【これでいいのか委員会・ Ever After】

安倍総理を支持し、戦後レジームからの脱却をさせまじとする朝日系や他の報道と戦います!!!

歴史認識問題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
.
さて、今年も
「終戦の日」 
を迎えました・・・


                      ※ こちらも“プチッ”とお願いします→  にほんブログ村 政治評論
平和の願い、新たに=66回目の終戦記念日―東京で全国戦没者追悼式
時事通信 8月15日(月)6時1分配信

 66回目の終戦記念日を迎えた15日、政府主催の全国戦没者追悼式が東京都千代田区の日本武道館で開かれ、天皇、皇后両陛下と菅直人首相、遺族や政府関係者らが参列する。戦争の犠牲になった約310万人(軍人・軍属約230万人、民間人約80万人)の冥福を祈り、平和を誓う。

 式典では冒頭に菅首相が式辞を述べ、正午に1分間黙とう。天皇陛下のお言葉に続き、父がフィリピン東方海域で戦死した甲府市の河西佐智子さん(67)が遺族代表として、追悼の辞を読み上げる。

 厚生労働省によると、遺族の参列者で、最年長は夫を亡くした東京都多摩市の馬場宮子さん(97)、最年少は曽祖父が戦死した沖縄県うるま市の宮城海皇ちゃん(5)。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110815-00000006-jij-soci 

ということで、毎年の事で、毎年書いているような気がしますが、自分は
「8月15日前後に放送される終戦特番(ドラマを含む)は今はほとんど見ない」
ようにしています・・・


理由はただひとつで、この時期のその手の番組はほぼ例外なく
「終戦末期の悲惨な状況」
にフォーカスを当てて作ってしまっているわけで、もちろんそれも戦争の明らかな一幕ではありますが、しかし、自分の中ではあくまでも
「何故その戦争は始まってしまったのか」
という部分の方が、次の戦争を回避するためにもより大切な部分だと思っていますので、しかし日本では、開戦の日の前後にそういった内容の番組が放送されることもほとんどなく、その結果多くの日本人が
「あの悲惨な戦争は大きな間違いでしかなかった」
と思ってしまっているわけです。



しかし、実態は大きな歴史の流れの中で
「突入せざるを得ないような状況が巧みに仕組まれていった」
ということが事実なわけで、何も日本人は
「残虐で、武器を持たせたらやたらと他者を傷つけたがる民族」
なわけではないわけで、大日本帝国海軍が真珠湾を攻撃したことで、一番喜んだのは
「ルーズベルトとチャーチルだった」
ということを、日本人は全員知らなければいけないと思います・・・・・・・





        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
                     http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/32/0000171832/91/img59e9c293zik0zj.jpeg

                         https://politics.blogmura.com/img/politics88_31.gif
        にほんブログ村 政治評論
                     ( こちらを“プチッ”とお願いします ) 

              ↓ 下のブログ記事もぜひご覧ください ↓  
 
http://x8.huruike.com/bin/ll?150576000
アクセス解析

開く トラックバック(1)

.
さて、今度の広島市長は
「なかなか興味深い人」 
のようですね・・・

                      ※ こちらも“プチッ”とお願いします→  にほんブログ村 政治評論
広島市長、被爆者に「感謝を忘れてる人がいる」
読売新聞 6月17日(金)12時12分配信

 広島市の松井一実市長(58)が市役所で被爆者と面談した際、被爆者への援護施策について、「黒い雨などで被爆したから、医療費をまけてほしいとか、悪いことではないが、死んだ人のことを考えたら簡単に言える話かどうか」などと発言していたことがわかった。

 被爆者の間から反発の声が上がっている。

 市によると、松井市長は16日、被爆体験記を編集した男性と面談。男性が「(私がいたのは)爆心地から4キロも離れたところで被爆者というのは後ろめたいものがあった」と語ると、市長は「一番ひどいのは原爆で死んだ人。残った人は『死んだ人に比べたら助かっている』と言わない」と答えた。

 援護を求める被爆者に対しては、「『くれ、くれ』じゃなくて『ありがとうございます』との気持ちを忘れないようにしてほしい」と述べたうえで、感謝を忘れている人がいるとした。

 松井市長は、被爆2世としては初めて今年4月の市長選で当選。取材に対し、「言ったことは事実だ。説明責任はあるので疑問があれば丁寧に話す」と語った。

 自身も被爆者で、在外被爆者を支援する豊永恵三郎さん(75)は「被爆2世だと言うなら、もっと多くの被爆者の思いを知って発言するべきだ。認識が甘い」と話している。  

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110617-00000468-yom-soci

ということで
《『くれ、くれ』じゃなくて『ありがとうございます』との気持ちを忘れないようにしてほしい》
というのは
「真に正しい話」
だと思いますね・・・


取材対しての
《言ったことは事実だ。説明責任はあるので疑問があれば丁寧に話す》
という対応も
「立派」
です。



是非とも
「マスコミに負けずに、マスコミに影響されない自治」
を行って欲しいと思います・・・・・・・・・・



        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
                     http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/32/0000171832/91/img59e9c293zik0zj.jpeg

                         https://politics.blogmura.com/img/politics88_31.gif
        にほんブログ村 政治評論
                     ( こちらを“プチッ”とお願いします ) 

              ↓ 下のブログ記事もぜひご覧ください ↓  

開く トラックバック(2)

.
さて、戦犯指定をされた方々は
「しっかりとその罪を償った」 
わけですからね・・・

                    ※ こちらも“プチッ”とお願いします→【にほんブログ村 政治評論】
A級戦犯の減刑要請=終身刑の10人、「善行」理由に―外交文書
時事通信 12月22日(水)10時18分配信

 極東国際軍事裁判(東京裁判)で終身刑となった木戸幸一元内大臣らA級戦犯10人の減刑について、岸信介首相とダレス米国務長官との1957年6月の合意を踏まえ、日本政府がその他の関係国に働き掛けていた状況が、22日公開された外交文書で判明した。

 58年1月23日付公電などによると、日本政府は10人の減刑を米国を通じ、英国、フランス、カナダなど関係7カ国に非公式に打診していたが、目立った進展はなかった。こうした中、「(マッカーサー)在京米国大使から藤山(愛一郎外務)大臣に対し、本件促進のため、わが方(日本政府)からも直接関係国にその内意を打診しては如何(いかん)との示唆もあった」という。

 当時、10人は仮出所中。これを受け、外務省の板垣修アジア局長は同22日、関係国の一つパキスタンのマリク駐日大使と会い、「いずれも既に11年9カ月以上服役し、服役中も善行を続けてきておりかつ老齢でもある」として、直ちに刑期を終えるか15年に減刑するよう「好意的配慮を得たい」と要請した。大使は「趣旨は十分了承した」と応じた。

 A級戦犯の減刑には、サンフランシスコ平和条約と日本の国内法により、東京裁判に代表者を出した国の過半数の決定が条件だった。日本政府の要請は各国に受け入れられ、10人は58年4月7日付で、刑期を終えた。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101222-00000037-jij-pol

ということで、なかなか興味深い話ですが、結局のところ
「靖国神社へのいわゆるA級戦犯の方々の御霊を祀ることを良し」
としない人って
「自分の菩提寺で行われる死刑にされた殺人犯の葬儀を認めない」
という感覚と似ていますよね・・・

「死刑という刑罰で罪を償った」 
はずなのに・・・・・・・・




 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
                 https://politics.blogmura.com/img/politics88_31.gif
       ブログランキング・クリックお願い m(__)m     
     ↓   ↓   ↓      
            にほんブログ村 政治評論 
            ( こちらを“プチッ”とお願いします ) 
   
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
      ↓ 下のブログ記事もぜひご覧ください ↓  


.
さて、これはある意味
「当然の決定」 
だと思いますけどね・・・

                 ※ こちらも“プチッ”とお願いします→【 にほんブログ村 ブログランキング 】
オバマ氏、広島訪問見送り 脆弱な日米関係象徴 世論・中間選挙を勘案
産経新聞 9月19日(日)7時57分配信

 【ワシントン=佐々木類】「核兵器なき世界」を訴えるオバマ米大統領が11月の訪日の際に、被爆地・広島を訪問するかどうかが焦点となる中、米側が訪問の見送りを決めたことが18日までに分かった。複数の日米関係筋が明らかにした。不安定な日米関係の現状に加え、米大統領の被爆地訪問について日米両国の世論がまだ熟していないとの判断や、中間選挙直後という米国内の政治状況などを総合的に勘案した。

 ホワイトハウスなどによると、オバマ大統領は11月11、12の両日、20カ国・地域(G20)首脳会合出席のため韓国を訪問した後、横浜市で開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に出席する。

 日本側は、大統領が横浜市で首脳会議や会談などをこなしながら、広島を訪問する場合を想定し、日本滞在の延長を非公式に打診していた。これに対し米側は外交ルートを通じて、当初日程通りの訪日を日本側に通告し、広島を訪れないことを伝えてきた。

 関係筋によると、オバマ大統領は昨年1月の就任直後から、広島訪問の可能性を探っていた。沖縄の米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題で目立った成果が期待できない中、同盟深化を印象付けるとともに、「核兵器なき世界」を目指す姿勢を国際社会にアピールする舞台になるとみていたからだ。

 大統領が先月6日の平和記念式典に、ルース駐日米大使を初めて出席させたのも、広島訪問が政治的に可能かどうか、日米両国の反応を探る狙いがあった。

 ルース大使は式典出席に際し、「第二次大戦のすべての犠牲者に敬意を表するため」と出席理由を述べ、原爆投下を謝罪することなく、従来の米政府の立場を変えなかった。

 だが、一部の米保守系メディアは「大使の派遣は政治的な危険性を伴った」(ウォールストリート・ジャーナル紙)などと批判的に報道。日本国内では逆に、ルース大使が初めて出席したことから、大統領の広島訪問と謝罪への期待が高まっていた。

 また、大統領が訪日する11月中旬は中間選挙直後に当たり、同選挙では上下両院とも民主党の苦戦が予想されている。政権基盤の弱体化が予想される中で広島を訪問すれば、大統領への逆風をさらに強めることになりかねず、2012年の大統領選に向けて得策ではないとの判断も働いた。

 米国内では原爆投下に関し、戦争を早期に終結させたとして依然6割近くが支持している。

 今回の見送りにより、オバマ大統領が今後、広島訪問を具体的に検討するのは「大統領任期の2期目以降になるのではないか」(日米関係筋)とみられている。
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100919-00000107-san-pol


ということで、あまりそこのところ報道されないので日本人は気がついていない人が多いですが、すでに
「アメリカでのオバマ人気は過去の話」
でして、このまま行くと上の産経の記事には
 今回の見送りにより、オバマ大統領が今後、広島訪問を具体的に検討するのは「大統領任期の2期目以降になるのではないか」(日米関係筋)とみられている
なんて書いてありますが、その2期目は
「オバマには無い可能性」 
も出てきているわけですからね・・・


結局
「チェンジ」
なんていう言葉は、現実社会の前では
「全く意味のない言葉」 
だったことは、すでに明らかですね・・・・・・・・



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
                https://politics.blogmura.com/conservative/img/conservative88_31.gif
       ブログランキング・クリックお願い m(__)m     
     ↓   ↓   ↓      
       【 にほんブログ村 ブログランキング 】
            ( こちらを“プチッ”とお願いします ) 

           ★ これでいいのか委員会 ★    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
      ↓ 下のブログ記事もぜひご覧ください ↓  
.
さて、これなんかもやっぱり
「それをしちゃうとキリがない事になる」 
って事を考えないのでしょうかね・・・

                 ※ こちらも“プチッ”とお願いします→【 にほんブログ村 ブログランキング 】
「非人道的扱いにおわび」=岡田外相、元米兵捕虜に公式謝罪
時事通信 9月13日(月)12時46分配信

 岡田克也外相は13日昼、太平洋戦争中に日本軍の捕虜となった元米兵レスター・テニー氏ら6人と外務省で面会し、「皆さんが非人道的扱いを受けたことに対し、日本政府を代表して心からおわびする」と公式に謝罪した。テニー氏は「われわれの存在を認め、おわびしてほしいと求めてきた。このような機会を歓迎する」と語った。

 テニー氏らはフィリピン戦線で捕虜となり、九州の炭鉱などで強制労働をさせられた。テニー氏は「われわれを働かせた日本企業は65年間沈黙を保ち、おわびの言葉もない。これは侮辱だ」と批判した。

 元捕虜とその家族は今回、政府による初の招待で来日。19日までの滞在中、交流行事への参加を予定している。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100913-00000043-jij-pol 


ということで、この記事見て最初に思ったことは
「岡田は早々に民主党は野党に戻る事を覚悟したか、もしくは小沢が総理になって自分は閑職に回されることを覚悟した」
のではないかなと思いましたね・・・

つまり
「もう与党もしくは外務大臣ででいられるのはそれほど時間がないので、今のうちに国として謝れる事は謝ってしまおう」
って考えているのかなと・・・・・・・・・





 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
                https://politics.blogmura.com/conservative/img/conservative88_31.gif
       ブログランキング・クリックお願い m(__)m     
     ↓   ↓   ↓      
       【 にほんブログ村 ブログランキング 】
            ( こちらを“プチッ”とお願いします ) 

           ★ これでいいのか委員会 ★    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
      ↓ 下のブログ記事もぜひご覧ください ↓  



開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事