MSXを懐かしむ

過去の記事へのコメントも大歓迎です。

暗黒神話

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6


MSX 暗黒神話

MSX 暗黒神話



本日紹介ソフトは東京書籍さんのなかなかの力作!、にゃんふぁんネットワーク オ ス ス メ の
暗黒神話です
冗談はさておきこのソフトは日本の古代神話をモチーフとした諸星大二郎作の漫画暗黒神話をそのまま
ゲームにしたものです
暗黒神話は週間少年ジャンプに短期連載したもののようで、そのストーリーをそのままアドベンチャーゲームにしています

この漫画自体知らなかったですが、結構なホラーぶりで独特な雰囲気を持っており、ストーリーもなかなか突飛で
楽しいものでした。
この雰囲気はスタジオWINGのソフトに似ています、しかし真似でもなんでもなくスタジオWINGはこの原作の漫画をゲーム制作
の参考にしていたそうです、ですので似るのはあたりまえですね。
設定が地味中の地味なためまったく知名度ゼロとおもっていましたが、なんとファミコンに移植されておりまして、当然人気は
ありませんが、少しだけ名前は知れています。

メーカーの東京書籍は教科書販売などが本職ですがゲームも手掛けておりました、MSXはこれともう1本のみですが、ファミコン
ではトンキンハウスのレーベルでわりと数多く出していたように思います
しかしながら教科書をつくる会社が何でこんなわけのわからん漫画をゲームにしたのかも疑問です。

さて肝心のゲームのほうですが、PSGの音楽が雰囲気抜群でなかなかよくできています、いきなり唐突にボス戦があるのは意味不明ですが、つまるところなくサクサク進めてストレスなく楽しめました。


個人的な見どころは、大神美弥が餓鬼に変身するところと、オトタチバナが現代でよみがえるシーンですね・・


この記事に

開く コメント(0)

内藤国雄の詰将棋

イメージ 1
イメージ 2

今回ご紹介しますソフトはアポロテクニカから発売の内藤国雄の詰将棋です
アポロテクニカ製ソフトはこれまでご紹介しておりませんのでアポロテクニカを少しご紹介しますと、
ソフトプロの前身で上新電機の子会社J&Pがパソコン流通のため作っていたソフトハウスでした

このソフトはMSXのなかでも初期のソフトのため将棋のため対局はできず詰将棋のみです
タイトル通り内藤国雄が監修していると思われますが、このソフトに直接関わっていたとは考え辛いです
せいぜい先生著作の詰将棋集を許可だけとって打ち込んだものでしょう

さてこのソフトもちろん唯の詰将棋集ソフトなのですが、最大の見せ場があります!!
みなさんもちろんご存じとはおもいますが内藤国雄先生といえば将棋の実力もさることながら抜群の歌唱力でも知られ
70年代ミリオンセラーおゆきを大ヒットさせています
このソフトなんとゲーム冒頭におゆきが流れます!!
そしてJASRACの著作許可のシールはもちろんありません!

あとアポロテクニカノソフトパッケージは黄色ですがなぜか私の所持しているこのソフトのパッケージは全部緑です
このソフトの黄色バージョンももちろん存在します、流通数が極端に少なそうなこのソフトのパッケージが
2バージョンあるのはとにかく謎ですね

この記事に

開く コメント(0)

野球道

イメージ 2
イメージ 1
 
本日は日本クリエイト制作の野球シミュレーション、野球道Ⅱのご紹介です
日本クリエイトといえば野球道というくらいこの会社の代表作です
このゲームはMSXソフトの中でも最後期に発売されたソフトです
晩年発売のため、またTAKERU中心での販売だったため知名度、人気ともいまいちでした
しかしながら野球シミュレーションとしてはこの時代にしてはとてもよくできていたと思います
90年以降MSXの人気、需要は急失速していきますが、私はこのソフトをひたすらやっておりました
 
このソフトの特徴は当然シミュレーションですので自分で打ったり、投げたりはせず基本は監督です
ですが他のシミュレーションは配球や狙い球など作戦系のゲームが多いですが、こちらはどちらかというと
経営系というとわかりやすいかもしれません、監督といえど営業から球場建設までやります
そして当然監督ですので、選手起用やサインもある程度はやらければなりません
そういう意味ではある意味なんでもできるといったところでしょうか
 
このソフト、良いところがたくさんありますが、まず当時のゲームにしては選手の数が多く、
パラメータもわりと細かいです(アンダースローの投手も有名でないとオーバーで登録されていたり精度はイマイチです)
ですので若い選手を一から鍛えるなどということもできます、九州のバース山之内や内之倉スマイルでおなじみの
内之倉などを鍛え上げて使うなど、今となっては夢物語みたいなこともできます
また当時にしては珍しい、ドラフト、トレード、外人獲得、などのイベントも多く飽きない展開で何年も遊べるつくり
だったと思います
 
肝心の野球の試合のほうですが、足の速い選手が有利など若干バランスが悪いですが、おもしろくできていました
投手の継投がわりとリアルで、登板させるには準備させて肩の状態をあげなければならないのですが、
初回からどんどん準備しないと、継投に間に合わなくなるなどなかなか凝ったつくりでした
ホームランを打つとナゴヤ球場のようなファンファーレが鳴るなどのこだわりもありました
もうひとつおもしろいところが浪人モードというモードがあり、監督信頼度が下がると解任させられるのですが、
普通ならGAMEOVERとなるところで浪人モードに入り、解説や順位予想、執筆活動などで復帰を狙っていくのです
ちなみにこのモードは私はやったことがありません、今回もわざと負けてやってみようと思いましたが、どうしても試合で
ムキになり勝ちにいってしまうのでした
 
もうひとつ、後期の作品ということで音楽もよくできていました、戦略シーンで流れる曲は喫茶店のような渋さです
ですがメイキングの音楽は異様にアップテンポなのですが、メイキングは普通に1時間くらいはかかるので
ひたすらこの曲を小一時間聞くことになります、その後3日間くらいはこの曲が耳から離れなくなるのです
 
ともあれベストナイン、ベストプレープロ野球よりははるかによくできたゲームだっただけにタイミングが悪く
出回らず少し残念なソフトでした
 
 
 

この記事に

開く コメント(4)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事