【これでいいのか委員会・ Ever After】

安倍総理を支持し、戦後レジームからの脱却をさせまじとする朝日系や他の報道と戦います!!!

歴史認識問題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
.
さて、玄葉も
「思ったとおりの腰抜け」 
ですね・・・

                      ※ こちらも“プチッ”とお願いします→  にほんブログ村 政治評論
名古屋市長の「南京事件」発言問題、自治体間に解決委ねる 玄葉外相
産経新聞 3月2日(金)14時57分配信

 玄葉光一郎外相は2日午前の記者会見で、「南京事件」をめぐる河村たかし名古屋市長の発言で、開催予定だった江蘇省南京市内での日中共催の交流イベントが延期された事態について「基本は自治体間だ」と述べ、名古屋市と南京市の交渉に委ねる考えを示した。

 その上で「(国交正常化)40周年にふさわしい形でイベントが実施できるよう、さまざまな検討をしていかなければいけない」と述べた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120302-00000551-san-pol 

ということで、本当に
「へたれ」
ですね・・・


「へりくだらないと友好状態が続かない」
なんていう関係だったら
「とっとと破棄すればいい」
だけの話でしょう・・・・・・・・・・・・





  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
             《これでいいのか委員会》
                         https://politics.blogmura.com/img/politics88_31.gif
       にほんブログ村 政治評論
                     ( こちらを“プチッ”とお願いします ) 

              ↓ 下のブログ記事もぜひご覧ください ↓  
 
http://x8.huruike.com/bin/ll?150576000
アクセス解析
.
さて、これで引いたら
「まさに国を売った」 
ってことになりますね・・・

                      ※ こちらも“プチッ”とお願いします→  にほんブログ村 政治評論
<河村市長発言>中国で批判拡大 観光業界も困惑
毎日新聞 2月27日(月)14時4分配信

 南京事件を否定した河村たかし名古屋市長の発言に中国から批判が噴出し、中部地方の観光業界が困惑している。国土交通省中部運輸局は中国人観光客誘致を図る官民一体の新プロジェクトを1月にスタートさせたばかりだが、中国では名古屋旅行ボイコットを呼び掛ける声がインターネット上に飛び交う。市長発言による「関係悪化」の事態は収拾に向かうのか、観光業界関係者も注視している。

 「名古屋旅行ボイコット呼び掛け相次ぐ」と、中国の人民日報(電子版)が23日報じた。同紙によると、河村市長発言を受け、インターネットの掲示板などには「名古屋旅行をしばらくやめ、市長に地雷を踏んだことを知らしめよう」「名古屋ボイコット賛成」といった書き込みがあるという。

 日本政府観光局によると、昨年1年間に日本を訪れた外国人は約621万人。トップは韓国人の約165万人で、中国人は2位の約104万人と全体の15%強を占める。

 購買意欲が旺盛な中国人観光客を中部地方に呼び込むため、中部運輸局は、石川県を竜の頭に、三重県を竜の尾に見立てる「昇竜道プロジェクト」を1月から開始。今月22日にはプロジェクト推進協議会の3月発足を記者会見で発表したが、その2日前に河村市長の「南京事件否定発言」が飛び出した。

 ある観光業界関係者は「せっかくの機運に水を差した。個人の意見ならともかく、公人としての立場を考えるべきだ」と河村市長を批判する。別の関係者は「中国人観光客の減少は避けられないのではないか」と悲観的だ。

 中国人の日本への旅行を扱う代理店「中国旅行サービス」(名古屋市中区)は「影響はまだ出ていないが、騒ぎが広がるのは困る」と戸惑う。名鉄グループは昨年2月、鉄道、百貨店など18社の「使節団」を南京に派遣するなど中部地方の観光をPRしてきた。それだけに「現地の反応を注視したい」(名鉄秘書広報部)と早期の事態収拾に期待する。

 一方、中部運輸局の甲斐正彰局長は「やるべきことをやり、管内9県の観光を盛り上げていくだけ」と語る。
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120227-00000035-mai-soci

ということで、こういう話は
「売国マスコミが好んで使うやり方」
で、さすがに
「毎日新聞」
って感じです・・・


で、きっと売国テレビ局も
「この話に乗っかる」
のでしょうね・・・・・・・・・・・・・・・・・





  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
             《これでいいのか委員会》
                         https://politics.blogmura.com/img/politics88_31.gif
       にほんブログ村 政治評論
                     ( こちらを“プチッ”とお願いします ) 

              ↓ 下のブログ記事もぜひご覧ください ↓  
 
http://x8.huruike.com/bin/ll?150576000
アクセス解析
.
さて、別記事のコメントでも書きましたが
「今朝の朝ズバは一段と酷かった」 
わけでして・・・

                      ※ こちらも“プチッ”とお願いします→  にほんブログ村 政治評論
 <河村市長>南京事件否定発言 撤回の考えないことを明言
毎日新聞 2月22日(水)22時1分配信

 河村たかし名古屋市長は22日、東京都千代田区の日本記者クラブで記者会見し、南京事件を否定する発言をした根拠について「目撃者がほとんどいない。(これが)かなり決定的」と述べ、撤回する考えのないことを強調した。姉妹都市提携を結んでいる中国江蘇省・南京市はすでに交流の一時停止を発表しており、両市の関係が一層、ぎくしゃくすることは避けられない情勢となっている。

 河村市長は20日、名古屋市役所を表敬訪問した中国共産党南京市委員会の劉志偉常務委員らと会談し、「通常の戦闘行為はあって残念だが、南京事件というのはなかったのではないか」と発言。南京市は市民感情が傷つけられたなどとして21日、名古屋市との交流停止を発表した。

 河村市長は22日の日本記者クラブでの会見で、南京事件に関する自身の発言について「裏で言うより堂々と言うべきだ。うそだったら、その時にたたきのめしてくれればいい」と述べ、南京市政府に現地で討論会を開くよう引き続き求める考えを示した。

 また、数年前、米国の高校教科書副読本に「日本人が南京で数十万人虐殺した」と記載されていることを知り、「ショックを受けた。史実を明らかにすべきだと思った」と説明。南京事件の被害者数について「ロサンゼルスの副読本で数十万人、中国の主張は30万人、東京裁判は20万人、一部の学者が3万〜4万人、庶民の虐殺はなかったと、いろんな幅がある」と語った。【福島祥、三木幸治】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120222-00000102-mai-soci

ということで、今朝の朝ズバでの反応です・・・
                        ↓ ↓ ↓
「南京虐殺なかった」河村発言に「交流一時停止」「名古屋行くな」
2012/2/23 12:55

「日本軍による南京大虐殺はなかったのではないか」

名古屋市の河村たかし市長のこんな発言が波紋を呼んでいる。友好都市の提携を結ぶ南京市からは「交流の一時停止」を通告されたり、中国のネットには「名古屋に行くな」などと書き込みが相次いでいるという。

この問題は両政府間で共同研究がおこなわれ、一応の決着がついたはずなのに、なぜ今ごろになってこんな発言をしたのか。

ことの発端は2月20日(2012年)の定例記者会見での河村市長の次のような発言だ。

「戦闘行為があって多くの方が亡くなられたことは事実だが、一般市民に対する虐殺行為はなかったのではないか」

河村発言の根拠は、市長の父親が終戦時に南京市民に温かいもてなしを受けており、「虐殺が行われていたらそうした対応はなかったはずだ」と言うことだった。同様の話は、この日にたまたま名古屋市を訪問中の南京市幹部にも伝えられたらしい。

仲間内でつぶやく程度ならともかく、記者会見でやられては中国側も黙ってはいられない。当然、中国外務省の報道官は反発し、南京市も21日に1978年以来続いてきた友好都市の交流を「一時停止する」と発表した。

これに対し、「撤回ないし謝罪の考えはないのか」と問われた市長は、「ありません。そういうものでは全然ありませんので」と応えている。

                http://www.j-cast.com/tv/images/2012/tv123076_pho01.jpg

早大大学院の北川正恭教授は「個人の立場で言うならともかく、公人の立場で外交問題を言ったらその責めは本人が厳しく負わなければいけない。ちょっと軽率」

東京新聞の金井辰樹政治部次長もこう批判する。「小泉総理が靖国参拝で(中国側と)こじれた時に、両国で共同研究した。虐殺数は両論併記だったけれども、『日本側に責任がある』という文章をまとめている。それが前提としてある中で(河村発言は)ちょっと逸脱している」

司会のみのもんたが南京市の記念館を訪れた時の印象を次のように語った。「一番思い出があるのは、NHKの記者が見学に来ていた中国の若い学生に、『これからの日本との関係をどう思うか』と尋ね、その学生は1分間もカメラの前でじっと黙ったままでこう言った。『日本とはこれから仲良くしていかなければいけないと思います』。山のような証拠はウソじゃないんですよ。当時も写真という技術はありましたから…」

謀略あり、でっち上げありの戦火の中での事件。質の悪い情報が錯綜していたことは確かだが、だからといって公人が印象だけで蒸し返すのはいかがなものか。

http://www.j-cast.com/tv/2012/02/23123076.html?p=all


『個人の立場で言うならともかく、公人の立場で外交問題を言ったらその責めは本人が厳しく負わなければいけない。ちょっと軽率 (by北川正恭)』
「う〜ん」ですね・・・公人だからこそ譲れない話ではないのでしょうかね

『小泉総理が靖国参拝で(中国側と)こじれた時に、両国で共同研究した。虐殺数は両論併記だったけれども、『日本側に責任がある』という文章をまとめている。それが前提としてある中で(河村発言は)ちょっと逸脱している (by金井辰樹)』
間違いは間違いでしかないでしょう

『山のような証拠はウソじゃないんですよ。当時も写真という技術はありましたから…』
その写真のほとんどが捏造もしくは全く違うものを捉えたものであることは、すでに証明されているわけで


たまたまテレビでここ見ちゃいましたが、そんな事で
「今日はどうも朝から機嫌がイマイチ良くないわたし」
 です・・・・・・・・・・・・・・・







  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
             《これでいいのか委員会》
                         https://politics.blogmura.com/img/politics88_31.gif
       にほんブログ村 政治評論
                     ( こちらを“プチッ”とお願いします ) 

              ↓ 下のブログ記事もぜひご覧ください ↓  
 
http://x8.huruike.com/bin/ll?150576000
アクセス解析

開く トラックバック(2)

.
さて、名古屋の人はどう思うのか分かりませんが
「わたし的には、願ったりかなったり」 
ですが・・・

                      ※ こちらも“プチッ”とお願いします→  にほんブログ村 政治評論
名古屋市との交流停止=河村市長の発言受け―中国南京市
時事通信 2月22日(水)1時39分配信

 【北京時事】中国江蘇省南京市政府は21日夜、河村たかし名古屋市長が20日、市役所を表敬訪問した姉妹都市の南京市共産党委員会幹部と会談した際、旧日本軍による1937年の南京事件は「なかったのではないか」と述べたことを受け、名古屋市との交流を一時停止すると明らかにした。

 南京市政府が外事弁公室報道官の話として南京市のミニブログ「微博」で発表した。それによると「河村市長は南京大虐殺の史実を否定し、南京人民の感情を著しく傷つけた」と批判している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120222-00000009-jij-int 

ということで、ようするに、中国は
「思いっきり偏った自分の考えは主張するけれど、コメントを受け付けなかったり承認制をかけたりするブロガーと同じ」
ですね・・・・・・・・・・・




  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
             《これでいいのか委員会》
                         https://politics.blogmura.com/img/politics88_31.gif
       にほんブログ村 政治評論
                     ( こちらを“プチッ”とお願いします ) 

              ↓ 下のブログ記事もぜひご覧ください ↓  
 
http://x8.huruike.com/bin/ll?150576000
アクセス解析
.
さて、河村たかしの
「こういう部分は評価したい」 
のですけどね・・・

                      ※ こちらも“プチッ”とお願いします→  にほんブログ村 政治評論
河村市長「南京大虐殺なかった」…中国訪問団に
読売新聞 2月20日(月)20時8分配信

 名古屋市の河村たかし市長は20日、中国・南京市の共産党市委員会常務委員ら8人に対し、南京大虐殺について、「戦闘行為があって多くの方は亡くなったが、いわゆる虐殺はなかった」と持論を展開した。

 同日の記者会見で明らかにした。

 一行は友好都市である名古屋市の河村市長を表敬訪問。劉志偉常務委員らに対し、河村市長は「亡くなった父が1945年の終戦時に南京にいた時、地元住人にやさしくしてもらった。虐殺のようなことがあれば、対応が違っていたはず」などとして、南京市で討論会を開くことを提案した。

 河村市長は2009年9月の市議会で、中国が南京大虐殺の被害者を30万人としていることに対し「深い疑問がある。誤解されて伝わっているのではないか」と一般質問に答えた。名古屋市市長室国際交流課によると、河村市長は昨年12月5日、名古屋市役所を訪れた南京市の李(リ)副市長に対しても、大虐殺はなかったとする趣旨のことを発言している。  

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120220-00000971-yom-pol

ということで、元々自分はわりと河村たかしは好きな政治家だったわけで、その理由は
「歴史認識問題でのスタンスとその発言」
だったわけですが、ここ数年の減税一本やりと小沢一郎への秋波などでほとんど見限った次第でありますが、この話は
「よく言ってくれた」
と素直に思います・・・


まぁ、南京虐殺の話は、今一部で語られている
「福島第1原発の作業員がすでに200人も死んでいて、遺族には金で解決をして、コンクリート詰めにされて人知れず葬られている」
なんていう話とほとんど同類で、当時の事実を付き合わせていけば
「そんな事は不可能である」
ということは明白なわけです。


南京虐殺は、6週間から2ヶ月の間に30万人を殺した(殺された)という事を中国は主張しているわけですが、単純に計算すると
「1日5000人を殺して埋めていかないと話が合わない」
ことになってしまい、当時南京には最大で20万人の住民しかいなかったという事実とも照らし合わせると、もうこれだけで
「ありえない話」
なわけで、まぁ、中国がそういう話をしてくるのはいろいろな背景があるのでそれもありかなとは思いますが、信じられないのは
「日本人でもこれを信じてしまう馬鹿」
がいることで、しかもそれが
「国会議員の中にも存在している」
ということですね・・・・・・・・・・・




  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
             《これでいいのか委員会》
                         https://politics.blogmura.com/img/politics88_31.gif
       にほんブログ村 政治評論
                     ( こちらを“プチッ”とお願いします ) 

              ↓ 下のブログ記事もぜひご覧ください ↓  
 
http://x8.huruike.com/bin/ll?150576000
アクセス解析

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事