ここから本文です
matagonのブログ
梅雨明けちゃいましたね。これから毎日暑そうです。
別に飼っているわけではありませんが、庭のセルリーにキアゲハの五齢幼虫がいました。

イメージ 1

どうりで、葉っぱが沢山なくなっているはずです。鳥の仕業かと思ったのですが、コイツだったのですね。もしかしたら、パセリも収穫以上に葉っぱが減っていたので、食べていたのかもしれません。無農薬なのでしょうがないですね。

しかし、終齢幼虫まで気が付かなかったとは、老いぼれたかもしれません。結構、害虫を発見するのは得意なんですが。

イメージ 2

この格好はどうみても蛹への準備です。こんな無警戒な場所で脱皮するのでしょうか? と思ったら、翌日いなくなっていました。探しても見当たりません。

今までの飼育の経験上、蛹になる時はあちらこちらをウロウロして安全な場所、可能なら雨、風をかわせる所を好んで蛹になります。

と思ったら、ベランダで発見しました。

イメージ 3

既に、全身の中央よりもやや上のあたりを糸でハンモックのように固定していました。久しぶりに脱皮が見れるかな、と思ったら...

イメージ 4

いつの間にか蛹になっていました。残念! 羽化を見たいですが、そうはタイミングが合わないでしょう。

この記事に

予想外に早い梅雨明けですっかり暑くなってしまったので、外での散策を諦め「国際新美術館」&「都庁展望室」へ行ってきました。
matagon妻です。

最初に向かったのは「国際新美術館」。
なんともお洒落な建築物ですね。

イメージ 1

帰ってきてから旦那がネットでニュースを見てビックリ!
「おっ!今日、安倍首相がルーブル美術館展を見に行ってたって書いてあるよ!!」
ニアミスでしたね???
ルーブル美術館展は、まさしく今日行った「国際新美術館」で開かれているのです。
まあ、記事の時間からして、私達が行っていた時間帯とは全然違う&私たちはルーブル美術館展は見なかったのですが(^^;)

「国際新美術館」の後は、「都庁展望室」へと行きました。
都庁の45階には「北展望室」と「南展望室」があり、どちらも無料で行けるんです!
(って事を今日知りました。)

なかなか見ごたえのある眺めです。

イメージ 2

下の写真の右隅にスカイツリーが見えます。
イメージ 5

こちらの写真には中央のビルの左隣にかすかに東京タワーが写っています。
イメージ 4

空気の澄んでいる日には、富士山や丹沢山などの山も見えるようで、今度は空気の澄んでいる冬にも来てみたいです。

最後は、南展望室にある喫茶店でお茶をしてから帰ってきました。

イメージ 3

新宿御苑では、「いなくなったらここに座っているかも」と言っていたmatagonですが、「やっぱり、いなくなったらここの喫茶店に座ってるわ」と言っていました(笑)
でも、喫茶店のある「南展望室」は9/1~都庁舎改修工事に伴い、しばらく閉室されてしまうんですよね。
来ても閉まっているから座れないよぉ(@^^)/~~~

この記事に

2週間ほど前に千葉の別荘へ草刈りと物を取りに帰った時に、駐車場に地生えでラッカセイが出てきていました。草刈りで刈ってしまうのもかわいそうなので、取ってきてポットで養生していました。花が咲き始め、窮屈そうなので植えることにしました。

イメージ 1

といっても、もう場所がそれほどなく、窮屈そうですが。
3株のつもりが、1つのポットに2株のものもあり、貧弱ですが、別々に植えてみました。

イメージ 2

その後ろにはオクラの苗も見えますが、イマイチ貧弱ですねぇ。
余った3つのポットには、地這いのキュウリの種を撒きました。

イメージ 3

今収穫中のキュウリは苗を作っている時間がなかったので、ホームセンターで苗を買ってきたのですが、地這い用はないので普通のキュウリです。その当時はネットで縦に伸ばすか、地這いにするか迷っていましたが、マンションリフォームの工事現場の足場があり、ネットを縦に作りづらいこともあり、地這いにしました。

今回は種から育てる時間が取れたので、近くのJAで地這い用の種を買ってありました。

イメージ 4

雑草の残党ともまだ戦っています。
しつこいのはカタバミ。

イメージ 5

種の部分から抜かないときりがありません。しかも成長すると、ニンニクのように種が分裂して20個くらい新規で種ができてしまうので要注意です。

そして、スギナ。

イメージ 6

地下茎はよく見かけますが、その所々に球根状の塊があって、これを絶やさないとコイツもきりがありません。なるべくスコップで掘ってこの球根部分から抜いていきます。この部分は乾燥にも強いので、抜いたらゴミとして処分。

それからドクダミ。

イメージ 7

武蔵野はドクダミが多いようです。近所の家の花壇、道端、空き地なども千葉より多い気がします。公園巡りでも沢山見かけました。上の写真の左側のように2㎝くらい取り残した地下茎が土に埋まっていてもそこから種のように生えてきます。地下茎もなるべく分断することがないようにこれまでも抜いてきたのですが、まだ残党があるようです。

今回は抜かなかったので写真がありませんが、カラスウリの塊根も所々残っていて発芽してくるので、そのたびに抜いています。オス株とメス株で別なようですね。プックリして白っぽくてパンパンぽいのがメス株で掘ったのはこちらが多いです。オス株の塊根は細ぎみでシワシワが多い感じ。色も黒っぽい。

※2018.07.03追加
カラスウリの写真を追加します。
イメージ 8
中央がオス株、両側がメス株です。多分。メス株は今回小さかったですが、10㎝ほどのプクプクしたのが多いです。

厄介なのが、ヤブカラシ。ビンボウカズラともいうそうです。今までもかなり地下茎を引っ張り抜いてきましたが、まだ残っているようで、所々出てきます。しかも今出てきていることろは植栽があり、その根が張りめぐされるされている場所が多いので絶やすのが難しくなっています。

※2018.07.03追加
カラスウリの写真を追加します。
イメージ 9
結構太いのが分かるでしょうか? 直径1cmから1.5cmくらいあります。ゴボウのようです。

それでも畑が狭いので、頑張れば少しずつ減ってきてはいます。

この記事に

新宿御苑

matagon妻です。

とても有名な「新宿御苑」に行ってきました!
が、どれ位の規模か全く知らず
「せっかくだから、おにぎり持って、午前中は新宿御苑、午後からは明治神宮見る?」とサラッと見れるつもりで出掛けていきましたが、着いてからマップをもらってビックリ。広い!!
この日だけでは見きれませんでした(明治神宮まで行っている場合じゃないよぉ~笑)

今回は「大木戸門」より入園。入ってすぐ右手にある温室見学から。
植物にそこまで関心の無い私たちは、写真を撮っていませんが・・・
温室内には、自分で解説をしながらビデオを撮っている人・写真を撮っている人・写生している人などが大勢いました。

新宿御苑も大木が多いですね。

イメージ 1

イメージ 6

この日はとても天気が良く、暑いくらいでしたが木陰があるので散歩は快適♪
イメージ 2


↓matagonが気に入った場所
イメージ 3
「落ち着いてていいなぁ。俺がいないと思ったら、ここでぼうっと座ってるかも。」とmatagon(笑)


↓matagon妻が気に入った場所
イメージ 4
「こっちの方が明るくていいなぁ!私がいないと思ったら、ここで座ってるかも!」とmatagon妻(笑)


イメージ 5

色々な表情のある公園でとても楽しかったです。
小径も沢山あって、今回だけでは見きれなかったので、また機会を見つけて行ってみたいと思います!

この記事に

トマトが赤くなってきました。
今年の初収穫です。
梅雨中なので、水を吸いすぎて、割れてしまったのもあります。

イメージ 1

まだ少しですが、1段目が色づきました。

イメージ 2

今日の収穫です。

イメージ 3

庭が狭いので、少ししか採れませんが、野菜で夏を感じます。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事