ここから本文です
余命三年時事日記を応援します。このブログは余命三年時事日記に書き込んだまたは書き込むつもりだったコメントです。

書庫全体表示

日本の人権派は、北鮮工作員とみなして良い。全員を外患誘致罪で死刑にするべきだ。


「ある単位弁護士会の会長経験者も言う。『内部で左の連中と議論していてもむなしくなる。絶対に譲らないから。今日の少数派は明日の多数派かもしれない。弁護士会はもう少し謙虚に国民の声を聞くべきではないか』」
「在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の固定資産税減免の無効確認訴訟や朝鮮学校補助金取り消し請求訴訟を手がけ、保守派を自任する徳永(信一弁護士)によると、総連側の代理人には常に、日弁連で強い影響力を持つ人権派弁護士がついた。総連と人権派は強固なネットワークで結ばれ、例えば戦時中の慰安婦問題を国連の委員会に訴える日弁連の活動も総連が背後から支えたと指摘する。『日弁連はいわば総連の工作拠点。人権派が総連に取り込まれた影響なのか、日弁連は拉致問題には終始、消極的だった』」
「日弁連でも12年以降、拉致被害者に関する人権救済申し立てを受け、北朝鮮による拉致の疑いがあるとの判断を複数回示し、国に対して真相究明などを要望している。それでも、家族会代表の飯塚繁雄(79)は『弁護士会の印象は全くなかった』と指摘する。実感として、拉致被害者や家族に寄り添ってくれた組織とは見なしていないのだ。
 保守派の弁護士、徳永信一は『拉致は弁護士会が取り上げるべき問題でなく、政府が解決すべき政治の問題。これが人権派弁護士の論法で、弁護士会の消極姿勢に影響を与えていた』と語る。人権派はかつて日本から甚大な被害を受けたという北朝鮮をひたすら擁護し、日本を告発することこそが正義だと信じて疑わないといい、こう続けた。『北朝鮮の問題は人権派・左翼の金看板。北朝鮮側の主張と同じく、拉致問題はもう解決している、というのが彼らの本音だとも感じた』」
それで、以前CatmouseTailさんが掲載してくださったあの発言になるわけですね。初出のときは腸煮えくり返りましたが。
全日本人に晒したいですね、このツイート。

渡辺輝人? @nabeteru1Q78
ttps://twitter.com/nabeteru1Q78/status/913958727736111105
渡辺輝人さんが第二ペンギン@テロ殺人が怖いの会をリツイートしました
それ、生きていく上での漠然とした不安の原因を押しつける「敵」が欲しいだけに見えますが。ミサイルと在日朝鮮人関係ないし、拉致問題は大きな問題だけど、発生時期はもう大分過去のこと。今の問題ではない。
19:48 ? 2017年9月29日
※渡辺輝人@nabeteru1Q78
弁護士/日本労働弁護団常任幹事、自由法曹団常任幹事、京都脱原発弁護団事務局長/京都第一法律事務所所属/残業代計算用エクセル「給与第一」開発者/労働者側の労働事件・労災・過労死事件などを手がけています。
※京都第一法律事務所
ttp://www.daiichi.gr.jp/lawyer/watanabeteruhito/
記事「憲法学(下)」に、あの蓮舫二重国籍事件の立役者、八幡和郎さんがコメントしていらっしゃいました。当然余命チームの動きなどもご存じなんでしょうね・・・???
この「弁護士会シリーズ」、今後の記事に期待をしております(はぁと)。
今日、遅まきながら「ジャパニズム」最新号をつまみ立ち読みしてきました(青林堂さん、ごめんなさい)。
対談記事でケントさん、小川榮太郎さんが日弁連について触れていましたね。アメリカの弁護士会でも似たようなことがあって、会費が偏った政治活動に使われていたことが問題となり、制度が改善されたとか。
日弁連では、反日勢力の乗っ取りを、そうでない日本人弁護士たちが内部で食い止めることができませんでした。産経の記事を読むと、自分の業務で忙しく、弁護士会の業務はボランティア的で、引き受けると本業の収入が減ってしまうというような仕組みの中、消極的で無関心になっていったということがわかります。
ただ、内部からの弁護士会解体の動きもあるようです(たまたま見たある左系弁護士の個人ブログより。このへんは不勉強なので詳細なコメントは控えます)。
いずれにせよ、終盤のヤマ場ですね。どんな展開になるのか、楽しみにしています♪

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事