ここから本文です
サイクルカフェ・フレンチバルブ
幾つになっても、テキトーですいません。

学生の頃遊びに(飲みに)行くのは何時も国分寺でした。

坂の多い街は色々な景色があって、坂の途中にある店とかは何かお洒落な感じがしました。

イメージ 1

イメージ 2

MINOLTA HI-MATIC 7s
KODAK Gold200

その坂は国分寺崖線で多摩川の河岸段丘です。

今多摩川は多摩丘陵に沿うように南側を流れていますが(府中近辺だけ?)昔はこんな所まで来ていたんですね。


それとは別に、一見変化が無くて面白くない府中の街も大國魂神社の裏に回れば

イメージ 3

同じく多摩川の河岸段丘の府中崖線になります。

イメージ 4

イメージ 5

MINOLTA HI-MATIC 7s
AGFA APX 400


国分寺崖線の辺りは”ハケの道”とか”お鷹の道”といって散策する人もいますが、こちらは話題に上る事がありません。


国分寺崖線は千鳥足で次の店を求めて、府中崖線は店の買い出しでよく通るんですが、花粉が少なくなったら両崖線を繋いで自転車で廻ってみようと思います・・・んっ、廻れたら良いなぁ〜って・・・




この記事を書いていて今気が付いたんですが、府中や小金井の坂には無い(少ない)のに、国分寺駅南口は階段になってる所が多いのね。










この記事に

可哀そうなフィルム


「最近新しいカメラ増えた?」と訊かれて、ミノルタのHI-MATIC 7sを取り出して「そうそう、これ前のモデルから色々改善されていて・・・」と言いながら裏蓋を”パカッ”っと・・・

イメージ 1

フィルム、入ってました。

結構落ち込んだんですが、気を取り直して撮り進めてカウンターは36枚!
まだ行けるかな?と巻き上げレバーを・・・”プチッ”と小さな音がしたような感じがしましたが巻けました!

しかし、余りにも巻け過ぎる。

イメージ 2

人生初めての3重露光、トラブル続きです。


今回初めて使ったフィルム、AGFA APX 400 ですが、それでも値段の割には良いフィルム・好きなフィルムでした(昔のフィルム価格の事は言わないでね)


イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

色々と楽しめそうなフィルムでした。


MINOLTA HI-MATIC 7s
ROKKOR-PF 1:1.8 45mm(固定レンズ)
KENKO YA3 orangefilter
AGFA APX 400




この記事に

望遠を使う


最近ご無沙汰の望遠レンズを使ってみようと思います。
マミヤの645用の SEKOR C 150mm 1:3.5N ってのです。
645の150mmは35mm換算で100mm位、APS-Cに付けると35mm換算で225mm!
そこそこ望遠です。

これで近距離、主に室内で使ってみます。

イメージ 1

うちの店の重要アイテム「カレーライス」のノボリ旗!
これが無いと飲食店と判断できません。
店内から見る人は「ライスカレー」と読みます、ほぼ100%!

イメージ 2

”OPEN”になっているのを見た人は、”幸せ”になるとかならないとか・・・

イメージ 3

こんなに暗いみせじゃないです。ライトに露出を合わせると・・・

イメージ 4

645用のレンズをAPS-Cで使う。イメージサークルの真ん中しか使わないので、基本的には良く写ります。

イメージ 5

立て看板の向こう側に車が通ったら、シャッターを押そうと・・・
撮った後に確認してから、トラックと判明。

イメージ 6

右折表示も望遠だと新鮮です。

イメージ 7

望遠で撮ると、ロールカーテンの紐も、何だかとても・・・何だか・・・何でしょう?

イメージ 8

店の前の信号待ちの黄色いスクーターも何だかとても・・・右側のミラーが入ってません。

イメージ 9

これ位の明るさ(暗さ)だとホイールもそれなりに・・・

イメージ 10

光の具合さえ良ければ、エアホースもキレイです。

イメージ 11

逆光の傘は何時撮ってもキレイです。

イメージ 12

望遠で汚い背景をボカしてしまえば、厨房もこの通り!


練習が終わったので、三ヶ嶋さんの部品撮りをしましょう。
インスタで BLUE LUG さんをフォローしている人なら知ってますよね#mymks



FUJIFILM X-E2
MAMIYA SEKOR C 150mm 1:3.5 N










この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事