1月4日 沖ノ島釣行

仕事が忙しく更新が遅れた。

1月4日は海は穏やかそうなので急遽沖ノ島へ釣行予定し、夜は釣れないので朝出しのアクアシャインにて沖ノ島へ

5時に沖ノ島到着

夜が明けるまで準備や常連さんとお話する。

色々な情報交換でためになる御話ばかりだ。

竿・マスターモデルMH
リール・レマーレ
道糸・3号
ハリス2.5号

6時半位に夜が明けだした。

上潮なのでクロ釣りでもする事に

上潮が右から左へと流れる。

2投目辺りで糸がバチバチ!

合わせると竿が曲がる。

無事にゲットした今年初のお魚様は!?

30センチ位のイサキだ。

有りがたくリリースする。

このサイズのイサキが連発するがクロのアタリが無い。

何度か工夫しようやくクロらしきアタリが!!

バラさぬ様に寄せてタモ入れ成功!!

今年、初クロは!?

イメージ 1


40センチ位のクチブト君

まあまあなサイズに満足

有りがたくクーラーボックスへ

天気も良く気持ちが良いので下潮が入るまで休憩☕😌

やる気が無いのか、今日はスローペースで釣行を楽しむ。

8時半より下潮が流れ出した。

流れに任せ流していくと糸がバチバチ!!!気持ちいい〜

合わせると竿に乗った!

寄せて来るとピンクの魚鯛

40センチ位の可愛らしい鯛だ。

イメージ 6


有りがたくクーラーボックスへ

続けて流すと糸がバチバチバチバチ!!

明らかに青物かデカイ鯛

合わせると同時にハリス2.5号が切れない程度にレバーにて糸を送る。

少しすると止まった。

寄せるが中々のサイズと激流で重たい。

手前に寄せると暴れだし海面に竿が突き刺さる。

左へ走るとケーソン角や確実にバレる溝(穴)や沈み瀬があり右に走ると沈み瀬とケーソン角で切れる。

イメージ 3


どっちに走っても最悪だ。

すると左へ走り出し溝へ突っ込もうとするが首を降らせ走りを止め先端中央へ誘導する。

3回程、走ろうとするのを首を降らせ阻止し寄せてくると姿が見えた。

一気にタモに納めるため最後は強引に浮かせて無事ゲット

イメージ 2


80センチ位のヒラゴだ。

有りがたくクーラーボックスへ

その後も何度も流すが後が続かない。

周りも食いが渋く釣れない。

流も弱くなり真鯛狙い終了

クロ釣りに切り替える。

流れは無く釣りやすいがクロが釣れず、イサキが連発

全体の食いが渋く全く釣れない。

何度も棚を調整しやっと本命らしいアタリが!!

合わせると中々の重量感

竿も綺麗に曲がった。気持ちいい〜

タモに納めたのは今日一番50センチ位のクチブト君

イメージ 4


有りがたくクーラーボックスへ

その後、イサキやクロを追加し楽しい初釣りは終了

釣果
ヒラゴ・1本
鯛・1枚
クロ・4枚
イサキ・多数

イメージ 5


ブログの村へ
https://fishing.blogmura.com/isoduri/ranking.html

次回も夜釣りを避けるためアクアシャインさんに御世話になる予定だ。

全体的にクロの釣果は悪かったが、今時期はかなりクロも良いようだ。

この記事に

開く コメント(6)

今回はエビスマルにて沖ノ島へ

21時半出港→22時半前に到着

かなり速いエビスマル

爆風の割には波は無く1時間以内で到着するとは流石だ。

竿・がまかつ マスターモデルMH
リール・レマーレ8000
道糸・3号
ハリス・3号

下潮がゆっくりと流れる。

真鯛狙いで流してみると2投目辺りで糸がバチバチ!!

合わせを入れると軽い。

小鯛かぁ〜

寄せて確認すると白い!40センチ位のヘダイだ。

リリース

流れが弱くなり釣れる気配無しなので寝袋へ

5時半に起床するが爆風でかなり寒く凍え死にそうだ。

もはや釣りどころではない。

上潮が流れているが爆風で糸ふけでアタリが分からない。

風のあたらない所で日が出るのを待つ。

日が上ったが上段の上潮は爆風の為、諦めてクロ釣りをすることに。

流れは左側にゆっくりと流れる。

風が強くてアタリが分からない。

釣りに来るんじゃあなかった・・・と後悔するばかりだ。

爆風の中、ガン玉で調整しながら糸ふけをなるべく出さずに糸を張りながら沈めていくと僅かに張るアタリが!

合わせると竿に乗った。

慎重に寄せて来ると40センチ位のクロだ。

坊主は逃れたがこの風では釣るのは困難だ。

この釣り方でなんとか同サイズのクロを1枚追加した。

小型だが2枚だけイサキを追加する。

他のイサキはリリース

1度だけ糸が走るアタリが!バチバチ!

合わせると暴れ方がクロとは違う。

一気に寄せてタモでキャッチ!!

小型のスマガツオだ。

デカイ用の仕掛けを準備していなかったので〆てクーラーへ

スマガツオが釣れたのでデカイ仕掛けを準備

竿・レマーレ6
リール・ソルティガ5500
道糸・10号
ハリス・10号

先ずは餌釣りだ。

下潮の流れに餌を撒き仕掛けを馴染ませる。

何度も何度も流すがアタリがない。

隣のクロ釣りしてたおじさんが何やらかけたみたいだ。

見守ってるとウキが浮いた。

スマガツオが暴れまくっているのだがいきなり道糸が弾けるように出ていく!

おじさんが頭を振り諦めモードだ。

どうしたのかと訪ねると奴が食い付いたみたいだ!

やはりスマガツオを餌にしているみたいだ。

その方は1分位引っ張り回されたがいきなり軽くなり上げてみると死んだスマガツオが付いていた。

また吐き出したのだ。

餌がデカ過ぎて吐き出してるのかそれとも違和感で吐き出すのかは分からないが呑み込まないのだ。

デカマサが見えましたか?と訪ねると見えたらしくやはり1メートル超えのデカイ奴みたいだ。

何度も何度も繰り返し下潮を流すが何も釣れないまま納竿

スマガツオ・1本
クロ・2枚
イサキ・小型多数

イメージ 1


次回はデカイ仕掛けを夜の内に準備しスマガツオが釣れたら直ぐに仕掛けを投入する。

次回も沖ノ島釣行予定

ブログの村へ
https://fishing.blogmura.com/isoduri/ranking.html

この記事に

開く コメント(6)

前回、家に帰り道具箱を明けると半分位海水が入り込みライトや電池などが使い物にならなくなった。

道具は船の道具入れに直したか確認しないととんでもない事になるのを痛感した。

今回は下潮が10時には終わるので早めに切り上げる為、アクアシャインに御世話になったのだが塩水一滴もかかっていなかった。

流石はアクアシャインだ。

超大型のヒラマサがわいている沖ノ島で一発を狙いながらおかず釣りをする。

21時半位に沖ノ島到着

夜釣りはクロを狙う。

クロ用
竿・マスターモデルMH
リール・旧レマーレ8000
道糸・3号
ハリス・2.5号

真鯛・ヒラマサ用
竿・FIRE BLOOD Onaga ワイルド
リール・新レマーレ8000
道糸・3号
ハリス・3号

デカマサ用
竿・レマーレ6
リール・ソルティガ5500
道糸・8号
ハリス・10号

水道側にて釣り開始

流れは無く釣りやすいがハタンポが半端ない。

仕掛けを入れたと同時にハタンポの餌食になる。

23時には諦め寝袋へ撤退

4時に起き釣り開始。

流れは待ちに待った下潮だ。 

真鯛用の仕掛けを持ち、流れに撒き餌を撒き沖で仕掛けを馴染ませる。

すると2投目で糸がバチバチ!!

合わせを入れると小さい😣

寄せて来ると小鯛

サイズは30センチ位

針を飲み込んでいるのでクーラーへ

続けて流すと糸がバチバチバチ!!

合わせを入れると確かな重量感

サイズアップ間違いない。

寄せて来ると50センチオーバーの真鯛だ。

これまた針を飲み込んでいるのでクーラーへ

ここで夜が明け青物の期待も含む。

流れは激流では無いがまあまあの速さだ。

釣れると思った潮に入れば釣れる状況だ。

200メートル辺りで糸がバチバチバチバチバチ!!!!

合わせを入れるとジィージィーと糸が出る。

70センチありそうな引きだ。

切れないように慎重に寄せてるとスッーと軽くなった。

上げてみるとスッポ抜けたみたいだ。

流れが弱くなってきたので早くサイズアップしたい。

100メートル辺りで糸がバチバチ!

合わせを入れると小さい。

強引に寄せてると小ぶりな真鯛だ。

ストリンガーで生かしておく。

7時半には下潮も止まりサイズアップならず😣

ここから休憩を1時間とりクロ用の仕掛けに持ち替え水道側にて釣り開始。

流れは無く撒き餌と仕掛けを簡単に馴染ませる事ができる。

だが、中々アタリが無い。

ああでもない・・・こうでもない・・・等と繰返し仕掛けを変えてやっていたところ少し糸が張った感じがし合わせると竿に乗った!!

こんなにアタリがしびやなのか!?

浮かせると35センチ位のクロだ。

残り2時間

このやり方で40センチオーバー2枚を含むクロを追加。

途中、糸がバチバチバチ!と明らかに違う引きを見せてくれたのが小さな40センチ位のスマガツオだ!

引きを楽しんでいるとカツオの周りに何かいる!!!サメか!!

真下に寄せて食われないようにリールを巻くが交わしきれない!

覗きこむと超大型のヒラマサが3匹いて私のスマガツオを取り合いしてるのである!

私は暴れるスマガツオを急いで上げようとするが間に合わず超大型のヒラマサに食われたのを黙視で確認した。

40センチ位のスマガツオを丸飲みかい!!

竿先に少し乗りかけたが超大型のヒラマサがスマガツオを一瞬吐き出した!!

これはチャンスと思い動かなくなったスマガツオをぶり上げたのだった。

次回はスマガツオが釣れたら泳がせで超大型のヒラマサを狙ってみる。

しかしデカかった〜あんなデカイのは見たことがない。

釣る自信は無いが引きを味わいたい。

次回はデカマサ狙いながら夕食釣り

釣果
真鯛・3枚
クロ・4枚
イサキ・多数

クロとイサキをあげる前のクーラー

イメージ 1

クロとイサキを知り合いにあげた後のクーラー

イメージ 2

2枚の大きなクロ

イメージ 3

脂ギドギドのスマガツオ
食われなくて良かった

イメージ 4


ブログの村へ
https://fishing.blogmura.com/isoduri/ranking.html

この記事に

開く コメント(8)

今回も先輩のテルさんとその甥っ子中1とハピネスで沖ノ島へ

中1で沖ノ島なんて羨ましい限りだ。

到着し知り合いが居るか確認するとアクアシャイン凄腕常連のSさんが居たので状況を聞いてみると小鯛が2枚だけだったみたいだ。

夜釣りはあんまり良くないみたいだ。

夜が明け準備を済ませて釣り開始

竿・マスターモデルMH
リール・レマーレ8000
道糸・3号
ハリス・3号
餌・ボイル4枚

先ずはクロを狙う事に。

水道側にて釣り開始

だが釣れるのはスズメダイと手のひらクロと足裏イサキのみ

サイズアップしない。

周りはヒラゴの75センチ位のを釣り上げていた。

下潮が動き出す前になんとかサイズアップを狙う。

すると隣の甥っ子にアタリが!!

中々のサイズで良い引きをしてるみたいだ!

暫く見守ってると姿を見せたのは40オーバーの尾長だった!

初磯釣りでそのサイズは磯釣りに填まるのは確実であろう。

テルさんの御財布が心配である😅

私は小魚しか釣れないのでランチタイム1時間

真鯛釣り用の仕掛けにチェンジし下潮を流す。

流れは弱いが投げ続けてると強烈な糸がバチバチバチバチ!!!!

合わせを入れるとスッーと軽くなった。

上げてみるとウキ下から道糸が切られていた。

再度、仕掛けを作り直しチャレンジ

流れはどんどん速くなり激流になった。

何投か繰り返し300メートル辺りで糸がバチバチ!!

合わせを入れるとスッー😓

なんで?カゴのやり過ぎで力加減が出来なくなったのか?

そんなわけない。

上げてみると道糸から切れていた。

この道糸は釣行回数は2回目なので悪くなってるわけない。

触った感じも普通なのだ。

もう一度、作り直し再度チャレンジ

そこで凄腕常連さんが下潮にやって来て、真鯛釣ったらやーめよ!っと言って2投目で真鯛を釣り上げた。

直ぐに私の道糸もバチバチバチバチ!!!!と弾け飛び、合わせを入れるとスッー😱

スプールを変える時間をめんどくさがった私のミスだ。

スプールを変え続けて流してると直ぐにアタリが来た。

糸がバチバチ!!合わせを入れるとやっと竿に乗っかった😣

引きは弱いが初真鯛だ。

40センチオーバーの綺麗な真鯛だ。

餌をくれた方に真鯛をプレゼントした。

撒き餌を撒きまくり仕掛けを馴染ませる。

すると50メートル辺りで糸がバチバチ!!

ヒラゴかなぁ?やり取りを楽しみ寄せて取り込むとカツオだった。

スマカツオ

イメージ 1


スマガツオをテルさんの甥っ子にプレゼント

ここでアクアシャインの方々が帰り我々3人で貸し切りだ。

続けて40オーバーのイサキ追加し

甥っ子が何かを掛けたらしい。

何かと思えばスマガツオだ。

初カツオを釣るにはまだ早い😅

流れは落ち着くことも無く良い流れだ。

続けて流してると50メートル辺りで糸がバチバチ!!

合わせを入れてやり取りを楽しんでるとウキが浮いた。

スマガツオだ!

続けて流してると150メートル辺りで糸がバチバチ!!

上がってきたのは綺麗な真鯛だ。

続けて真鯛を1枚追加し、帰る間際に70センチオーバーのヒラゴも追加し納竿

釣果
スマガツオ・2本
真鯛・3枚
ヒラゴ・1本
イサキ・40オーバー1枚、足裏多数

次回は沖ノ島釣行

ブログの村へ
https://fishing.blogmura.com/isoduri/ranking.html

この記事に

開く コメント(6)

今回も先輩のテルさんを連れて見島釣行にチャレンジ

餌はボイル2人で2枚だけだ。

期待の無さが伺える。

竿・マスターモデルHM
リール・レマーレ8000
道糸・3号
ハリス・3号

お隣さんが足裏より大きいクロを釣ってたのでお土産確保することにした。

上潮が良い感じに流れ沖に流れる。

撒き餌を撒き仕掛けを入れるとウキがスパッと入る。

合わせると良い引きをしてくれる。

ぶり上げたのは足裏サイズより少し大きい位のクロだ!

40センチも無いが嬉しいお土産だ。

クロを何枚か釣り上げ、今回の本命を狙う。

竿・シーバスロッド
リール・シマノ2500番
餌・青ケブ

前回、良型カワハギが釣れたので今回はカワハギ釣りに専念することにした。

ところが前回あれ程釣れたカワハギが全く釣れないのである。

ベラ・ベラ・ベラ・ベラ・ベラ・・・・・・・・・・

50枚以上は釣ったであろう。

イメージ 1


本命は2枚

この日、ケーソンではマグロは愚かヒラゴさえ釣れなかった。

次回は久々の沖ノ島釣行

ブログの村へ
https://fishing.blogmura.com/isoduri/ranking.html

この記事に

開く コメント(7)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事