【これでいいのか委員会・ Ever After】

安倍総理を支持し、戦後レジームからの脱却をさせまじとする朝日系や他の報道と戦います!!!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

.
さて、武田教授の過去の原発に関するブログ記事エントリーを見直しても
「核廃棄物の貯蔵所の問題に触れているのって、自分は見つけられない」 
でいるんですけどね・・・

                      ※ こちらも“プチッ”とお願いします→  にほんブログ村 政治評論
知の侮辱(9)・・・知に働けば角が立つ?


「知に働けば角がたつ。情に棹させば流される」とは夏目漱石の小説に有名なものですが、確かに理屈を言うと角がたち、そうかといって情に訴えると流されると言われるとさすが漱石!という感じです。

でも、私のこれまでの人生のいろいろな場面を振り返ってみると、知に働いたから角がたつのではなく、知に働いているのに情が絡むと角がたつという感じです。

たとえば、原発の問題で、原発推進派と反原発派の間で「知に働いたこと」は無かった様に思います。原発推進派は政府や権力者からの豊富な資金と権限をもって強引に原発を進めようとしましたし、それに対して反原発派も「知は要らない。運動だけ」ということで反原発運動を繰り返しました。

どちらが正しかったかというと、押し切ろうとした推進側が強引だったのが最初です。本当は国民が主人公なのですから、隠し事をせずに民主的手続きを貫く必要がありましたし、反原発側も民主主義の手続きを求める必要があり、その結果を尊重しないのは問題がありました。

日本では長く自民党が政権をとっていて、原発についてはハッキリと推進でした。ですから、全体として原発が推進されるのは民主的な国家として適切だったと思います。しかし、原発は作るけれど「核廃棄物の貯蔵所」はどこにも作れないという状態でした。

奇妙なことです。ある人がアパート経営を志して営業を開始したとします。その時に「部屋は快適ですが、トイレがついていません」と宣伝したら入居する人はほとんどいないでしょう。家主にとっては部屋は貸してもトイレがなければずいぶん、管理は容易になりますし、アパートも汚れません。

でも、「家賃は欲しいけれど、トイレを作るのはイヤだ」と言ったら、アパート経営アドバイザーから「それでは入居する人はいないでしょう。お金は欲しい。損はしたくないでは・・・」というでしょう。

大人なら原発を作って電気を買うなら核廃棄物の貯蔵所は必要です。私は「トイレの無いマンション」というのは反原発のスローガンとしては適切ではないと考えています。原発はトイレがないからダメというのではなく、原発も電気も核廃棄物貯蔵所も一緒に考えて賛否を言うようにしないと、いかにも子供のようです。

・・・・・・・・・
原発推進派と反原発派の人は「知に働くと角が立つ」ということで、まったく議論をせず、妥協点を探ることもしませんでした。この過程で原発の安全議論は硬直化し、「安全だ」という人と「危険だ」という人が感情的にいがみ合い、それが今度の福島の子供たちを被曝させる原因の一つになったのです。

かつての日本は社会が単純で、純情な人がほとんど、それにまれに見るほど庶民のことを考えるお殿様・・・という構成でした。だから、政治も人生もお殿様に任せておけば良かったのですが、今は違います。

選挙と代議員制度をとっている日本で、「何が民意なのか?」ということもハッキリしていないと感じます。歴代の首相の交代を見ても、マスコミが世論を形成するために特定の人の人気をあおり、その人が首相につくと突然マスコミが態度を豹変させて、悪いことばかりを報道するというのが続いています。

首相を選ぶときも政策的ではなく、選ばれた首相は直ちに考え方が変わるわけではないのに、マスコミは1ヶ月も経つと叩きにたたきます。今の原発再開問題も、「原発を再開するべきかどうか」についてのエネルギー、環境、安全性、温暖化などの主要な課題を議論することなく、「ストレステスト」なる用語だけが宙に浮いて活字が踊っているのでは、また同じことの繰り返しでしょう。

ここらへんで日本も「知に働いても角がたたない」という社会風土を作りたいものです。


(平成24年2月12日(日))
 http://takedanet.com/2012/02/post_19ff.html

ということで
『日本では長く自民党が政権をとっていて、原発についてはハッキリと推進でした。ですから、全体として原発が推進されるのは民主的な国家として適切だったと思います。しかし、原発は作るけれど「核廃棄物の貯蔵所」はどこにも作れないという状態でした』
という話なわけですが、確か武田教授は福島第1原発の事故以前は
「推進派」
だったわけですが、上に書いたとおり
「核廃棄物の貯蔵所の問題に触れたことなど一度も無い」
わけでして、当時は

原子力発電所で注意しなければならないのは、普通の事故ではなく原子爆弾のように核爆発事故が問題で、普通の事故は仕方がない。残念ながら現在の科学技術では事故は時々起こることで、それを嫌がっていたらそもそも電気は使えない。

 電気を使うことが良くないという考えもあり、電気の無い生活をするなら別だが、自分が電気を使って快適な生活をしているのに、普通の事故も起こってはいけないと言うわけにはいかないのだ。無い物ねだりはいけない。 

http://takedanet.com/2007/04/post_5741.html

なんてことを言っていたわけですからね・・・・・・・・・・・・・







  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
             《これでいいのか委員会》
                         https://politics.blogmura.com/img/politics88_31.gif
       にほんブログ村 政治評論
                     ( こちらを“プチッ”とお願いします ) 

              ↓ 下のブログ記事もぜひご覧ください ↓  
 
http://x8.huruike.com/bin/ll?150576000
アクセス解析
.
さて、なんとも
「不幸なお話し」 
 です・・・

                      ※ こちらも“プチッ”とお願いします→  にほんブログ村 政治評論
雪遊びイベント中止に=「放射性物質心配」の声―青森の630キロ無駄に・沖縄
時事通信 2月21日(火)18時36分配信

 那覇市と海上自衛隊第5航空群(同市)は21日、23日に予定していた子ども向け雪遊びのイベントを中止すると発表した。雪は同航空群が青森県十和田市から搬送したが、沖縄県に自主避難している父母らから、「放射性物質が含まれているのでは」と懸念する声が相次いだためという。イベントは2004年度から続く恒例行事で、中止は初めてという。

 イベント用の雪は約630キロ。八戸航空基地(青森県八戸市)の訓練に参加した隊員らが16日、十和田市内で集めてP3C哨戒機で運んだ。搬送時と到着時の2回、放射線量を計測した結果、過去の平常値と同じ水準だったという。

 一方、那覇市には2月中旬ごろから、東日本大震災後に自主避難してきた人たちから、会場となる児童館や市に対し、中止を求める声が10件程度寄せられた。市は20日、児童館で説明会を開催。集まった約20人の父母らに対し、放射線量の測定結果を伝え、危険性はないとして開催への理解を求めた。

 しかし、参加者からは「雪に含まれた放射能が溶けて空気中に拡散するのでは」「放射能汚染を避けるため沖縄に避難している。少しでも放射能が測定されているなら中止してほしい」などの声が上がった。 

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120221-00000109-jij-soci

ということで
「雪に含まれた放射能が溶けて空気中に拡散するのでは」
「放射能汚染を避けるため沖縄に避難している。少しでも放射能が測定されているなら中止してほしい」
ということのようで、もうなんというか
「放射脳はやはり放射能よりもはるかに怖い」
ということを実感する話ですね・・・・・・・・・・・





  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
             《これでいいのか委員会》
                         https://politics.blogmura.com/img/politics88_31.gif
       にほんブログ村 政治評論
                     ( こちらを“プチッ”とお願いします ) 

              ↓ 下のブログ記事もぜひご覧ください ↓  
 
http://x8.huruike.com/bin/ll?150576000
アクセス解析
.
さて、さすがに
「社長の息子がシャブ中」 
な会社ですね・・・

                      ※ こちらも“プチッ”とお願いします→  にほんブログ村 政治評論
朝日新聞記者、覚醒剤使用容疑で逮捕…容疑否認
読売新聞 2月22日(水)11時53分配信

 覚醒剤を使ったとして、警視庁渋谷署が今月18日、朝日新聞東京本社文化くらし報道部記者の新谷(しんたに)祐一容疑者(33)(東京都江東区白河)を覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕していたことがわかった。

 同署幹部によると、新谷容疑者は2月上旬から18日の間に、覚醒剤を使用した疑い。別の覚醒剤事件の捜査の過程で新谷容疑者の名前が浮上、捜査員が18日に任意同行を求めて尿検査をしたところ、陽性反応が出たという。新谷容疑者は調べに対し、容疑を否認しているという。同署で入手ルートなどを捜査している。

 朝日新聞によると、新谷記者は、2001年4月入社、10年6月から東京本社文化くらし報道センター(現・文化くらし報道部)に勤務。美術と囲碁の取材を担当していたという。

 朝日新聞社広報部の話「記者が逮捕されたことを重大に受け止めています。事実確認を急ぎ、厳正に対処します」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120222-00000499-yom-soci 

ということで、朝日新聞も大相撲での力士が大麻をやっていたときには
「かなりのテンションで批判」
をしていた記憶がありますので、確か大相撲は
「当時の理事長だった北の湖は辞任」
しているはずですので、最低でも
「社長辞任」
はしてもらわないといけませんね・・・



まぁ、しかし、朝日新聞って
「微妙な会社」
ですね・・・・・・・・・・・・・・・・・・




  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
             《これでいいのか委員会》
                         https://politics.blogmura.com/img/politics88_31.gif
       にほんブログ村 政治評論
                     ( こちらを“プチッ”とお願いします ) 

              ↓ 下のブログ記事もぜひご覧ください ↓  
 
http://x8.huruike.com/bin/ll?150576000
アクセス解析

開く トラックバック(1)

.
さて、名古屋の人はどう思うのか分かりませんが
「わたし的には、願ったりかなったり」 
ですが・・・

                      ※ こちらも“プチッ”とお願いします→  にほんブログ村 政治評論
名古屋市との交流停止=河村市長の発言受け―中国南京市
時事通信 2月22日(水)1時39分配信

 【北京時事】中国江蘇省南京市政府は21日夜、河村たかし名古屋市長が20日、市役所を表敬訪問した姉妹都市の南京市共産党委員会幹部と会談した際、旧日本軍による1937年の南京事件は「なかったのではないか」と述べたことを受け、名古屋市との交流を一時停止すると明らかにした。

 南京市政府が外事弁公室報道官の話として南京市のミニブログ「微博」で発表した。それによると「河村市長は南京大虐殺の史実を否定し、南京人民の感情を著しく傷つけた」と批判している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120222-00000009-jij-int 

ということで、ようするに、中国は
「思いっきり偏った自分の考えは主張するけれど、コメントを受け付けなかったり承認制をかけたりするブロガーと同じ」
ですね・・・・・・・・・・・




  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
             《これでいいのか委員会》
                         https://politics.blogmura.com/img/politics88_31.gif
       にほんブログ村 政治評論
                     ( こちらを“プチッ”とお願いします ) 

              ↓ 下のブログ記事もぜひご覧ください ↓  
 
http://x8.huruike.com/bin/ll?150576000
アクセス解析
.
さて、完全に戦後の
「一国平和主義がここに蘇った」 
という感じですね・・・

                      ※ こちらも“プチッ”とお願いします→  にほんブログ村 政治評論
震災がれき、処分済みは5%=広域処理進まず―環境省
時事通信 2月21日(火)11時19分配信

 環境省は21日、東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島3県沿岸部(福島の警戒区域を除く)のがれきの処理状況を公表した。計2252万8000トンのがれきのうち、埋め立てや再利用などの最終処分を終えた量は、20日時点で計117万6000トンと全体の5%にとどまった。

 同省は岩手、宮城両県の木材がれき400万トンを被災地外で広域処理を行うことを想定している。しかし、現在は東京都や山形県が受け入れているだけ。2014年3月末までに全てのがれきを最終処分する政府目標の達成は厳しい状況という。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120221-00000048-jij-pol 

ということで、ある時期に社会党などが
「第二次大戦後日本が戦争に巻き込まれないのは平和憲法があるからだ」
というような話で、やたらと
「一国平和主義」
を憲法改正への反対の理由としてあげていたわけですが、今の瓦礫処理に対する一部の反対の声は
「まるでこれと同じ」
なような気がしますね・・・・・・・・・





  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
             《これでいいのか委員会》
                         https://politics.blogmura.com/img/politics88_31.gif
       にほんブログ村 政治評論
                     ( こちらを“プチッ”とお願いします ) 

              ↓ 下のブログ記事もぜひご覧ください ↓  
 
http://x8.huruike.com/bin/ll?150576000
アクセス解析

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事