【これでいいのか委員会・ Ever After】

安倍総理を支持し、戦後レジームからの脱却をさせまじとする朝日系や他の報道と戦います!!!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全2ページ

[1] [2]

[ 前のページ ]

.
さて、以前も書きましたが、こういう報道を見るたびに
「だから絶対にそれは無かった」 
と強く思うわけで・・・

                 ※ こちらも“プチッ”とお願いします→【 にほんブログ村 ブログランキング 】
口蹄疫 足りない埋却地、学校敷地を検討
5月20日3時2分配信 産経新聞

 口蹄(こうてい)疫の感染が拡大している宮崎県で、殺処分した牛や豚を埋める土地が不足し、県が学校の敷地を埋却地として検討していることが19日、県関係者への取材で分かった。対象となっているのは、感染区域内にある県立農業大学校(宮崎県高鍋町)。十万頭規模の埋却は未曾有の事態で、土地確保が難航し、教育施設での埋却という苦肉の策が浮上したという。

 県関係者によると、殺処分した家畜は感染拡大を防ぐため、感染した牧場やその近隣に埋めるのが原則。山中などで候補地を探しているが掘り進めるうち水がわき出たため水源地汚染を懸念して埋却をあきらめたケースも。また、土地所有者が見つからなかったり隣接住民の同意が得られず断念することもある。

 こうしたなか浮上したのは県立農業大学校。農業経営者らを養成する専門学校で、敷地は飼料畑や放牧地など約100ヘクタール。口蹄疫の感染地域内にあるため16日から閉鎖している。敷地内には一般利用ができる公園もあるが、県関係者は「できるだけ感染体を動かさないという基本からすると、有力な候補地」と話す。

 家畜伝染病予防法では、感染力が強い口蹄疫に罹患(りかん)した家畜や感染の疑いがある家畜は、安楽死させて焼却するか、土中に埋める殺処分が義務付けられている。今回の大量感染では、焼却は施設面で問題があり、埋却措置が取られている。

 19日時点で、殺処分対象の約11万8千頭のうち、約6万6千頭の処分が終了したが、残り4割の埋却地が決まっていない。また、発生地から半径10キロ以内の牛や豚を全頭殺処分をすることが決まったため、埋却地不足はさらに深刻化しているという。

 殺処分対象の豚約千頭を抱える川南町の50代の養豚家は「処分の日程が決まらない。このまま放置していればウイルスを培養しているようなものだ」と早期処分を訴えていた。
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100520-00000505-san-soci


ということで、南京攻略の際に、当初12月10日の日本軍の攻撃の開始から12月13日に南京城を陥落させるまでに
「数万人の虐殺」
があったとされ、その後6週間の間に
「30万人が虐殺された」
と中国(連合国)サイドは主張するわけですが、しかしその様子を見たものはほとんど存在せず、30万人の死体の山を見たものもその記録も存在しないわけで、そうなると
「日本軍が埋めたからだ」
として、南京の大虐殺紀念館には
「虐殺後に遺骸が棄てられたとされる“万人坑”から掘り出された人骨の一部が展示されて」
いるわけですが、上の記事のように、現在の重機を使いながらも
「屍骸の埋却」 
にはこれほどの時間も場所もかかるわけで、こういった物理的な現実を見ても
「やはりそこまでの人数の虐殺は無かった」
と推測することが正しいことだと思いますけどね・・・・・・・



                https://politics.blogmura.com/conservative/img/conservative88_31.gif
       ブログランキング・クリックお願い m(__)m     
     ↓   ↓   ↓      
         【 にほんブログ村 ブログランキング 】
            ( こちらを“プチッ”とお願いします ) 

           ★『これでいいのか委員会』    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
↓ 下のブログ記事もぜひご覧ください ↓  
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
.
さて、民主党を持ち上げるTVメディアでは絶対に触れない
「事業仕分けの変な部分」 
について指摘してみようと思います・・・

                 ※ こちらも“プチッ”とお願いします→【 にほんブログ村 ブログランキング 】'''
劇場効果もそろそろ限界? 来場者も低調に 事業仕分け第2弾
5月20日21時35分配信 産経新聞

 公益法人などを対象に20日に始まった行政刷新会議の「事業仕分け第2弾」の後半戦。支持率低迷にあえぐ鳩山由紀夫首相は世論の熱い支持に期待を寄せるが、意外にも初日の来場者は低調で、一般傍聴席は空席も目立った。政権発足後、ほぼ唯一の“成功体験”だった「仕分け劇場」ももはや賞味期限切れなのか。(小田博士)

 「民主党政権は財源なきバラマキだ。仕分けなければならないのは、お前たちだ!」

 20日の事業仕分けの作業の開始直後、一般傍聴席に立っていた男性が突然大声を張り上げた。男性は夏の参院選に東京選挙区から立候補する考えだという。視線の先には同じ選挙区から民主党公認で出馬する蓮舫参院議員の姿もあった。

 男性は多くの報道陣に取り囲まれ、自分の名前を盛んにアピール。参院選に向けた「政治ショー」との批判を受けた事業仕分けが、皮肉にも民主党に批判的な勢力の政治パフォーマンスに逆利用された格好だ。

 仕分け自体の「パフォーマンス力」にも陰りが見え始めた。20日午後1時半時点で、蓮舫氏がおり、注目度が高いA班の会場の一般傍聴席約110席はある程度埋まっていたが、B班の傍聴者はわずか約50人。独立行政法人を対象に行った4月下旬の「前半戦」では会場に入りきれない一般傍聴者が多数場外に並び続けたことを振り返れば寂しさは否めない。関係者は「1カ月間しか間を置いていないため、注目度が下がっているのかも」とこぼす。
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100520-00000622-san-pol


ということで、昨日から今朝にかけてもTVメディアでは
「10万人分の塩の備蓄がなんちゃら」
 とか
「免許更新時の教本の無駄がなんちゃら」
とかやってまして、最終的に
「廃止!!!見直し!!!」 
なんてやっていて、それらをベースに
「やっぱり政権交代があったことで行われるようになったこの事業仕分けはすばらしいですね」
って感じの報道を行っていますね・・・


でも、よく考えてみると、すでに民主党は
「政権与党」 
の立場にあって、各省庁に連なるこういった独立法人なども、すでに
「民主党の配下にある」 
となっているわけですので、それらの各部署の無駄を削ろうとするのであれば、こういった1時間程度のアピール重視の
「公開査定」
では無く、例えば
「本当に備蓄しておかなければいけない塩の量はどれほどで、それをするためにはどれほどの経費が必要か」
といった話をもっとしっかりとした数字を提出させた上で
「しっかりとした協議」
を行うべきであって、そういった派手な数字の無駄の話を公衆の面前で好んで使っている現状ではやはり
「今行っている事業仕分けはただのパフォーマンス」 
とされても仕方がないでしょうね。


もっと言うと、それに対してきっと
「こうやって見える部分でやらないと相手もなかなか対応してこない」
とか言ってくるでしょうが、それは結局
「自分たちの力が足りない」 
ということを認めてしまうことであって、そうなってくると
「やり玉にされなかった独立法人はその対象とならない限り未来永劫無駄は無くさないんだろうな」
としか思えないことになってしまうわけで、結局この事業仕分けって、最終的には
「民主党って実はこんなに力が無いんです」
ということを大きな声で世間にアピールしているということにしかなっていないのではと思うわけですが・・・・・・・・・・



                https://politics.blogmura.com/conservative/img/conservative88_31.gif
       ブログランキング・クリックお願い m(__)m     
     ↓   ↓   ↓      
         【 にほんブログ村 ブログランキング 】
            ( こちらを“プチッ”とお願いします ) 

           ★『これでいいのか委員会』    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
↓ 下のブログ記事もぜひご覧ください ↓  
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
.
さて、これでオバマに
「ここまでの失点を許してもらおう」 
という腹でしょうかね・・・

                 ※ こちらも“プチッ”とお願いします→【 にほんブログ村 ブログランキング 】'''
首相「日本が先頭で走る」 韓国哨戒艦沈没で安保理決議
5月20日20時36分配信 産経新聞


【鳩山ぶら下がり】(20日夜)

 鳩山由紀夫首相は20日夜、韓国政府が哨戒艦沈没を北朝鮮の魚雷攻撃によるものと断定したことについて「もし韓国が国連安全保障理事会に決議を求めるということであれば、日本として先頭を切って走るべきだ」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 ぶら下がり取材の詳細は以下の通り。

 【韓国哨戒艦沈没】

 −−韓国の哨戒艦沈没事件に関し、北朝鮮の攻撃が原因だと断定したことを受けて、韓国は国連安全保障理事会で制裁決議案を提起する方針だ。その場合は日本も協調する考えか。また、6カ国協議の見通しについてはどのように考えるか

 「はい。きょうご案内の通り、韓国の政府が調査の結果を報告をしました。その結果によれば、北朝鮮の魚雷による沈没であるということでありました。大変これは遺憾なことで強く北朝鮮に対して非難をいたします。当然のことだと思います。そして韓国の政府に対して、あるいは韓国の国民に対して、哀悼の意を改めて申し上げるとともに、私どもとすれば、これは韓国の立場を支持をする。すなわち、もし韓国が安保理に決議を求めるということであれば、ある意味で日本として、先頭を切って走るべきだと、そのように考えておりまして、強くその方向で努力をしたいと思います」

 −−中国は冷静な対応を求めているが、中国政府に何らかの対応をする考えはあるか

 「今日まで私は、韓国の政府が極めて冷静に行動をされたということは、評価を申し上げたいと思います。中国においても、この冷静という意味がまた別のところにあるかもしれません。私は、事実は事実としてこれは認めるべきでありますので、その中で、やはりこういった信じられないような行為というものが2度と起きないようにしていくために、私は国際的な場裏の中で、しっかりと訴えていく必要があると。中国に対してもそのように臨みます」

 【韓国哨戒艦沈没(質問は普天間問題)】

 −−先ほど米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に関して、関係閣僚会議を行ったが、どういった話し合いが行われたか

 「うん。これは中身は私がどのようなコメントを出すかということの議論。それからやはり日本としてしっかりこういった状況であるので、政府としても覚悟を持って臨もうではないかという意思統一はしました」

 【韓国哨戒艦沈没】

 −−どのようなコメントを、という話をしたが

 「うん?」

 −−これは普天間問題に関してコメントを出すのか、5閣僚で議論したのか。また、このような状況であるので覚悟を、とおっしゃったが、どういった状況にあると考えるのか

 「ああ。覚悟ですか」

 −−それとコメントという話だったが

 「私は、恐縮です。今の話は、安全保障に関する、すなわち、韓国の今回の事案に対して、われわれ閣僚として、覚悟を持って臨むべきだという意味で申し上げました」

 −−(コメントをまとめたのは)5閣僚(による普天間問題に関する会合)についてではないのか

 「はい」

 【普天間問題】

 −−首相は4日に沖縄に行かれたころから、東アジア情勢との関係で普天間問題を語る場面が増えてきた。きょう、まさに東アジア情勢に大きな変化があった。そうすると、普天間問題に関しても5月末決着の中身、あるいは時期が遅れるとか、負担軽減が減るとか、そういった影響を及ぼす可能性はないか

 「うん?東アジアですか?」

 −−東アジア情勢という文脈の中で普天間問題を語られる場面が増えているが

 「東アジア情勢、北東アジアの情勢が大変緊迫の度を高めているということ。一方で、当然冷静に対処すべきであることは言うまでもありません。しかし、この問題が当然国民のみなさんの平和とかかわりのある話であります。それだけに普天間の問題に関しても、しっかりとした結論を出す必要があると。今はそのように考えておりますから、時期をずらすという必要はありません」

 【自己評価】

 −−中間段階だが、今までの決定とか対応をごらんになって、ご自分で評価して総括すると、どの程度鳩山カラー、鳩山政治が国民の中に浸透してきたと考えるか

 「私の考え方は常に申し上げておりますように、政府主導の中で、たとえば新しい公共のあり方、また、地域主権という、国と地域のあり方を抜本的に変えるという方向で行動しております。ただ、国民のみなさんには、なかなか直接的な変化がまだ見えてこないという中で、なかなか変わっていないなというふうに思われているのではないかと思います。その意味で、まだまだ自己評価ができるような段階ではありません」
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100520-00000612-san-pol


ということで、どうもかなり
「ひとりで前のめり」
になっている観がありますね・・・

やっぱり、これは上に書いたように
「ここで一気に普天間での失点を取り替えそう」
という気が満々なように思えます。


これ、もしかすると
「国連安全保障理事会で国連軍を組織して北朝鮮に制裁を行うことが決定されれば、その国連軍に自衛隊を参加させることも考えないといけません」 
ぐらいのことまで言うかもしれませんね・・・・・・・・




                https://politics.blogmura.com/conservative/img/conservative88_31.gif
       ブログランキング・クリックお願い m(__)m     
     ↓   ↓   ↓      
         【 にほんブログ村 ブログランキング 】
            ( こちらを“プチッ”とお願いします ) 

           ★『これでいいのか委員会』    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
↓ 下のブログ記事もぜひご覧ください ↓  
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
.
さて、民主党のサイトは
「巨大なブーメランの貯蔵庫」 
となっておりまして・・・


小沢氏、21日に不起訴=陸山会事件―東京地検
5月20日22時3分配信 時事通信

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部は20日、小沢氏を21日に再び不起訴処分とすることを決めた。上級庁との協議の結果、共謀を立証できる新証拠はないと最終判断した。

 不起訴処分を受け、小沢氏を「起訴相当」と議決した東京第5検察審査会が再審査する。改めて起訴すべきだと議決されれば、小沢氏は裁判所が指定する弁護士によって強制起訴される。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100520-00000228-jij-soci


ということで、ひとりはすでに故人ですが、民主党のサイトで
「不起訴」
で検索しましたら、こんな記事が見つかりました・・・
     ↓  ↓  ↓
橋本元首相ら不起訴は不当。永田、辻両議員が検審に申し立て
2004/10/05

 民主党の永田寿康、辻恵両衆議院議員は5日、自民党旧橋本派への日本歯科医師連盟(日歯連)1億円献金隠し事件で、政治資金規正法違反容疑で告発した橋本龍太郎元首相、野中広務・元自民党幹事長、青木幹雄・自民党参院議員会長を不起訴とした東京地検特捜部の処分を不服とし、東京第二検察審査会に審査を申し立てた。

 審査申立書提出後の会見で辻議員は「1億円という大金を2年にわたってうやむやにしてきたわけだが、一会計責任者の権限でそんなことができるわけはない」として、旧橋本派の政治団体会計責任者の起訴をもって事件を幕引きしようとしている姿勢を批判。同時に村岡兼造元官房長官が政治資金規正法違反の罪で在宅起訴された点についても「01年7月の1億円授受であるのに、02年3月の幹部会協議で収支報告に記載しないことを村岡元官房長官が決定したことによるもの。しかし、そこには野中・青木両氏は同席し、幹部会での結果は入院中の橋本元総理が了承したはず」とし、橋本元首相、野中元自民党幹事長、青木自民党参院議員会長の関与を改めて指摘した。

 永田議員は「日歯連の事件を受けて、政治資金規正法上さまざまな抜け穴があることが明らかになってきた。このことを受けて、臨時国会や通常国会でも政治資金法改正にむけて取り組んでいく」と表明。村岡元官房長官のみに手が及んだ、バランス・公平・公正さを欠いた検察の対応を改めていくとした。

http://www.dpj.or.jp/news/?num=5095 


永田・辻議員、東京地検に対し厳正な捜査と公訴提起の実現を申入れ
2005/02/10

 民主党の永田寿康・辻恵両衆議院議員は10日、東京第二検察審査会より旧橋本派1億円ヤミ献金事件の再捜査の必要性を指摘された東京地方検察庁に対し、勧告に耳を傾け、厳正かつ実のある捜査及び公訴提起を実現するよう求める申入書を提出した。

 日本歯科医師連盟(日歯連)から自民党旧橋本派への1億円ヤミ献金事件について、東京地検特捜部は、政治資金規正法違反容疑で村岡元官房長官を起訴、橋本元首相、野中元自民党幹事長、青木幹雄自民党参議院議員会長については、不起訴処分とした。永田・辻両議員は、この不起訴処分を不服とし、東京第二検察審査会に審査の申し立てを行い、東京第二検察審査会が「検察の捜査が形式的で、政治の問題を慮り、臆して適正な権限を行使していないのではないか」と1月27日付けで検察に再捜査を勧告した経緯がある。

 両議員は、10日昼に、東京地方検察庁鶴田六郎検事正宛ての申入書を笠間治雄次席検事に提出した後、国会内で記者会見した。

 辻議員は、旧橋本派の会計責任者だった滝川元事務局長(有罪確定)の起訴のみで当初、一件落着が図られたが、政治家の指示を受けずに判断できたはずはないとの指摘を受けて、政治家の責任を追及し、村岡元官房長官の在宅起訴という方針へ検察の姿勢が転換された経緯は無視できないと訴えた。更に、それで事件の幕引きをしようとした姿勢は「おざなりな捜査といわざるを得ない」と改めて批判。橋本元首相、野中元自民党幹事長、青木自民党参院議員会長の関与について、厳正に捜査すべきと改めて求めたと語った。

 辻議員はまた、申入書を手渡した際に、特捜部長による最近のマスコミ批判発言にも言及。「検察のあり方は、予算委員会での質疑でも、国民の注目を集めている。不退転の決意で取り組まねば、信用を無くす」と見解を質し、「厳正に受け止める」との言質を確保したと述べた。

 永田議員は、衆院予算委員会の議事録削除を求めた件で、自民党の理事に「これ以上(政治とカネの)問題にこだわると、(永田議員の)問題を自民党は全調査能力を挙げて洗っているから、これくらいにしておいたほうがよいのではないか」と言われたことなど、やりとりが交わされた経緯と内容を説明。「自分は恫喝しているつもりがないから恫喝ではない、というのは何の事実の証明にもならない。言われた方がどのようにとるかが重要」と述べ、引き続き政治とカネの問題に取り組む姿勢を示した。

 http://www.dpj.or.jp/news/?num=4357

永田・辻両議員、日歯連ヤミ献金事件解明に向け地検に再捜査申入れ
2005/04/28

 民主党の永田寿康、辻惠両衆院議員は28日、東京地方検察庁に対し、政治資金規正法違反の疑いで告発を受けながら不起訴となった自民党の佐藤勉衆院議員と同党の元宿仁事務局長に対する十分な審査を求める申し入れを行った。

 両被疑者は日本歯科医師連盟(日歯連)から自民党の政治資金団体を通じた迂回献金問題で、政治資金規正法違反の疑いで告発を受けて不起訴となった。それに対して東京第1検察審査会は14日に不起訴不当の議決をし、「迂回献金はマネーロンダリング的隠ぺい工作と言わざるを得ず、日常的に行われていることもうかがわれ、一般国民の健全な常識から判断して不起訴は極めて不当」と指摘している。

 申し入れ後に国会内で会見を行った永田議員は「東京第1検察審査会から指摘を受けながらも、捜査を進展させる姿勢を一切見せていない東京地方検察庁に対し、改めて申し入れを行った」と報告。同席した辻議員は「元宿事務局長の指示で日歯連から自民党の政治資金団体に一旦振り込まれたお金が佐藤議員に渡されたのは明らか」とした上で、「日歯連が佐藤側へ献金してほしい旨依頼して元宿に渡した資金は国民政治協会名義の預金口座及び自由民主党名義の口座への入金により他の資金と混同して特定された資金としての性質を維持しているとは断定し難い」とした東京地方検察庁が不起訴処分の理由を提示。重ねて東京地方検察庁が「関係各団体の収支報告書に現実の資金移動に従った記載がなされればその趣旨に合致すると認められる」としている点について辻議員は、「献金者と政治家の間に別の団体や口座が介在するというだけで、その報告義務から免れるということであれば、そもそもこの法律の実効性は失われてしまう」と述べ、政治資金規正法の基本理念が損われかねない事態だと、迂回献金事件の解明に取り組む必要性を改めて強く指摘した。

 http://www.dpj.or.jp/news/?num=6032

「1億円という大金を2年にわたってうやむやにしてきたわけだが、一会計責任者の権限でそんなことができるわけはない」 
「検察の捜査が形式的で、政治の問題を慮り、臆して適正な権限を行使していないのではないか」 
「検察のあり方は、予算委員会での質疑でも、国民の注目を集めている。不退転の決意で取り組まねば、信用を無くす」 
「迂回献金はマネーロンダリング的隠ぺい工作と言わざるを得ず、日常的に行われていることもうかがわれ、一般国民の健全な常識から判断して不起訴は極めて不当」 
「東京第1検察審査会から指摘を受けながらも、捜査を進展させる姿勢を一切見せていない東京地方検察庁に対し、改めて申し入れを行った」 
「献金者と政治家の間に別の団体や口座が介在するというだけで、その報告義務から免れるということであれば、そもそもこの法律の実効性は失われてしまう」 

もしも永田君が今でも存命で、民主党の代議士として存在をしていたら、上の様なことを
「自分の党の幹事長に対しても発言」
出来ていたでしょうかね・・・

そして、もうひとりの
「辻惠」
は、今は
「副幹事長様」 
として、小沢を守る立場にあるわけですが、こんなことを言っていたことは、もう
「全て忘れてしまった」
のでしょうね、きっと・・・・・・・・・




                https://politics.blogmura.com/conservative/img/conservative88_31.gif
       ブログランキング・クリックお願い m(__)m     
     ↓   ↓   ↓      
         【 にほんブログ村 ブログランキング 】
            ( こちらを“プチッ”とお願いします ) 

           ★『これでいいのか委員会』    

全2ページ

[1] [2]

[ 前のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事