【これでいいのか委員会・ Ever After】

安倍総理を支持し、戦後レジームからの脱却をさせまじとする朝日系や他の報道と戦います!!!

全体表示

[ リスト ]

.
さて、ならばそこへ
「いわゆるA級戦犯は追悼される」 
のでしょうか・・・

                 ※ こちらも“プチッ”とお願いします→【 にほんブログ村 ブログランキング 】
民主党、政権獲得なら国立追悼施設建設へ
8月14日0時15分配信 産経新聞


 民主党は13日、次期衆院選後に政権を獲得した場合、靖国神社に代わる新たな国立戦没者追悼施設の建設を目指す方針を固めた。政権発足後、政府に有識者懇談会を設置し、答申を受けて建設に向けた動きを本格化させる。連立を組む予定の社民党も同日、建設計画をまとめる方針を決定した。これに対し、自民党には、建設への反発が根強い。民主党などが建設方針を打ち出したことで、追悼施設問題が衆院選の新たな争点として浮上した。

 民主党の岡田克也幹事長は同日、党本部で記者会見し、追悼施設建設について「国家・国民のために命を落とした方々をまつる場が不可欠だ」と述べ、建設推進の考えを強調した。追悼施設のあり方に関しては「有識者に議論していただき、それを尊重する形にする」と述べた。

 岡田氏はまた、自身が千鳥ケ淵戦没者墓苑(東京都千代田区)を管理する財団法人の理事を務めていることに触れ、「千鳥ケ淵を生かしたい気持ちはある」との考えも示し、個人的な考え方として、千鳥ケ淵戦没者墓苑の拡充に前向きな姿勢を示した。

 民主党は追悼施設の建設について、7月に発表した政策集「INDEX2009」で、「特定の宗教性をもたない新たな国立追悼施設の設置に向けて取り組みを進めます」としたものの、衆院選マニフェスト(政権公約)では触れていなかった。しかし、鳩山由紀夫代表は12日、同党が政権をとれば「どなたもわだかまりがなく戦没者の追悼ができる国立追悼施設の取り組みを進める」と意欲を表明。13日の岡田氏の発言により、建設実現に向けてさらに一歩踏み出したことになる。

 一方、社民党は13日に幹部会を開き、4年以内に追悼施設の建設計画をまとめることを決定した。保坂展人(のぶと)副幹事長は記者会見で、鳩山氏の発言を高く評価した。

 追悼施設の建設は、小泉純一郎元首相が在任時に靖国神社を参拝し、一部から批判があったことを踏まえ、福田康夫官房長官(当時)の私的懇談会「追悼・平和祈念のための記念碑等施設の在り方を考える懇談会」が平成14年に出した答申で盛り込まれた。しかし、自民党内には、「税金の無駄遣い」「靖国神社の存在をおとしめるもの」などの批判が根強く、政府は建設に向けた調査費の計上を見送っていた。民主党政権が発足すれば、一気に実現が近づくことになる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090814-00000078-san-pol


ということで、本日うちの菩提寺は
「施餓鬼供養」
でした。


実は自分は3年前から、世話役を仰せつかっておりまして、今日もお寺でいろいろとお勤めをさせていただきました。


で、もしもうちの菩提寺に
「同一殺人事件の被害者と加害者の檀家さんがいた」
と仮定します・・・

そして、加害者に死刑判決が出て諸兄をされた後に
「被害者の檀家さんが加害者の檀家さんの施餓鬼等の参加を拒否された」 
とします・・・

被害者さんの檀家さんの心情を理解できない事もありませんが、現実的には日本人の死生観としては
「処刑をされた時点で罪を償ったと考える」 
のが、一般的であると思います。

上の話も、あくまで日本国内での話ですので、日本人的な死生観をもっと大切にするべきだと思います。


本日平沼赳夫事務所より、このようなメールが送られて参りました

平沼赳夫は明日8月15日
御国を守る御楯として散華され
今日の日本国の礎となられた御英霊に感謝し
ご遺勲を顕彰申し上げるために
靖国神社に参拝させていただきます。

〜かくばかり醜くき国になりたるか ささげたる人のただに惜しまる〜

戦争未亡人の安藤てる子さんがお詠みになった歌です。
先祖への感謝報恩なくして未来はありません。
誇りある国づくりはまず日本の国の歴史伝統文化を正しく知ること
そこからしか始まりません。
8月15日は感謝と追悼の祈りの日とさせていただきたいと存じます。合掌 







         https://www.blogmura.com/img/www200_40.gif
 ↓↓↓ ブログランキング・クリックお願い m(__)m ↓↓↓ 
        http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/32/0000171832/68/img117e0be7zikdzj.gif
    ↓   ↓   ↓      
       【 にほんブログ村 ブログランキング 】
         ( こちらを“プチッ”とお願いします ) 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

この記事に

閉じる コメント(12)

顔アイコン

そうですよね、死者に鞭打つことが果たしてどうかと言われれば
というよりも、A級戦犯なんていないのですがね^^;

明日、平沼さん参拝されるのですね
私は明日行くか、すいてる時に行くか考え中です・・・

2009/8/14(金) 午後 3:50 [ - ] 返信する

顔アイコン

↑同意です^^ A級戦犯というレッテルの存在そのものが理解しがたい。自国のために命を落とした方々に鎮魂の祈り、そして感謝を捧げるのは当然のことです。外国にとやかく言われる筋合いはありませんね。靖国参拝、結構なことではないですかね^^

2009/8/14(金) 午後 3:58 こたのまる 返信する

顔アイコン

『日の丸』も『君が代』も否定するような国家感希薄な政党が
日本国の礎となられた御英霊に感謝し追悼するーーー????

笑わしてくれますね。

支那共産党様、南北朝鮮様の言いつけなのでしょう。お金も貰っているのでしょう。
日本国民はいい迷惑です。作りたければ民主党のビル内にでも作りなさい。どうせ誰も行かないから・・・
しかし、民主党内には歴史の学がある日本人議員さんはいないのかな・・・!?

麻生首相! 明日早朝、靖国神社に参拝されることを希望します!

2009/8/14(金) 午後 4:37 [ sek*su*d*iwa*ana ] 返信する

顔アイコン

皇室と靖国は日本が日本であるために欠かせぬものです。
鳩山や岡田みたいな者を不敬罪で取り締まれる日本にしたいですね。

傑作です。

2009/8/14(金) 午後 4:43 さくらの花びら 返信する

顔アイコン

戦犯だから一緒に追悼しちゃダメという発想がね
たとえ戦犯というのが存在したとしても(ちょっと変かな?)、国会で名誉回復が行われていますし、問題視する必要性が全くないですね

しかし、日本人として考えれば日本のために戦った人である以上追悼しない理由はありませんね
戦犯というのは戦勝国側の視点でしかないわけで、日本人が同じ日本人を貶める必要性を認められません

と考えられるようになるまでずいぶん時間がかかりました
かなり洗脳されていたんだなぁと暗い過去を振り返ると恥ずかしいです

それにしても、平沼さんもっと強く声を上げて欲しい
タイミングを計っておられるのか、何なのかわからないだけにちょっとやきもきしちゃいます

2009/8/14(金) 午後 7:11 [ 旗本の三男坊 ] 返信する

顔アイコン

桜花さん、自分は今年は秋を予定しています・・・

2009/8/15(土) 午前 6:51 委員長 返信する

顔アイコン

こたのまるさん、元々「A・B・C」はそれらの対象の区分であって、それ以上でもそれ以下でもないんですけどね・・・

2009/8/15(土) 午前 6:53 委員長 返信する

顔アイコン

sek*su*d*iwa*anaさん、自分も麻生さんの今日の参拝を期待しています。

2009/8/15(土) 午前 6:54 委員長 返信する

顔アイコン

さくらの花びらさん、「明治維新」と「富国強兵」はセットで、そこに靖国神社が誕生したわけで、それを否定する人間は「明治維新」も評価をしてはいけないわけなんですが・・・

2009/8/15(土) 午前 6:56 委員長 返信する

顔アイコン

旗本の三男坊さん、順番をしっかりと踏んでいかないと左翼共産思想にやられますね・・・


で、その国会の名誉回復は、社会党の女性議員が旗振って行われたのですからね。

2009/8/15(土) 午前 6:58 委員長 返信する

顔アイコン

旧日本軍が中国や朝鮮におこなった仕打ちを考えれば、日本人は何も言えないような気がする。

2009/8/15(土) 午前 7:14 [ nanking_atrocities ] 返信する

顔アイコン

南京虫くん、民主党擁護ご苦労さん・・・_(._.)_

2009/8/15(土) 午前 11:52 委員長 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事