【これでいいのか委員会・ Ever After】

安倍総理を支持し、戦後レジームからの脱却をさせまじとする朝日系や他の報道と戦います!!!

全体表示

[ リスト ]

.
さて、番記者さんも
「社の方針の下で働いているだけ」 
というのが良くわかる記事を紹介します・・・

                 ※ こちらも“プチッ”とお願いします→【 にほんブログ村 ブログランキング 】
番記者が見た2大政党党首
2009年8月23日 朝刊

 衆院選も残り1週間。麻生首相(自民党総裁)と民主党の鳩山由紀夫代表は連日、全国を飛び回り、力のこもった演説を続けている。公示後から追い掛けている番記者が見た2人は。


◆自民党・麻生首相 アドリブは封印 強行日程淡々と
 「みなさま方の生活を守る、日本を守るのは自民党。その先頭に立って戦います」

 二十二日午後、大阪・梅田で街頭演説した首相は声を張り上げた。まくり上げたシャツからは真っ黒に日焼けした肌がのぞき、聴衆との握手でもみくちゃにされるのを見越して、腕には安い時計がはめられている。

       http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/images/PK2009082302100009_size0.jpg
    大阪・梅田の街頭で演説を繰り広げた麻生首相=22日

 衆院解散前は「選挙の顔失格」の烙印(らくいん)を押されかかったほどだったが、選挙戦が始まると北海道から鹿児島まで全国を行脚。連日、二十分近い演説を五、六回行っている。

 失言を警戒して得意のアドリブはほとんどなく、持ち味とされるべらんめえ調の「麻生節」も影を潜める。

 演説は一貫して、景気対策の実績アピールと民主党批判。海外への自衛隊派遣をめぐる民主党の対応を「憲法違反と主張していたのに、今はしばらくは良いとか悪いとか。こういうのをぶれるって言うんだ」と自虐的に笑いを誘うのも毎回同じだ。

 体力には自信があり、強行スケジュールも淡々とこなすが、車による長距離移動を余儀なくされた十九日の北海道遊説は、さすがにハードだったようだ。三カ所目の札幌会場では言葉に詰まる場面が目立ち、十分ほどで話を切り上げた。
 (生島章弘)


   
◆民主党・鳩山代表 政権を強く意識 かすれ声で訴え
 「次の首相が到着しました」。鳩山氏は遊説先でこんな紹介を受けることが多い。当初は「気が早い掛け声はやめてください」とおどけていたが、最近は否定しなくなった。「自民党にもしっかりしてもらいたい」との発言も出るようになり余裕さえ感じられる。

          http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/images/PK2009082302100010_size0.jpg
       北海道・JR千歳駅前で演説する民主党の鳩山代表=22日


 ただ、浮かれている様子はない。「(政策を)実現できなければ、責任を取るだけだ」と訴え、次期首相候補としての自覚も芽生え、政権運営を強く意識しているようだ。

 訪問した十五都道府県の街頭演説では、子ども手当や高速道路無料化などの目玉政策や、政権交代の必要性を訴えるのがお決まりのパターン。分刻みのスケジュールだが、演説後は時間の許す限り握手にも応じている。

 連日の遊説に声もかれ気味で、記者団には「体調は万全だが、ご案内の通り声はかなりお聞き苦しくなっている。声だけは戻すよう努力したい」と説明した。

 二十二日は、北海道千歳市でマイクを握った後、隣接する自らの選挙区には入らず、東京にとんぼ返り。「後ろ髪引かれる思いはなくはないが、あえて戻らない」と記者団に語った鳩山氏。

 「錦を飾るのは首相になってから」。心の声はそう聞こえた。
 (冨江直樹)

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2009082302000081.html


ということで、民主党御用達新聞の東京新聞の記事ですが
「これ以上会社の方針がわかりやすい記事」
もなかなかありませんね・・・


−麻生さんに関する話− 
「聴衆との握手でもみくちゃにされるのを見越して、腕には安い時計がはめられている。」 
「演説は一貫して、景気対策の実績アピールと民主党批判。」 
「自虐的に笑いを誘うのも毎回同じだ。」 
「三カ所目の札幌会場では言葉に詰まる場面が目立ち、十分ほどで話を切り上げた。」 


−鳩ポッポに関する話− 
「余裕さえ感じられる。」
「ただ、浮かれている様子はない。」
「分刻みのスケジュールだが、演説後は時間の許す限り握手にも応じている。」
「北海道千歳市でマイクを握った後、隣接する自らの選挙区には入らず、東京にとんぼ返り。」


そして、しまいには
「錦を飾るのは首相になってから」。心の声はそう聞こえた。
とまで書き出し始末です・・・・・・・・・・・・・・・・




         https://www.blogmura.com/img/www200_40.gif
 ↓↓↓ ブログランキング・クリックお願い m(__)m ↓↓↓ 
        http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/32/0000171832/68/img117e0be7zikdzj.gif
    ↓   ↓   ↓      
       【 にほんブログ村 ブログランキング 】
         ( こちらを“プチッ”とお願いします ) 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
麻生首相が大阪入り 第一声は陳謝の言葉
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090822-00000568-san-pol

この記事に

閉じる コメント(15)

顔アイコン

旧日本軍が中国や朝鮮におこなった仕打ちを考えれば、日本人は何も言えないような気がする。

2009/8/23(日) 午前 9:42 [ nanking_atrocities ] 返信する

顔アイコン

東京新聞ってオカラ君の弟が居る新聞社でしたっけ?

2009/8/23(日) 午前 10:59 [ M2ーSADO ] 返信する

顔アイコン

うまくミンスを応援してますね
限りなく違法に近い

2009/8/23(日) 午後 2:28 [ 道後 ] 返信する

顔アイコン

こんな書き方もあるのか?酷いエコヒイキ!

2009/8/23(日) 午後 6:14 [ - ] 返信する

顔アイコン

違法な報道として訴えることができないものでしょうかねぇ
少なくとも一方の当事者の血縁者がいるのなら、中立公正はあり得ませんよ

2009/8/23(日) 午後 11:33 [ 旗本の三男坊 ] 返信する

顔アイコン

「自民党もしっかりして欲しい」??????
オマエが言うなぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!

2009/8/24(月) 午前 1:28 [ hiball ] 返信する

顔アイコン

ごらぁ〜、まだ選挙終わってへんど!!
始めに民主党ありきで、話すな、
おたんちん、自民党が勝っても負けても、民主党が勝っても負けても、投票箱のフタ開けるまで、公平に報道せんかい!!三国人が権力握ってる放送局やから、しゃぁないけど、オマエが日本人なら欠片でも日本人らしい報道せんかい!!

2009/8/24(月) 午前 1:40 [ hiball ] 返信する

顔アイコン

新聞の名称を、東京新聞改め、ミンス広報に変えたら?
汚らわしいにも程がある!。
こんなメディアが多いから、日本はおかしくなった。
国民の為に正義のペンを奮う記者はもはや何処に・・・
国民は煽られてはなりません!

2009/8/24(月) 午前 3:36 [ - ] 返信する

顔アイコン

南京虫くん、民主党擁護お疲れさん・・・ (-.-)

2009/8/24(月) 午前 7:17 委員長 返信する

顔アイコン

wdgwb610さん、です・・・!!!

2009/8/24(月) 午前 7:17 委員長 返信する

顔アイコン

水大師さん、こういうのもやっぱり総務省の管轄ですよね・・・・・・・・

2009/8/24(月) 午前 7:18 委員長 返信する

顔アイコン

mario sugattiさん、完全に「ジャーナリズム」は捨てています・・・

2009/8/24(月) 午前 7:19 委員長 返信する

顔アイコン

旗本の三男坊さん、こういう記事が平気で書けてしまう部分で、東京新聞終わっていますね・・・

2009/8/24(月) 午前 7:20 委員長 返信する

顔アイコン

hiballさん、どうも日本人ではないようですね、こういうのに加担する連中は・・・・・・・・・

2009/8/24(月) 午前 7:21 委員長 返信する

顔アイコン

allegroさん、東京新聞を良く見るとどこかに「ミンス広報」って書いてあるんじゃないでしょうか・・・

2009/8/24(月) 午前 7:22 委員長 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事