【これでいいのか委員会・ Ever After】

安倍総理を支持し、戦後レジームからの脱却をさせまじとする朝日系や他の報道と戦います!!!

歴史認識問題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
.
さて、何度言っても無駄でしょうが
「日本が併合してあげなければ、ロシアに占領されていた」 
わけですからね・・・

                 ※ こちらも“プチッ”とお願いします→【 にほんブログ村 ブログランキング 】
日韓併合条約「合法的に締結」=外相、従来解釈堅持を強調
8月25日16時22分配信 時事通信

 岡田克也外相は25日午後、東京・有楽町の日本外国特派員協会で講演し、韓国政府が日韓併合条約は1910年の締結時点から無効と主張していることについて、「日本政府としては、当時は合法的に締結されたという考え方を持っている」と述べた。

 政府は今月10日に閣議決定した日韓併合100年に関する菅直人首相談話に、「韓国の人々の意に反して行われた植民地支配」と明記。このため韓国内には、日本が併合条約締結の有効性をめぐる解釈を変更するよう求める意見があるが、外相の発言は、条約締結自体は合法だったとする従来の日本政府の立場を堅持する方針を示したものだ。 
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100825-00000109-jij-pol


ということで、当然のことを言っているだけですが、まぁここは
「岡田君をちょっとは誉めて」
おきましょうか・・・


しかし、こんな事を言い出したら
「9月2日にアメリカ海軍の戦艦ミズーリにおいて行われた対連合国降伏文書への調印も無効だ」 
とかも言えちゃうわけですが、それを言ったらお終いですからね・・・・・・





                https://politics.blogmura.com/conservative/img/conservative88_31.gif
       ブログランキング・クリックお願い m(__)m     
     ↓   ↓   ↓      
       【 にほんブログ村 ブログランキング 】
            ( こちらを“プチッ”とお願いします ) 

           ★ これでいいのか委員会 ★    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
↓ 下のブログ記事もぜひご覧ください ↓  
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

開く トラックバック(2)

.
さて、こういう史実(事実)を幾つ突きつけようが
「奴らの考えは全く変わらない」 
ことを日本人はそろそろ自覚するべきではないでしょうかね・・・

                 ※ こちらも“プチッ”とお願いします→【 にほんブログ村 ブログランキング 】
竹島問題 韓国の主張覆す古地図見つかる
8月23日2時37分配信 産経新聞

      http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/32/0000171832/49/imgb521cfbazik1zj.jpeg
  神戸市立博物館で見つかった地図帳の中の「江原道図」(写真:産経新聞)


 日韓両国が領有権を主張する竹島問題で、韓国側の領有の根拠のひとつを覆す17世紀末ごろの朝鮮の木版印刷の古地図が神戸市立博物館で見つかっていたことが22日、分かった。韓国側は、当時、竹島が「子山(于山)」と呼ばれ、この時期に朝鮮国漁民が「子山は朝鮮の領土」と鳥取藩に主張し認められたという記録があることを有力な根拠としている。ところが、この地図の子山は実際の竹島と方角も距離も違う位置に記載されており、別の島の可能性が高いという。

 見つかったのは「地図」と題された朝鮮の地図帳の中の「江原道図」。記載の地名から1684〜1767年の間に朝鮮半島で流通したとみられる。当時の朝鮮半島の古地図が確認されたのは初めてという。

 地図では、朝鮮半島の東側にある鬱陵島のすぐ南側に「子山」という島が描かれている。実際の竹島の位置は鬱陵島の南東92キロにあり、位置も方角も異なる。

 子山が問題になるのは、1696年に朝鮮国の漁民、安龍福が日本に密航した際、自身が所持する朝鮮図に鬱陵島と子山島が記載されていると供述した記録が島根県・隠岐の「村上家文書」にあるからだ。

 安龍福は鳥取藩によって追放、送還された後の取調べで、自ら鳥取藩主と交渉して「松島(現在の竹島)は即ち子山島、此れ亦我国の地(子山島は朝鮮領)」と認めさせたと朝鮮側に証言したとされる。

 このため、竹島をめぐる領有問題が持ち上がった後年には、韓国で領有権を日本に認めさせた「英雄」とされている。

 朝鮮でこれまで見つかった古地図は、鬱陵島近くの東や西に「子山」の「子」の字が変化したとみられる「于山」という島が描かれており、日本側は于山は、竹島ではないとしていた。しかし、この古地図は安龍福の時代ではないことが問題点のひとつだった。しかし、今回の地図は、安龍福の生きた時代で、その地図の記載から、安龍福が実際の竹島ではない島を自国領と主張したことを示す可能性が高いという。

 島根県竹島問題研究会の杉原隆・副座長は「安龍福の時代の地図が見つかったことで、子山島の位置が竹島の領有権の根拠にはなり得ないものであることが改めて明らかになった」と話している。
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100823-00000510-san-soci


ということで、先日もNHKの日韓の若者の討論番組を見てということで書きましたが、何をどうに事実を踏まえて説明しようが、奴らは
「自分たちが教わってきた歪曲された歴史認識を変える可能性はゼロ」
なわけでして、ですので、日本がすることはただひとつで
「向こうが言ってくる事などは全て無視をして、史実に沿った内容でしっかりと主張を繰り返していけばいい」 
ということなんですけどね・・・・・・・





                https://politics.blogmura.com/conservative/img/conservative88_31.gif
       ブログランキング・クリックお願い m(__)m     
     ↓   ↓   ↓      
       【 にほんブログ村 ブログランキング 】
            ( こちらを“プチッ”とお願いします ) 

           ★ これでいいのか委員会 ★    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
↓ 下のブログ記事もぜひご覧ください ↓  
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

http://x8.huruike.com/bin/ll?150576000
アクセス解析

開く トラックバック(5)

.
さて、この記事にある日本人議員たちは
「本当に日本人」 
なのでしょうか・・・

                 ※ こちらも“プチッ”とお願いします→【 にほんブログ村 ブログランキング 】
「菅談話、まだ足りない」「慰安婦、サハリンの謝罪必要」…日韓国会議員会議詳報
8月19日19時7分配信 産経新聞

 19日の日韓国会議員会議での主な発言は次の通り。

 斎藤勁(つよし)衆院議員(民主)  5月25日に日韓の超党派の国会議員で共同宣言を出そうとしたが、実現しなかった。それで終わらず、双方で忌憚のない意見交換をしたかった。菅直人首相の談話に日韓両国の知識人が(不十分だとして)不義不当だとの共同声明を出している。未来に向け、双方で諸課題の解決に向け真剣に話し合うべきだ。

 姜昌一(かん・ちゃんいる)議員(韓国)  就任前の菅首相にお会いし、村山談話から一歩進んだ談話を期待すると伝えていた。今回の談話は評価するが、まだ足りない。

 金泳鎭(きむ・よんじん)議員(韓国)  わが国の国民は過去に対する謝罪を待ちこがれていた。女子挺身隊、慰安婦の問題や(ロシアの)サハリンに置いていかれた人への謝罪が談話の後に続かなければならない。慰安婦とされた被害者は80〜90歳。そういった方への率直な賠償が必要だ。

 首藤信彦衆院議員(民主)  日本が大変な惨禍をもたらしたのは歴史的な事実だ。今も突き付けられたその問題に、どう日韓で協力するかの全体図を考える視点が必要。日韓が共通認識を持つには19世紀から20世紀にかけて起きたことの全体を把握しないと難しい。

 福島瑞穂参院議員(社民党党首)  私自身は1990年代、戦後補償の裁判をやった弁護士の一人。菅首相の談話は不十分とはいえ、併合100年の節目に出されたことは高く評価したい。ともに解決できるところを解決していきたい。

 相原久美子参院議員(民主)  先日、ベルリンに行き、ドイツがナチスドイツの反省を隣国とやっているのを見て、研究してきた。あの国が自分たちの過ちを見つめ、歩み始めたことを私たちもやっていきたい。

 阿部知子衆院議員(社民)  (戦争中、日本に徴用された人たちへの)未払い賃金や原爆被爆者、地方参政権付与や慰安婦についての委員会を作り、これからも(日韓で)密に連携することには賛成だ。一歩でも前に進めないといけない。

 山下芳生参院議員(共産)  友人を得ようと思うなら相手の立場に立つことだ。他の人もやっていたと、誤りを開き直ると友人は得られない。日韓併合条約は、日本が韓国に軍事的抑圧でやった不当なものだ。侵略戦争を美化する歴史教科書があるのも解決しなければならない。慰安婦問題で政府は謝罪と補償を行い、真の解決を図るべきだ。

 糸数慶子参院議員(無所属)  過去の日本がやったことと、現在進行形である米軍が所在するために起きている騒音などの問題も一緒に、解決の方向にいければいい。

 石毛えい子衆院議員(民主)  日本の社会は長引く不況で、厳しい世論の論調があり、自虐主義だとか言って、日韓の今までの歴史を反省するということに反する動きが見過ごせないくらいの波になっている。韓国と日本が、共同して慰安婦問題の研究を重ねることには賛成だ。議論を深めることを政権に立つ立場として、積極的に展開していきたい。

 今野東参院議員(民主)  (先の臨時国会の)予算委員会では「談話は出さないでしょうね」などと(野党から)厳しい意見にさらされたが、よく出したと評価している。そうした日本の国会の状況をみると、(韓国側に)ほめていただくことで調子がよくなっていくということもあるので、よろしくお願いしたい。戦後補償を考える議員連盟でドイツに行った。過去の歴史と正面から向き合い、戦後補償がうまくいった同国をみて、今後のシナリオを考えるのもいい。

 土肥隆一衆院議員(民主)  私は20年間、国会議員をやっているが、果たして国会議員が継続して歴史問題、日韓の重荷をともに考える人材足りえるかとの疑問を持っている。さりとて、政治が解決しなければならない。これまでの日韓国会議員連盟は50年以上、何をやってきたのか。歴史的使命を果たしていない。そこをどう認識し、交流し、和解するのか。和解では日本人だけが一方的に「お許しください」というのではなく、韓国側も同じく和解しようという意思でやるべきだ。

 那谷屋正義参院議員(民主)  今日だけで終わらず、議論が果実を結ぶ会になればいい。首相談話は本当なら、両国が納得できるのがいい。両国の距離を縮め、お互いが理解し、国民に説明できる会になればいい。

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100819-00000596-san-pol


ということで、へぼ君の口癖を借りるわけではありませんが、本当にこいつらは
「馬鹿」
ですね・・・・・・・






                https://politics.blogmura.com/conservative/img/conservative88_31.gif
       ブログランキング・クリックお願い m(__)m     
     ↓   ↓   ↓      
       【 にほんブログ村 ブログランキング 】
            ( こちらを“プチッ”とお願いします ) 

           ★ これでいいのか委員会 ★    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
↓ 下のブログ記事もぜひご覧ください ↓  
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
.
さて、今年の8月も幾つもの戦争物の特番が組まれていましたが、やはり
「自虐的歴史認識」 
に大いにまみれてしまっていました・・・

                 ※ こちらも“プチッ”とお願いします→【 にほんブログ村 ブログランキング 】
国誤らせる「歴史」談話 論説委員・皿木喜久
8月16日7時56分配信 産経新聞

 【風の間に間に】

 かつての自民党に藤尾正行という政治家がいた。読売新聞記者から政界に転じ、党政調会長などをつとめた実力者である。派閥の親分だった福田赳夫元首相の自宅に日参するというしたたかさも持ち合わせていたが、青嵐会の代表世話人にも就いた強面の論客であった。

 青嵐会とは昭和48年、渡辺美智雄、石原慎太郎、中川一郎、中尾栄一といった自民党の若手保守派で結成した「憂国」の会である。

 その藤尾氏、昭和61年7月に第3次中曽根内閣の文相として入閣するが、その2カ月後の9月には罷免されている。

 8月に『文藝春秋』のインタビューで南京事件や日韓合邦(併合)などについて語った。日韓合邦については「日本の伊藤博文と韓国の高宗との談判、合意に基づく」とし、こう述べた。「日本側の圧力はあったかも知れないが、韓国側にも幾らかの責任なり考えるべき点はある」

 日韓の歴史観が違う中で、日本の見方としてはごく一般的なものと思えた。だがそのゲラ刷りが流出、マスコミに報じられると韓国が猛烈に抗議する。9月下旬に中曽根首相の訪韓を控えていた政府は、藤尾氏の自発的辞任でコトを収めようと金丸信副総理らが説得にあたった。

 しかし藤尾氏は「辞任すれば、発言が間違っていたということになる」と拒否、結局中曽根首相に罷免された。大臣がその歴史観の違いゆえに事実上更迭されるという、他国に例を見ない「悪習」の始まりとなったのである。

 伏線としてその4年前、昭和57年8月の「宮沢談話」があった。

 この年の6月、高校の歴史教科書検定をめぐり、マスコミ各社が中国華北への日本の「侵略」を「進出」と書き換えさせられたと「誤報」した。この誤報が独り歩きし、中国や韓国が抗議する。あわてた鈴木内閣の宮沢喜一官房長官が「検定基準を改め近隣諸国に配慮する」という国辱まがいの談話を発表したのだ。

 これで、中国や韓国など「近隣諸国」は「歴史認識問題で日本に抗議すれば、日本はすぐに謝る」という外交上の「切り札」を手にした。それ以降、頻繁にこれを切る。

 平成7年11月には村山内閣で、江藤隆美総務庁長官が辞任に追い込まれた。「植民地時代、日本は韓国に良いこともした」というオフレコの記者懇談での発言がもれ、韓国側が猛烈に抗議したからだ。

 この3カ月前には村山富市首相が先の日本の戦争を「植民地支配と侵略」と断じる「村山談話」を発表した。江藤氏の発言も、日本側から見た一つの歴史観であったにもかかわらず、辞めざるを得なかった。この「村山談話」のせいだった。

 歴史に関する政府の談話はこうして政治家の歴史観を封じてしまう。言論封殺と言ってもいい。しかもその談話は国民的議論を経たのでもなく、時の政権によるきわめて恣意(しい)的なものだった。

 にもかかわらず、菅直人首相はまたも日韓併合100年に向けた恣意的な談話を発表した。政治家や官僚たちの「歴史観の自由」はますます奪われていくだろう。

 せめて、藤尾氏のように自説を曲げることなく、自らの歴史観に殉じてもいいという硬骨の政治家が現れてほしい。国民、ましてやリーダーたる政治家が自らの歴史を誇れない国は、滅びの道を進むしかないからである。
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100816-00000086-san-soci


ということで、14日の夜には、3時間にもわたりNHKで
「日本の、これから ともに語ろう 日韓の未来」
というやはり
「自虐史観番組」
を行いましたが、結局そこで語られたことは
「日本の総理が謝ろうが、それを他の政治家や日本人が壊す発言を繰り返す事が問題で、それがある限りその謝罪を受け入れるわけにはいかない」
というところに尽きてしまうんですね・・・


しかし、その
「総理の謝罪を壊す発言」
というのは、上の記事にもある
「韓国側にも幾らかの責任なり考えるべき点はある」 
「植民地時代、日本は韓国に良いこともした」 
という程度の話なんですね。

ちなみに、この番組内でも、ある一般の日本人が
「当時の日本人は韓国人が憎くて併合したわけではない。当時、世界は帝国主義列強の時代であり、植民地支配はあたり前だった。日本が韓国を併合したことはやむを得なかった」
との趣旨の発言を行うと、映画監督の崔洋一が
「当時の日本のイデオロギーは、そういう方向に流れていた。国そのものがそうなっていた。だけど、36年間にわたる植民地支配がそれによって肯定されるという考え方(を持つ人)は、基本的に歴史を語る資格がない」
と強い口調で反論するわけです・・・


しかし、当時の世界的な情勢をしっかりと観察すれば、この一般の日本人の発言は
「決して間違ってはいない」 
話であって、結局、この手の話を持ち出すとすぐに
「火病が発症してしまう癖」
を治せない限り、この話しは100年経とうが1000年経とうが全く進展をしないでしょうね・・・・・・・・・・・



                https://politics.blogmura.com/conservative/img/conservative88_31.gif
       ブログランキング・クリックお願い m(__)m     
     ↓   ↓   ↓      
       【 にほんブログ村 ブログランキング 】
            ( こちらを“プチッ”とお願いします ) 

           ★ これでいいのか委員会 ★    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
↓ 下のブログ記事もぜひご覧ください ↓  
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
.
さて、結果的に、これもある種の
「裏切り」 
ですね・・・

                 ※ こちらも“プチッ”とお願いします→【 にほんブログ村 ブログランキング 】
国立追悼施設調査費、首相見送りを示唆
8月14日19時47分配信 産経新聞

 菅直人首相は14日夕、靖国神社に代わる国立追悼施設について「今すぐどうという結論ではなく議論のあり方をみておきたい」と述べ、平成23年度予算案で施設設置に向けた調査費計上を見送る考えを示唆した。

 静養先の長野県軽井沢町のホテルで記者団の質問に答えた。首相は「かなり昔からいろんな形で党内外とも議論がある。そういう議論の様子をみておきたい」とも語った。

 民主党は昨年7月に発表した政策集「INDEX2009」に「何人もがわだかまりなく戦没者を追悼し、非戦・平和を誓うことができるよう特定の宗教性をもたない新たな国立追悼施設の設置に向けて取り組む」と明記していた。戦没者慰霊事業を所管する長妻昭厚生労働相は10日の記者会見で「広く参拝が可能なあり方を検討し、実現していくことが必要だ」と前向きな姿勢を示した。

 ただ、新施設の設置には党内に異論があり、先の衆院選マニフェストへの記載は見送られた。政府首脳も「全く考えていない」と消極的な考えを示していた。
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100814-00000547-san-pol


ということで、この手の事を期待して、昨年の総選挙で民主党に投票した人にとっては
「大いに裏切られた」
という結果ですね・・・


もちろん、こんなものは全くいらないわけですが、しかし、こうやって
「やるやる」
と言っておいて、いざ政権を取ると
「やっぱりやれない」
って事になると、これはこれで
「大きな問題」 
ではありますね・・・・・・・・



PS:で、上の施設を作っても、計画通り、そこで全ての戦没者を例外なくお祀りすることになると、そこへは
「いわゆるA級戦犯」
も祀られることになりますので、今日靖国神社へ
「A級戦犯が祀られているので参拝しない」
と言っている民主党の官僚たちは
「国立追悼施設のセレモニーにも出席できない」 
って事になるわけなんですが、この辺理解できているのでしょうかね・・・・・・・




                https://politics.blogmura.com/conservative/img/conservative88_31.gif
       ブログランキング・クリックお願い m(__)m     
     ↓   ↓   ↓      
       【 にほんブログ村 ブログランキング 】
            ( こちらを“プチッ”とお願いします ) 

           ★ これでいいのか委員会 ★    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
↓ 下のブログ記事もぜひご覧ください ↓  
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事