ここから本文です
サイクルカフェ・フレンチバルブ
幾つになっても、テキトーですいません。

デビューしました


イメージ 1

こんな安い中古カメラで遊んでるんですけどね、安いが故の問題が”ファインダーが無い”事なんですよねぇ〜

基本、活動時間は夜だし屋内が多いので気にはならないんですが、晴天屋外での液晶は可也見辛い!!
てか、殆ど見えない。

NEX5の外付け後付けファインダーはこの次のモデルからでこのカメラでは付きません。
もっともヤフオクで探してもカメラ本体の二倍半位のお値段になっちゃうので・・・


過去には液晶の遮光フードなる物が有ったらしいのですが、現行品は無いみたい。
ヤフオクでも出て来ません。

「こりゃ、じっくり時間を掛けて探さにゃならんなぁ〜」なんて思いつつ検索を続けていたら、売ってるじゃないですか!

但し、eBay-UK!!!

で、「手を出しちゃイケナイッ!!」って思っていたeBayに・・・・・・・


イメージ 2

最近はもう見慣れてきた China Post で届きました。

イメージ 3


イメージ 4

こんな物なんですが、このカメラの液晶の表面が剥がれ易いので、保護カバーとしても有効です。


実は一昨日には届いていたのですが、雨だったり曇っていたりで効果は確認できませんでした。

今日は晴れ!慣れない昼の写真でも撮ってみましょうか。


お値段は UK なので£やUS$の表記だったりするんですが、Japanese\だと ¥819!!!

送料込みです。
毎回思います「中国凄過ぎ!」



因みに以前から使っているEOSMには

イメージ 5

こんなの付けてます。

「お恥ずかしぃ!」位大袈裟ですが、効果は抜群です!!!





この記事に

4日の火曜日に BS−DC15様 ご来店です。
21時30頃だそうです。

メンド臭く無い自転車その筋の方、宜しくお願いいたします。





この記事に

またAmazonで・・・

皆さん古い写真はアルバムに整理しているでしょうか?


山の写真なんか(昔に)撮っていたら、カメラは大きくなりフィルムもネガからポジになって行ったりしましたよね。

自分は体力が無いので精々セミ判=645でした。
それでも三脚だけで3.4kgにカメラ本体レンズが3本、テント込みの冬山装備にカメラ機材で死にそうになっていました。


旭川から一人東京に戻って来る時に、645のスリーブの入ったファイルを1冊だけ持ってきました。


上手く撮れたのはマウントして保管、プリントは殆どしないのでアルバムも有りません。

最近フィルムで写真を撮ってみたので現像とデジタルデータ化をしてみたら割と安かったので、昔のフィルムもデータ化しようとして調べてみると・・・・・

35mmなら36枚撮りまで1本数百円なのに、ブローニーの場合は1コマが200円位、高画質にすると400円から500円になっちゃうんですねぇ〜

持ち帰ったファイル1冊で360コマ・・・
全てスキャンしてもらうと15万円位になってしまいます。

旭川の優しい奥様がまだ処分しないで撮ったフィルムを保管していてくれたら、数千枚は・・・
とてもデジタル化なんて無理です。


で、

イメージ 1

新しいマシーン・・・んっ、おもちゃ?を購入!
Canonのフラットヘッドスキャナー、canoscan 9000f mark Ⅱ!!
フラッグシップとか言ってるけど2万円とチョット・・・
外にデジタル化頼むのに比べれば、問題にならない値段です。
後は諦めるかどうかの問題ですね。

山と北海道の写真は捨てられませんでした。


練習がてら何枚か読取ってみました。

イメージ 2

ネ、北海道でしょ!

イメージ 3

ザゼンソウです。

旭川に移って直ぐの頃に撮ったので気が付きませんでしたが、この写真を見て「おっ、お宝がイッパイ!!」と思った人は今直ぐ都会暮らしを止めて(北の)田舎へ行くべきです。



フィルムスキャン、充分元が取れる位楽しめそうです。





この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事