ここから本文です
matagonのブログ
この辺では暖かい日、寒くても雨が降りそうな日はまだカエルが鳴いています...

厳冬の夜明け

寒いですね。

南房総でも今朝は氷点下になったのではないでしょうか。
月がきれいだったので、急いでカメラを向けました。

見た目のように上手く雰囲気を伝えられませんが、とりあえずパチリ。

イメージ 1

この記事に

2018年元旦

あけましておめでとうございます! 2018年のはじまりです。

初日の出見えました。

イメージ 1

今年が人類、地球にとって良い年でありますように。

そして、おせちです。

イメージ 2

卵以外ほとんど既製品ですが、雑煮、お餅は自家製です。

この記事に

本日の月の入

今日はめずらしく満月に近く、月の入が綺麗だったので撮ってみました。

イメージ 1

日の出よりも難しいです。かなり強引にレタッチしたり、月を合成しているので、細かく見ると汚いですが、ご容赦ください。m(_ _)m

この記事に

今日の日の出

今朝は久しぶりに良い日の出が見えました。

イメージ 1

毎日見れそうで、意外と水平線に雲があり、好条件は少ないのです。
今日の好天を予感させる素敵な日の出でした。

サーファー的にも良い波を予感させるラインナップです!

この記事に

2017年脱穀終了

昨日(11月13日)、脱穀がようやく終わりました。
雨が短い周期でやってくるので、なかなかできなかったのです。

今回も、もうちょっと長い晴れの期間で干したかったのですが、3日間の晴れの期間が終わり、夜から翌日にかけて雨ということで決行しました。

前歯でおよその水分量を推定するのですが、1か月ほど干していたので、雨を挟んでいたとはいえ、まぁまぁ乾いていました。

イメージ 2

なんか去年と同じような写真で笑っちゃいます。
例年よりも時期が遅かったので、日暮れが気になります。
前日にハサ掛けで縛った紐をなるべく外し、当日の朝8時までに、あまり効果がなかったテグスの糸を片付けて8時からスタートしました。

少し急いでやったので、16時前に終わりました。でもハーベスタを掃除して運んで、米袋を家に運ぶると17時をまわり真っ暗になっていました。

収穫した米。

イメージ 3

コガネモチが2袋、コシヒカリが11袋で、去年と全く同じ。
袋は去年よりも8分目くらいのものが多く感じ、収量減な予想。
早速計量するとコガネモチは36kgコシヒカリは281.6kgなり、コガネモチは去年イノシシにめちゃくちゃにされたよりは約16kg増、しかし、一昨年よりは23kg減。コシヒカリはイノシシに入られなかったものの、スズメにめちゃくちゃ食われた分、増えませんでした。多分、30kg以上は食われていると思います。もちろん、コガネモチは比率的にはコシヒカリよりも食べられています。鳥も昆虫もコシヒカリよりも柔らかいもち米を好むようです。

気を取り直して、出会った生き物たち。

ヒキガエル。6cmくらいしかありません。今年大人になったばかりなのでしょう。

イメージ 1

オオカマキリ。

イメージ 4

このあと、どこかに卵を産みに行くんでしょうね。その前に、用が済んだオスを食べて栄養補給か? そういえば、2、3週間前、家の網戸にいたオオカマキリのメスがむしゃむしゃオスを食べていました。1時間ほどでたいらげていました。

写真を撮り忘れましたが、稲をハサ掛けして葉は全部枯れてしまってもイナゴは沢山いました。さすが、稲子。こちらでもオスとメスが忙しそう。お腹が伸びて卵を産みたくなっていたメスもいました。
それを待ち構えているのがオオカマキリなんですね。こちらも沢山いました。

それから写真は撮りませんでしたが、スズメの死骸が1匹。多分、テグスに絡まったかぶつかったかでしょう。だから来なければいいのに。スズメも必死なのでテグスを密に張っても食べに来ます。スズメもヘリコプターのようにホバーリングしながら地面や稲に上空から降下していました。初めて見ました。スズメもホバーリングできるんですね。

収量的には解せませんが、早く新米をいただいて嫌なことを忘れてしまいましょう。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事