレビューを定期的に更新します。
 
 
今回は皆さんが気になるスペクトルの比較です。
下記の画像をご覧ください。
 
イメージ 1
 
 
一番上:KR93SP(1st)
     UVの出力が非常に大きいです。
まさにSCマリンブルーのようなスペクトルです。
 
 
真ん中:KR93SP(2nd)
          500nmの波長が強化されました。
 
 
一番下:KR93XP(仮称)
     KR93SPの定義「水深3〜5m」に対し、「水深0〜3m」の超浅場向けモデルです。
また、青chにもシアンが入りました。
白LED数が1.4倍になりました。
     プリズムレンズになりました。
 
 
この図を見て、あれ?っと思われた方も居ると思いますが、
そうなんです、XPになって中域の照度は2倍(全体で1.2倍)になっているのに、UVはかなり減っています。
 
これを生みの親のエイジさんに確認すると
・白LEDを1.4倍に増量ということはどこかが犠牲になる。
・青chにもシアンを追加したためその分UV系も減っている。
 
これはKR93SPのUV系出力に絶対的な自信があるからこんなことができたとのことです。
 
他社が3W駆動でひねり出すところを、フルスペは1W駆動で軽々と放つんです。

かなりUVが下がったとは言え、現在市販されている中ではダントツとのことなので心配はなさそうです♪
恐らく1stが凄すぎたのです。
 

XPについては
・販売未定
・価格未定
・プリズムレンズ本採用未定
・素子の構成変更あり
・素子のメーカー変更あり
・スペクトル変更あり
で、まさに試作段階であるとのことです。
私を含めモニターさんからのいろんな情報を分析・検討され今後に繋がると思います。
 
 
何はともあれ、うちにはガンダムに例えると
 
初代ガンダム(SP-1st)

ガンダムMK-Ⅱ(Xp)
 
が配備されました(爆)
 
 
ガンダムMK-Ⅱは大気圏突入時に従来のシステムと比べて格段に高い戦闘能力を発揮したMSです。
なので期待しています(意味不明)
 

今後、番組タイトルを飾るZZガンダム(正式にKR93SPの後継機)となり得るのか・・・
 
 
つづく。
 
 
 
 
 
 
 

開く コメント(11)

太陽が増えた

前回の記事にてリセット中の水槽画像に秘密があると書きましたが
正解されたされた方、おめでとうございます!
(何も差し上げませんが・・・)

そうです。
よく見ると灯具のアームの数が違います。
 
 

ってことは・・・
 
 
照明が増えていたのです。
 
 
Zeovitにシステム変更するので
 
T5を追加か?
 
なんて思われた方もいらっしゃるでしょうが、
 
 
 
 
フルスペの増設です!
 
 
 
 
Zeovitと言えばマニュアルにも記載があるようにT5が推奨されています。
実績も十分過ぎるぐらいあります。
 
 
私の場合、スペクトル、省エネ、ランニングコスト、保障期間などから考えて
フルスペの追加としたわけです。

そしてまた、LEDのみでも綺麗なZeovit水槽を目指してみたいと言う理由です。
 
 
各灯具や球のスペクトルについてもここを見ればよくわかりますよ。
 
(メタハラとの比較、T5との比較などについても検証されておりとても勉強になります)
 
 
 
 
ではうちの照明に戻って・・・
 
 
こう撮ればよくわかるでしょ♪
 
 
イメージ 1
 

以前からフルスペがもう一台あれば
フルスペがもう一台あれば
フルスペがもう一台あれば
フルスペがもう一台あれば
フルスペがもう一台あれば
フルスペがもう一台あれば
・・・

と呪文のように唱えていたところ
 
なんと増えたのです(爆)
 
 
 
2台になると本当に明るいです!
 
 
イメージ 2
 
 
ちょっと画像ではわかりにくいですが
水槽の底を見ると十分サンゴが配置されるエリアは照射されます!
今まではレイアウトで工夫+スポット追加でしたからこれは嬉しいです。
 
では二つ並んだところを見てみると・・・
 
 
イメージ 3

 
うん、綺麗に二台並んでピッタリです!
 
 
 
 
下から見てみると・・・
 
 
 
イメージ 4
 
 
うん、これもぴったり!
(当り前か・・・)
 
 
 
何となく画像でも違いがわかるかも知れませんが
奥の方のサイドライン部分が緑がかった光を放っているように見えませんか??
 
というか色目が何となく違いがあるように・・・
 
 
 
これは・・・
 
 
 
つづく
 
 
 
 追記:1/15 
  訪問者の数が  250,000人  を超えました!
  Yahoo!ブログは純粋に1日1人カウントだったと思うので本当にびっくりです。
 
  なかなかブログ更新が滞っていますが、今後ともよろしくお願い致します!
 
 

開く コメント(23)

開く トラックバック(0)

今年はこれ

こんばんは。
 
前回の記事では綺麗になった水槽を見て頂きました。
そう、これは新水槽ではないですよ、、、
完全リセットです。
 
そして始めます。
 

ぜおびっと
 
 
今まではベルリン+Zeo添加剤などでしたが、
完全Zeovit水槽にすることにします。
(遅いかもしれませんが・・・)
 
ありがたいことに有識者の方々から
いろんなことを教えて頂いています。
ホントに感謝です。
 
 
イメージ 1
 
 
P.S この画像に隠された秘密があります。さて何でしょう?
     (リセット中はガラス蓋してますが関係ないですよ)
 
 

開く コメント(15)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事