【これでいいのか委員会・ Ever After】

安倍総理を支持し、戦後レジームからの脱却をさせまじとする朝日系や他の報道と戦います!!!

「政治倫理」「政治とカネ」

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全76ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

.
さて、そうなると
「次に民主党が野党になった時には、問責決議は出せなくなる」 
ってことでいいわけですね・・・

                      ※ こちらも“プチッ”とお願いします→  にほんブログ村 政治評論
首相「職務遂行に全力を」2閣僚続投させる考え
読売新聞 12月9日(金)17時38分配信

 野田首相は9日夕、臨時国会閉会を受け記者会見し、一川防衛相と山岡消費者相への問責決議が可決されたことについて、「大変残念だが厳粛に受け止めなければならない」とした上で、「懸案事項は山積している。襟を正し、職務遂行に全力をあげてほしい」と述べ、改めて続投させる考えを示した。

 一方、臨時国会で国家公務員給与削減法案や郵政改革法案、労働者派遣法改正案が継続審議になったことについて、「じくじたる思いだ。次期通常国会で出来るだけ早期に成立を期したい」と述べた。  

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111209-00000880-yom-pol

ということで、民主党への政権交代で変わった事は
《外国人から献金を受けても、外国人だとはしらなかったといえば済まされる様になった》
《政治資金収支報告書への記載の不正があっても、後に訂正すればいいことになった》
《政治家が起訴をされても、議員辞職も党員離脱もしなくてもいいことになった》
《問責決議を受けても、大臣は辞めないで続けていいことになった》
ということばかりですね・・・・・・・・・・・






  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
             《これでいいのか委員会》
                         https://politics.blogmura.com/img/politics88_31.gif
       にほんブログ村 政治評論
                     ( こちらを“プチッ”とお願いします ) 

              ↓ 下のブログ記事もぜひご覧ください ↓  
 
http://x8.huruike.com/bin/ll?150576000
アクセス解析
.
さて、こうなっちゃうと
「政治倫理も国民の政治への信頼もくそもない」 
状況ですね・・・

                      ※ こちらも“プチッ”とお願いします→  にほんブログ村 政治評論
鈴木宗男「出所」祝う会に集まった顔ぶれ異様―エッ、あの人まで!?
2011/12/ 7 13:17

受託収賄で懲役2年の刑に服していた新党大地代表の鈴木宗男・前衆院議員(63)が、収監からちょうど1年目のきのう6日(2011年12月)朝、仮釈放になった。国会内で会見した鈴木は「生涯政治家だ」と政界復帰と裁判の再審請求への意欲を示した。

会見の後、「帰りを祝う会」が開かれた。集まったのは与野党の国会議員を中心に100人以上。収監される前に開いた「送る会」に出た顔ぶれとほぼ同じというが、政界での鈴木の特異な地位をよく表していた。

祝う会でまず登場したのは小沢一郎・民主党元代表で、「鈴木先生をまたお迎えすることができて嬉しい。従来と変わらず友情とご指導を」と型通りにあいさつ。 これはまあ、読みようによってどうにでも読める人。続いて鳩山由紀夫氏も、「ひとなつこい鈴木宗男先生のお顔を久しぶりに拝見して、ホントに嬉しく思っています。お帰りなさい」とあいさつ。さらに「私どもも一緒にがんばるので、日本の未来のために闘ってください」とやった 。ここで「モーニングバード」は古い映像を持ち出して意地悪。これが面白い。2002年に鳩山は鈴木について「こういった政治家が日本にいるということが実に恥ずかしい思いであります」とやっていた。

「鈴木宗男さん、お帰りなさい。おめでとうございます」と握手したのは福島瑞穂社会党党首。「1人の国会議員としてがんばり抜かれている時に、本当に心から尊敬しました」とあいさつした。 しかし彼女もまた、02年には「鈴木宗男はけしからん。下品なとんでもない国会議員だ。そう思います」とぶっていた。

会場には他にも、かつて鈴木を「疑惑のデパート」「疑惑の総合商社」と追及した辻元清美議員(当時は社会党)が微笑んでいる姿もあった。元外務省の佐藤優氏は「私の仕事で鈴木さんを巻き込んだんですよね。ごめんなさい」と土下座して謝った。

こうした歓迎に気をよくしたのか鈴木は、「声なき声をしっかり受け止めて、鈴木宗男なりの生き様をしたいと思っています」と真面目にあいさつをしていた。

司会の羽鳥慎一「議員さんの関係がよくわからない。どうなってるんですか」

田畑正(テレビ朝日政治部長)は「政治家ですね。まあ、批判する時はあっても手を握ることもある」とつまらない答え。「今後5年間は立候補はできませんし…」と、そんなことはどうでもいい。鈴木批判が吹き荒れたときのことをもっとやってほしいところ。

羽鳥は「複雑な関係ですね」といったが、本気でそう思ってるんじゃあるまいね。この男、妙に食えないところがある。


  http://www.j-cast.com/tv/2011/12/07115548.html?p=all

ということで、いまさらですが
「過去はこういうことだったわけでして…」
                        ↓ ↓ ↓
元衆議院議員鈴木宗男被告の有罪判決について(談話)
2004年11月5日

社会民主党全国連合
幹事長 又市 征治

製材会社から林野庁への口利きを依頼され500万円を受け取ったとするあっせん収賄罪、開発局工事に係わり600万円を受け取ったとする受託収賄罪に加え、政治資金規正法違反(虚偽記載)、議院証言法違反(偽証)の4つの罪に問われた元北海道開発庁長官・元衆議院議員鈴木宗男被告に東京地裁は懲役2年・追徴金1,100万円の実刑判決を下した。鈴木被告にかけられた容疑は疑惑の一端に過ぎず、鈴木被告には判決を重く受け止め事件の全貌を明らかにすべき責任がある。同時に一人鈴木被告に関する判決ではなく、疑惑に答えることなく、国民を欺き続けてきた自民党そのものの政官業癒着、金権腐敗体質に対する断罪であり、自民党・小泉政権は自らのこととして猛省すべきである。

本来、政治家をめぐる疑惑については、国会がその解明に全力を尽くし、責任の所在と再発防止に向けた手立てを明確にすることこそ国民に対する責務である。振り返ってみると、支援委員会やODAをめぐる様々な疑惑の全容を解明するための再証人喚問を拒み、議員辞職勧告決議案の本会議上程を二度も葬り続けてきた。いままた日歯連疑惑についても、与党は証人喚問や予算委員会の集中審議に全く応じようとはせず、国会の自浄能力の発揮を否定し、国民の政治不信を拡大し続けていることは断じて許されない。

鈴木事件を契機にした世論の高まりに対し、与党は公共事業受注企業からの献金規制についてポーズを示すだけで、結局はあっせん利得処罰法の「骨抜き改正」でお茶を濁してきた。そして今回も政治資金規正法について、小手先の弥縫策で疑惑に幕を引こうとしている。「自民党をぶっ壊す」と言いながら、政治改革に背を向け、スローガン倒れで実態には何も切り込まず、金権腐敗体質を隠し温存しようとする自民党・小泉政権の政治姿勢は何ら変わっていない。

近年の「政治とカネ」をめぐる事件や疑惑は、同じ構造の繰り返しであり、政官業癒着構造や政権党の金権腐敗体質自体にメスを入れる、政治の「構造改革」こそ必要である。社会民主党は、「政治とカネ」に対する国民の信頼回復を目指し、関係者の証人喚問をはじめとする日歯連疑惑の徹底解明はもとより、再発防止のための政治資金規正法の強化改正の実現に向け、他の野党と結束して全力をあげるものである

http://www5.sdp.or.jp/central/timebeing04/danwa1105.html


2002/02/27
「鈴木疑惑は自民党体質の原点を問う問題」鳩山代表が会見



 27日、民主党の鳩山由紀夫代表は定例の記者会見を行い、自民党の鈴木宗男議員にまつわる数々の疑惑について、 「鈴木氏一人の問題ではない。自民党体質の原点だ」 と述べた。

 会見でまず鳩山代表は、鈴木議員の問題について、 「ODAで私腹を肥やし、公共事業で私腹を肥やし、さらに北方領土問題でも私腹を肥やしていた。とんでもないことだ。このような政治家が日本にいること自体が実に恥ずかしい」 と語気強く指弾。4野党共同で証人喚問実現を求めていく意向を明らかにした。

 同時に、官邸や外務省で“宗男切り”の動きがあることにも触れ、 「鈴木氏一人の問題ではない。自民党の政治体質の原点にかかわる問題だ。第2、第3の鈴木宗男が、自民党内のいたる所にいる。これを断ち切るのが、真の構造改革だ」 と語った。

http://archive.dpj.or.jp/news/?num=1263


なんと言ったらいいのでしょうか
「ただただ呆れるのみ」
って感じでしょうかね・・・・・・・・・・・・・・




PS:はたのさんに教えていただいた画像も貼り付けて起きますね・・・(^_-)



                        ↓ ↓ ↓
     http://up3.viploader.net/pic/src/viploader1228379.jpg



                        ↓ ↓ ↓
     http://up3.viploader.net/pic/src/viploader1228380.jpg




  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
             《これでいいのか委員会》
                         https://politics.blogmura.com/img/politics88_31.gif
       にほんブログ村 政治評論
                     ( こちらを“プチッ”とお願いします ) 

              ↓ 下のブログ記事もぜひご覧ください ↓  
 
http://x8.huruike.com/bin/ll?150576000
アクセス解析
.
さて、政治もこれまでに理不尽なことが星の数ほどあったと思いますが
「これ以上の理不尽」 
はなかなか見つけられないのではないでしょうかね・・・

                      ※ こちらも“プチッ”とお願いします→  にほんブログ村 政治評論
鈴木元議員が仮釈放=収監から1年、午後に会見
時事通信 12月6日(火)8時9分配信

 受託収賄やあっせん収賄など四つの罪で懲役2年、追徴金1100万円の実刑が確定し、服役していた鈴木宗男元衆院議員(63)が6日、収監先の「喜連川社会復帰促進センター」(栃木県さくら市)から仮釈放された。鈴木元議員は午後、東京都内で記者会見する予定。

 午前7時55分ごろ、鈴木元議員を乗せた白い乗用車が同センターの車両出入り口から出た。元議員は後部座席に乗っており、表情はうかがえなかった。

 鈴木元議員は昨年12月6日に収監され、同センターで服役していた。刑期満了は来年4月の予定で、公選法の規定によりその後も5年間は立候補できない。

 鈴木元議員は北海道開発庁長官、官房副長官だった1997〜98年に2社から計1100万円の賄賂を受け取ったなどとして、一、二審で実刑判決を受け、昨年9月に最高裁が上告を棄却して確定。国会議員を失職した。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111206-00000031-jij-soci 

ということで、鈴木宗男は
《受託収賄・あっせん収賄・政治資金規正法違反・議院証言法違反の4件で有罪》
となっているわけですが、発覚した当時は
「民主党はこういう形で批判をし立件」
までしようとしていたはずなのですが・・・
                        ↓ ↓ ↓
2002/02/27
「鈴木疑惑は自民党体質の原点を問う問題」鳩山代表が会見



 27日、民主党の鳩山由紀夫代表は定例の記者会見を行い、自民党の鈴木宗男議員にまつわる数々の疑惑について、 「鈴木氏一人の問題ではない。自民党体質の原点だ」 と述べた。

 会見でまず鳩山代表は、鈴木議員の問題について、 「ODAで私腹を肥やし、公共事業で私腹を肥やし、さらに北方領土問題でも私腹を肥やしていた。とんでもないことだ。このような政治家が日本にいること自体が実に恥ずかしい」 と語気強く指弾。4野党共同で証人喚問実現を求めていく意向を明らかにした。

 同時に、官邸や外務省で“宗男切り”の動きがあることにも触れ、 「鈴木氏一人の問題ではない。自民党の政治体質の原点にかかわる問題だ。第2、第3の鈴木宗男が、自民党内のいたる所にいる。これを断ち切るのが、真の構造改革だ」 と語った。

http://archive.dpj.or.jp/news/?num=1263
…………………………………………………………………………………………
2002/03/14
4野党、来週早々にも鈴木議員を刑事告発



 野党4党の国会対策委員長は14日午後、国会内で会談し、来週早々にも鈴木宗男議員に対する刑事告発の手続きをとることで合意した。

 会談後に記者会見した民主党の熊谷弘国会対策委員長は、 「鈴木議員をめぐる疑惑のうち、ただちに刑事告発すべき行為が少なくとも数件にのぼっており、証拠隠滅を防ぐため、一刻も早く告発しなければならない。週末を挟んだ数日でこれらを精査し、告発の要件を整えることを4党で確認した」 と報告した。

http://archive.dpj.or.jp/news/?num=1427
…………………………………………………………………………………………
2002/03/15
鈴木宗男議員の自民党離党について(談話)



民主党幹事長 菅 直人

 本日、鈴木宗男議員が自民党を離党した。しかし、依然として議員辞職に応じる構えは見せていない。あくまでも離党は自民党内の問題であり、鈴木議員が国会議員として不適格であることに何ら変わりはない。

 とりわけ鈴木議員は北海道比例区選出議員であり、その性格上、小選挙区選出議員の場合に比べて自民党の責任はより大きく、われわれが求めている再喚問および議員辞職勧告決議案の採決に応じるかどうか、その姿勢が厳しく問われている。あわせて、自民党とともに連立政権を構成する公明党、保守党についても、その対応に注目したい。

 わが党は、他の野党と共同し、引き続き偽証の告発を含めた疑惑の全容解明と鈴木議員の辞職、ひいては小泉内閣そのものが内包する政と官の癒着構造の追及に全力を挙げていく。

http://archive.dpj.or.jp/news/?num=11361
…………………………………………………………………………………………
2002/08/21
「鈴木議員の追起訴で自民党体質が問われる」鳩山代表



 21日の定例記者会見で民主党の鳩山由紀夫代表は、北海道開発局発注の公共工事をめぐる汚職事件で同日、東京地検特捜部が元北海道開発庁長官の衆議院議員・鈴木宗男容疑者とその政策秘書を受託収賄罪で追起訴した件に言及。 「ここまで罪を重ねてきたのはまさに自民党体質」 と述べ、政権交代による政治の転換を強く呼びかけた。

 鈴木議員が林野庁の行政処分をめぐるあっせん収賄事件に続き2度目の起訴を受けたことについて、鳩山代表は 「ここまで罪を重ねてきたのはまさに自民党体質に他ならない。自民党体質そのものが鈴木議員をして、あのような行為を行わせたのだ」 と自民党政治そのものを厳しく批判。もう一度国民の世論を喚起し、鈴木議員を辞職に追い込んでいくとともに、歪んだ中央集権政治への大きな問題提起と理解し、国替えともいえる大変革を呼び起こしたい、と述べた。

 また、特捜部が鈴木議員に対し、3月に行われた衆議院予算委員会の証人喚問における議員証言法違反(偽証)容疑でも立件する方針であることについては、 「私ども民主党がたびたび指摘してきた鈴木宗男議員の偽証がまさに裏付けられたことになる。こうした事態にあっては、予算委員会を早急に行うことが必要」 として、閉会中審査を求めていく考えを示した。

http://archive.dpj.or.jp/news/?num=11361


ところが、民由合併を契機に小沢一郎の選挙対策等に乗っかって
「選挙協力に始まって」
最終的に、政権交代後には
「衆議院外務委員長」
に就任するということになり、これは
「懲役2年の実刑判決が確定し、身柄を収監される見通しとなって、議員の資格がなくなるまでその地位にいた」
ということでして、もしも子どもに
「あんなに民主党はこの人を追及していたのに、どうしてそのあと仲良くなったの」
と聞かれて、上に書いたように
「民主党が選挙に勝つために、仲良くするようになったんだよ」
と答えたら、それを聞いた子どもは
「日本の政治に対してどのような印象」
を持つことになるでしょうね・・・・・・・・・・



          http://archive.dpj.or.jp/news/files/k2(3).jpg




  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
             《これでいいのか委員会》
                         https://politics.blogmura.com/img/politics88_31.gif
       にほんブログ村 政治評論
                     ( こちらを“プチッ”とお願いします ) 

              ↓ 下のブログ記事もぜひご覧ください ↓  
 
http://x8.huruike.com/bin/ll?150576000
アクセス解析
.
さて、この手の話も
「自民党政権時代だったら、テレビが連日大騒ぎで扱っていた」 
わけでしたけどね・・・

                      ※ こちらも“プチッ”とお願いします→  にほんブログ村 政治評論
政治活動費でキャバクラ=「今後控える」―岩本農水副大臣
時事通信 12月1日(木)16時13分配信

 農林水産省の岩本司副大臣は1日の記者会見で、キャバクラやクラブでの飲食代を自身の資金管理団体が政治活動費として支出していたことを明らかにした。岩本氏は「後援者との懇親会だった。国民に誤解を招くことは今後控えたい」と語った。

 2010年の政治資金収支報告書によると、支出先には今年6月に風営法違反容疑で警視庁の家宅捜索を受けた東京・西麻布の店舗も含まれていた。岩本氏は「会合が重なっている場合もあり、これは(政治活動費から)外そうという余裕がなく、そのまま事務所に領収書を渡した。女性と遊ぶのが目的だったら、当然自分で払っていた」などと釈明した

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111201-00000104-jij-pol

違法キャバクラ、高級ブランド贈答品…センセイたちの奔放な政治活動
産経新聞 12月1日(木)10時50分配信

 違法キャバクラでの飲食代、高級ブランドの贈答品…。30日に公表された昨年の政治資金収支報告書からは、国会議員のセンセイたちの奔放な“政治活動”の姿が浮かび上がった。

 ■半分以上が夜の店

 岩本司農林水産副大臣の「岩本つかさ後援会」は、64件あった「交際費」のうち35件と半数以上が、高級クラブやキャバクラ、ディスコなど“ナイトスポット”での支出。「組織拡大費」名目でもキャバクラの支出が1件あり、支出総額は約85万円に及ぶ。

 岩本事務所によると、いずれも岩本氏本人が同席。後援会幹部と懇談を行ったといい、「不正でない」と回答した。だが利用した店舗には、風営法違反容疑で摘発された「違法キャバクラ」が2件もあるなど、風紀上の問題はありそうだ。

 例えば、岩本氏が出席し、飲食代1万8千円を計上した東京・西麻布の会員制キャバクラ店は今年6月、警視庁が無許可営業の疑いで摘発。当時の報道によると、ホステスの胸の谷間に客がチップの一万円札を挟み、奪い合わせるなど過激なサービスが売りだった。「政治家も御用達」と報じられ、話題になった。

 ■高級品を土産に

 大阪・ミナミのスナックの飲食代を組織対策費に計上したのは前田武志国土交通相の「前田武志会」。事務所担当者は「当時の政策秘書が領収書を持ってきたが、スナックと見破れなかった」と話す。また前田氏が代表の「民主党参議院比例区第48総支部」でも、同支部の関係者が打ち上げで利用したキャバクラ代が計上されていた。今後返金を求めるという。

 さらに前田武志会は政治資金パーティーの経費に「割りばし代」10万2438円を計上。地元・奈良県産の特別な割りばしで、パーティーの参加者約600人に土産として渡したが、「1千人ほど来ると思ったが見通しが甘く余ってしまった」(担当者)という。

 山岡賢次国家公安委員長の「賢友会」は、高級陶磁器ブランド「ロイヤルコペンハーゲン」のデンマーク本店で、6万5985円分の贈答品を購入。商品名や贈り先は不明だが、議員事務所は弁護士を通じて「すべて適法かつ適切に処理している」とコメント。

 民主党の小沢鋭仁元環境相の「小沢さきひとを育てる会」と松崎哲久衆院議員の「基本政策研究会」は昨年7月の参院選にからむ公職選挙法違反(買収)事件で、有罪判決が確定した男性社長(57)から個人献金などを受領していた。

 小沢氏の団体は昨年4月と11月に各50万円計100万円をパーティー券代として受領。松崎氏の団体は100万円分のパー券を販売したほか、100万円の献金も受けていた。両議員の事務所とも「古くからの知人だった」としている。
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111201-00000511-san-pol

ということで
「本当に酷いもの」
ですね・・・


で、テレビは一応アリバイ的に
「一度だけ各番組で報道」
をするだけで、それ以上の追求は民主党政権になってからやらなくなりましたね。


草葉の陰で、松岡農水大臣も、きっと
「悔しい思い」
をされている事でしょうね・・・・・・・・・・・






  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
             《これでいいのか委員会》
                         https://politics.blogmura.com/img/politics88_31.gif
       にほんブログ村 政治評論
                     ( こちらを“プチッ”とお願いします ) 

              ↓ 下のブログ記事もぜひご覧ください ↓  
 
http://x8.huruike.com/bin/ll?150576000
アクセス解析
.
さて、民主党に政権交代をして以来
「この手のことはこういう話で終了」 
するようになってしまいましたね・・・

                      ※ こちらも“プチッ”とお願いします→  にほんブログ村 政治評論
首相、外国人献金は計47万円 26日に全額返却
産経新聞 10月31日(月)15時57分配信


 野田佳彦首相は31日、衆院本会議で、政治資金規正法で禁じられている外国人からの献金について、2人から計47万1千円を受け取っていたことを認めた。自民党の谷垣禎一総裁の代表質問に対する答弁。

 首相は、一人から平成18年までに26万1千円、もう一人からは平成15年までに21万円を受け取っていたことを明らかにした上で「10月26日に全額を返金した。日本人名での寄付であり、外国籍と気が付かなかった」と釈明した。

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111031-00000541-san-pol

ということで、本当に民主党への政権交代以来
「政治と金を含む政治倫理」
に関する話は、本当に
「ユルくなってしまいましたね・・・・・」




  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
             《これでいいのか委員会》
                         https://politics.blogmura.com/img/politics88_31.gif
       にほんブログ村 政治評論
                     ( こちらを“プチッ”とお願いします ) 

              ↓ 下のブログ記事もぜひご覧ください ↓  
 
http://x8.huruike.com/bin/ll?150576000
アクセス解析

全76ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事