エビスマルにて沖ノ島へ

夜釣りはせずに寝袋に入った。

5時半に起床し釣り開始。

竿・ファイヤーブラッド ワイルド
リール・レマーレ
ハリス3号

上潮では全く釣れないまま下潮になった。

この潮を流すために沖ノ島に来ているのだ。

流れは速く一瞬で150メートルは流れる。

真っ直ぐ沖に流れる。

釣れる潮だ!

だが、中々食わせることが出来ない。

棚を軽くし流すと糸がバチバチバチ!

合わせると軽い!?

手前まで直ぐに寄ってきたがそこから暴れだした。

少し浮かせてみるとヒラマサだ!

最後に2回位突っ込みを見せるが勝負あり。

80センチオーバーのヒラゴだ。

続けて流してると糸がバチバチバチ!

気持ち良い位に道糸が持っていかれる。

最高だぁ〜

合わせると中々の重量感

寄せて来るとピンクの魚体

50センチオーバーの綺麗な真鯛だ。

ポツポツと釣れるし天気良いし最高の釣り日和

続けて流してると糸がバチバチバチ!

合わせると暴れだし少しだけ糸が出た!

しかし直ぐに大人しくなり浮いてきたのは70センチオーバーの真鯛だ。

まだまだ釣り足りないが次回の楽しみにとっておく。

イメージ 1


次回は5月3日 沖ノ島

ブログの村へ
https://fishing.blogmura.com/isoduri/ranking.html

開く コメント(0)

4月7日 沖ノ島釣行

今回はエビスマルにて沖ノ島へ

竿・マスターモデルMH
リール・レマーレ
ハリス・3号

夜釣りは全く釣れないので早めに切り上げ0時位から爆睡

6時位に起きて釣り開始。

上潮で少し遊ぶ。

何も釣れないまま上潮終了。

下潮まで休憩し10時半から釣り開始

残り3時間半

底潮も流れて良い感じに沖へ流れる。

2投目辺りで糸がバチバチバチ!

合わせると小さめだが坊主回避

40センチ後半の綺麗な桜鯛

続けて直ぐに糸がバチバチバチ!

合わせるとサイズアップを感じさせる重量感

50オーバーの綺麗な桜鯛

続けて流すと直ぐに糸がバチバチバチ!

合わせて竿に乗せると50オーバー位の重量感だ。

少しやり取りを楽しんでると軽くなった。

上げてみると針の上から切れていた。

そこから3回同じバラしを繰り返した。

サイズは全て50センチオーバー位の重量感

真鯛でバラすのは考えにくい。

続けて流すと糸がバチバチバチ!

合わせて寄せて来るとやはり真鯛の引きではない。

少し浮かせるのに成功し確認すると石鯛だ!

50センチオーバー石鯛を追加した。

イメージ 1


次回も沖ノ島釣行

ブログの村へ
https://fishing.blogmura.com/isoduri/ranking.html

開く コメント(0)

4月4日 沖ノ島釣行

今回は父とアクアシャインにて沖ノ島へ

20時半出港→21時半到着

父に真鯛を釣らせる為、父をサポートする。


竿・ファイヤーブラッド ワイルド
リール・レマーレ
ハリス・3号


竿・マスターモデルMH
リール・レマーレ
ハリス3号

夜は風が強く私は釣りを諦めた。

父は少しやりたそうなのでさせてあげるとあちらこちらでお祭り騒ぎ。

私が購入したブラックストリーム3号道糸も100メール位お祭りで犠牲になった。

ここで諦めた父と仮眠をとる。

夜が明け釣り開始。

上潮にてヒラを狙う。

すると1投目で糸がバチバチバチ!

合わせを入れるとブレーキを握ってるのにドラグが鳴り響く😣

私はドラグを締め切ってブレーキで対応するのだがポイントで糸巻きした際、店員がユルユルにしてた様だ。

一気にテトラ付近まで糸を持っていかれた。

ドラグ締め切って立て直すが勝負あり。

1分後、見事に切られてしまった。

父が下の段でデカイクロとやり取りをして切られていたので私もクロ釣りに参戦。

10時位に下潮が入る前にイサキを3枚釣っただけでクロは釣れなかった。

下潮が流れ出し本命真鯛狙い。

この潮で父に真鯛を釣らせなくてはならないので私は竿を置き父の隣でアドバイスをする。

何故隣でアドバイスをするかと言うと、去年は同じ仕掛けだったのにも関わらず父は1枚、私は6枚と釣果に差がついたからである。

1時間程度、アドバイスをしてから私も竿を出した。

2投目で糸がバチバチバチ!

合わせを入れると真鯛の引きだ。

小さいが40センチオーバーの綺麗な桜鯛。

続けて2投目辺りで糸がバチバチバチ!

合わせ入れると確かな重量感でサイズアップ間違いなし。

50センチオーバーの綺麗な桜鯛だ。

入れ食いモード突入か!?

すると父にもアタリが!

慎重に寄せてきたのは待望の50センチオーバーの綺麗な桜鯛だ。

今日のミッションクリアだ!

イメージ 1


入れ食いモードだと思いきや、このアタリを最後に全く釣れなくなった。

底潮が流れて無いのだろう。

急に食いが渋くなり2時間釣れないまま納竿

白子と卵がお腹パンパンに入っていた。
煮付け

イメージ 2


アクアパッツァ

イメージ 3


カルパッチョ

イメージ 4


桜鯛の刺身

イメージ 5


イサキの刺身

イメージ 6


鯛めし

イメージ 7


父に桜鯛のフルコースを御馳走した。

釣果
桜鯛・3枚
イサキ・3枚

ブログの村へ
https://fishing.blogmura.com/isoduri/ranking.html

開く コメント(2)

今回もエビスマルにて沖ノ島へ

22時半に到着

準備をしようとするがヘッドライトが無い・・・

嫁に電話をすると使用し戻すのを忘れた様だ。

携帯の明かりだけで準備を済ませた。

竿・マスターモデルMH
リール・レマーレ
道糸・3号
ハリス3号

夜釣りは相変わらずの坊主

1時位に仮眠

5時位にアクアシャインが到着

凄腕S氏と合流し少し話した。

朝一は上潮が流れているのでクロ釣りに集中する。

型は小さいが2枚ほどギリギリお持ち帰りサイズが釣れた。

クロの時期は終わったようだ。

下潮が10時位から流れ出した。

明らかに釣れる潮に入り入れ食いモードだ。

凄腕S氏と私とで順番に掛けていく。

しかし私の竿には中々の乗らない。

合わせが弱いのか?2回連続で乗らなかったので鬼合わせをしてみた。

すると道糸が切れ200メール持っていかれた。

スプールを替えて釣りを再開

残りは30分

後1枚を狙い流す。

するとアタリが!!

最後に釣れて最高の状態で終われた。

釣果
真鯛・4枚 バラしが3枚
クロ・2枚
イサキ・1枚

イメージ 1


ブログの村へ
https://fishing.blogmura.com/isoduri/ranking.html

開く コメント(0)

3月15日 カキ終盤

カキの時期も終盤と言うことで食べに行ってみた。

イメージ 1


かなりデカくて美味しかった。

一口では食べきれないサイズは門司のカキでしか食べたことがない。

また、来年までの我慢である。

ブログの村へ
https://fishing.blogmura.com/isoduri/ranking.html

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事