ひとり総合商社■番外編■

ロシア極東が気になるのでロシア語勉強中

全体表示

[ リスト ]

中国昔話

仕事で中国と関わって20年近くになってしまいました。
最初の中国との出会いは小学生の時に聞いていた北京放送日本語版。内容はよく分からんかったのですが、放送の感想や受信状況を北京放送にレポートすると絵葉書やら切り絵やらアメニティーがもらえるので時々聞いておりました。ある時送られてきた革命記念カレンダーには子供ながらこれは何と言う国やねんと胡散臭さと怖いもん見たさの好奇心をそそられたものでした。

そして12歳の時に行った国際見本市(大阪)、中国館でこれはキッチュだと思って親に鉛筆・万年筆を買ってもらったのですが・・・・

鉛筆は折れまくり、削ったら途中で芯がなくなる!
万年筆はその当時でも超珍しいインクをスポイドで吸い取る式!液漏れ液詰まり続発!

なんちゅう遅れた国やねん!と怒りつつも、そのナチュラルなボケぶりには笑えるものがあり、

それが高校卒業後の進路、以降の人生に大きな影響をもたらそうとは(影を落とそうとはとも言える)
そのときは知る由もなく・・・・。

大学で中国文学を専攻することになったワケです。

<続きは次回>
ビジネスブログとウェブサイト
http://matechjpn.blog108.fc2.com/
http://www.geocities.jp/matechjpn/

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事